• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
JIMNY SIERRA用 STYLEKITリリースいたしました!!alt
ROWEN DEEP STEERINGをリリースいたしました!!
alt
SUBARU WRX S4用
PREMIUM01TR Final Edition 限定25本をリリースいたしました!!
alt
BRZ / 86 LATE MODEL用


PREMIUM01TR Final Edition 限定50本をリリースいたしました!!

alt

30ALPHARD/VELLFIRE用キーウエアジャケットに新色を追加

リリースいたしました。
alt
ROWEN LEDシーケンシャルスカッフプレート
『ALL COLOR Ver.』をリリースしました。
PREMIUM01TR Limited Edition 限定50本をリリースいたしました!!
Lamborghini Aventador SVJ ストレートキャタライザーをリリースいたしました!!
ALMINIUM COLOR NUT with LOCK NUTをリリースいたしました。
■SNS…Instagram,YouTube,Facebook,Twitter→毎日更新しています♪
ぜひチャンネル登録、フォローをお願い申し上げます<(_ _)>
それぞれのバナーをクリックしてくださいね♪♪

alt

alt

alt

alt


詳細はこちらをクリック下さい♪ ⇒ ROWEN APPAREL

alt


詳細は画像をクリック願います♪

alt

alt

alt

alt

各パーツのお買い求めはこちら ⇒ ROWENオンラインストア


ROWEN JAPANのブログ一覧

2019年03月30日 イイね!

ROWEN Exhaust パイプベンダー部品交換

ROWEN Exhaust パイプベンダー部品交換








皆様こんにちは♪
ROWEN Exhaust西尾です!!

もう3月も終わり今年度も終わりますね。

桜も咲き始め、春になってきたなと感じます。

本日はROWENマフラー事業部で使用しているパイプベンダーの部品交換の様子をご紹介いたします。

ROWENマフラー事業部ではCHIYODA製のEX-800というパイプベンダーを使用しています。

こパイプベンダーは2段式で、上段がΦ50.8mm、下段がΦ60.5mmの曲げ治具となっており、こちらを使用してマフラーパイプを日々曲げています。
alt

今回交換する部品はワイパーダイという部品でパイプを曲げる際にシワを伸ばす役割をする部品になります。

こちらの部品は消耗品ですので定期的なメンテナンスが必要になります。
alt


これまで使用していたワイパーダイと新しいワイパーダイを並べてみました。

綺麗に輝いているほうが新しいワイパーダイですが、比較してみると古い方が摩耗して少し小さくなっているのが分かるかと思います。
alt


新しいワイパーダイをパイプベンダーに取り付けていきます。

フリーの状態でしっかりとワイパーダイを固定します。
alt


次に適正な位置にくるよう調整しながらセッティングしていきます。
alt


セッティングが無事に済んだので、試しにφ50.8mm90度の曲げパイプを早速曲げてみました。

パイプにシワもなく綺麗に曲がりました♪
alt


古いワイパーダイは研磨加工に出し、予備のパーツとして再利用いたします。

alt


パイプベンダーの調子も良くなったので、来週からもご注文いただいた製品をどんどん製作していきます!!

皆様からのご注文もお待ちしております!!


.オフィシャルサイト:http://www.rowen.co.jp/
 facebook: https://www.facebook.com/ROWEN.INTERNATIONAL
 instagram:https://www.instagram.com/takayoshi_rowen/

 ROWEN Exhaust facebook:https://www.facebook.com/ROWEN.Exhaust/?ref=bookmarks

 ROWEN Exhaust instagram:https://www.instagram.com/rowen_exhaust/

ROWEN製品に関するお問い合わせは http://rowen.co.jp/contact/ まで



関連情報URL : http://www.rowen.co.jp
Posted at 2019/03/30 09:01:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXHAUST事業部 | イベント・キャンペーン
2018年10月24日 イイね!

【レヴォーグ用 PREMIUM01Sマフラー】製作過程のご紹介

【レヴォーグ用 PREMIUM01Sマフラー】製作過程のご紹介

皆様、こんばんは♪

ROWEN Exhaust事業部 柿元です。


このブログを読んでいただいている皆様、ROWEN FAIR 20th お客様大感謝祭へのエントリーはお済みでしょうか?

ROWEN オフィシャルサイトTOPページからエントリー出来ますので、まだエントリーがお済でない方は是非ご参加下さい♪
alt


本日は【レヴォーグ用PREMIUM01S 2サイレンサーマフラー】の製作過程をご紹介させていただきます。


先ずは生産指示カードを元に治具、部材を用意します。

治具の上に置いてある曲げパイプは、規定の長さにカットしつなぎ合わせて使用します。

alt


こちらが曲げパイプをカットし治具を用いて位置合わせ・溶接したものになります。

曲げパイプをカットし、治具上で仮溶接する工程が私はまだまだ上手に出来ません...。
alt


先ほど製作したパイプ、フランジ、位置合わせ用のサイレンサーを治具にセットし、フランジ側のみ先に溶接します。

alt


この写真のテールピースを固定する部分は治具に載せる前に溶接しておきます。

alt


先ほど溶接したフランジ部・サイレンサーを治具にセットし、ステー2ヶ所とパイプ根元を溶接していきます。

alt


全ての溶接を終え、最後に補強板を溶接します。

その後品質チェックを終えたら左側マフラーの完成です。

alt


ご紹介したのが左側なので、右側も同じように製作していきます。

そして最後にROWENシリアルプレートと認証プレートを貼ります。

alt


メインマフラーの製作を終えれば、続いてテールピースを製作していきます。


こちらも生産指示カードを確認し、テールピースの治具と部材を用意します。

alt


今回ご注文をいただいたのはφ90真円チタンテールの4本出しです。

alt


Y字分岐管、テールを治具にセットし、出しろ調節とROWENブラストの位置合わせをします。


位置決めが完了したら溶接していきます。

alt



全ての工程が終われば【レヴォーグ用 PREMIUM01S 2サイレンサーマフラー】の完成です!


こちらのマフラーはROWENエアロとの同時装着がかのうです。

純正バンパーに装着の際は一部バンパーカットが必要になります。
alt

皆様いかがでしたでしょうか?


ROWEN PREMIUM01Sマフラーシリーズには、今回ご紹介させていただいたレヴォーグ用以外にも様々な車種に対応しておりますので、是非ROWENオフィシャルサイトもチェックしてみて下さい♪


最後までご覧いただきありがとうございました。


ROWEN Exhaust事業部 柿元


オフィシャルサイト: http://www.rowen.co.jp/index.php
 facebook:  https://www.facebook.com/ROWEN.INTERNATIONAL
 instagram: https://www.instagram.com/takayoshi_rowen/


ROWEN製品に関するお問い合わせは http://rowen.co.jp/contact/ まで

関連情報URL : http://www.rowen.co.jp
Posted at 2018/10/24 19:21:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXHAUST事業部 | イベント・キャンペーン
2018年10月03日 イイね!

ROWEN Exhaust事業部の取り組みなど

ROWEN Exhaust事業部の取り組みなど

皆様、こんばんは!


ROWEN Exhaust事業部 柿元です。


最近、朝晩が涼しくなり過ごしやすくなってきましたが、日中はまだ少し暑さが残っていて暑いですね。

気温の変化が激しく体調を崩しやすい時期なので、皆様も体調を崩さないようお気を付け下さい。

書いてる私が体調を崩していますが・・・(>_<)


では、前回に引き続きROWEN Exhaust事業部の取り組みをご紹介させていただきます。


こちらは生産状況や、災害状況、人員配置マップなどを明示し、いつでも確認できるようにしてあります。


生産状況に関して詳しく説明しますと、生産管理表にはマフラーの生産数、台当たり工数、人員などが書いてあり、日々の生産状況を事細かに記録してあります。

(台当たり工数とは、1台マフラーを生産するのにかかった時間のことを指しています。)


また、台当たり工数の年間推移表もあるので、生産状況の良し悪しがすぐに確認出来るようにしております。

alt


こちらは品質状況などを明示してあります。


前回ご紹介させていただいたワンポイントレッスンの内容より詳しい原因究明や防止、流出対策などが書かれています。

ここには工程内で出た不良数もカウントしており、その工程内不良に関しても上でご説明した原因究明などを行います。

工場内でも不良を流出しない、させないを実行するために同じ不良を作らない!ということにも力を入れて日々の生産をしております。

alt


このようにExhaust事業部ではしっかりとした管理体制の元でマフラー製作を行っております。

現在ご注文をいただいている客様のマフラーも順次製作して発送しておりますのでもうしばらくお待ち下さい。



ガラッと内容は変わりますがここからは【200系HIACE ガソリン用マフラーカッター】の製作過程のご紹介をさせていただきます。


始めに、φ50.8mmのパイプをマスター治具に差込み、カットラインをケガいた後、両端をカットします。

サンプルと書かれているパイプがカット後の状態になります。

alt


次に治具、部材を用意します。

マフラーカッター固定部はφ57mmのパイプを使用するので、先に加工しておきます。

alt

固定部のナット位置と出しろを調整し、先端カット用の治具を合わせてケガキます。
alt


仮溶接し、治具から外して先ほどけがいた先端部の加工とバリ取りを行います。
alt


本溶接を終えれば【200系HIACE ガソリン用マフラーカッター】の完成です!

この後梱包し、出荷担当者へ引き継ぎます。

alt


皆様、いかがでしたでしょうか?


前回、今回とExhaust事業部の取り組みをご紹介させていただき、私たちの品質管理がしっかりと基準を守り作られていることを少しでも分っていただけたらと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


ROWEN Exhuast事業部 柿元


オフィシャルサイト: http://www.rowen.co.jp/index.php
 facebook:  https://www.facebook.com/ROWEN.INTERNATIONAL
 instagram: https://www.instagram.com/takayoshi_rowen/


ROWEN製品に関するお問い合わせは http://rowen.co.jp/contact/ まで

関連情報URL : http://www.rowen.co.jp
Posted at 2018/10/03 18:01:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXHAUST事業部 | 日記
2018年09月12日 イイね!

ROWEN Exhaust事業部の取り組みなど

ROWEN Exhaust事業部の取り組みなど

皆様、こんにちは!


ROWEN Exhaust事業部 柿元です。


先日の台風21号に続き、北海道の地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興をお祈りいたします。






今回はExhaust事業部の様々な取り組みをご紹介させていただきます。


始めに、教育訓練に関してご説明させていただきます。

写真の表はスキルマップと言われるもので、個々の出来ること出来ないことを明示しています。

前回のブログでご紹介させていただいたベンダーなどの設備項目と、車種別マフラー製作の項目とで分かれております。


表中に色つきのシールがご覧になれると思いますが、この色でスキルを区別しています。

青色有資格者緑色指示なしで出来る、と言うように細かく色分けをして一目で分かるようにしております。

alt


次にご紹介するのがワンポイントレッスンです。

こちらの写真は過去に起きた不具合、不良などを明示してあります。

どのような不良が発生し、どのような原因で流出したか?などが詳しく書かれています。

不具合や不良が発生した際は、すぐにこのワンポイントレッスンを作成し、皆で情報を共有出来る仕組みにし、再流出しない!!させない!!ように徹底した対策を行っております。

alt


次に異常処置ルールです。

異常が起きた際の行動指針がこちらには書いてあり、この異常処置ルールに基づき行動しております!


下のほうに異常とは?と書かれていますが、「何かいつもと違う気がする...。」と感じたらまず報告することで不具合などをいち早く見つけられるといった良い点もあります。

alt


このような管理の元、日々マフラーを生産しています。

お客様の大切な商品を1本1本心を込めて製作していますので、安心してご注文下さい♪



ここまでExhaust事業部の取り組みなどをご説明させていただきましたが、ここからは私の溶接修行の様子をご紹介していきます!


私はマフラーのフランジ部をまだ溶接したことがなく、いきなり製品の溶接をさせるのは不良を作りかねないとなったので、まずは端材を用いての溶接練習をしました。


その写真がこちらになります。

少し溶接し、溶け込み具合を確認してから全周溶接すれば良かったのですが、いきなり全周溶接してしまい先輩から指導を受けました。

alt


練習も十分してこれなら大丈夫!と言われたのでTOYOTA 86のサイレンサーからテールピースへ続く箇所のフランジ部の溶接を任されました。

次の写真の部分です。

alt

alt


こちらが溶接後の写真になります。

製品になるマフラーの溶接ということでかなり緊張してしまい時間がかかってしまいましたが、なんとかフランジ溶接が完了しました。

alt

alt


このような溶接等の生産作業も少しずつやらせてもらうようになりました。

溶接は日々の積み重ねで上達していくので、これからもがんばって取り組んでいきます!!


今回はROWEN Exhaust事業部の色々な取り組みなどをご紹介させていただきましたが皆様いかがでしたでしょうか?


今後はマフラー製作過程のご紹介だけでなく、今回ご紹介させていただいたExhaust事業部の取り組みなどもご紹介させていただきますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

また、今週よりFacebookROWEN Exhaustページが新たに加わりました!!

こちらのページではマフラー開発の紹介や、ワンオフマフラーの製作をリアルタイムでご紹介いていきますので、是非チェックをお願いします!!


Facebook ROWEN Exhaust

https://www.facebook.com/ROWEN.Exhaust/


最後までご覧いただきありがとうございました。


ROWEN Exhaust事業部 柿元


オフィシャルサイト: http://www.rowen.co.jp/index.php
 facebook:  https://www.facebook.com/ROWEN.INTERNATIONAL
 instagram: https://www.instagram.com/takayoshi_rowen/


ROWEN製品に関するお問い合わせは http://rowen.co.jp/contact/ まで


関連情報URL : http://www.rowen.co.jp
Posted at 2018/09/12 15:01:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXHAUST事業部 | 日記
2018年08月31日 イイね!

Exhaust事業部 パイプベンダーのご紹介!!

Exhaust事業部 パイプベンダーのご紹介!!

皆様、こんにちは♪

ROWEN Exhaust事業部 柿元です!


セミの鳴き声がツクツクホウシに変わっているのに気付き、平成最後の夏ももう終わってしまうのかと実感しました。

まだまだ暑い日が続くと思いますが夏バテしないようにしていきましょう!


本日はマフラー製作のご紹介ではなく、生産時に使用するパイプベンダーをご紹介をさせていただきます。


このパイプベンダーは社内で一番大きな機械になります!!

この機械ではφ50.8mmとφ60.5mmのパイプを曲げる事が可能で、パイプベンダーある事で多品種の量産が可能になります。

alt


こちらはパイプベンダーで使用する治具・メンテナンス用具置き場です。

各部品にはしっかりと明示をし、置き場もちゃんと決められています。

alt


ここからパイプを曲げるまでの流れを簡単にご説明させていただきます。

始めに1週間ごとの生産計画から車種・仕様などを拾い出します。

alt


次にコンピューター上に保存されているデータから先ほどの車種・仕様ごとの曲げデータを確認し、φ50.8mm・φ60.5mmそれぞれ必要な長さと本数を書き出していきます。

alt

alt


書き出した表を元にパイプを切り出していきます。

パイプのカットにはメタルソーを使用します。

alt


パイプを切り終えたら、コンピューターに保存されている曲げデータを呼び出し、車種ごとにパイプを曲げていきます。


余談ではありますが、私がパイプベンダーの担当業務を任された時は曲げデータの登録件数が200件を少し超えているくらいだったのですが、今では300件程になっており、こんなに増えていたのかと改めて思いました。

alt


こちらは30ALPHARD/VELLFIRE用 PREMIUM01Sマフラーのサブパイプを曲げているところです。

alt

alt

alt


こちらが先ほどのパイプ曲げが完了したものになります。

4曲げのパイプを曲げるのに必要な時間は30秒程で、あっという間に曲げ終わってしまいます。

alt


曲げ終えたパイプは油汚れなどが付着しているので、洗浄液に浸し汚れを落とします。

この工程をしっかりやっておかないと綺麗な溶接ができません。

alt


こちらが洗浄を終えた製作前のパイプになります。

この他にまだ洗浄液に浸してあるパイプもあるのですが、1週間でほぼ全て使い切ってしまいます。

alt


このような流れでお客様より受注を頂いたマフラーの製作が始まります。

今回はパイプベンダーのご紹介でしたが、皆様いかがでしたでしょうか?

今後、マフラー事業部で使用する機械などもブログで発信していきますので、皆様どうぞよろしくお願いします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


ROWEN Exhaust事業部 柿元




オフィシャルサイト: http://www.rowen.co.jp/index.php
 facebook:  https://www.facebook.com/ROWEN.INTERNATIONAL
 instagram: https://www.instagram.com/takayoshi_rowen/


ROWEN製品に関するお問い合わせは http://rowen.co.jp/contact/ まで

関連情報URL : http://ROWEN
Posted at 2018/08/31 19:31:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | EXHAUST事業部 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「皆さん、こんばんは♪
新型ハリアーデモカー完成しました(^^)
週末は、ROWENにてお待ちしております!
#ハリアー #新商品 #エアロ
何シテル?   06/14 19:33
ROWEN JAPANと申します。 新製品&開発情報等、HOTなNewsを配信していきますので皆様どうぞ よろしくお願い申し上げます。 ※2014.3 R...

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

名古屋オートトレンド2021電撃参戦いたします!5台の展示車と会場限定の企画を開催予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/02 22:50:05
【ROWEN】 LEDスポットライトの取り付け。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/07 21:38:54
東京オートサロン2021について、皆さまへのご報告 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/11/07 08:40:15

愛車一覧

レクサス LCコンバーチブル LC500 Convertible (レクサス LCコンバーチブル)
●2020.11 開発Start予定
レクサス LC LC500/LC500h (レクサス LC)
Ver.2 ●2019.2 正式リリース●2019.1 東京オートサロン出展 ● ...
日産 NISSAN GT-R GTR My2017 WORLD PLATINUM Edition (日産 NISSAN GT-R)
TOKYO AUTO SALON 2017 Debut♪ *前期、中期とバンパータイプ ...
フェラーリ 488GTB 488GTB WORLD PLATINUM Edition (フェラーリ 488GTB)
2017.1 TOKYO AUTO SALON 2017 Debut♪ 【Parts】 ...

みんカラ+リンク

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.