• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

デルタC中隊の愛車 [日産 スカイラインGT‐R]

BNR32 リアバルクヘッド ナッターで簡単補強(笑)

カテゴリ : 補強 > 補強パーツ > 自作・加工
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2016年06月10日
1
いきなり完成の図です(笑)


こんな感じで補強でーす。


シルバーのワッシャーがある部分が、ナッターを使用し、ボルト止めし、パネルを頑丈に止めています。
2
もともとは公認車検を控えており、ロールゲージを一度外さないといけないため、リアシートを外したのです。


その時、リアバルクを見たとき、赤丸をつけたところが、非常に気になりました。


この図は何度も見ていますが、いまさらながら『この穴、ボルト使う事でボディ補強できるんじゃね?』思ったのです。


ついでに青丸の部分も加工すれば、更に強度アップかな?
3
穴、アップの図です。


ナッター使えばネジ穴が出来ます。


ここはパネルと穴に隙間がありますが、ナッター+スペーサーで何とかなります。


計画発動です。
4
パネル外しましたぁ~(AMEMIYA風
5
ネジ切れていない穴に、ナッター入れてみましたぁ~(AMEMIYA風 ←しつこい(笑)


ナッターはM6を挿入しています。


理由は、パネルを止めるボルトがM6にて、一応共通にしたかった為です。


尚、M6ナッター下穴は9mmにて、元穴は7mmの関係上、ドリルを使い9mm拡大加工しています。


(M5ナッターなら下地穴が7mmでよいため、拡大加工は不要です)
6
ナッター挿入、拡大図です。


そしてパネルをボルト止めし、完了です。


※この画像を見てお分かりのとおり、この部分は標準面より13mmセットバックで下がっているため、ボルトはM6-30+スペーサーは10mm+ワッシャーは3mmを使用し、ボルト止めしています。
7
今回の主役工具、ナッターです。


アストロプロダクツで購入。


実は以前から所有していましたが、今回で初めて使ったんです。


今回は9個の穴をナッターしてみましたが、握力を非常に使い、マジ疲れたのです。


今回の全体的作業は簡単なのですが、このナッター作業は非常に疲れました~ ←ここが重要(笑)

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

タワーバー色塗り

難易度:

アジャスト機能付き斜交バー

難易度:

プロテクターフード交換

難易度:

ドゥーラックリアクロスバー

難易度:

マフラー補修

難易度:

BNR32 バッテリー充電・その他メンテナンス

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

デルタC中隊です。 同じ千葉県でお住まいの方で、エンジンなどチューンできる方、一緒に車の改造を楽しみませんか? 是非お友達登録お願いします。(*^_^*) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
チューンドGT-Rです。パワー重視なので、街中が辛いです
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.