• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

puzzle4356のブログ一覧

2020年03月28日 イイね!

MAZDAついに暴走か?

MAZDAついに暴走か?Yahooニュースで見かけてビックリしましたが、MAZDAが今年末か来年初めにCX-30ベースの3列シートを出すとか・・・。真偽のほどは不明ですが、CX-8の販売が好調だから、もう少しコンパクトサイズでも出せば売れるだろうという目論見でしょうか。
CX-8の売れ行きが良かったのは、SUVにしてはちゃんと座れる3列目シートだったからであって、これをコンパクトにしたら実用性の低い窮屈なシートにしかならないですよね。ただでさえMAZDAはデザイン重視で、室内空間の狭さがネックなのに、また叩かれたいんでしょうか。CX-3とCX-5の間にCX-30を作って、CX-8の下(CX-6?CX-60?CX-70?)にもう一台追加して、どんだけニッチなところを狙ってくるつもりなんでしょう。MAZDA6がサッパリ売れないからって、これからはSUVメーカーとして生き残る作戦ですかー?

MAZDAは好きなメーカーでしたが、最近の迷走ぶりは酷いですね。経営陣を総入れ替えしないと治りそうにない気がします。やっぱりMAZDAから離れて正解だったなと思わせてくれます。起死回生のSKYACTIVで奇跡の復活を果たしたと思ったら、時代の流れを無視しすぎて、第二弾で顛落するというオチですかね。
Posted at 2020/03/28 08:42:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月26日 イイね!

ACCの比較(TOYOTA編)

ACCの比較(TOYOTA編)以前MAZDAとMercedesのレーダークルーズを比較した記事を書きましたが、今回はTOYOTAの同機能についてレビューを書いてみようと思います。

まずは一番の残念ポイントとして、主な操作方法が時代遅れのレバータイプということです。かつてはMercedesも採用していた方式なので、メリットがないわけではありませんが、今となってはほぼほぼ全てのメーカーがステアリングスイッチに集約しているので、事実上メリットよりデメリットが大きいということでしょう。長らくレバータイプを採用していたTOYOTAですら、最新世代の車種ではLEXUSも含めてステアリングスイッチに変更されています。

アルファードも今回マイナーチェンジはありましたが、ステアリングは旧式のものが続投されたので、もちろんACCもレバータイプのままです。レバー1本で操作できるというのは、一見すると利便性の高い仕様のようにも思えますが、ステアリングスイッチと比べると操作性が全く異なります。もちろん慣れればレバータイプでも使えますが、こうした安全装置は機能の完成度も重要ながら、何より操作性が分かりやすく使いやすいことも同じように大切です。

例えば設定速度を調整するためにはレバーを上げ下げしますが、1回の操作では1km/hずつしか変更できません。長押しにより5km/hずつ変えられますが、その間レバーを上げっぱなしや下げっぱなしで保持しなければなりません。ウインカーも同じようにレバータイプですが、ウインカーを上げっぱなしにすることはないので煩わしさは感じません。しかし、もしも右左折する度にレバーを2秒ほど保持するシステムだったら相当使いづらいですよね?ステアリングから出ているレバーを操作する間もステアリングは道路状況に合わせて操作、保持する必要があります。その2つの操作を強いられる不便さという一点においてもレバータイプは圧倒的にデメリットが大きいと感じます。あとは、レバー1本にいくつもの機能が付いているため、上下、前後だけでなく、先端にボタンまで付いており、操作に慣れるまで時間が掛かるのと咄嗟の時にどこを操作したらいいのか迷うことです。主な機能はレバーで操作する一方で、レーンキープのon/off、車間調整だけはステアリングスイッチになっているという一貫性のなさも気になります。モデルライフ途中で安全装備が増えて、継ぎ足しで変更された結果なのかもしれませんが、ここら辺のスイッチ、レバー類の配置や使い勝手については大幅に見直す必要があると思います。ちなみに速度調整の幅についてはメーカーによって差が出るポイントです。MAZDAはワンクリックで5km/hずつでしたが、こちらの方が賢いと思います。昔のただただ一定速度を保つだけのクルーズコントロールなら、1km/hずつの設定が当然でしょうが、ACCは前走車を認識できるわけで、前走車よりスピードが上がることはないのです。レバータイプというだけでデメリットが大きいのに、さらに希望の速度に設定するまで長押しを要するような設定に一体何のユーザーメリットがあるのでしょうか。

肝心の機能についての前置きが長くなりましたので、そろそろ本題に入りたいと思います。

ACCの満足度については個人の価値観も大きく影響すると思いますので、自分の場合に重視するポイントを述べておくと、①加減速が唐突ではなく、同乗者に不快感を与えず、安心感の高い制御であること、②停止に至る際のマナーがカックンブレーキではなく、スムーズに止まること、③レーンキープの追従性が高く、軽くハンドルを保持していれば、ちゃんとセンターをキープできること、④ACCの作動状況が分かりやすく画面に表示されること等が挙げられます。

まず評価の高い点としては③のレーンキープ性能ですね。さすがにMercedesには及ばないものの、アシスト力はけっこう強めです。まだキツいカーブとかは試していないので、未知の領域はありますが、とりあえず試した感触は良好でした。車線内にはいるもののピンボールのように左右を行ったりきたりするような動きがなかったのは良かった点です。ただ、車線の読み取り性能についてはあまり高くなく、Mercedesのように車線が読めなかったら前走車の軌跡を辿るというような制御はなさそうです。車線がしっかり読み取れている状況なら軽くハンドルを握っているだけで安心感がありますが、読み取れなくなったら急にアシストが解除されるため注意が必要です。

次に②についてもMercedesと比較すると割とスムーズに停止してくれます。ただ、ブレーキの掛け始めるタイミングが自分の感覚に比べて少し遅いとは感じます。まぁ合格ラインではありますが、改善の余地あり、ですね。

ここからはあまり褒められない点ですが、ACCにおいて一番重要な①ですね。ここは正直なところ期待値には届かなかった印象です。まず、発進加速の際ですが、こういう車なのでエンジンが唸るほど回って加速するような制御を誰が求めるのでしょうか。かつてのMercedesもそうでしたが、とにかく設定速度まで一早く到達しようとするような雑な加速をします。特に発進加速の低速域で、この傾向が顕著です。何度か使いましたが、同乗者に申し訳なくて、すぐにACCを切りたくなるレベルでした。こういうレベルで実装するメーカーって、ACCの開発にあまり熱心じゃないのかなと邪推してしまいます。「こんな加速の仕方したら、あまりに不快じゃないのか?」って疑問を投げかける人がいないのか不思議です。もちろん加速が遅すぎても不満の声はあるでしょうから、それなら加速度を何段階かで選べるようにしたら済む話ではないですかね。2段階でもいいから選べたら、かなり使いやすくなると思います。

あと、TOYOTAの制御でものすごく嫌いなポイントがあります。例えば、50km/hで定速走行にしていたとします。登り坂を越えて、今度は下り坂になりました。前走車とはかなり距離が離れていたとします。そういうシチュエーションで、TOYOTAの場合には一定速度を保つためにブレーキ制御が入るようです。これがものすごく不快に感じます。もちろん設定速度なんだから、それを1km/hもオーバーしないのが正解という堅苦しい考え方もあるでしょう。ただ、カメラやレーダーで前方は監視しているわけで、前走車との距離にまだ余裕があって下り坂にかかったなら、自然に加速するレベルの速度変化は許容した方が不快感が少なくて良いと思うのですが・・・。設定速度を超えるような素振りがあったらクレームを付けてくる人がいるかもしれないという消極的な判断もあったのかもしれませんが、快適性を重視した開発体制ではなさそうです。ちなみにMAZDA車で初めてACCを使って同様のシチュエーションになり、設定速度を超えた時に初めは訳が分かりませんでしたが、よくよく考えたら下り坂になって前走車が近付いているわけでもなくブレーキを掛けるような制御って、いわば素人ドライバーが恐る恐る運転しているようなものですよね。もう少し柔軟な考えで制御システムを作った方が実際に使う人も増えるような気がします。

そして④については言わずもがなという気もしますが、写真を見てもらえれば分かる通り、非常にお粗末な画面表示しかされません。車間距離設定のセグメント数は表示されるものの、実際の車間距離がどのくらいあるのかも分かりませんし、ACC設定中にピピッと電子音がよく鳴るものの、何の音なのかも分かりにくいです。ACCの進化って自動ブレーキの性能UPとか歩行者認識とかアピールしやすいところばかりがフォーカスされがちですが、表示画面を分かりやすく改良していくとかアラート音の出し方を工夫するとか、そういうところも大事だと思います。ちなみにMercedesのACCは表示画面が超絶わかりやすいので、余計な電子音は一切鳴りません。綿密に計算されて開発されているのがよく分かります。その割にMercedes最大の弱点である停止マナーの悪さだけが改善されないのが逆に不思議です。MercedesのACCにTOYOTAの停止マナーだけ乗っけてくれたら、自分の中ではほぼほぼ完璧に近いシステムになるのですが。

そんなこんなで、TOYOTAのACCは積極的に利用したいと思わせるレベルには至っていませんでした。唯一使いたいと思う場面は高速道路や自動車専用道路で、流れが良く、下り坂が少ない状況ですかね。そういう状況であれば、かなり快適に安心して使えると思います。

自動運転の時代がすぐそこまで来てるように言われる御時世ですが、世界のTOYOTAでまだまだこのレベルだと、自動運転なんて5年以上先のような気もしますが、テスラや日産のようにもっと進んだ技術を持っているメーカーもあるでしょうから、意外と早く実現されるのかもしれませんね。ちなみに自分は完全自動運転を望んでいるわけではなく、あくまで安全や快適を支援する先進装備として、納得できるレベルのものが出てくることを期待しています。自分で運転したことはありませんが、アイサイトで有名なスバルのACC制御は非常に優れているという話もよく聞くので、アイサイトなら十分に満足できるのかもしれません。ただ、どうしてもスバルのデザインが許容できないので、今のデザインテイストが続くのであれば、スバル車が候補になる日は来ないと思います。

いろいろなメーカーの車に乗ってみると、つくづく車選びは難しいなと感じます。結局は何を重視して車を買うのかというところで、どうしても譲れないポイントがはっきりしていれば、他に妥協点があっても総合的な満足度はあまり下がらないと思います。
Posted at 2020/03/26 15:31:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月24日 イイね!

もしもiMacが進化したら

もしもiMacが進化したらそろそろデザイン変更を伴うモデルチェンジも噂されているiMacですが、変更されるとすればベゼルレスのディスプレイになるのではないかと言われています。予想CGもあったので、参考までに貼っておきます。


スタンドも含めた変更なのか、スタンドは現行のものが続投されるのか・・・見慣れているせいか現行のスタンドの方が受け入れやすいですが、どちらにせよAppleのデザインなら、そうガッカリさせられるようなものではないだろうと思います。


改めて現行モデルを見ても、素晴らしいデザイン性の高さで、まだまだ現役で通用するレベルだと思います。ベゼルレスでなくても、さほど気になるような縁の太さではなく、これはこれでバランスが取れているように思います。

先日の新製品発表会で一段落した感じになって、iMacの続報がほとんど出てきてないのが気になります。ジョブズのいた頃は情報管理が徹底されていたから発表会の驚きが大きかったですが、今やその辺は杜撰な管理なので、発表が近付く頃にはほとんど情報が全部出てしまっています。そう考えると、iMacの確信的な噂がまだほとんどないところを見ると、近日中の発表はないのかなぁなんて思う気持ちもあります。Apple製品の魅力は衰えていないのに対し、新製品発表会の魅力は激減しているのは残念ですね。
Posted at 2020/03/24 11:05:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月22日 イイね!

S450‼️

S450‼️ディーラーに行ったらS450が置いてあったので写真撮って来ましたー。やっぱりSクラスは別格ですね。堂々としたボディサイズで迫力があり、内外装ともに豪華な雰囲気が漂っています。さすがセダンの頂点に君臨する車です。



























Posted at 2020/03/22 12:56:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2020年03月21日 イイね!

美しいモンスターiMac

美しいモンスターiMacAppleの新製品が発表されてMacBook AirやiPad Proの登場を心待ちにしていた方は喜んでおられると思いますが、自分が待ち望んでいるiMacは今月初めにそろそろ発表か❓と噂が流れただけで、それからは何の情報も流れて来ません。

きっとデザイン変更を伴うフルモデルチェンジはまだ先の話だと思いますが、CPUの性能UPやSSDの標準搭載化などは期待できると思います。デザインは今でも完成されていて気に入っているので、マイナーチェンジレベルで良いから、早く2020年モデルを発表してくれるのを心待ちにしています。つなぎでMacBook Airとかに手を出すことも考えましたが、やっぱりiMacの美しすぎるデザインを見ると、どうしても所有したいという欲求を掻き立てられます。Apple製品は基本的にどれもデザイン性に優れていますが、中でもiMacは抜群にデザインが良いと思います。

どうか今月中、いや4月上旬くらいには新型の発表をお願いします(´ー`)
Posted at 2020/03/21 22:29:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

MAZDA車が大好きで乗り続けてきましたが、リコールの多さやディーラー対応への不満などが積もり積もって、気付いたらMAZDAとの縁が切れていました。憧れのMer...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

トヨタ(純正) シートヒーター・ベンチレーション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/16 21:49:00
puzzle4356さんのメルセデス・ベンツ Eクラス セダン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/18 12:32:49
サムライプロデュース インテリアカーボン調パネル5P 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/14 03:41:47

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
初の輸入車、初のMercedesですが、頑張って憧れのEクラスにしました。新車では手の届 ...
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
家の車をCX-5からアルファードに乗り換えました。2019年末の改良後モデルです。高額な ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
乗り換えを考えた時に他のメーカーに浮気しそうになりましたが、やっぱり総合的に見ると自分に ...
マツダ CX-5 マツダ CX-5
この度、嫁の車をCX-5に乗り換えました。XDのFFにサンルーフを付けて、その他オプショ ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.