• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッド/ワイドオフセットスペーサー】 
※2019.12現在
alt



【LINE@KSPでお得情報を配信中】
alt



【KSPオリジナル製品他、多数製品をご用意】
alt




【純正マフラーバルブを自在に操る】
alt




【KSPリアルタイム情報満載】
alt



【KSP公式YouTubeチャンネル】
alt




【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】

alt


KSP-ENGのブログ一覧

2020年03月12日 イイね!

入荷しました!「NSX専用KSP製LSD&ファイナルキット」 KSPでの組込も続々進行中です!

入荷しました!「NSX専用KSP製LSD&ファイナルキット」 KSPでの組込も続々進行中です!
















こんにちは。
商品部の「ヤス」です。





alt

大変長らくお待たせ致しました!
多数の方々よりご注文頂き、ご注文頂いておりました
KSPオリジナル
「NSX専用LSD&ファイナルギヤ」が入荷致しました。


画像に写っている分だけでも、
総重量500kgオーバー!!


実は一度の納品が難しいため
初期にご予約頂いておりましたお客様向けに
数台分は、すでに発送させて頂きました。

これから、全品検品を済ませ
発送準備が整い次第、
順次発送させて頂きますので
ご予約頂いている方々、
もう少々お待ち下さいませ。
m(_ _)m


alt

さて、改めてとなりますが
このKSPオリジナルNSX専用LSD&ファイナルギヤについて
ご案内させて頂きます。



alt

従来よりKSPでは、
NSX専用のLSD&ファイナルは販売していました。
しかしながら、実用域における「ギヤ鳴り」等は
ドライバーからすると「異音」と判断できるレベルの
「音」が発生していました。

この問題の解決、
およびLSD本来の性能の向上を目的として
今回、新たに独自のLSD構造(特許)を持ってる
企業とKSPが手を組み、NSX専用LSDキットを
共同開発しました。

LSD本体の構造は協力企業の特許ですが
NSXという車輌特性をふまえ現在までに
KSPに蓄積されたデータを基に
完全に独自の味付けを施した
KSPオリジナル製品として完成させました。


従来品のLSDでは、
LSDの性格を変更させる手段として
カム形状の変更(2WAYや1WAYなど)や
内部イニシャルトルクの変更などの
手法しか無いのですが・・・

KSP製品の場合・・・
そもそもの「カム形状」は
NSXの車輌特性をふまえた
独自のカム角で設計致しました。
(作動特性は1WAYと1.5WAYの中間ぐらいです)
(カム角も新規に設計)

また従来品LSDの場合
内部イニシャルトルクを上げて
LSDの効きを上げると、構造上
LSD自体の寿命に影響を及ぼしていましたが、
今回のKSP製LSDの場合、
内部イニシャルは従来品よりも
かなり低い設定となっいています。
これは、構造上、内部に強い力を
予めかけなくても、鋭いレスポンスで
LSDが作動する独自構造(特許)が
可能としている事が理由です。
さらに、
LSDの効きそのものが調整(4段階)出来る
独自の機構も備えています。
この機構はLSDの効きを上げても
実質的なLSDの寿命(摩耗や劣化)に
ほとんど影響がでない画期的なものです。

つまり、オーバーホールの必要性が
ほとんど無い事になる。
これって実はスゴイ事なんです。
NSX用LSDではKSP製品以外では
存在しない製品価値となります。




alt

今回のKSP製LSDでは
各パーツに識別刻印を入れました。




alt

従来品を含め、他には無い
4.2ファイナルもラインナップに
加わりましたが、見た目では判断が
難しいため、間違いの無い様に
各パーツに識別刻印が入ります。



alt

オイルポンプギヤにも
しっかり入ってますよっ!




alt

何台かは、既に組み付け完了しましたが
KSPファクトリーでは、まだまだ
LSDの組み付け作業が渋滞してしまっています。
急ピッチで順次進めておりますので
KSPファクトリーにご依頼頂きました方々、
もう少々お待ち下さいませ。
m(_ _)m




alt

ファクトリーにご依頼頂いております製品では
やはり、一番人気は「6MT/4.4」となってますね。



alt

こちらは、KSP製LSDを待つ
新品ミッション純正部品の数々・・・



alt

全数検品も実はかなり大変ですが
確実に作業させて頂いております。



alt

ここで、かんたんですが、
LSD組み込み作業を追ってみます。



alt

取扱説明書と製品



alt

まずは、ファイナルギヤを
LSD本体に組み込んで
リングギヤボルトを組んでいきます。



alt

リングギヤボルトは
緩まない様にネジロック剤を・・・



alt

リングギヤボルトでファイナルギヤを固定。



alt

alt

リングギヤボルトは規定トルクで締め付け。




alt

LSD本体のイニシャルトルクも
規定値である事を確認。


alt

製品の標準仕様はだいたいこの位。
※多少の数値誤差はあります。



alt

LSD本体の組み付けが完了したら
ミッションに組み付けていきます。



alt

ケースにLSDを組み込み・・・



alt

各部ギヤ、カウンターシャフト
オイルポンプギヤなど全てを組んで完成。



alt

さて、先程もお話しましたが
KSP製LSDは全4種類の構成となります。


一番人気の6MT用4.4ファイナルギヤ。



alt

初期型NA1は5MTですね。
なので5MT用4.4ファイナルも人気です(^^)




alt

alt

そして、従来品および、他の社外LSDでも
設定がなかった「4.2ファイナル」を
KSP製品ではラインナップしました。

クーペ純正ファイナルはご存知の通り「約4.0」となり
タイプR純正ファイナルが「約4.2」となります。

ファイナルギヤ値とは
数値が上がる程、加速重視となるため
ミッションケースの構造上の最大値が
4.4ファイナルとなる訳です・・・が、
同時に、シフトチェンジも忙しくなります。
タイプRは加速力と高速巡行性など
様々なバランスを考え4.2という数値に
なったのではないかと考えられますが
タイプR純正LSDは機械式ではないので
トータルバランスとコーナー脱出時の
機械式LSDが生み出すトラクションを
併せ持った「タイプRを越える性能」を持つ
製品として新たにラインナップしました。

好みによる要素ではあるかと思いますが
考えうる選択肢を今回のKSP製LSDでは
ランナップ致しましたので、
是非、4.2ファイナルもご検討頂ければと思います。

先年からご予約を受け付けておりました都合上
入荷したばかりではございますが
現在、モデルによっては
すでに在庫が少ない物もございます。
全てのモデルをまとめて生産する都合上
欠品してしまうと長期欠品となります。
次回納期はまだ未定となっておりますので
ご検討段階のお客様は
お早めにご連絡下さい。

皆様からのご注文をお待ちしております。
チラシを新規に製作致しました。

中には、現在開発中の製品もございます。
近況は追ってご案内させて頂きます!
d(^0^)



alt

ウラ面には
KSPのスペーサーラインナップもございます。

ご希望の方には無料で差し上げておりますので
ご要望の方はお気軽に商品部まで
ご連絡下さいませ。



alt

alt

alt
Posted at 2020/03/12 19:29:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
2019年12月20日 イイね!

「NSX専用KSP製LSD&ファイナルキット」サーキットテスト及び量産品進捗状況

「NSX専用KSP製LSD&ファイナルキット」サーキットテスト及び量産品進捗状況
















こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。
現在、量産ロット製作を進めておりますが
生産工場からの進捗状況になります。

alt

こちらはLSD本体のケースになります。
既に外観の大まかな形状は完了してます。



alt

こちらはLSD内部のギアですね。
こちらは、まだ製作途中ですが



alt

完成するとこの様な形状になります。


alt

こちらはカウンターシャフトです。



alt

最初の旋盤加工を終えると・・・



alt

この様に仕上がります。

まずは最初の工程を進めていき
次に歯研加工を施していきます。


製作状況は、順次ご案内させて頂きますので
もうしばらくお待ちくださいませ。
m(_ _)m



alt
続いて先日、プロトタイプを組ませて頂いた
NA1 タイプRのお客様からのご報告です。

元々、このタイプRには
KSP従来品の4.4ファイナルLSDが
装着されていましたが、
不快なギア鳴りに悩まされていた状況
今回は新製品のLSD開発の為のデータ取りという事もあり
オーナー様のご協力で
「4.2ファイナル」の製品を組ませて頂いています。

今回は、この4.2ファイナルを組んだ状態で
サーキットテストを実施して頂きました。



alt

ここで、基本的なおさらいとなりますが
ファイナルギアの数値とは、
数値が高い方(多い:4.4)が加速力重視の方向
数値が低い方(少ない:4.2)が最高速重視の方向
という様なセッティングとなります。

これをふまえ、今回のサーキットテストでの場合、
最高速がNSXのパワーで250km以上になる様な
サーキットではないため、6MTと4.4ファイナルの
組み合わせでもギアの頭打ちを起こさず
走れる状況でのテストとなります。
簡単に考えるとギアが吹けきらねければ
一概に言いきる事は出来ないのですが
4.2ファイナルよりも
加速力のある4.4ファイナルの方が
タイムを削りやすいという事が言えます。

ただ、この「加速」という問題ですが
4.4の方が加速力があっても
シフトチェンジが忙しくなるという事も
併せ持っています。状況によっては
4.2の方が加速とバランスの両立が
とれている場合もあります。
事実、タイプR純正ファイナルギアは
4.2ファイナルですので、総合的に
判断した場合は、必ずしも4.4の方が
4.2よりも優れているとは言えませんので
ご自身の使用環境によって
オーナー様が決定される方が良いかと思います。



alt
このオーナー様の場合は、
以前に4.4ファイナルを組んでいて
今回は4.2ファイナルでの走行ですので
サーキットタイムアタックとしては
セッティングが異なるため状況となるため
気持ち良く走行できるか不安な状況でしたが
ご協力頂き走行して頂きました。




alt

走行にあたって、基本的な車輌の仕様は
タイヤ(中古ラジアル)も含め以前のまま。
本来の走行上の目的がサーキットの様な
高負荷環境での確認テストでしたので
タイムアップは目的では有りませんでした。


ところが、結果としては・・・
「ベストタイム更新」してしまいました!


「オーナーインプレッション」

LSDは、イン側の空転は全く感じない程良く効いてる感じです🎵
でも、アクセル開度5~10%くらいでの領域だと逆に効きすぎてしまっているようで、コーナー途中の微妙なアクセルON/OFFでちょっと唐突気味にリアが動いてしまうのが、少し気になりました💦 


以前にKSP従来品を装着頂いているので
LSD本体の作動特性が従来品と異なるため
扱い方に少し戸惑いが有ったようですが
それでもベストタイムの更新は
思いもよらない収穫となりました。

先程もお話したように車輌の仕様は
タイヤも中古、足回りやエンジンはもちろん
基本的な仕様変更は一切なし
そしてファイナルギアによる加速力はダウン・・・
この環境でのベスト更新の理由を考えると
「LSDの特性変更」でしかありません。というより
それしか理由が見つかりませんでした。
※ちなみに走行気温も決して極寒ではありません。


KSP従来品でも例外ではなかったのですが
一般的なアフター製品のLSDの場合、
LSDのレスポンス(ロックするまでの時間)を
意図的に調整する傾向の構造で
製作されている事が多いです。

その理由は「ストリートでの利便性」にあります。

一般的なアフター製品の場合、
アクセルON時のロックする力は
製品の構造によって決定されてしまっています。
ロックする力はLSD内部のプレート枚数によるものであったり
する訳ですが、そのロックするに至るまでを
LSD内部のバネの力で意図的に時間差を付ける事で
ストリートでの利便性を図っている訳だったりもします。
しかし、言い方を変えると
「LSD性能を空回りさせる時間」を意図的に
作りだしているとも言えます。

今回、KSPで製作しているLSDは、
従来品とは、構造そのものを変える事で
LSDらしい性能ははっきりさせる
まったく新しい考え方を提案しています。
これは従来品構造では出来ない事で
他には無い新たな機構で可能とした
性能となります。


alt

先程もご説明致しましたが
KSP従来品を含め、ほとんどのLSDは
オーバーホールおよび内部部品の
仕様変更を行わない限り、LSDの
基本性能を変更させる事は
構造上出来ませんでした。
それは、LSD内部のイニシャルトルクを上げ
予めLSDが効く様な状況を作り出すことで
レスポンスを上げたりできますが
反面、チャタリング発生の要因とも
なってしまう事も。。。


今回のKSP製LSDの場合、
内部構造の切り替えだけで
大きく4段階の特性にセットUP可能という
いままでのLSDでは考えられなかった発想を
可能にした、まったく新しいLSDとなります。



alt

KSP製LSDは1製品で4段階区分で
LSD特性を選択する事が可能な構造で
製作されています。

・サーキット仕様(Sタイヤ以上推奨)(今回テスト仕様)
・スポーツ仕様
・標準仕様(製品基本設定位置)
・ストリート仕様


KSP製LSDの特性として
非常に優れている点は
アクセルON時の「レスポンス」にあります。
アクセルON時に瞬時にLSDとしての機能が
発揮されます。これは、KSP従来品を含め
ほとんどのアフター品とは異なる事になり
各製品においてもレスポンスにおいては
差は発生致しません。
このレスポンスは内部構造により
生み出しているものとなるため
内部のイニシャルトルクは極端に
低い設定となっています。
つまり、チャタリングはほとんど
発生致しません。
では、
各仕様の決定的な違いは・・・
アクセルON時の「左右輪のロック率」にあります。

サーキット仕様のロック率を100%とすると
スポーツ仕様では75%程
標準仕様では50%程
ストリート仕様では25%程
ロック率となります。
ただし、このロック率を低くすると
中のディスクが摩耗してしまう様な
イメージがあるかと思いますが、
こちらも従来品とは異なる独自の
ディスクを使用していますので
ロック率を変更しても
摩耗速度が上がってすまったり
チャタリングの増減が起きてしまう様な事は
ございませんのでご安心ください。
(KSP製LSDの場合、チャタリング音はほぼ皆無です)


ちなみに一番ロック率の低い
ストリート仕様のロック率のイメージは
ヘリカル式LSD程の効きで、
サーキット仕様のロック率のイメージは
セミスリックタイヤ以上の
タイヤグリップ力を想定したイメージと
なりますのでご参考になればと思います。

今回のオーナーさんからのインプレッションで
ハーフアクセル時に感じた症状は
タイヤ(ラジアル)のグリップ力に対して
LSDのロック率が勝ってしまっている
状況下だったのかもしれませんので、
ラジアルタイヤでの走行の場合は
ロック率を1段落した方が
走りやすくなるのかもしれませんね。
ただ、
LSDの特性の違いに惑いを感じながらも
4.4ファイナルよりも加速力では劣る
4.2ファイナルを装着しても
ベストタイムを更新したという事実は
今回のLSDが従来品LSDよりも
車両を一歩前へ進ませている
LSD本来の性能でタイムUPの
大きな要因となる結果が出ましたので
嬉しい結果となりました。




alt

ただ今、頑張って製作しておりますので
ご注文頂いております方々には
大変お待たせし誠に申し訳ございませんが
もうしばらくお持ち下さいませ。
m(_ _)m



いよいよ、初回製作ロット数に対して
残り枠も少なくなってきました。
以前にご案内させて頂きました様に
このLSDキットは生産数を決めて
製作しております。
現時点では、まだ次回生産までは
時間がかかる状況ですので
ご要望の方はお早めにご予約頂けますよう
宜しくお願い致します。
m(_ _)m






alt

Posted at 2019/12/20 18:20:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
2019年12月04日 イイね!

NSX AT→5速MT換装 続き。。

NSX AT→5速MT換装 続き。。


こんにちは。
今日はカラッと晴れていて気持ちが良い一日ですね(^^)
これだけ天気が良いとドライブに出かけたくなります。。

そして師走だからでしょうか、、
最近ファクトリーへの急な作業依頼が多くなっています(^^ゞ





さて、NSXのAT→MT換装作業の続きです。





シフトレバーやペダル類の操作系統や、タコメーターの交換等を行い。。




ミッション本体の車輌への搭載、リビルトドラシャへの交換等も済ませ、、






ECUをROMライターでMTデータに書き換え(^^)

あとは車輌に取付けて動作チェックを行います。





そして純正電動シートの表皮張替え。

追加作業をご依頼頂いたのでAT-MTの換装中に行います。




作業は張替え業者さんにお願いしているので、途中経過の画像を頂いています。。
今回のシートは少しウレタン補修を行う必要があるようです。




こちらは生地の裁断。。

完成までには、もうしばらくかかるかと思います(^^)



NSX専用ページ↓
http://www.ksp-eng.co.jp/nsx/

まだまだ製作途中ですので、順次情報を更新させて頂きます。


----------------------------------------------------------------------------------

最長24回金利ゼロ0!ネットからの簡単スピード申込!
メンテナンス専用クレジットのご案内はこちら

https://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/40385340/


メンテナンス専用クレジット 申込専用
セディナ WEBエントリーサイト

KSPショッピングクレジット専用サイト

https://entry.cedyna.co.jp/Formmst/bookmark.php?seq=401443&line=J

エントリーキー

ksp9936


お申込はお客様ご自身で行えますので、上記URLから専用のエントリーキーを入力してお進みください。


----------------------------------------------------------------------------------





KSP LINE@です。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。
Posted at 2019/12/04 15:39:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
2019年11月19日 イイね!

「NSX専用KSP製LSD&ファイナルキット」実走テスト完了!

「NSX専用KSP製LSD&ファイナルキット」実走テスト完了!













こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。

大変お待たせしております
NSX用のKSPオリジナルLSD&ファイナルギアキットですが
前回お伝えした通りプロトタイプが入荷した後、
実車に搭載し走行テストを繰り返してきました。



まずは、その様子とLSDの仕様を
簡単にご報告させて頂きます。


alt

そもそも、KSP完全オリジナルのLSDを
製作する運びとなったきっかけは
NSX用機械式LSDでは従来あたりまえとされてきた
「ギア鳴り」の問題でした。


アフター品としては競技やサーキット走行での
使用を前提とした事や、コスト等の問題から
「有る程度のギア鳴りが当たり前」となっていましたが
実際に高速巡行していると、
決して快適と呼べる領域で抑えられておらず、
KSP従来品でも、ギア鳴りが発生していました。

10年以上前であれば、多くの方が
サーキットを目的としていたため、
ギア鳴りに関しても「当たり前」のものと
認識されており、そこまで重要視していませんでした。

しかし、今日では、
「高性能な日本のスーパーカーNSX」として
高く評価され、純正スペックのレベルアップとして
LSD&ファイナルギアという製品を求めた場合、
「純正の延長線」である事が求められ
もはやギア鳴りはあってはならないものと
KSPとしても数年前から判断していました。
ただ、ギア鳴りの問題は
非常に神経質な問題でもあるため、
従来品を更に越えるべく製造元を変更し
全く新規にオリジナルLSD&ファイナルキットを
今回開発するに至りました。


新規の開発ですので、様々な要望に広く
対応出来るべく、この製品では
従来のアフター品では存在していなかった
ファイナルギア比「4.2」も新設!

最大限の加速力を得る事が可能となる
「4.4ファイナル」はもちろんですが、
この4.2ファイナルはType-R純正と
ほぼ同等の数値となります。
実際に、ノーマルファイナルではもの足りないけど
4.4ファイナルではシフトチェンジが忙しすぎると
感じるユーザーも多く事実、
KSP従来品の頃からも4.4ファイナルではなく
Type-R純正(4.2)ファイナルを選ばれる方も
多数いらっしゃいました。
その様な実績から、今回の新製品では
5MT/6MTともに4.2と4.4が選択できるようになる事で
お客様のご要望に幅広く対応出来るようになりました。



alt

それでは早速、搭載していきます。

搭載車輛はNA1クーペ。
こちらの車両には「5MT/4.4ファイナル」を
搭載していきます。



alt

降ろされた純正LSD



alt

組み上がった「5MT/4.4ファイナルキット」です。


搭載後、早速KSP周辺を試乗テスト。


狙い通り、ファイナルギアのギア鳴りは全くせず
1発で、要望通りの仕上がりで完成しました。


私も実際に試乗しましたが、
問題としているのは「音」ですので
私自身の主観でのみ判断せず、
KSPスタッフも数名、試乗し
誰一人、問題無い事で一致しました。



↓↓ 下記内容はオーナー様のインプレッションです ↓↓
※内容は抜粋となります。

こんにちは😊
ファイナルとLSDの調子良い感じです😊
まだ慣らしをしてますが
高速での動力テストを行なってみました
圧倒的な加速力で驚きました😆
5速でアクセルを底まで踏み込むとぐいぐいスピードが伸びて行きますね!
3速から4速にシフトアップする時の加速力も非常に良く久々バックミラーからクルマが消えました😆
来月ミッションオイルの交換に伺います😊

後はサーキットで何処まで攻めれるか早く試したいです😆
ギア鳴りも大丈夫みたいです😊
交差点やコーナー曲がる際にLSDの効きが良いからでしょうか、がくんがくんします😆

これで大丈夫だと思います😊
コーナへのアプローチが以前と全く違うので少し驚いてる感じですがもうじき慣れると思います😊
ありがとうございます😊


非常に良い評価を頂き、とりあえずホッとしました。
サーキット走行でのインプレッションも
楽しみなところですねっ!


ちなみに、こちらのオーナー様は
サーキット走行を前提としておりますので
最強の「サーキット仕様のLSD」でご提供致しました。
インプレッションにあった「がくんがくんする」というのは
LSDが非常に効くため低速で交差点を曲がる際などに
現れる挙動ですが、「LSDの効きを弱めますか?」と
確認したところオーナー様の判断で問題無いとの事で
このままサーキットインプレッションを頂く事となりました。

「LSDの仕様」に関しては、最後にご案内致しますね。
d(^^)



alt

続いては、6MT用の搭載です。
搭載車輛はNA1タイプRです。


alt

こちらのオーナー様は、
他社製LSD → KSP従来品LSD と機械式LSDを
いくつも組み換えて「ギア鳴り」に悩まされてきた
サーキットも走行されるオーナー様です。
様々なサーキットにも自走で行くため、
ギア鳴りの問題はKSPにもご報告頂いておりました。
今回の案件をご連絡したところ、ギア鳴り解消に
非常にご興味頂き、ご協力頂きました。


alt

タイプRは純正ファイナルが4.2です。
サーキット走行を主としているため、
希望の商品は4.4ファイナルなのですが、
どうしても開発の為4.2ファイナルの
実走テストが必要なため今回、
開発の為にご協力頂き、
あえて4.2ファイナルで搭載テストです。



以前装着されていたKSP従来品を含むギア鳴りですが
タイプRの場合、ご存知の通り防音に関する装備が
その他グレードに比べ軽量化のため装備されていません。
つまり、クーペを含む他のモデルよりも
ギア鳴りを感じ(聞こえ)やすい車両となるため
タイプRで問題なければ、他の車輌でも
間違い無く問題無い事になります。


結果としては私も含めKSPスタッフ
そしてオーナー様も含め合格!


こちらの車輌も来月、早速サーキット走行を実施し
インプレッションを頂きます。


もし、このテストで失敗した場合、
量産の納期はおろか、品質開発からの
リスタートの可能性もあったので、
商品部としてはとりあえず「ホッ」としました。

製品の開発を行う上で妥協せず満足のいく
性能を発揮するべく開発を行っておりましたので
当初よりお時間がかかってしまいました。
既に、ご注文頂いております方々、
誠に申し訳ございませんが、
これから量産に入りますので
当初の予定より遅延しておりますが
もうしばらくお待ち頂けますよう
お願い致します。 m(_ _)m



alt

さて、今回はもう1つご案内がございます。

いままで、ギア鳴りの改善をメインに
ご案内させて頂いてましたので
LSD本体の性能に関してはあまり
触れておりませんでした。


実は、KSP製LSDキットでは
KSP従来品ではもちろん、他のLSDでも
有りえなかった性能を有していますので
ご案内させて頂きます。


通常、LSDの性能はその製品の特性に
決定されていますので、LSDの性格を
変更する事は基本的に出来ませんでした。
仮に変更するにしても、オーバーホール時などに
内蔵のディスク(ほぼ別売)を変更したり
イニシャルトルクを変更するといった手法しか
存在しませんでしたが、今回新たに開発した
KSP製LSDでは、製品自体に予め
「異なる4つの性能を有する製品」として
開発しました。

故に、イニシャルトルクを変更する事も無く
追加で部品を購入する事もなく、強い順に
・サーキット仕様
・スポーツ仕様
・標準仕様
・ストリート仕様

といった4段階の特性をお客様の好みに合わせ
予めKSPでセットアップし幅広いユーザーに
ご選択頂ける様に開発しました。




alt

この特性は「LSDの効きの強さ」を表し、
「サーキット仕様」では、少ないアクセル量から
LSDがしっかり効きます。
逆に「ストリート仕様」では、
交差点や切り返しなどで違和感が生まれない様、
純正同等の最低限の効きに抑えています。
※機械式LSDなので実際には純正とは異なります。

万が一、最初に決定した仕様が合わない場合でも
追加部品を購入する必要無くKSPで
仕様変更が可能な構造ですので、KSP従来品を含め
圧倒的に幅広いユーザーに対応可能な
今までに無い画期的なLSDとして開発しました。



ファイナルギア比による加速力は、その数値が
絶対値ですので、同一数値であれば
KSP製でも、KSP従来品でも他社品でも
良し悪しが付く事は有り得ません。

基本的なLSDの価値は、
アクセルコントロールに対して
どれだけリニアに反応出来るか?
というところにあります。
LSDの作動を遅らせるのではなく
「ドライバーの好みにあった
LSDのセットUP」が必要であり
1つの製品特性では幅広いユーザーには
対応可能な限界があるとKSPでは考え
まったく新しい発想でこの製品が完成しました。
KSP製LSDでは今までの従来品ではなし得なかった
サーキット派のユーザーから
快適なツーリングを楽しむユーザーまで
幅広く対応可能な製品に仕上げた
新時代のLSDです。



ノーマルを越える加速力と
幅広いユーザーに対応可能なKSP製LSDは
KSP従来品を遥かに上回るLSDとして完成しました。





【補足】
KSP従来品を含め既存LSDの構造では
構造上デフケース本体が劣化するため
レスポンスの悪化が発生します。
また、ディスクも摩耗するため
オーバーホールが定期的に必要ですが
KSP製LSDは、まったく新しい構造のため
デフケース本体の段付き摩耗および
内部ディスクの摩耗がほぼ皆無に近いので
初期の慣らしやオイルの劣化を除けば
KSP製LSDは基本的にメンテナンスフリーです。


また、このLSDのメカニズムは
製造元で特許を取得
している構造なので
他メーカーでは真似出来ません。
KSP製LSDの性能は、NSX用として
他社製品では味わう事の出来ない
唯一無二のKSPオリジナル製品となります。


alt



alt


Posted at 2019/11/19 20:52:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
2019年11月18日 イイね!

NSX AT→MT換装作業はじまりました。

NSX AT→MT換装作業はじまりました。



こんにちは。
今日は天気も良く少し暖かくてすごしやすいですね。。
それでも夕方、夜になると寒くなるので油断せず
風邪ひかないように気をつけます(^^ゞ






さて、今回はNSXのAT→MT換装です。



KSPオリジナルのファイナル&LSDキット開発の為、今回使用するミッションを使って寸法取りをしていたり、
純正部品の入荷待ちでお客様には長らくお待たせいたしました。
快くお待ち頂きましてありがとうございました。

※オリジナルのファイナル&LSDに関しましては下記の記事をご覧ください。
 こちら→「NSX専用KSP製LSD&ファイナルギア」プロトタイプ完成!




それではいよいよ作業の開始です。





早速ATを車輌から降ろして、、、




新品の純正クラッチASSYを取付。。




今回使用するミッションはタイプRの5速MTです。
入庫前にオーバーホールをさせて頂きました。




現在はMT制御に変更する為、各部品の組み立てやホースのとり回し作業中(^^)




前回入庫時にドライブシャフトブーツの傷みが激しかったので、今回はリビルトドラシャに交換します。




NSX専用ページ↓
http://www.ksp-eng.co.jp/nsx/

まだまだ製作途中ですので、順次情報を更新させて頂きます。


----------------------------------------------------------------------------------

最長24回金利ゼロ0!ネットからの簡単スピード申込!
メンテナンス専用クレジットのご案内はこちら

https://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/40385340/

メンテナンス専用クレジット 申込専用
セディナ WEBエントリーサイト

KSPショッピングクレジット専用サイト

https://entry.cedyna.co.jp/Formmst/bookmark.php?seq=401443&line=J

エントリーキー

ksp9936


お申込はお客様ご自身で行えますので、上記URLから専用のエントリーキーを入力してお進みください。


----------------------------------------------------------------------------------





KSP LINE@です。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。
Posted at 2019/11/18 16:21:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「預かり車輌増!ファクトリー週末作業状況です。 http://cvw.jp/b/711133/44067658/
何シテル?   06/06 19:42
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。
ランボルギーニ アヴェンタドール アヴェンタドールSVJ LP770-4 (ランボルギーニ アヴェンタドール)
アヴェンタドールSVJ対応パーツをご紹介
トヨタ アルファードハイブリッド AYH30W (トヨタ アルファードハイブリッド)
30系アルファードパーツをご紹介
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.