• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
【業界初!保安基準適合 REALワイドトレッド/ワイドオフセットスペーサー】 ※2019.06現在




【LINE@KSPでお得情報を配信中】




【KSPオリジナル製品他、多数製品をご用意】





【純正マフラーバルブを自在に操る】





【KSPリアルタイム情報満載】




【KSP公式YouTubeチャンネル】





【ヘッドライト光軸コントローラー 作動イメージ動画】



KSP-ENGのブログ一覧

2019年06月27日 イイね!

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.1

KSP エキゾースト コントロールの開発日記 No.1












はじめまして、「KSP エキゾースト コントロール」開発担当のYです。

「KSP エキゾースト コントロール」について開発秘話や情報を楽しく
お伝えして行きますのでよろしくお願い致します。



KSP エキゾースト コントロール誕生までのお話!! Vol.1

2018年2月 KSPエンジニアリングにデモカーとしてランボルギーニ・アヴェンタドールSが入庫!!

ココから話が始まります。
最近のフェラーリやランボルギーニ等スーパーカーのノーマルマフラーのアイドリング時の排気音が静かすぎるので不満に思う人も多いと思います。
静かなマフラーに納得がいかず社外マフラーに交換してスーパーカーらしい快音でドライブしたいですよね。
ですが、現在のスーパーカーディーラーではマフラー交換などの改造で、新車に付いている保証が受けられなくなります。
最近の車両はマフラーを交換しただけで車両に整備履歴が残り、ディーラー入庫時にノーマルマフラーに戻してもディーラーはマフラー交換が分かってしまうようです。
最初から新車保証なんていらないと言う人はマフラーを交換をすると思いますが、車両金額が高価なだけにマフラーの交換だけで保証が受けられないなんて酷いと思っている人が多いと思います。

ノーマルマフラーに付いているマフラーバルブを動かしてアイドリング時でも迫力あるエキゾーストサウンドを手に入れる事が出来ないか、、、
他社さんの製品でバルブをコントロールする製品は有るので購入して
取付けをするが、リモコンとコントローラーのみの製品内容で取付け説明書も無く、取付け方法が分かりづらかったのです。

そこで社長から一言、「分かりやすく取付けしやすい製品を作って!!」
この一言でプロジェクトがスタートでもノウハウも無いし、まずリサーチから
KSPファクトリーでは車両ごとの施工になりますが、バルブコントロール作業を行っています。
車両の制御や仕組みをファクトリーで教えてもらい、まずは制御をするコントローラーはどうする?他社製品はリモコン式だよね、、、作るならリモコン式だよね、、、リモコン・コントローラーのイメージに合うのが無く一から作る事に
リモコンは、他社の多くで使っているキーレスリモコンの様なボタンが2~3個有るリモコンは嫌なので1個ボタンのリモコンで決定、押すだけなので分かりやすいですしね。

続きはVol.2で

製品情報

フェラーリ・488GTB/スパイダー 発売開始 価格¥60,000(税抜)
フェラーリ・488ピスタ 確認済み 7月下旬発売予定
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 確認済み 7月中旬発売予定



Posted at 2019/06/27 16:59:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランボルギーニに関する情報 | イベント・キャンペーン
2019年06月26日 イイね!

試作製作及び予約受付開始!NSX専用KSP製LSD/ファイナルギヤ開発!

試作製作及び予約受付開始!NSX専用KSP製LSD/ファイナルギヤ開発!












こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。



大変お待たせ致しました。

いよいよ、試作品の製作を開始致しました。





なお、KSP製LSDに関する過去の記事は
下記リンクよりご確認頂けます。


【いよいよ始動!NSX専用KSP製LSD/ファイナルギヤ開発!】

【重要対策ポイント!NSX専用KSP製LSD/ファイナルギヤ開発!】



alt

まずは、パソコン上で基本となる寸法を
書き起こしていきます。

※図面に関しましては企業秘密が含まれるため
 ご質問等はご容赦下さいませ。m(_ _)m


LSD本体の特性関しては、
以前にご案内しておりました通り
単にイニシャルトルクなどで
ごまかすのではなく、基本構造から
NSXの特性に合わせた寸法で
チャタリング音を発生させず
違和感無く前に進む様に
設計していきます。



alt

まずは、カウンターシャフトです。
1速~6速(5速)までの歯車構成はもちろん
ファイナルギヤの歯車まで基本的な
寸法を起こしていきます。


alt

重要ポイントその1

カウンターシャフトのファイナルギヤ部。
ここの歯面を強度をしっかりと出しつつ
最終的に滑らかな仕上がりになる様
仕上げていきます。

実は、この「滑らか」というのが
言葉にするのは簡単なのですが、
・素材
・製作工程
・焼き入れ工程
様々な生産上の工程があるわけですが・・・

シルビアでうまくいった物と同じ工程を
NSXでやればうまくいく!
という単純なものでは当然ありません。


同じ様な加工でも
最終的な太さや長さによって
各工程の時間の掛け方や
手法を適正に変えていかないと
良い製品は生まれてきません。
この辺がノウハウとなってくる訳です。


続いて・・・


alt

ギヤ鳴りのキモとなる
重要ポイント その2
ファイナルギヤです。

ファイナルギヤ本体は
純正デフケースとのクリアランスおよび
LSD本体との組み合わせが適正かつ
最大限の強度を出せるように
緻密な寸法で設定していきます。




alt

そして、歯面の製作手法・仕上げの問題です。

ギヤ鳴りは、当たり前ですが
歯車同士の噛み合いから発生する異音です。
仮にどちらか一方の精度が良くても
当然ながら異音は消せません。

この絶妙な噛みあわせ具合が
ベストな数値を導いた時に
初めて異音を限りなく消す事が
可能となります。




さて、プロトタイプの製作に着手した事で
製品リリースまでの時間が少し
見えてきました。少なくとも
プロトタイプを実車に搭載させ
テスト走行を行うのは8月頃で
間違い無い状況となりました。



そこで本日より、
KSP製LSD&ファイナルギヤの
予約受け付けを開始致しました。



alt

【ご予約はコチラよりお申込み頂けます】

上記をクリック頂くと
商品登録ページに飛べます。

製品価格は全て共通で
¥360,000(税別)を予定しております。
※少なくともご予約時点では36万で確定となります。


なお、LSDキットは数量を決めての生産となります。
販売開始前に規定数量に達してしまった場合、
次回生産分でのご対応となりますので
予めご了承下さいませ。

※次回生産時期は現時点で未定です。


次回は、生産工程の状況を
生産工場に取材しご報告させて頂きます。

今回、ご案内させて頂きました内容からも解る通り、今までKSPで使用してきたLSDを基本性能やデメリットの改善などを含め確実に上回る製品に仕上げました。

乞うご期待下さいっ!
(^^)


alt

alt

alt
Posted at 2019/06/26 19:47:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
2019年06月25日 イイね!

足回りガタ修理・クラッチトラブル車輌などNSX多数

足回りガタ修理・クラッチトラブル車輌などNSX多数


こんにちは。
梅雨の中休みでしょうか、今日は一日晴れていて過ごしやすかったですね。。
先週末一気に納車しましたがその分入庫があって
預かりの車輌がけっこう入れ替わっています(^^)






さて、現在のファクトリーは・・・
リフトの殆どをNSXで独占しております(^^ゞ




パワステラックのガタつき修理が完了したシルバーのNSXは・・・






コラムのガタも出ているので追加修理と、、








フロント足回りのボールジョイント等にもガタが出ているので、こちらも追加修理でナックル、ハブベアリング等を交換しています。





ワインレッド?のNSXは・・・
過去、別のところでABS換装を行ったようで、配管のとり回しが変との事で修正と、エアコンのコンプレッサー故障で修理依頼だったのですが、R12のリビルトコンプレッサーで134のレトロフィットのみだったので、コンプレッサーを134の物に交換してしっかりとR134チェンジを行いました。




そして足回りの異音修理もご依頼頂いているので、ステアリングラックのバックラッシュ調整と、この車輌は左リアのボールジョイントのガタが出ているので、キャリヤーとアッパーアームの交換。。フロントアームのブーツも切れてしまっているので交換します。





黒のNSXは、、
先日クラッチペダルが踏んだきり戻ってこなくなったとの事でレッカー入庫。




原因はやはりクラッチレリーズシリンダー。。
ホースも同時に交換して修理完了です(^^)





販売のガンメタNSXは本日予備検を通してきまして・・・
後日登録と、納車の前に追加のメンテを行います。



現在エンジンメンテ中のNSXは、分解時にヘッドボルトが1本カジっていたのでヘリサートで修復中です。
もうしばらくお待ちくださいね。。


----------------------------------------------------------------------------------

NSX専用ページ↓
http://www.ksp-eng.co.jp/nsx/
まだまだ製作途中ですので、順次情報を更新させて頂きます。

----------------------------------------------------------------------------------

最長24回金利ゼロ0!ネットからの簡単スピード申込!
メンテナンス専用クレジットのご案内はこちら

https://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/40385340/

メンテナンス専用クレジット 申込専用
セディナ WEBエントリーサイト

KSPショッピングクレジット専用サイト

https://entry.cedyna.co.jp/Formmst/bookmark.php?seq=401443&line=J

エントリーキー

ksp9936


お申込はお客様ご自身で行えますので、上記URLから専用のエントリーキーを入力してお進みください。


----------------------------------------------------------------------------------




KSP LINE@です。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。
Posted at 2019/06/25 20:11:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXに関する情報 | イベント・キャンペーン
2019年06月17日 イイね!

NSX フロントリップスポイラー&アンダーパネル装着

NSX フロントリップスポイラー&アンダーパネル装着


こんにちは。
梅雨の晴れ間で天気が良く、昨日は納車が4台と販売車輌を見に来られた方等々、お客様が多くかなり慌しい一日でした(^^ゞ
お待たせしてしまったお客様。申し訳ございませんでしたm(__)m

預かりのお車も少し減りまして、敷地内の車輌入れ替えも楽になりました笑





さて今回ご紹介するのはNSXの当社オリジナルパーツです。




昨日、日帰り作業でアキュラNSXの車高調整とアライメント。。
そしてKSP製 NSX用フロントリップスポイラーとアンダーパネルをお取付させて頂きました。





まずはアライメント調整。。
当社ではアライメント調整の作業は頻繁に行っているので慣れてます。
調整を行うリフトもしっかりと水平がとれているので安心。。
車高もアライメントもバッチリ整います。

※アライメント機器の画像は今回の車輌ではなくイメージ画像となります。




そしてKSPフロントリップスポイラーのお取付け。。

製品はウレタン樹脂製の未塗装品になっているので、別途塗装が必要になります。
今回は前もって塗装屋さんで黒に塗装したものをご用意しました。






続いて、アンダーパネルの取付けです。
このアンダーパネルは、KSPフロントリップスポイラー専用品になっているのでフィッティングもバッチリです。






KSPフロントリップスポイラー単体でのお取付はもちろん大丈夫です(^^)
またこの車輌の様に、同時にアンダーパネルをお取付しても、リップからの張り出しとカーボン調の見た目がレーシーな雰囲気を演出しますが、NSXのオリジナルデザインは崩さずにカッコ良くマッチします(^^)


素敵に仕上がりましたね。
ご依頼頂きましてありがとうございました。


KSP製 NSX用フロントリップスポイラーとアンダーパネルの商品詳細、ご注文は下記ksp.webオンラインショップからも可能です。

http://www.kspweb.jp/shopdetail/012007000020/046/001/order/


----------------------------------------------------------------------------------

NSX専用ページ↓
http://www.ksp-eng.co.jp/nsx/
まだまだ製作途中ですので、順次情報を更新させて頂きます。

----------------------------------------------------------------------------------

最長24回金利ゼロ0!ネットからの簡単スピード申込!
メンテナンス専用クレジットのご案内はこちら

https://minkara.carview.co.jp/userid/711133/blog/40385340/

メンテナンス専用クレジット 申込専用
セディナ WEBエントリーサイト

KSPショッピングクレジット専用サイト

https://entry.cedyna.co.jp/Formmst/bookmark.php?seq=401443&line=J

エントリーキー

ksp9936


お申込はお客様ご自身で行えますので、上記URLから専用のエントリーキーを入力してお進みください。


----------------------------------------------------------------------------------




KSP LINE@です。

もちろん登録料・維持費などは
一切かかりません。無料です。
こちらの登録も是非お待ちしております。
Posted at 2019/06/17 16:49:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSXエクステリア系 | イベント・キャンペーン
2019年06月11日 イイね!

重要対策ポイント!NSX専用KSP製LSD/ファイナルギヤ開発!

重要対策ポイント!NSX専用KSP製LSD/ファイナルギヤ開発!













こんにちは。
KSP商品部の「ヤス」です。











前回、ご案内させて頂きました
「NSX専用KSPオリジナルLSD&ファイナルギア」
について
進捗状況をご案内させて頂きます。


LSD本体の特長などについては次の機会にお話しする事にしますが、
今回は「ファイナルギヤ」についての基本的な事と、
その対策についてのお話を少しさせて頂きます。

ご案内させて頂く内容については、やや長文となります。
既にご存知の方も多いお話かと思いますが、
少々お付き合い頂ければ幸いです。



alt

さて、LSD及びファイナルギヤを純正から変更する事は、
いわゆる「駆動系」のカスタマイズとなる訳ですが、
そのなかでファイナルギヤとは、どの様な役割を持っていて、
交換する事でどの様な効果が得られるのか、
また、どの様なトラブル対策が必要なのかをお話させて頂きます。



alt

基本的な事として、
まずエンジンからの出力は各ギヤをかえして
最終的にカウンターシャフトからファイナルギヤへと
伝達されてタイヤホイールを回転させています。
「ファイナルギヤ」と呼ばれているだけに、
一番最後にあるギヤな訳ですが、
このファイナルギヤも各ミッションギヤと同様に
駆動系チューンとしては非常に大きな役割を担っています。


エンジン回転に対して小さなギヤを使用すれば
重たい物を移動しやすいけど最高速が出ない。
逆に大きなギヤを使用すれば動かしづらいけど最高速が出る。
この原理に基づいてバランスと効率を考えた変速機が
ミッションというわけですが、
ファイナルギヤはこれらとは別に存在する
最後の歯車となります。つまり、
ファイナルギヤが変更されるという事は
全てのギヤ全域で加速力が変化する事に繋がる事
になります。
なお、現在開発中のファイナルギヤ数値は
いままでも存在していた4.2と4.4というものになります。



【補足】
クーペ純正MTのファイナルギヤは約4.0となります。
数値は大きいほど加速力が。小さい程、最高速向きの特性となります。
ちなみに100km巡航時の回転数で
・5MT純正ファイナル(4.0):約2600rpm +α
・5MT 4.2ファイナル    :約2700rpm +α
・5MT 4.4ファイナル    :約2800rpm +α
・6MT 4.4ファイナル    :約2700rpm +α
という様に変化致します。

加速力が向上するという事は
目標速度までの到達時間が早くなる事に繋がります。
イメージでいうと0→100kmの時間が早くなる訳です。
その代わりに最高速が落ちる訳ですが・・・
とは言っても5MTの4.4ファイナルで
レブリミット近辺まで回したとしても
計算上250km/hほどとなるため、
実際の用途で最高速が犠牲になる様な事は
事実上、問題無い事かと思います。
故にNAのNSXの場合、
大きなパワーアップが難しい中で
ファイナルギヤ交換チューンはNSXには
非常に大きな武器
になると言えるパーツとなります。

さて、今回開発しているラインナップでは
加速力が大きい4.4ファイナルの他に
4.2ファイナルも同時に進めていますが、
4.4ファイナルの場合それだけシフトチェンジは
自然と忙しくなる方向になります。
4.2というのは、いわゆる「タイプR」で採用されている
ファイナル値となりますが、以前からのご要望で、
「しっかり効くLSDでそこまでシフト操作が忙しくならないもの」
というご要望が有ったのが事実で、
タイプRと同数値の「良く効くLSD」という事で
新たに新設する事となりました。

この様に、ファイナル交換は
NSXをより楽しくするパーツとなるので、
KSPがNSXパーツを開発し始めた当初から
お薦めのパーツとなっています。



alt

しかし、今回、
新たなLSD及びファイナルギヤを開発するにあたり、
以前から大きな課題の1つとなっているのが
「ファイナルギヤ」のギヤ鳴り問題です。

KSPでも様々なLSDの装着実績がありますが、
この「ギヤ鳴り」の問題は、ある意味
「アフターパーツの限界」ととらえていたとこがありましたが、
もちろん純正にも存在しているファイナルギヤは
「ギヤ鳴りはない」という事実
から、
どうにか改善出来ないものかと試行錯誤していました。


alt

大前提として、
ミッションとLSD、そしてファイナルギヤが
1つの箱の中に収まっているNSXの場合、
FR車の様にミッションとLSDがまったく
別に存在しているのものと比較しても、
圧倒的なスペースの制限があるため、
各種パーツの製作難易度が高い傾向にあります。
そこで今回開発しているファイナルギヤと
それに付随するパーツにに関しては、
仕上がり精度を徹底的に追及する前提で進めています。

当たり前ですが、これらのパーツは基本的に「歯車」です。
と言う事は歯車同士が接触する事で
動力が伝達されている事になりますが、
この「精度」を改めて見直し適正化していきます。


alt
(画像は純正ファイナルギア)

まずは、ファイナルギアの歯面精度についてです。

非常に大きな力が加わる部分ですので
精度はもちろん、それなりの強度が必要となります。



alt

alt

alt

画像は、従来採用していた社外品と純正品の
ファイナルギアの歯面拡大画像です。

歯車同士が組み合わさる時、
金属同士が組み合わさる訳ですから
必ず微量ながら音が発生します。
2つの歯車が噛み合わさる際に
お互いの接点が限りなく高い精度を保てていれば
歯車は滑らかに動きますが、
仮に接点が波打ってる(凹凸)状況だとしたら、
歯車が噛み合わさっている間に
均一に動力を伝える事ができません。
つまり、歯車同士がズレ動く事になるわけです。
これがうなり音の1つの原因と考えられます。


画像から見ても明らかな通り、
うなり音が出ない純正品は
非常に精度が高い事が伺えます。



続いてカウンターシャフトも同様に比較します。

alt
(画像は純正02R用カウンターシャフト)



alt

alt

alt

画像からも解るとおり
ファイナルギヤおよび
カウンターシャフト共に
社外品と比べ純正品の方が
明らかに歯面の精度が高い事が伺えます。

「歯のガタ」とは違い、うなり音の場合
「歯面形状の誤差」であったり
「歯そのものの剛性」が原因であったりする事が多いので、
ここを従来使用していた既存のものよりも
KSPでは、より高精度に仕上げていきます。



今回、開発しているKSP製LSD&ファイナルギヤは
「異和感を与えないもの」
である事を目的としています。
それは、「バキバキ」という表現に代表される
LSDの「チャタリング音」であったり、
高周波な音を発生する
ファイナルギヤの「うなり音」を発生させないという、
今までは「機械式LSDだからしかたない」とか
「改造してるんだから異音はあたりまえ」と言ったものを
覆す高性能なもの
を目指しています。




今まで説明してきた通り、
ギヤ(歯車)にもっとも必要な強度を持たす事は
容易ではないにしろ妥協出来ない部分と言えます。
簡単に破損してしまっては困りますからね(笑)

ただ、更に上のクオリティ・・・
つまりギヤ鳴りのしないものを造るには
簡単に言えば従来品より更に「手間」がかかります。
従来から使用していた物に関しては
現物から判断するにコスト等の問題から、
これらの「手間」は省かれていた可能性がありますが
今回開発の製品では、この手間を妥協せず
従来品では行っていない更なる特殊加工を施し
「純正クオリティ」に近い、従来品を上回る様な
LSD&ファイナルギヤを製作する事で
NSXの「性能と品格」を今までよりもより
確固たるものへと飛躍させてくれる製品となります。


REALワイドトレッドスペーサーの
保安基準適合化に代表される様に
KSPではユーザーが求めるクオリティに
応えられる様、一切妥協せず
自分たちが満足出来る
自信を持って進められるものを求め
日々努力して参ります。


開発は順調に進んでおりますので、
また、経過は追ってご報告致します。
今後ともKSP製品を宜しくお願い致します。

alt

alt

alt
Posted at 2019/06/11 20:03:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX駆動系 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「毎年恒例!NSXパワステOHラッシュ始まりました! http://cvw.jp/b/711133/43270935/
何シテル?   09/16 20:41
国産車、輸入車問わず皆さんに満足して頂ける商品開発、販売をしていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

KSP-CARS 特選中古車・高価買取 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:20:57
 
KSP動画コンテンツページ 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:18:47
 
KSPフォトギャラリー 
カテゴリ:KSP関連ホームページ
2015/03/18 19:17:39
 

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ KSP 360 Challenge (フェラーリ 360モデナ)
現在は360チャレンジ (modena/スパイダー/チャレンジストラダーレ含む)
AMG Gクラス W463 G63AMG Model2012 (AMG Gクラス)
オリジナルパーツ開発、装着・ドレスアップ等
ホンダ NSX ホンダ NSX
KSP NSX ストリート~サーキット走行会まで対応するコンセプトで仕上げました。
フェラーリ F430 Berlinetta フェラーリ F430 Berlinetta
F430(F1・スパイダー・430スクーデリアを含む)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.