• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まっさくんのブログ一覧

2013年07月22日 イイね!

退院後の続き

退院後の続き本日は、お休みの為早朝よりいつものマイサンクテストに持ち込む「蝙蝠峠」に行きます。


クイックステアリングの効果を診てみます。
昨日からのクイックの装着となりますが、全くノーマルと違和感はありません。
ウィンカーの戻りも悪くなるか?と思っていましたけど、変わらない感じです。



峠ではハンドルの回す量が少なくなっている分取り回しが楽な感じです。
9歯ピ二オンのクイックにしたことで、ノーマルよりハンドルが重たくなる分と、組み換え時はO/Hに近い作業をすることになりますから、ノーマルの長年の使用による「渋さ」と相殺された感じでしょうか。
スムーズに動く分軽く感じるみたいな。


峠を登って頂上でU-ターンで下ってきます。ブレーキもO/Hのおかげでタッチが改善されていい感触です。
下りの左ヘアピンですが、クイックの効果が出てきます。ハンドルの持ち替えが無くなる感じになりました。速度自体は全く「亀さん」状態での領域なのでなおさら違いが体感できます。



一通り状態を確認して久々に洗車もしておきます。
で、XP仕様の123Ignitionのサンク搭載のPCですが、OSがXPなのかPCの電源が入ってなくても、USB接続をしていて、123Ignitionの点火に悪さをしません。
Vista仕様のPCはPCを起動していなくてUSB接続してしまっていると、点火の不具合症状が発生してタコメーターがハンチングします。
XPははやり優秀なOSのようです。
来年にはサポートが無くなりますが、基本サンク搭載の123Ignition専用機なので問題ないと思いますが。
只XPが終了後123Ignitionのバージョンアップ時にXPにも対応で行ってくれくかどうかという事も気になりますが。


さて、洗車後、細かいところの水切りの為軽く走ってガレージに収納です。


ここからが、本日のメインイベント。
ステアリングサポートの段差を解消して、スペアータイヤを傷めずに載せる工夫をしないといけません。
サポートのフレームからの高さが約15mmほど角張って付いています。
多少面取りとかR仕上げをしてもこの15mmの段差は解消できません。なのでサポート本体とかは触らず、段差を無くす方法を考えなければいけません。


先ずはホームセンターへ行って材料探しです。
これまた、15mmほどの段差を埋めるようなスポンジパイプとかは残念ながら見つかりません。
色々見て回って、最終的に「ゴム、ラバー系のクッション材」を使ってみようかなと。

片面平らで反対側が逆U字をしているゴムのクッション材を使います。


ステアリングサポートが取り付けてあるパイプはφ28mm、このゴムの内側のR径はφ30mmくらい。
なので間にスぺサーとなる硬めの緩衝材を入れて内径の補正と上方向への持ち上げ効果を狙います。

取り付け方は平らを上に来るようにして取り付けています。
ほぼ、ステアリングサポートの角の部分の高さと同じくらい。


サポートがタイヤに食らい込むような当たり方をしなければ、大丈夫と思います。
写真を撮って確認しましたが、一応クリアーできている感じです。
Posted at 2017/10/02 23:49:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年07月21日 イイね!

退院です。②

退院です。②さて、帰宅して、いつもの狭いガレージにバックでサンクを入れていきますが。。。。


以前よりもやはり据え切りが少し重いので切り返しの回数が少し増えました。


この辺りは、慣れでカバーできる部分と思います。


帰宅後、走行距離122492Km。 予定より8Km少ない(笑)ですがオイルも温まっているので、恒例のオイル交換etc.作業をやっていきます。



今年は、月平均233Kmくらいしか走行しておりませんので1月24日以来の2回目のオイル交換です。
昨年は約平均600m台でしたので3カ月弱でオイル交換をしてましたから今年はやっぱり乗っていない事になるのでしょうか?(それでも月233Kmは多い?笑)


前、うま、後ろパンタジャッキでいつものように下に潜れる空間を作って準備します。
オイルはいつものelf GTTBで規定まで。
オイル交換の時の規定はゲージの上から2つ目の切り欠きが上限です。
一番上の切り欠きはフィルターも同時に交換のときにここまで入れると2つ目の切り欠きになるようになるらしいです。(但し、フィルターもクーラーもノーマルでの場合ですが)


せっかくサンク下に潜りやすい状態を作っていますので、エアーフィルターもストック品とローテーション交換しておきます。
3015Kmくらい使用でこちらのフィルターでの平均燃費は8.927Km/Lぐらいでしょうか。
途中タンクからの燃料漏れで修理に入った時の燃費の悪化分も含めてですので。
それを除くと9.382Km/Lって感じです。


JRフィルターは、なかなかいいフィルターだと思います。先ずスポンジ系ではない所が良いです。
スポンジ系は、劣化が始まるとポロポロ崩れていきますから、それを吸いこんでしまう可能性があるのは怖いです、
JRフィルターはそういった事は起きない素材構造のようです。


ついでにエアーフローの状態も確認です。
写真程度の赤み(滲み)は少なからずK-ジェトロであれば起きてしまいます。フィルターが湿るような漏れがあるとかなり問題ですが。
毎回の状態確認で診る限りでは変化はなさそうです。
ちなみに、K-ジェトロ系のパーツは動かしてない物ほどトラブルを抱えるようです。


オーナーのみなさん、夏でもサンクに乗りましょう。(笑)

サンク下へ潜りのついでにやっておきたかった部分の作業をします。

ウォーターラインのホースバンドが前回緩みがちになっていましたので増し締めをして大丈夫にはなっていますがバンド余り部分が少し長い状態です。

レース車両等に施してきたバンドの緩み防止とバンドの余りを綺麗に処理できる方法をやっておきます。

ステンレスワイヤーで余りバンドをワイヤリングして処理する方法です。



気を付けないといけないのは、ワイヤーの先端をウォーターホースに刺さないように取りまわすことです。「プスッ」とやってしまったら元も子もありません。(笑)


ついでにプラグもチェック。シリンダー内も覗いてみて。13000Kmくらい使っていますがまだプラグは電極の痛みも少なそうですので20000Km目標で行ってみようかなと。
1本350円くらいだから交換してもいいのですが。(MonotaROで安く買えます。)

後方エンジン系等はこんな感じで、次はフロント部の作業です。


ステアリングケースサポートが付くとブレーキラインと交差する部分が金属同士で接触する個所が出来てしまします。

自宅のガラクタ箱においしい内径の耐圧テフロンチューブがありましたので、縦に「割り」を入れてブレーキチューブを保護していきます。


次に本来ステアリングケースサポートが付くφ30くらいのパイプにはラバーが巻いてあり、この上にスペアータイヤが載るようになっていますが、サポートの取り付けで結構な段差状態になってますので、今まで取り付けていたラバーではサポートの段差を吸収できません。


なので本日の作業はここまで。
ホームセンターで良さげな材料を物色してからです。


あ~サンクはやりだすと底が見えません。(笑)
聞くところによると6速ドグミッションも手に入るよとか(笑)。。ん~危険な情報です。
Posted at 2017/10/02 23:43:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年07月21日 イイね!

退院です。

退院です。13時過ぎくらいにラクーンさんに到着。


先ずブレーキは、マスターシリンダーのカップリングゴムの劣化でブレーキ液が押しきれていない状態だったようで、マスターシリンダー内のカップリングゴムの交換O/Hで無事ブレーキのタッチは回復しました。



で、クイックステアリングですが、ちょっと試乗をしてみます。
ノーマル7歯ピ二オンから9歯ピ二オンへ交換で結構低速とかハンドルが重くなっていると思っていましたが、印象として以前と同じか軽く感じます。


確かにハンドルの回転数は減ってクイックになっていますが、重たさは感じられません。
すごくいいです。(笑)

試乗してからラクーンさんで色々お話をしていて、「ステアリングサポートはアフターマーケット品じゃあ無くルノースポール純正の最後の1個在庫分だよ。」って。
まっさくん:「え~付いているんですか?」



ラクーンさん:「え?付けるんじゃなかったの?」

まっさくん:「クイックはサンク預ける時に部品見せてもらってあったので、ステアリングサポートは、付けたらどうなりますか?とか聞いてみたけどあるとは思ってなかったので。」

ラクーンさん:「外す?」

まっさくん:「予算内で付いてますし、取り寄せで付けようかなと検討中であったのでこのまま(笑) ちょっと嬉しい誤算だったので。(笑)」


ボンネット開けると確かに装着されてました。(笑)
社外品は削りだしですが、ルノー純正品はアルミ鋳造です。見た目は社外品の削りだしの方が綺麗には見えます。
サポートの斜めになっているジュラコンカラーもルノー純正品だそうです。



ラクーンさんの説明によると、クイックステアリングギアを取り付けるのにステアリングケースを加工する必要があり、ケース内でステアリングシャフトがオフセット状態で装着されるようになります。







そのため、ステアリングケースを車体にシム調整して取り付けるようになるみたいです。実際ケースはシャフトを真っすぐにする位置にすると斜めに付いている状態になります。


なので、クイックを装着した場合ノーマルのみの取り付けだと剛性不足まで行かなくても少しハンドル操作時にケースに無理がかかる感じになるみたいで、ステアリングサポートを付けることで剛性も補えるみたいです。


ノーマルのステアリングケースは右側のカラーが樹脂カラーで、そこで遊びを取ってフリクションを逃がしている構造です。
クイックにすると樹脂カラーを砲金に換えてオフセットさせてますので、動きをスムーズにするためにもサポートは効果があるようです。
逆にノーマルのステリングであれば付けてみても変化は感じられないかも。。。みたいです。


なので、試乗した時も以前のノーマルと変わらずか軽く感じた感があったのかもしれません。
ただし、停止時の据え切りはやっぱりノーマルよりかは少し重いです。


帰りは東名阪高速で帰宅です。
高速走行でクイックでハンドルをしっかり持っていないと危ないかなと思っていましたら、全く普通でした。(笑)

只、クイックにしたことでハンドルの操作角度が減りましたから、以前はウィンカーレバーがリターンする位置まで回していたのが回さないで曲がれるので手で戻す回数が少し増えた感じです。

ノーマルでもハンドルボスを社外品に換えているのでいまいち自動で戻る状態はよくありませんでしたので、さほど気になる部分ではなさそうです。

交差点などでもハンドル操作が少なくて済みますので、印象として楽な操作で運転できる感じになりました。

で、自宅に戻って次の作業です。(つづく)
Posted at 2017/10/02 23:35:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年07月21日 イイね!

本日退院(マイサンクがね)

本日退院(マイサンクがね)ブレーキマスターO/H(カップリングゴムの劣化で効きが悪かったので)

上記の修理の際にラクーンさんでクイックステアリングの事を聞いたら、部品が出てきた。(笑)

じゃあついでに(笑)

これが約2週間前の話。

本日引き取り。上記2点はO/H&装着確認。

よく見ると、ステアリングケースサポートも付いていた?

確かに同時に話はしたけれど、部品があるとは思ってなかった。

ラクーンさん:「外す?」

まっさくん:「とんでもございません(笑)。付けて帰ります。(笑)」

ちなみに、社外品の削りだし品ではなく、残り1個だけ在庫してあったルノースポール純正の物(鋳造品)だそうです。

9歯ピ二オンで重くなるかなと思いましたが、ケースサポートも効いている感じで停止据え切り以外はノーマルと変わらないか、軽いくらいです。

クイックステアリングいい感じかも。
Posted at 2013/07/21 23:09:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2013年07月08日 イイね!

ラクーンさんからの帰りは、お初の代車!

ラクーンさんからの帰りは、お初の代車!いや~暑いですね。東海地方も今日梅雨明けしました宣言が出ました。



後、100Km無いくらいでオイル交換のタイミングですが、2日前くらいから車体下に緑の液体の跡が現れ始めまして。

前回ウォーターポンプ周辺の漏れの再発か?とシート後部のチェック窓を開けてウォーターポンプ周辺を見てみましたが、今回はこのあたりからの漏れ後等は無し。


と、なると、車体を持ち上げて「緑の液体」の垂れ跡の真上を見る事になります。
前方より「うま」をかけて車体下に潜ってみてみると、アンダーガード後方エンド付近にク―ラント用のアルミ配管が3本あります。


そのうちの、ヒーター用配管とホースを止めているジュビリバンドがク―ラントで濡れています。
増し締めできるくらい緩みがありましたので、徐々に色々な条件が重なって滲みだしてきた感じです。ついでに残り2本のバンド、フロントボンネット内部のホースもチェック増し締めしておきます。


で、オイル交換までの距離を詰めるべく少し走らせましたが、水温が100℃(90℃表示右のライン上)から上がりも下がりもしません。
強制ファンを回しても動く気配がありません。
多分滲みによるエアー噛みが発生しているようですので、いったん自宅ピットインです。


エンジン部エアー抜きは水温が上昇している時にやらないとエアー抜き行為によってエアー噛みしますので注意が必要です。
ク―ラントリザーブタンクをボンネット開でエンジンより高い位置にしてエンジン部のバルブを開けると。。。

開け方が少ないか?と開度を足していくと突然高温のク―ラントが勢いよく出始めました。

ガードの布とかで手とかカバーしてましたが、エア抜きバルブを開けすぎていて締めるのに少してこずり、人差し指をやけどしながらなんとかバルブを締め。
思っていたより、エアーが溜っていた感じです。

続いて、フロントヒーター部よりもエアー抜きを実施。こちらも少しエアーが出てきました。



この後、ラクーンさんへ行くのですが、今日の13時くらいの気温(33.4℃)の中でも100Km/hくらいの高速の走行で、水温は90℃より下の88℃~90℃くらいの所でいます。
水温が高めだったり、動きが変化しないサンクはエアー抜きを一度試してみた方がいいかもしれません。



で、今回ラクーンさんにサンクミーティング前修理以来の訪問かというと、今日の水温テストじの走行で、ブレーキの踏み代が去年の車検時に直してもう前の状態になったから。


踏み込み量が増えてしまって、踏んだ時の「グッ」って感触が無くなったからです。
ブレーキが甘くなった感じになりましたので。


安全運転でいけば制動能力はありますから大丈夫ですが、再度チェックをお願いする事に相成りました。
13時20分くらいにはラクーンさんに到着です。

症状を説明すると、岐阜の方から修理に来た人も同じ症状がでてるようで。
ブレーキマスターシリンダーを一度開けて、O/HかAssy.交換かのどちらかってとこでしょうか。
新品の封を切っていないマスターAssy.がラクーンさんにはあったりしますので。



で、質問がてら、「クイックステアリング」の効果とかハンドルは重くなるのか聞いてみたら、「部品」が在庫ストックされてまして。(笑)



ノーマルはタイヤ真っすぐから左右に1回転と3/4くらい回すとフルステアーになる感じでしょうか。

今回の見せてもらった物がどのサイズの物かわかりませんが、ラクーンさんのレース車両に使われている物と同じ(つまりパーツ予備品)物ということでレース車両のハンドルを回させてもらうとタイヤセンター(中立)から1回転と1/4でフルステアーになります。

ロックツーロックで2回転1/2ということでしょか。多分9枚歯ピ二オンの物になるのかなと思います。

ハンドルが据え切りでどれくらい重くなるか判りませんが、なんとかなるでしょうと思うのと、いつもサンクを持ち込む峠の下りのヘアピンでのハンドルの回しが軽減されてハンドルを持ち変えなくて回れるようになるかなと、期待しております。

どうしても手がクロスする所まで回し込まないと回り込めない低速のヘアピンコーナーがもう少しハンドルの切れ角を減らして回り込めるようになるはずなのですが。

てなことで、本日入院いたしました。(笑)入院まで考えていませんでしたので、折りたたみ自転車も搭載してきていなかったのですが、ラクーンさんで軽ですが代車がお初で存在しておりまして。(笑)

もう、入院しかないでしょ!段取りで。
予定では1週間くらいですが、ラクーンさんお任せで。


この時期サンク暑そうですが、後方クォーターウィンドウを開けておけば風は意外に流れますから、街中渋滞でなければさほど暑さを感じません。

最近、繋がりになった人たちからすると暑そうなコメントをいただきますが、去年の夏ももっと乗ってますから。昨年は月平均600Km(笑)。一応今回の距離だとポカリ500ml1本は乗車時に搭載は必須ですが。(笑)

サンクに乗る時は冬も夏も関係ありません。(笑)。エンジン冷却補助の為にヒーターは「温」側にしときます。(笑)


で、今日は13時半ころから19時半くらいまで代車も貸していただけたのでお邪魔してサンクや色々お話を聞かせていただきました。(お邪魔時間が工賃に上乗せされるそうです 笑)


関西の方の北の方で買ったサンクのハンドリングの事とか、ヨーロッパの方の話とかもろもろ、色々楽しい時間でした。

ラクーンさん曰く、一度診せてもらえれば、アドバイスはできますよとの事。

ラクーンさんに依頼するかどうかは後で決めればいい事ですし、整備の車両が99.5%くらいサンクなのはラクーンさんだけなのでは。

いろんな、状態のサンクが出入りしてますから、どう良くて、どう悪いのか、どこを直せばいいのかとか答えは早そうな気がします。
やっぱり、いい主治医が大事かなと。


乗り比べとかされている方とかおりますが、私はラクーンさんに乗り比べはお願いしています。

で、次回仕上がりが楽しみです。
Posted at 2017/10/02 23:27:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「あ~、またやる事(やりたい事)が出てきた。(笑)」
何シテル?   10/22 02:36
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

12 人のお友達がいます
kim5tkim5t sykr5brusykr5bru
abrse037abrse037 *とってぃ**とってぃ*
10G10G bozianbozian

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.