• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッド/ワイドオフセットスペーサー】 
※2020.12現在 トヨタ用139.7-6Hスペーサーが追加されました。
alt




【LINE@KSPでお得情報を配信中】
alt



【KSPオリジナル製品他、多数製品をご用意】
alt




【純正マフラーバルブを自在に操る】
alt




【KSPリアルタイム情報満載】
alt



【KSP公式YouTubeチャンネル】
alt




【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】

alt





【メカニック募集のご案内】
勤務時間10:00〜19:00 休憩1時間(実働8時間)
募集人数:若干名

毎週木曜日定休 その他毎週シフト制 週休2日
夏期休業/年末年始休業あり 年間公休113日以上

(勤務地)
東京都武蔵村山市 KSP本社 ※車通勤可
(待遇・福利厚生)
雇用保険 労災 有給 皆勤手当 技術手当 残業手当 社会保険完備 カー用品社員割引
(手当)
年2回賞与あり(業績により変動あり)
売上達成手当・資格手当・個人別売上手当・家族手当・役職手当など

我こそは!という方からのご応募をお待ちしております。
※定員になり次第、締切とさせて頂きます。
(ご応募はコチラまで)
お電話でのお問い合わせ :  0425692930
Eメールでのお問い合わせ : attain@ksp-eng,co,jp

求人の詳細はコチラよりご確認頂けます。

KSP-ENGのブログ一覧

2022年03月03日 イイね!

【3月中に販売!】KSP製 フルバケットシート専用 ローポジションシートレール

【3月中に販売!】KSP製 フルバケットシート専用 ローポジションシートレール















お疲れ様です。KSP商品部です!


本日はKSP製 ローポジションシートレールにつきまして、ご報告させていただきます。


先にご報告させていただきます。

本製品は全ての検査項目を終了し、量産発注済みでございます。

ということは…。
確実に3月中に販売を開始いたしますm(_ _)m

大変、大変、大変お待たせしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

(ご予約ページはこちら)👈Click!






専用シートレールを開発するにあたり、
欠かせないポイントを明確にして開発をスタートしました。


欠かせないポイント一覧↓
KSP製フルバケットシートに勝る高剛性
TYPE-Rシートよりローポジション化
車内の雰囲気を崩さない、品のあるデザイン・素材選定




この3点に重点を置いて開発を行い、試作・改修・調整・試作・改修を重ね
思い当たる「こうした方がもっと良い商品になるのでは」を全てつぎ込んだ形。


KSP製 フルバケットシートレール


完成形はこちらです!ご査収下さい!!


alt
alt
alt
本製品の形状にはすべてに意味があります。
新規開発という条件を最大限に生かして開発したため、理想のシートレールが完成致しました。

細かく紹介を始めると長文となってしまうため、主要なところのみ紹介させていただきます!



●「KSP製フルバケットシートに勝る高剛性
alt
KSP製フルバケットシートはTYPE-R純正フルバケットシートのシェルを参考に製作していることから、フロント側の固定位置に対して、片面7.5mm窪まっています。そのため安直なシートレール形状では固定することができませんでした。

このような場合、各固定点専用にステーを伸ばして4点留めに対して4点のステーという流れが一般的ではございますが、分割すると一体より剛正は間違いなく下がるため、7.5mmのオフセット部にはスチールカラーを設け、一体化を実現しました。



●「TYPE-Rシートよりローポジション化
alt
alt
alt
「何が何でも、純正フルバケットシートより低くする。いや違う。物理的限界値まで下げてやろう。」
と気合を入れて取り組んだポイントです。シートレールステーの穴位置はシートレール本体にフルバケットシートのお尻が当たらないギリギリの位置に取付け穴を設定、それでも足りないと「シートメーカーのBRIDE様」になんとかホワイトボディ固定穴の寸法を変更することはできないか相談。

弊社からの熱い思いを伝えたところ、特注という内容で対応頂けることとなりました。
そのため、ホワイトボディ取付け時に弊害が出ないレベルで4mmダウンで製作頂きました。
最終的なポジションは、TYPE-Rのシート高に対し、「16mmダウン」のローポジション化に成功致しました。

写真に写っている社員は、慎重173cm
適正ポジションでもルーフとのクリアランス35mmを確認
十分なクリアランスが確保できました。フルバケットシート固定点をもう一段倒す位置にすれば、さらなるクリアランスが確保できます!



●「車内の雰囲気を崩さない、品のあるデザイン・素材選定alt
alt
-POINT1-
シートレール本体はBRIDE製、シートレールステー(レバー)は製作物、それ以外は汎用ボルト・ナットを使用しておりますが、見える箇所は黒色に統一。統一化により高剛正を感じさせるルックスを獲得。実際の剛性はスチール板(厚み2.9mm)で構成されていることから、通常の用途で捩じれが発生することはまずないでしょう。



alt
-POINT2-
NSXのシートはコンソール側よりにシートが固定されているため、手を入れる隙間がありません。
そのため、専用のシートレバーを製作しスムーズにロック解除できるように致しました。


alt
-POINT3-
今まで紹介させていただいた画像にはロゴが入っておりませんが
製品版はKSP ENG RACINGというロゴがレーザー彫刻されております。

画像は編集にて貼り付けておりますので、実物との差は少なからずありますが、出来上がりましたら再度「みんカラ」でご紹介させていただきます。



取付けにあたっての注意点
alt
ベルトロック部は純正品を使用する形となりますが、加工が必要です
写真の通り、周り留めのツメ部をグラインダー等で削り、取り除いて組付け願います。




改めて、上記内容を全て取り込んだKSP製 フルバケットシートレール3月中に販売となります。


下記に予約ページを設けておりますので、ご希望の方はURLから商品ページにアクセス頂き、予約の手続きを頂けたらと思います。



以上、KSP商品部からでした!


altaltalt

Posted at 2022/03/03 20:06:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2021年12月21日 イイね!

【開発終了】KSP製フルバケットシート専用 シートレールについて

【開発終了】KSP製フルバケットシート専用 シートレールについて















こんにちわ!KSP商品部です^^v


大変お待たせ中の新商品
KSP製フルバケットシート 専用シートレール

先にお伝え致します。
開発は終了し、発注済みで御座います」。

大変大変お待たせ致しました!m(_ _)m

これで「KSP製 フルバケットシート」がNA1,NA2のグレードに問わず装着可能となります!

改めて、前ブログで報告させて頂いた内容から仕様変更がございましたので
本製品の「特徴」「強み」「オススメ具合」を紹介していきます!

alt


本製品の開発理由は大きく3つが上げられます。
タイプR・Sより低く、物理的に可能な限りシートポジションを低くした形状
フルバケットシートの剛性を損なわない頑丈なシートレール
搭乗者に合ったランディング姿勢を実現


各ポイントに対して、簡単では御座いますが説明させていただきますと




タイプR・Sより低く、物理的に可能な限りシートポジションを低くした形状
<NSX TYPE-R/TYPE-Sよりシート高を下げることに成功>←ここ重要!!!
alt
alt
alt
NSXクーペに「KSP製フルバケットシート」と「専用シートレール」の組み合わせで
内装天面がクーペ仕様(赤枠部)の場合、身長176cmが4輪フルバケットシートを装着し登場した場合は内装天面とのクリアランスが6mmほどでした。(写真)
ちなみにですが、タイプRなどの純正内装天面がオフセット(逃げ)されている車両は、12mmほどのクリアランスとなります。
※人それぞれの座高、ポジション等 違いますので参考までにお考え下さい。

また、「可能な限り」と謳っていながらも
現時点(12/21)では、さらなるローポジションが可能となりました
量産時には更に「-4mm」で納品させていただきます。^^v





フルバケットシートの剛性を損なわない頑丈なシートレール
<BRIDE製 左右のレールをステーで繋ぎ、シートレールステーも分割せず1本で前後左右剛正UP>
alt
本製品は圧倒的な剛正を持つKSP製フルバケットシートの性能を損なわないよう
捩じれ等を考慮しBRIDE様と調整・開発を行いました。結果として可能な限りシートレールを下げながらも、剛正を損なわぬよう左右のレールをステーで繋ぎ、シートを固定するシートレールステーは専用設計で、特殊なフルバケットシートのシェル形状に合わせて製作。

実車での体感は意図的に捩じれ・負荷をかけても剛正に不安を感じることは一切ありませんでした。
これは「KSPフルバケットシート」の剛性と「専用シートレール」の剛性が相乗効果で得られる結果かもしれません。





搭乗者に合ったランディング姿勢を実現
<シート角度・レールの可動範囲・ロック解除などの自由度UP>
alt
alt
alt

純正シートでは座席の角度調整ができないが、専用シートレールでは6パターンの角度調整が可能
また、BRIDE製のシートレールを使用することにより身長155cm前後でもイメージ通りのポジションが確保可能でございます。(2枚目・3枚目)
そのほか、市販の社外シートレールではシートロックレバーがフロアのカーペットにめり込み、スムーズにスライドできない問題を、専用シートロックレバーを開発・組み付けることにより乗降時はスムーズにスライド可能となりました




今回のご報告は以上となります。

最初にご報告させていただきました通り、
「専用シートレール」は発注済みで、納期は1月下旬で御座います。
入荷次第、商品画像を添えて紹介させて頂くと共に「更にシート座面を-4mm下げ」についてご説明させていただきます。

シート座面を下げることに対して、やれることはやり切りました。

それでは、商品入荷まで年明けとなってしまいますが、お待ちくださいませ!


以上、KSP商品部でした!


Posted at 2021/12/27 17:54:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | 日記
2021年09月02日 イイね!

KSP製フルバケットシート専用 シートレールステー開発完了!!

KSP製フルバケットシート専用 シートレールステー開発完了!!















こんにちわ!KSP商品部です。


今回はタイトルの通り

「NSX用 シートレール・シートレールステー開発進捗」についてです。

本日、最終確認項目「シートベルトロックの固定位置」の確認を行いました。開発の終わりがなぜ「シートベルトロック」なのかと言いますと、タイプSやタイプRの寸法は同一であり実寸確認を取って開発を進めていたのですが、その他NSXではシートベルトロックの品番が違く形状も違うということが発覚したためです。

内容として先延ばしにする必要が無いため、先に結果をお伝え致します。

「まったく問題なし!物としての開発終了!!」

そのため、これにて開発は終了となり、金額を定め販売に向けて日程を調整していきます。近日中に発売日等の詳細はお伝えさせていただきますので、今しばらくお待ちください。


以降は、最終確認の手順を写真で収めましたので順を追って説明すると共に
「シートレール」・「シートレールステー」・「KSP製 フルバケットシート」を全て組付けた場合の全体像、車体への組付け時の姿を紹介したいと思います。


↓↓↓↓↓


それでは、「シートベルトロックの固定位置」についての確認を手順を追って見ていきましょう。


まず初めに、見たいのはロックを組付けた時の位置関係となりますので
クーペ革シートからロックを取り外し、KSP製フルバケットシートにあてがってみます。
alt
alt
右側は問題ありませんね。(再確認)


左側はどうでしょうか。
alt
手で押さえてるので、自然体ではありませんが、乗降性への支障はありません。
もちろん座っていても邪魔になることはありませんでした。OKです。


(注意)
説明の順序が入れ違いになってしまいましたが
純正シートベルトのステーはシートベルトの向きが動かぬよう、一定の位置で固定できるよう爪が生えています。残念ながら、こちらを残して固定することがどうしてもできなかったため、シートレール・シートレールステーを使用してフルバケットシートを装着する際は、爪をカット又は曲げる必要が御座いますので、ご注意下さい。

上記内容を含め、組付けの確認ができたため、開発終了となります。





■シートレールについて
前回の「シートレールステー」に関するブログで
車体センター部とフルバケットシートとのクリアランスが狭く、手が入らないためシートロックを解除できない。なので長い棒を溶接して対応すると記載しましたが、その案は不採用となりました。なぜかと言いますと、BRIDE様でワイヤーロック解除方法が公表していないものの、特注の場合は可能というお話があったためです。その結果がこちら
alt
alt
悩ましい大きな問題であったのですが、ワイヤーの話を頂いて1発で解決しました。BRIDE様から話を聞くと、意外と同じ問題を抱えている車両は多く、ワイヤーで解決する場合が多い、という話でした。(早く聞いておけばよかった^^;)


さて、完成されたシートレール、実車へ組み込みです。
alt
最大下げ
alt
最大上げ

実車につけるとスムーズにスライドするのは当然ですが、シートレールステーの穴位置も絶妙で、最大下げと最大上げの位置が良好です。これなら身長に関係なく適正な姿勢でドライブに集中できます^^


シートポジションはどうでしょう。
新規製作するのであればなるべく低い座席位置を実現しようという狙いがありました。結果はこちら!
alt
狙い通りです。
(隙間はハーネスも含め 意図的にホワイトボディから約25mmの隙間を設けております)
このクリアランスであれば個体差 その他含めても問題無く安心です。
※1円は外径20mm

最後に、製品の全体像です。
alt
alt
alt
写真では、シートレールステーがスチール(無地)となっておりますが
黒メッキとなりますので、見た目はシートレールステーと同様のとなります。


本製品(一式)が完成したことにより、クーペ電動シートレールでもKSP製フルバケットシートを装着でき、タイプR/タイプSのシートポジションより低くすることが可能となりました。


長期間の開発となりましたが、時間をかけただけ有って得られる産物は大きいです。
ブログの前半に記載させていただきました通り、近日中に発売日・価格をご報告させて頂きます。
今現状では10月には販売をスタートできればと考えておりますので、調整でき次第、報告させていただきます。大変お待たせしてしまい申し訳ございませんでした!もう少しだけお待ちください><

関連情報


以上、KSP商品部からでした(^^





alt

alt

alt

Posted at 2021/09/02 19:18:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2021年06月14日 イイね!

NSX フルバケットシート用 シートレール開発の進捗です!③

NSX フルバケットシート用 シートレール開発の進捗です!③
















お疲れ様です!KSP商品部です!


いきなりですが、一言いいですか。。




「 暑い(;゚Д゚)暑すぎる! 



夏が始まっちゃいましたね、嬉しいけど...嬉しくない!子供の頃は日が長くて外で遊ぶ時間が長く、蚊に刺されるのも忘れて遊んでたものです。(懐かしい)

そんなKSPの夏ですが、事務所(2F)はクーラーキンキンで快適ですが、昨日はノギスを持って整備工場(1F)(クーラー無し)に降りることが多く、何度か事務所と整備工場を行き来した結果、体が温度の変化に追いつかず、とーっても体がダルくなりました…。この状態を社員の元インストラクターに聞いてみたところ「自律神経が外気温度に合わせて体温を自動調整していて、調整するにはエネルギーを使っているわけで、何度も温度差のある環境を行き来するとエネルギーが枯渇し(疲れ)、免疫力に回すエネルギーが不足して風邪とか引きやすくなるよ」と納得のいく説明を受けました。なるほど!って話ですねー。ちょっと賢くなりました(`・ω・´)キリッ


この調子で世間話を続けたら今日のブログが終わってしまうので

只今開発しているシートレールに大きく関係のある製品紹介を挟んで本題へ!



>>>>>


● 製品紹介 ●


只今開発しておりますシートレール/シートレールステーは


既に開発が完了しております

KSP製 フルバケットシート ( 販売中 ) 


に組み合わせて使用頂けるよう、開発・製作をしております。

こちらのフルバケットはNSX-Rシートをオマージュした製品となっており、骨格はカーボンケプラ材で構成されております。座り心地も見た目も剛正も抜群!!ですので是非紹介ブログに足を延ばしていただけましたら幸いです^^v



「フルバケットシート紹介ブログ」 👈こちらをクリック

「フルバケットシート販売ページ」 👈販売ページはこちらから

>>>>>




表題の通り!NSXシートレール&シートレールステーの進捗です!
今回は前回捨て台詞のように言い放った

「然うは問屋が卸さない!」

それでは、どのような問題が発生したのか…下記となります。



<<問題一覧>>
①シートを取り付けた時、センタートンネル部とフルバケットシートとの隙間が小さく、手が入るスペースが無い=左のシートロックが解除できない。

②思ったよりシートが遠く、全前出しで身長168cm()がちょうど良いシート位置。


<<対策案/検討>>
さて、②はシートレールステーの穴位置を変えればOK。図面の寸法を修正するだけです。簡単(^_-)-


①が曲者で。対策案はシートを右側にずらして、手の入るスペースを確保するか、又はロックレバーを延長して、前からアプローチできるようにするかの2択ですが、前者はハンドルセンターからズレるので、却下。
後者は加工のひと手間が付いて回り、販売までのスマートさが欠けてしまう。


が、後者しか選択支が無いとのことで潔くサクッと溶接★


<<結果報告>>
alt
できました!(全体像)


簡単な②から。
alt
シート固定穴を6cmほど前に止まるように修正。
結果、全前出ししてみると、168cm()では苦しいほどのハンドルの近さです。
※画像は身長が同じくらいの社員。

alt
全下げはこのような感じです。バッチリです!


曲者の①は
「ロックレバーの延長(A)&「ロック解除の角度調整(B)」 を実施
alt
全体像(溶接ポイント)


イメージ通り溶接できました!
さて、実車につけてみていかがなものか!
alt
alt
素晴らしい!目的のシートロック解除が簡単にできます♪成功です!
後は、この形状での製品化に向けてBRIDE様と調整ですね^^v

今日はここまで!問題の解消ができたので販売は9月頃を目標に邁進して参ります!

次回はBRIDE様との調整結果をご報告できたらと思います!お楽しみに!




以上、KSP商品部からでした!




alt

alt

alt
Posted at 2021/06/14 13:13:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
2021年04月15日 イイね!

NSX フルバケットシート用 シートレール開発の進捗です!②

NSX フルバケットシート用 シートレール開発の進捗です!②














こんにちは!KSP商品部です。

今日は2回目のNSXシートレール進捗報告となります。
ちなみに製作者(=ブログ書いてる人)は焦りを感じながら開発を行っております。
なぜかと言いますと、3月から毎週木曜日にブログをアップしているのですが、その中でもクリックされている数が明らかに多いのが前回の「NSX フルバケットシート用 シートレール開発の進捗です!」なのです。それだけ期待して待っているお客様がいらっしゃると勝手ながら受け止めております。

そこで本題の進捗の話です!!

早速では御座いますが…
前回、問題点を2点ほどあげさせていただきましたが、
実は3点目の大きな問題が御座いました。恥ずかしかったので伏せていたのですが。
それは「ROタイプとFGタイプでは左右シートレールの寸法が違う」です!
よって、今までROタイプで設計していたシートレールステーの幅が足りず、シートが装着できない事態となってしまいました。
発覚したとき、声が出ました「え…?マジで?(汗)」と…笑

上記内容を改善・突破するために、BRIDE様に相談させていただいたのですが
「FGタイプとして注文頂いていたため、FG形状でFOシートレール寸法で製作し直すことは、修正ではなく新規となるため、再度注文となります。」と、ごもっともな回答を頂きました。当然ですよね、自分も相談される側であれば同じ回答をします^^;

となれば!特注FGタイプシートレールを分解し、FOシートレールと同一の寸法にするしかない!「開発過程に犠牲はつきものなんだ…」と言い聞かせてLet's 溶接!!

alt
こちらの美しいシートレールを!

alt
こうして!!

alt
こうじゃ!

溶接はKSPファクトリーの方にお願いしました。
いつもご協力感謝いたします(TT)

溶接のやり直しは無く、無事希望の穴位置に溶接することができました。
シートレールもなかなか重いもので、位置関係を保ちつつ溶接を完了させるのは非常に難しかったです。

シートレールが完成したら次の確認は下記2点となります。
① NSXのホワイトボディにしっかりと組み付けることができるか(穴位置確認)
② KSP製シートレールステーにてシートを装着して機能上問題なくスライドできるか
alt
① の確認はホワイトボディへの組付けだけですのでこの車両の出番です!
KSPデモカーになる予定のNSX!ボディ削りまで軽量化すると、純正サスペンションでもフロントのリフトアップがすごいことになってますね…笑
中も配線そのままでお見苦しいですが、ホワイトボディーの穴位置確認だけなのでお許しを><
いざ尋常に勝負!

alt
付きました!!一発成功です!
穴位置4点を定規だけで決めていたので不安でしたが多少のズレだけで
問題無く組み込むことができました、試験品なので十分です^^

続いて
②のシートを付けてスムーズにスライドするか。
こちらは雨が降ってきてしまったので社内で確認。
alt
ドキドキしながら動かすと、スムーズにスライドします!左右のロックも同一の距離でロックがかかります。パーフェクト^^
この局面をクリアしたことは完成に大きく近づいたことを意味します。
完成は間近か!?

その後、車両に組み付けてイイ感じ♪で終わりたかったのですが
そんなにスムーズには終わらせてくれませんでしたTT

今回はここまで!

次回!「然うは問屋が卸さない。」

ご期待ください!


■本件について
開発が長丁場となってしまい、大変申し訳ございません。
今現在も急ピッチで開発を進めておりますので、今しばらくお待ちください。

alt

altalt
Posted at 2021/04/15 16:44:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXインテリア系 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「G.W休み明けてファクトリー営業しております。 http://cvw.jp/b/711133/46092199/
何シテル?   05/08 17:40
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2022/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。
ランボルギーニ アヴェンタドール アヴェンタドールSVJ LP770-4 (ランボルギーニ アヴェンタドール)
アヴェンタドールSVJ対応パーツをご紹介
トヨタ アルファードハイブリッド AYH30W (トヨタ アルファードハイブリッド)
30系アルファードパーツをご紹介
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.