• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッド/ワイドオフセットスペーサー】 ※2017.11現在



【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPウェブショッピングサイト】




【KSPリアルタイム情報満載】



【KSPチーフ(店長)が紹介されました】




【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】



KSP-ENGのブログ一覧

2018年02月01日 イイね!

イタリア本国潜入!ランボルギーニ社ファクトリー視察してきました。

イタリア本国潜入!ランボルギーニ社ファクトリー視察してきました。















こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。





alt

スーパーカーと言えばだれもが思い浮かぶ
「ランボルギーニ」
KSPでもオリジナルパーツの開発・生産を行っています。


alt

alt

alt

alt

アヴェンタドール専用15ミリスペーサー + ロングボルトキット
前後1台分:¥100,000(税別)

前後で異なるハブ寸法を採用している
アヴェンタドール専用に開発されたキットです。
スペーサーは国産ジュラルミン材、
ボルトは高強度SCM435(クロモリ材)を採用しています。



alt

アヴェンタドール専用20ミリDOWNローダウンプッシュロッドキット
1台分:¥250,000(税別)

純国産ジュラルミン材より、総削り出しの1本ものです。
1本ものなので「不安の無い強度」を実現しています。


alt

アヴェンタドール専用LEDリアライセンスランプ
1台分:¥7,800(税別)

KSPのLEDは信頼の高い「日亜化学工業」のものを使用。




こういったパーツを現在、販売しておりますが、
更なるパーツを開発するにあたり、
ふと、思った事・・・

「そもそもランボルギーニはどこまでクオリティの高いクルマ作りをしているのだろう?」

もちろん、完成品の車輌をみている訳ですから、
そのクオリティは確認していますが・・・

どんな製作工程で?
どれだけ丁寧な製作?
どれだけの人が1台作り上げるのに携わるの?

こういった事を知る事で、
ランボルギーニのパーツに限らず、様々な製品開発のうえで
非常に参考になるのでは?

という事でランボルギーニ本部を視察してきました!







alt

知らないヒトの為に・・・

ランボルギーニ本社はイタリアにあります。

・・・遠いですね(笑)

飛行機だけでも、およそ13時間かかる距離です。。。




alt

イタリアを拡大してみました。

ランボルギーニはイタリア北部になります。




alt

更に拡大!

スーパーカー好きならわかる単語が
街の名前として各所に点在していますね。。。




alt

いよいよランボルギーニ社に到着!



alt

見えているのはランボルギーニ博物館。
生産工場は更に奥にあります。



alt

ファクトリー見学パス。

博物館は、何ら問題はないのですが
ファクトリー(生産ライン)見学は予約制、
PASSが無いと入れません。
そして・・・

「撮影NG」との事でした・・・残念!

なので、画像は博物館のみとなります。
予めご了承下さいm(_ _)m



alt

それでは、博物館の中へ・・・



alt




alt

受付を済ませたあと最初のお出迎えは・・・



alt

往年の名車「ミウラ」

この車輌、、、ランボルギーニ社のものではなく
オーナーカー(ミウラのシャーシの開発者)だそうで、
完璧なレストアを施されたのちコンテストで入賞した車輌を
展示車として置いているのだそうです。



ランボルギーニの車は日本車の様に
オートメーション化されたロボットたちが車を作るのではなく
人の手で作られています。

内装に関しても、人の手で一つ一つ縫って
製作されていて、そのクオリティの高さが
このミウラの様な完璧なレストアを可能にし
コンテストで入賞する事も可能なクオリティを
実現しているんですね。



alt

ムルシエラゴSV



alt

350GT
1960年代の車輌ですね。



alt

カウンタック

80年代スーパーカーの代名詞的な存在。




alt

V12モデルエンジン
(何の車輛用かはわかりませんでした)



alt

V10モデルエンジン

ランボルギーニ全てのエンジンは
熟練のメカニックによって1機ごとに手組されています。
目の前で1気筒ごと、ちゃんとトルクレンチを使ってましたよ!

ちなみにランボルギーニの車輌生産は、
シャーシ・外装・内装・電気機器・・・
それぞれのセクションに専門の職人さんがいて
1つずつ製作しているんですが、
エンジンをくみ上げる人ランボルギーニ社の中でも
エリートなんだそうです。
生産に関わる大勢の社員のなかで
わずかに選ばれた匠だけがエンジンを組むのを
許された存在なんだそうです。
ランボルギーニの花形ですねっ!



alt

展示車輛の中には市販車の他に
コンセプトカーや試作車も展示されていました。

1987年製作のP140試作車両。
V10 4L 370PSほどだそうです。
車重は1300kgを切っています。




alt

現行車ウラカン

奥のは市販車輛のTOPモデル「ペルフォルマンテ」
手前はワンメイクレース車輌「スーパートロフェオ」



alt

アステリオン

この車輌も未販売車輌です。
3つのモーターとV10エンジンを搭載したハイブリッドカーで
合計馬力は910PSだとか・・・



alt

アヴェンタドールベース 「ヴェネーノ!」

限定車で実際に販売されたのは世界で3台。
買ったら3億円オーバー(笑)
「もし新車を買うなら」
間違いなく世界でもっとも高額な車輌の1台です!(^ ^;)



alt

アヴェンタドールベース 「チェンテナリオ」

こちらも2億円オーバーの大変高価な車輌ですが
生産台数40台はすべて完売済みだそうです。



alt

ガヤルドベース 「セスト エレメント」

この車両はエンジン出力などは
ガヤルドLP570-4同様570PSですが、驚くべきは車重!
999kgで1tを切っています!

カーボンを多用する事で軽量化されたこの車は
0-100kmが2.5秒だとか・・・すごいですね!



alt

こちらはミウラベースのコンセプトカー
ミウラを現代風にアレンジして仕立て直した
試作車両だそうです。


alt

1970年代の車輌ですね。
奥が「シルエット」
手前が「ウラッコ」ですね。

どちらの車輌も基本設計は同じですが
ウラッコはランボルギーニでは希少な2+2の4人乗り。
シルエットがウラッコをベースとした2人乗りの車輌です。



alt

博物館や車輌製作現場を実際に見て思った事は
日本ではルールやしばられた狭い世界のなかで
効率とコストを優先にモノが生まれている様な感じがします。

それはそれで非常に大事な事でもあると思いますが
ランボルギーニを見ていると、その独創性や個性、
イメージされたものを具現化するチカラの方を
すごく感じる気がします。



alt

また、実際に車輌を製作するスタッフを見ていても
具現化された商品に対して・・・
ランボルギーニ社員としてプライドをもって
生産に取り組む姿は学ぶべき点を多く感じました。



alt

KSPはアフターパーツメーカーであり
整備・修理・チューニングを行うメカニックでもあります。
これは、アヴェンタドールのフレームサンプルですが、
スーパーカーメーカーのこういった物は
商品開発やメカニックに従事するものとして
非常に「眼」が輝いてしまいます(笑)



alt

先程、「独創性」という言葉を使いましたが、
こういった所でも、違う意味で独創性を感じてしまします(笑)


アヴェンタドールが壁に張り付いています!

これ・・・本物車輌ですよっ!




alt

こんな遊び心もランボルギーニなら
違和感を感じないのもおかしな感じです(^^;)
これが「ブランド力」なのかもしれません。



こういったブランド力は、
今回の視察で色々と解かった気がします。




人の手で作り上げられた商品(車輌)には
良い素材(材料)を使用している事はもちろんですが
そこには各セクションごとの熟練の技と管理体制が
整っていました。
それこそが機械では生み出せないカタチとして
人の手で生み出すランボルギーニという
ブランド力を生みだしていました。

同じ「ものづくり」に従事する者として
大変勉強になるものがありました。




alt

最後に登場は最新車輛
世界最速SUVをうたう「ウルス」

SUVらしからぬそのスペックは周知の通り。
650PSはすごいですね。



alt

カラーサンプル車輛になってしまってます(笑)
日本でもウルスは、かなり受注が入っているそうで
今後、楽しみな1台でもあります。



alt

工場、博物館を後にして、
ふと、外にめを向けると・・・いっぱいある・・・


完成車輌の待機場所???




通訳の方に訪ねたところ、
これらは全てランボルギーニ社の所有車。

テストや開発、更にはメディア用向けに使用する車輌なんだそうです。


こんなにあるなら、
1台ぐらい持って帰りたいものです(笑)



alt

さて、

まもなく入庫予定。
KSPのデモカー兼、開発車輛です。

あそこにいた職人さんたちが
ミシンでシートや内装を1つずつ縫い
1気筒ごと圧縮確認をエリートメカニック達が行い
検査官立ち会いの厳しい検査に合格して・・・

そう思うと安心もでき待ち遠しい限りです。





今回の研修が今後の全てに生かされるよう
社員一同、前進して参ります。

今後ともKSPグループを宜しくお願い致します。


alt




alt


Posted at 2018/02/01 13:18:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「NSXフロントガラス交換、他NSXも多種作業 http://cvw.jp/b/711133/41615182/
何シテル?   06/17 20:21
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

お友達

KSPエンジニアリングです。お気軽にお友達登録お誘い下さい!
スーパーカーのイメージが強いですが、国産車の新製品情報も配信しております。
各種、施工例、キャンペーン情報、お買い得情報などなど最新情報を真っ先にご案内致します。
1220 人のお友達がいます
サクラダサクラダ * きゃのん@2008きゃのん@2008 *
よしカツよしカツ * kohei@st183celxivkohei@st183celxiv *
GF // JusticeGF // Justice * うっかり八兵衛次郎五郎うっかり八兵衛次郎五郎 *

ファン

510 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
ランボルギーニ アヴェンタドール S LP740-4 (ランボルギーニ アヴェンタドール)
KSP Aventador S LP740-4
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.