• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッド/ワイドオフセットスペーサー】 
※2020.12現在 トヨタ用139.7-6Hスペーサーが追加されました。
alt




【LINE@KSPでお得情報を配信中】
alt



【KSPオリジナル製品他、多数製品をご用意】
alt




【純正マフラーバルブを自在に操る】
alt




【KSPリアルタイム情報満載】
alt



【KSP公式YouTubeチャンネル】
alt




【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】

alt





【メカニック募集のご案内】
勤務時間10:00〜19:00 休憩1時間(実働8時間)
募集人数:若干名

毎週木曜日定休 その他毎週シフト制 週休2日
夏期休業/年末年始休業あり 年間公休113日以上

(勤務地)
東京都武蔵村山市 KSP本社 ※車通勤可
(待遇・福利厚生)
雇用保険 労災 有給 皆勤手当 技術手当 残業手当 社会保険完備 カー用品社員割引
(手当)
年2回賞与あり(業績により変動あり)
売上達成手当・資格手当・個人別売上手当・家族手当・役職手当など

我こそは!という方からのご応募をお待ちしております。
※定員になり次第、締切とさせて頂きます。
(ご応募はコチラまで)
お電話でのお問い合わせ :  0425692930
Eメールでのお問い合わせ : attain@ksp-eng,co,jp

求人の詳細はコチラよりご確認頂けます。

KSP-ENGのブログ一覧

2022年02月17日 イイね!

【作業紹介】デジタルインナーミラー を アヴェンタドールSV(L750-4 SV)へ取付け!

【作業紹介】デジタルインナーミラー を アヴェンタドールSV(L750-4 SV)へ取付け!
















こんにちわ!KSP商品部です!!


本日は、タイトルの通り
アヴェンタドールSVデジタルインナーミラーを取付けました!


alt


今回、取り付けるデジタルインナーミラーはMAXWINのMDR-C003A1X
フロントミラー裏とリア用に単体カメラが有り、前後共にドラレコかつバック時はルームミラーに後部カメラからの映像が映る優れもの。


それでは早速作業に取り掛かっていきましょう!



alt
いきなりシート裏の内装画像です。
画面に映っている内装をクリップ位置を確認しつつ、慎重に外していきます。。。



alt
画像にはありませんが、シート下もドライカーボンむき出し。
ボルトを落しても傷がついてしまうので、下面は布で保護します><



alt
後部の配線ラインを確保したらピラーを一部外して…
本命のデジタルインナーミラーの取付け!



alt
当然、+BとACC電源を取らなければいけないので、配線施工。
画像の真ん中に映っています、ETC受信機のようなBOXはGPS受信機になります。

なんと!本製品、どこで録画されていたか記録することが可能なのです。
これだけ揃っていれば、不都合が発生しても証明不足に陥ることはないでしょう。



alt
配線をキュッと収納。
デジタルインナーミラー以外にもレーダーなど来店前に施工されており
バラバラに電源を取るのもまとまりが悪いので、既存配線にも手を加え、丁寧にまとめ収納しました。
配線の奥にはGPS受信機もデータ受信の妨げにならないよう、組付けております。



alt
ここまで休憩無しで進めてきました。
さすがに集中力の低下を感じ、休憩を取りました。



alt
気合を入れ直し、後ろのカメラへ通線するため
エンジンルーム内のカバーを取り外していきます。



alt
車内から配線を通してきました。
ここからは、エンジン熱・エキゾースト熱を意識しつつ、見栄えを考慮しながら配線していきます。
※配線した画像を取り忘れてしまいました、すみません><



alt
ナンバー灯付近にバックカメラを取付け!
取付け位置は、下から覗かないかぎり、取付けステーは見えないようにしました。



alt
カメラチェック!モニターチェック!
とっても良く映っております。
写真では画像がいまいちな感じに見えてしまいますが、フィルムをはがした時の解像度は
素晴らしいものです。こんなに綺麗に映るものなの!?と驚きました。
※前方・後方カメラ共に解像度(1920x1080)です。
※画面はタッチパネル

また、思わぬ機能として画面右上の日時は設定する必要がなく
GPSから正しい情報を受信しております。小さなことですが、うれしい機能ですね^^



alt
以上で作業は終了です。


アヴェンタドールSVJは後方の視認性が非常に悪かったため、
引き取り時にはオーナー様も喜んでくださいました。

これで前後のドラレコ(GPS付き)・後退時の不安は解消ですね!

数あるカーショップ様から、弊社を指定頂き、誠にありがとうございました!





何かご不明点・ご要望など御座いましたら、
お気軽にKSPファクトリー(042-531-9936)までお問い合わせ下さい。


それでは、KSP商品部でした!



alt

alt

alt


Posted at 2022/02/18 12:38:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2021年11月19日 イイね!

アヴェンタドールにローダウンプッシュロッドキット&スペーサーを装着

アヴェンタドールにローダウンプッシュロッドキット&スペーサーを装着














こんにちは。
KSP商品部です。

久しぶりの投稿となってしまいましたが・・・
(^^;)


alt

先日、アヴェンタドール LP700-4にKSPオリジナル製品を
装着させて頂きましたのでご案内させて頂きます。




alt

KSPオリジナル ローダウンプッシュロッドキット Type-3
1台分定価:¥275,000(税込)

販売を開始してから、より良いものをと進化を続け
現在はType-3へと進化致しました。

この製品は純正車高比-20ミリ~30ミリのローダウンを
可能としている製品となっています。





alt

現在の製品「Type-3」は画像の様に
固定ボルトの取り付け位置を変える事で
4段階の車高調整を可能としています。

なぜ、この方式を採用しているかと言いますと、
「製品剛性を最優先」とした結果として採用された方式です。
ロッドのセンターをネジ式とする事で、無段階調整式を
製作する事も可能ですが、プッシュロッドは、
路面からの入力をダイレクトに受け止めるパーツですので、
純正同等、それ以上の剛性の確保を優先とした結果
この製品が誕生しました。
素材も国産JIS規格合格材のジュラルミンから
削り出しとすることで全てが一体となっています。
つまり、非常に剛性が高く、軽量な製品に仕上げた
自信作となっています。







それと、もう1つ装着した製品・・・



alt

alt

アヴェンタドール専用15ミリスペーサー&ロングボルトキット
一台分定価:¥110,000(税込)




alt

アヴェンタドールは前後で異なる形状・寸法の
ハブを採用していますが、この製品は、
もちろん前後ハブにピッタリ装着出来るよう、
各種専用設計で製作しています。

また、車輛ベルハウジングに製品を固定できる様な
形状を採用し、固定用ビスまで付属しています。
これにより、ホイール脱着時にスペーサーが
落下してしまうようなトラブルも起きません。



alt

専用のKSPロングボルトは
ボルト本体を高強度クロモリ材(SCM435)を使用し
テーパー部はジュラルミンを採用しています。
これにより、ボルトの強度を維持しつつ
ホイールを傷つけにくい特性となっています。


alt

ヘッド部は純正ではトルクスが採用されていますが
このロングボルトの場合は、6角(17HEX)を採用する事で
一般工具のヘキサゴンソケットで対応可能としています。







altalt

フロントスペーサー装着状態





altalt

リアスペーサー装着状態。

スペーサー本体の直径も純正ホイールに合わせ
製作していますので、違和感の無い装着を可能としています。







alt

今回は20ミリローダウンさせ
15ミリスペーサーを装着致しました。




altalt

非常にまとまった仕上がりとなり
オーナー様にも喜んで頂けました。


なお、スペーサー&ボルトキットは
アヴェンタドールS LP740-4にも対応しておりますが
「5H車輛専用品」です。
センターロック車輛には対応しておりませんのでご注意下さい。

ローダウンプッシュロッドキットは
全てのアヴェンタドールに対応しています。






alt

アヴェンタドール LP700-4



alt

アヴェンタドールS LP740-4




alt

アヴェンタドールSV  LP750-4



alt

アヴェンタドールSVJ  LP770-4


全てのアヴェンタドールにローダウンプッシュロッドキットは装着可能です。
ぜひ、アヴェンタドールオーナーの方はご検討下さい。


なお、このローダウンプッシュロッドキットは耐腐食性向上の為にも
製品表面にアルマイト加工を施しております。
このアルマイト加工には様々カラーがあり、
シンプルなブラックやホワイトの他にも
ゴールド・ブルー・レッド・パープルなど、
お客様よりご注文を頂いた後に、お好みのカラーに
施工させて頂いております。(ただしアルマイトの種類に準じます)
お好みにカスタマイズ頂き、愛車のアクセントになれば幸いです。


【ローダウンプッシュロッド使用時の注意事項】
ローダウンするとアライメントが変化(トーIN・ネガティブキャンバー)します。製品装着後はアライメント補正を行う様にして下さい。
燃料搭載量等の理由でdown量は誤差が生じますのでご注意下さい。
アヴェンタドールS LP740-4以降の磁性流動体ダンパー装着車輛の場合、ローダウン量に伴い制御が介入するためdown量に比例し若干硬くなります。






alt


製品の購入は全国の量販店はもちろん、
ネット通販でも購入可能です。


alt



alt






Posted at 2021/11/19 17:48:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2020年04月17日 イイね!

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.8  ランボルギーニ・アヴェンタドール

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.8  ランボルギーニ・アヴェンタドール













KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.8


こんにちわ、「KSP エキゾースト コントロール」開発担当のYです。
前回のNo.7の続きからお話します。

前回の「KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.7」のお話は、コチラよりご覧いただけます。


今回の開発車両は「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」なります、前に開発をした「アヴェンタドールS LP740-4」と共通点があれば開発の時間が短縮出来るので、共通点を探しながら開発をスタート!!

「アヴェンタドールS LP740-4」の開発日記はコチラよりご覧いただけます。

モニターに協力頂いたお客様は以前からKSPエンジニアリングとお付き合いのあるお客様で、新しくアヴェンタドール購入をきっかけに、モニター協力をして頂ける事になりました。
alt
早速ですが、作業を開始します。
純正ソレノイドバルブがある右リアのホイールハウス内フェンダーカバーを外します。

アヴェンタドールSの取付けステーがそのまま装着出来るか検証しますが、微妙に違うのでアヴェンタドールSのキットは却下!!
新たにコントローラーと付属のソレノイドバルブの設置位置を決めてから取付けステーを作っていきます。


取り付け位置が決まった後は、ケーブルや電源配線、バキュームホースの付属品を作り車両に接続をして動作確認後に元の状態に戻して作業は完了です。

製品化も完了して販売を開始を始めたのですが、購入をされた遠方のお客様からコントローラーの設置位置にご指摘を頂きました。
内容は「現在のコントローラー設置位置だと車両から発する熱でコントローラーが熱害を受ける事があるとご指摘を頂き、すぐに対策をとる為に新たにコントローラー設置位置を作り直しました。
熱害の影響も受けないところを探し出して新しいコントローラーステーを作りました。(検証もしたので大丈夫です。)
※アヴェンタドールSのコントローラー設置位置は違うので大丈夫です。

熱害対策と同時にもう一つ新しい事を開発しました。
12V電源を取る時に指定した車両側配線に付属の電源配線をハンダやスプライス端子で接続をするのですが、配線加工が面倒なのでカプラーONの出来る電源取り出し配線を開発!!
全ての配線をカプラーONで接続する為、製品の取付け簡素化で取付け作業時間も短くなりました。


※アヴェンタドールSもカプラーONになっています。

今回の開発は色々と問題がありましたが、すごく勉強をさせてもらいました。
これからも続くエキゾーストコントロールの開発に活かしていきます。

次回の開発車両は「フェラーリ・488ピスタ」に決定!!
フェラーリ最新のスペチアーレモデルにワクワクします。


KSPエキゾーストコントロール 最新情報

マセラティ・ギブリ     販売開始致しました
品番:KS-49113     価格:¥55,000(税別)   




Posted at 2020/04/17 13:49:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2019年07月11日 イイね!

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.3  ランボルギーニ・アヴェンタドールS 開発編

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.3  ランボルギーニ・アヴェンタドールS 開発編












こんにちわ、「KSP エキゾースト コントロール」開発担当のYです。
前回のNo.2の続きからお話します。

前回の「KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.2」のお話は、
コチラよりご覧いただけます。

「KSP エキゾースト コントロール」の制御をする
コントローラーが出来あがったのでキット第一弾となる
「アヴェンタドールS」取付け方法の見極め、寸法取りを始めます。
alt
まず、キットを付ける事で車両の制御をしないといけないので
純正のマフラーバルブコントロールを仕組みからお勉強します。
仕組みとしたら、エンジンの負圧を使いマフラーに付いている
弁を閉めたり・開けたりするのが
マフラーバルブコントロールの仕組みになります。

なぜ、マフラーバルブが付いているのかと言うと、
排気音量の静音化と排気圧のコントロールになります。
ただ、最近の純正マフラーはバルブを閉めていると
静音機能の良くフェラーリやランボルギーニでも
国産乗用車レベルの排気音で、
見た目と排気音量のギャップが大きく、物足りなさを感じます。
走行中にマフラーバルブは開きますと
純正マフラーでも迫力のある排気音量になるので、
任意でマフラーバルブが開く事が出来るとアイドリング時から
気持ちの良い排気音になり見た目とのギャップも無くなりますよね。
alt
純正マフラーより大きな排気音を求める時は
社外のマフラーに交換になります。。。ただ、
マフラーを交換してしまうとディーラーでの点検整備や
新車保証が受けられなくなるので注意しなくてはなりません。

高価な車両なのでディーラーで受けられる新車保証は受けたいですよね。
純正マフラーで気持ちの良い排気音がしてくれれば一番良いですよね。

それでは、アヴェンタドールSのキットの取付け方を見極めていきます。
alt 
アヴェンタドールのマフラーバルブをコントロールする
純正のソレノイドバルブは右側リアホイールハウスの内側に設置してあります。
alt
コントローラーの電源を純正ソレノイドバルブの配線から取るので
純正ソレノイドバルブの周辺にコントローラーや
純正マフラーバルブを制御する付属ソレノイドバルブを
アヴェンタドールS専用に取り付けられる様に
電源配線やマフラーバルブに繋がるバキュームホースに
付属ソレノイドバルブを配管しなくてはいけないので、
部品ごとのベストな位置を見つけてステーを作り、ステーの寸法を出していきます。
alt
取付けもバンパー等の大きい物の脱着をしないで、
最小限の部品脱着でキットが取付けられる様に
考え取付け方法を探し出して作っていきます。

アヴェンタドールSのキットは付属説明書の
指示通りの位置にステーをボルトオン、
電源取り出しの場所も指示しておりますので
ハンダ等で電源配線を接続出来ましたら、
後の配線はカプラーオンで接続出来ます。
取付けを簡単に出来るように何回も取付け位置の見直しや
議論を重ね、説明書を作成しております。
alt
キットの取付けも終わり動作確認をする為、
エンジンを始動させると自動的にマフラーのバルブが閉まり
静かにアイドリングをしているアヴェンタドールSです。
リモコンのボタンを押せば
今まで開かなかったマフラーバルブが開き
迫力のあるサウンドになる予定!!

緊張に瞬間!!

ポチッとボタンを押すと静かだったアイドリング音が
変化し荒々しいアイドリングに変化しています。
alt
※クリックすると動画が見られます。

マフラーバルブが閉まっていた時の静かだった空ぶかしも、
マフラーバルブが開くとマフラーが変わったかの様に
迫力あるサウンドに変化し取付け、キットの開発に成功!!
と同時に開発の疲れも吹っ飛び最高の瞬間でした。

また、「KSP エキゾースト コントロール」は
適合車種を拡大する為、お客様にお声掛けをさせて頂き、
モニター車種をお借りし開発を進めていきます。

次回開発車両はフェラーリ・812スーパーファーストに決定!!

812スーパーファーストの開発話はNo.4でお伝え致します。





「KSP エキゾースト コントロール」最新情報!!

フェラーリ・458イタリア 取付け確認完了しました、7月末に販売予定!!



alt


alt
Posted at 2019/07/11 16:42:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2019年07月04日 イイね!

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.2

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.2












こんにちわ、「KSP エキゾースト コントロール」開発担当のYです。
前回のNo.1の続きからお話します。


前回の「KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.1」のお話は、コチラよりご覧いただけます。


KSP エキゾースト コントロール誕生までのお話!! No.2

1個ボタンのリモコンを探し、サンプルなどを入手!!
1個ボタンのリモコンの他に2個ボタンのリモコンも使い勝手を
確認する為にサンプルを入手して、どのリモコンが良いか検証

検証をしてみて、扱いやすいのは1個ボタン、なぜならON/OFFを
1つのボタンで制御出来るのと運転中の操作でも、リモコンを見ずに操作が出来る事でした。
2個以上のボタンですと運転中の操作で、制御状態が分からなくなってしまう事が有ったからです。
まあ耳を澄ましたり、体感で制御状態が分かる事が有りますが、運転中が多い操作になる事を考えながら
ON/OFFを1つのボタンで操作した方が運転にも集中出来ますからね。

試行錯誤を繰り返しながら、現在使用している1つボタンのリモコンになりました。
alt

リモコンとセットになるのがコントローラー、このコントローラーを「KSP エキゾースト コントロール」用に
するのが大変で、色々と制御のお勉強をしながらようやく完成したのが、エキゾーストコントロール用の
肝でも有るリモコンとコントローラーのセットはKSPオリジナル品になります。

重要な部品のリモコン・コントローラーですが、開発に時間が掛かりました。

肝となるリモコン・コントローラーが出来あがったので、アヴェンタドールSに簡単に取付けられるように
追加ソレノイドバルブの選定や取付けステーの製作、寸法取りが始まります。

続きはNo.3でお伝え致します


KSPエキゾースト コントロール  最新情報

フェラーリ・458イタリア の設定確認を致します
近日中に設定車種に追加致します。
Posted at 2019/07/04 17:13:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「G.W休み明けてファクトリー営業しております。 http://cvw.jp/b/711133/46092199/
何シテル?   05/08 17:40
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2022/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。
ランボルギーニ アヴェンタドール アヴェンタドールSVJ LP770-4 (ランボルギーニ アヴェンタドール)
アヴェンタドールSVJ対応パーツをご紹介
トヨタ アルファードハイブリッド AYH30W (トヨタ アルファードハイブリッド)
30系アルファードパーツをご紹介
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.