• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ドウガネブイブイのブログ一覧

2020年03月21日 イイね!

網代温泉、伊豆じゃなくて東京のヤツ

網代温泉、伊豆じゃなくて東京のヤツ網代温泉と言えば伊豆の名湯ですが、
東京のあきる野にも網代温泉があります。
あるというかあったと言うべきだけど。
すでに廃業している鉱泉です。











私が昭島に引っ越して来た15年前まではまだかろうじて営業していました。
ご老年の夫婦2人だけで、ギリギリ宿泊営業をやってる状態だったようです。
内風呂がヒノキ風呂で、少し硫黄の香りがする良質な鉱泉と言う事でした。
泉質は含硫黄-炭酸水素塩・硫酸塩冷鉱泉です。

<↑画像はウェブから拝借・営業してた平成14年頃の網代温泉>

休業中ですが現在はすでに廃墟となっており、将来営業を再開する見込みは
ほぼ無い状況。
んー、営業中に一度入浴してみたかったなあ。
良い湯と言う事だったのでとても残念だわ。
例によってグーグルマップを開くと、少し前まで「網代温泉」の名称が表示
されてたのに一切表示が消えてます。


一応マップを見るとまだ建物はあるっぽいなぁ。
なんかセルフ・ポツンと一軒家ではないかW。


よし、入浴は無理だけど行ってみるか!
壊される前に施設だけでもこの目で見ておくのも良いだろう。
ハスラー、昨日洗車したばかりだけどまた汚れてもらおう!


東京五日市CCを超えて網代温泉があった分かれ道まで到着。
この道を右の未舗装の道へ入ります。


途中までコンクリートの道。
なんか雨降ったわけでもないのに道路が濡れてます。
これ、網代温泉の鉱泉が漏れてるんじゃないの?もったいない!


途中から未舗装道路になったので、戻って元の場所に車を置いて歩きます。
竹藪が倒れててなんかハスラーじゃ役不足っぽいのでね。
ジムニーだったら気にせず走れるんだろうな。


一応電柱も来てて電気が来てるんだよな。


けっこう雑木は伐採されてます。
なんか大規模な開発が入ってきてるのかもしれませんね。


登山道ってわけでもなく、網代温泉までの私道なのかな?
だとしたらあんまり勝手に入るのは良くないかも。
いろいろ木々は倒れていますが、道自体はまだ獣道以上に保っていました。


あー、見つけた。
これだ、これが網代温泉。
なかなか趣のある建物ではないか。つくづく残念。


これ以上は私有地だろうから入るの止める。
辺りがもりもり生えてる竹林だから、たぶんもう数年で床からタケノコとか
生えてきて、すぐに廃墟となりそうな感じだなー。
心霊スポットとかにはなってほしくない場所だな。


廃業しちゃったのは残念、やっぱり思い立ったらすぐ行動すべきだね。
欲しい時が買い時と言うか、後に回せば絶対後悔することになるな。
この温泉に入りたいと思った時が入り時だったな。後の祭り。
無念を思いながら網代温泉を後にしました。


建物付近から道にちょろちょろ流れ出てる水。
雨水かなと思ったけど、ずっと流れ出てるようですでに道路に苔も生えてる。
やっぱりこれが網代温泉(鉱泉)だな。
さすがに湧き水みたいに流れ出てるならともかく、地面を流れているのなら
どうしようもない。
うーん、これはもったいないっすな。


夕食の買い物して帰りました。





Posted at 2020/03/21 18:50:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | 渋い登山温泉 | 日記
2019年09月17日 イイね!

(ハスラー)山梨・青木鉱泉

(ハスラー)山梨・青木鉱泉先日の3連休の中日、南アルプスの青木鉱泉に
ハスラーで行ってみました。














ホントは土曜日から鳳凰三山の登山に誘われていたのですが、土曜日の午前中が
私は仕事で不参加。
青木鉱泉は入ったことなくて一度入ってみたかったので、下山後に落ち合おう!
という約束で青木鉱泉に現地集合にします。
国道20号線から小武川沿いにダートに入ります。


青木鉱泉は南アルプス登山への出入り口にある鉱泉が湧く山小屋です。
一応車で行けるのですが、舗装された道路ではなく、林道を走って到着できる
山奥の秘湯です。


南アルプスの天然水ですねー。
そよ風が気持ちいい。


未舗装林道を30分ほど走って青木鉱泉に到着。


これが青木鉱泉。山奥なのに思ったより立派な建物です。
宿泊もできる、時代を感じさせる風情ある美しい温泉旅館ですね!


玄関。
門が無くてそのまま土間になる、明治時代の造りそのまま。
もちろん床は土です。


丸窓もすばらしいね。
こんな山奥にいきなりこんな古い建物が出てきたら、ちょっとペーソス漂うね!
マヨイガ(迷い家)って感じ。
夜中に月あかりでこの旅館を見たらゾクゾク来るような気がする。


土間は食堂になってる。カテゴリーは山小屋なんだよな。
なんか映画の剣岳を見てるみたいだ。ここで山菜蕎麦食いたいかも。


とりあえず、友人夫婦はまだ下山してきてないようなので、入浴料1000円を
支払い(若干高い)、先に鉱泉を楽しみましょう。


鉱泉なので冷たいです。
湯は一見すると無色透明無味無臭。でもしっかりした鉄泉です。


これが青木鉱泉。
露天は無し、内湯のみ。お湯は加熱、循環です。
ぬるめでちょうど良い泉温ではないか!


けっこう清潔な湯舟。温泉自体はそんな特徴のある泉質じゃないし、内湯だから
景観も大したことないけど、いたく気に入ったな、ここ。


この時間人が少ないというのも良かったけど、くつろげる湯だった!
悪くない山の湯ですね。何時間でも入ってられそうな湯。
ここはいっぺん宿泊したいような気もする。


温泉を楽しんだ後。
外のベンチで涼みながら、友人夫婦の下山を待ちます。


ところが、14時くらいに下山予定の友人夫婦が15時になっても降りて来ません。
メールしようにも青木鉱泉近辺は携帯電話も全く通じない場所。
仕方ないので友人の車にメモを挟んで、一度国道20号線まで降ります。


20号線でメールを見ると12時ごろに「バッテリー切れるので連絡できない!」
とのメッセージ。
まあ待つしかないだろうと思い、青木鉱泉に再度登ります。


ハスラー、ダート走っても意外と楽しい車だな!
車高も高いので下をこする事を気にせず走れる。


16時になっても友人夫婦は車はあるのにまだ下山して来ません。
おいおい、日が暮れてきたぞ。
これはまずいな、遭難したか??
この友人は一度遭難したことある人物で前科持ちなんだよな!w


17時前、遭難届を出そうかと考えていたところに友人夫婦は無事下山してきました。
うーんまあ、そりゃ鳳凰山で遭難てのも考えづらいか。
奥さんが足の捻挫でゆっくり降りざる負えなかったそうです。
スマホもバッテリー切れなので仕方ないですね。
まあ無事でよかったと言う事です。
一緒に青木鉱泉を後にしました。


おおう、見事な赤富士!いいねえ。


小淵沢のイタ飯屋で夕飯食って解散しました。
ここはもちろん友人夫婦のおごりって事で!
青木鉱泉のあとで御座石鉱泉も行こうと思ってたけど、遭難疑惑に時間食われて
行けなかったよー!
まあ今回は私一人だったから、今度は家内でも連れて一泊しに来てもよかろう。
北アの方が魅力的な温泉は多いんだけど、南アの素朴な温泉ってなんか自分に
好ましいんだよなー。
雰囲気も。風情も。





Posted at 2019/09/17 23:59:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 渋い登山温泉 | 日記
2019年07月16日 イイね!

(ストラトス)富山・黒薙温泉

(ストラトス)富山・黒薙温泉黒薙駅から山道を徒歩30分程度の
ゆるゆる登山な「黒薙温泉」です。

2009年の10年前、ストラトスで
向かいました。










当時、レプリカストラトス購入して3年目くらいかな。
点検・整備・車検が終わって絶好調なので思い切って遠出してみました。


昭島を出発して宇奈月まで到着するまでに、無茶苦茶時間かかりました。
多分今まで、このストラトスで一番長く走った距離だろうなあ。



出発当日、日が昇るとともに同時にエンジンかけます。
朝一で出発しないと、トロッコ電車に間に合わないのよね。
アルファV6エンジンの音、以上全くなし!素晴らしい音色。


ラジエターのファンもサーモが働いて自動でONになってくれる。
以前クラッチオイルが漏れてた部分も異常なし!
では出発。


休憩入れながら6時間ほどかかって富山の宇奈月温泉に到着。
ホント時間かかった。
一回、日本海まで出て黒部から宇奈月温泉まで下るルートしかなかった。
宇奈月駅前の駐車場にストラトスを駐車。
一晩ほったらかしになるけど、まあ温泉町の駐車だし、問題ないだろう。

しかしこうして見るとストラトスってちっさい車だな!
なぜか大きな車に見えるのに、不思議。
ホイールベースって現代の軽自動車より短いのよね。


登山ウェアに着替えて、宇奈月温泉からトロッコ電車に。
黒薙駅まではトロッコで30分くらいかな。


6月だったので新緑がモリモリ。目に優しい。
トロッコの窓が全開なので良い風入ってきてとても涼しい。


山奥の黒薙駅に到着。
旅館まではここから徒歩になります。


黒薙駅の前にあるこの石階段を登って、道沿いに歩けば30分くらいで到着
なのですが…、


隣にある洞窟は使われなくなったトロッコ線路のトンネルで、こちらを通れば
20分くらいで到着することができます。
と言う情報を仕入れていましたが、なんと今年から危険だからトンネル内の
移動は禁止になってました。泣けるぜ…。
しかしこういうのはちゃんと守らなければならないので、あきらめます。


まあ整備された山道なので、フィトンチッドを吸収しながら楽しく歩きます。


うほー、道沿いにでっかいタマゴダケ発見。うまそー。
昨日まで雨だったからな!


30分くらい歩いて、黒部川沿いの山奥に一軒だけある黒薙温泉旅館に到着。
今日はここで宿泊です。


まずは浴衣に着替えて、山奥の秘湯を楽しまさせてもらいます。
昨日までの雨で黒部川の水量が多くて、渓流のせせらぎとは対照的。
ドドドと言う滝のような迫力ある音がするけど、まあそれもそれで。


うっはー。
またこれが最高の湯だな!
泉質はお肌つるつるの美肌の湯、弱アルカリ性単純泉。
麓の宇奈月温泉も黒薙温泉が源泉であり、パイプを黒薙から引っ張っています。
なるほど露天風呂の隣からパイプがたくさんつながって下山してるわ。
つまりここが地球から出てきたばかりの一番新鮮な湯という事ですね!
地球のパワーにあふれてて素晴らしい!


温泉以外はすることもない、ネットもつながらないし携帯すら入らない、
テレビもないし聞けるのはアナログラジオくらい。
(全国放送なのにTBSラジオも入りゃしない。TBSパワー弱いんと違う?)
することもないので何度も温泉を楽しみます。

食事がまた素晴らしい。
生の刺身はパターン化された冷凍マグロやホタテなどいっさい出てきません。
出てくるのはキスの昆布締めなど昔ながらの保存食ばかり。
それが美味い。
ご飯も電気炊飯器のまま出てくるのではなく、木のおひつに入ったお米たち。
こういうご飯が進む夕食大好き。


夜中は渓流沿いのカジカガエルの音色を聞きながら就寝。
この温泉好きだわ。いいね!
場所が場所なのでまだ一度しか来てないけど。
死ぬまでにもう一回くらいは宿泊したいと思ってます。


次の日、帰宅の地に付く。
100円パーキングにほったらかしのストラトスが心配。
でも黒薙駅のトロッコ電車は本数少なく、駅でのんびりトロッコを待ちます。
駅自体も隣接する鉄橋を渡れたりして楽しかったのですが、家内はここで
ジバンシーのサングラスを渓谷に落としました。
がっくりしてる家内。



ストラトス無事だった。
問題何もなし。
長距離走ったけど、エンジンかけると計器類もグズついていないね。


Twitter見ると、駐車場でストラトス見た!と画像あげてる人多かった。
でもレプリカと見破る人は少なかった。
ステアリングとかシフトノブとかオリジナル使ってるから、エンジン見ないと
詳しくない人にはわからないかもね。

<↑画像はTwitterから拝借。>
<多分。これ私のストラトス。>


再び北アルプスをぐるっと日本海まで迂回して、長野道に乗ります。
途中白馬で休憩入れながら帰りました。


車検に出す前にクラッチオイルが漏れて動かなくなった時があったけど、
特に問題なくこの遠征を無事終えました。



途中、安曇野の風景がきれいだったので写真撮りながらゆっくり帰る。
信州の中でも安曇野は良い場所だねえ。
ネットで仕事が全部完結するんだったら安曇野に永住したいくらいだわ。


リアルな現在、ストラトスはうちに来てから5回目車検整備中。
車検終わってもどうせ涼しくなる10月までは走らせない予定だから
のんびり整備してもらってます。
早く秋にならないものかね。



Posted at 2019/07/16 16:07:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | 渋い登山温泉 | 日記
2019年07月03日 イイね!

(ダッジラム)新潟・蓮華温泉

(ダッジラム)新潟・蓮華温泉白馬岳の北にある「蓮華温泉」に
行きました。
少し前までは登山でしか行けない
温泉でしたが、今はロッジまで
車が通れる道ができています。

ダッジラムで向かいました。







ホント暑いなぁ。
2013年の真夏でしたので、オートキャンプも兼ねて出発しました。


あまりにも暑いので昼飯は流しそうめんに決め!


中央道から長野道に入って向かう途中、山梨の兜山で流しそうめんやってる
情報を得て立ち寄りました。
おお、冷え冷えの水が流れてる!ううう、涼しい!


天ぷらも注文。
うちの家内はそうめんには非常にうるさい人間でして。
毎年小豆島から箱で手延べそうめんを取り寄せてて、ホンマ味にうるさい。
もーうるせー、別に、食えりゃいいんだよ!w


そうめん批評家の家内をほったらかして流しそうめん食います。
ウマー。細麺ツルツルッとな。

ちなみに、5/5は柏餅、12/25はクリスマスケーキ、では7/7の七夕の食い物は?
との答えは、そうめんです。江戸時代から七夕の時はそうめんを食うものですが
なんか全然浸透していませんねw。

夏だなぁ。
タマゴダケをいっぱい売ってた。
もちろん1箱買いますよ。
これでパスタ作ったら麺が真っ赤になりますが、味は良い真夏のキノコです。



この日は白馬のオートキャンプ場で一泊。
AC電源が取れるならダッジラムは普通の部屋一つが移動してるようなもので
何の道具準備も必要とせずキャンプに突入できます。便利。


ブラックタンクは設置してないので、トイレとお風呂の事だけ考えれば
いつでもどこでも即キャンプ開始できるのは強み。


だめだー、コンデジじゃ夜空の星々は撮れませんな!
けっこう満天の星空なんだけど。



朝ー。
さて、ソファベッドを元に戻して蓮華温泉へ向けて出発です。



蓮華温泉のロッジ前まで到着。道ができてるとはいえ結構細い道を通った。
今、朝10時。一番風呂いただきだ!


朝風呂入るぞ。
蓮華温泉ロッジに入浴料を支払います。
蓮華温泉はロッジ内に内湯もありますが、蓮華岳に点々と野湯が沸いており
それに入ることもできます。


ぐるっと温泉が湧いてる山を回るだけで30分くらい。
それに入浴時間が加わって大体2時間くらいかな?


出発します。
ちょっとした登山ですね。時間は短いけど。


どっち回りでもいいけど左方向へ時計回りで行くぜ!
最初は「三国一の湯」。
泉質は単純酸性泉で白い湯の花の塊が舞ってます。
この湯は水虫とかの皮膚病に効くそうです。


これ写真じゃ見えないけど登山道のすぐ横にあるので、遮るものも何も無くて
恥ずかしいんだよな!でも気にせず入るけどな。
あーいい湯じゃわい。ぬるくて気持ちええなー。


次は「薬師湯」。泉質は酸性石膏泉。
唯一の白濁湯だけど、硫黄の香りはほぼありません。
白濁は石膏の成分。


ここが一番標高の高い野湯ですね。
まだまだ2か所目。元気で入れます!


続いて「仙気の湯」。単純酸性泉。
ちょっと疲れてきた…。登山→温泉→登山→温泉…だから汗だく。
しまった、ポカリスエットでも持って登山すればよかった。


ここは一番熱い湯だった。
でも風呂の雰囲気は一番良いな!
ここは蓮華温泉のCMによく使われる温泉です。
うーん、残念、晴れていたらなあ。
曇ってしまってるけど、遠くに蓮華岳の雄姿が見えて迫力ある風景なのです。


続いて「黄金の湯」。泉質は重炭酸土類泉。
切り傷や外傷によく効く、いわゆる戦国武将の隠し湯的な泉質ですね。
もう脱水症状で倒れそう。汗が止まらんわ。
水着で登山すればよかった。
もーいちいち汗びっしょりの服着るのが苦痛です。


ここは唯一草木に隠れていて登山道から奥に入る場所なので、秘湯感がある。
わしゃ湯疲れした。もうここの湯は入らなくて良いや。
家内、入りたいなら勝手に入ってくらはい。


あー朝から連続入浴はキツいわー。
目立たないかもしれないけどオレンジのシャツの中、玉のような汗がびっしり!
運転と温泉と登山のトライアスロンだった。
でもどれも良い湯でしたよ!ここの温泉は好き、好ましい。
楽しかったし。
ロッジで冷たいコークを買って炭酸だろうが一気飲みです。
ふー生き返った。喉カラカラだった。

あ!ロッジにもキャンプ場が併設されてるから、ここでキャンプすれば
よかったじゃん。今気が付いた!
そうしたら夜中にランタン持って山の野湯に入れたのに!


蓮華温泉へ行く方はロッジから右回り(半時計方向)に回る方が良いですよ。
一番ぬるくて優しい湯の「三国一の湯」をラストにする方が良いや。
「黄金の湯」は良い湯ですが、熱くて〆のあがり湯には微妙ですね。


Posted at 2019/07/03 00:02:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 渋い登山温泉 | 日記
2019年06月20日 イイね!

(ダッジラム)新潟・赤湯温泉

(ダッジラム)新潟・赤湯温泉苗場山に入ります。
でも山頂の湿原を見るのではなく
赤湯温泉に入るためです。

ダッジラムで向かいました。








苗場スキー場すぐ隣から山道に入ります。
けっこう細い道で、幅2mあるダッジラムで通過するのは恐怖でした。


横着なので車で行けるギリギリまで進む。
登山者用の車スペースにダッジラムを駐車しておきます。
多分苗場登山の方でしょう、6台ほど車が停まっていました。


この日は夏もそろそろ終わりの時期でしたので。
死にそうなルリボシヤンマを発見。
生を謳歌できたか?ん?さらばだ。


登山開始口。
12時50分頃、入山カードに記入して登り始めます。


テングダケ。猛毒。
でも困ったことに味は美味いらしい。でも死ぬかも。食っちゃダメ。


ヤマブドウ。食っていいけど、口の周りが紫になるよ!
よく似たヤマゴボウは毒だから、見た目がよくわからない人は敬遠してね。


20分くらい歩くと橋があって、そこから急激なキツい登りになります。
木の根の階段や、岩場や鎖場の連続で、しかも泥だらけになります。
急激な坂を登りきるとしばらくは傾斜のきつくない緩い斜面が続く。


1時間半ほど歩くと、今度は急な下り坂になります。
夏の終わりですが、山でも標高低いところは植物モリモリでジャングルですね。
あー湿度高いわー。不快指数高し。


この下りがけっこう長く続きます。鎖場もあります。
そろそろ腰と足の裏が痛いかなー。


やっと下り坂が終わり、川沿いに出ました。
現状で登山開始から2時間くらい。
コースモデルは2時間だったので、今回もタイムオーバーですね。
あー疲れた。チョコレートでも食べよう。休憩。


休憩して、再び歩き出します。
が、川を渡ったら、いきなりログハウスが見えました。
なんだ、もう着いてたんじゃん!


赤湯温泉の山口館に到着です。
今回は登山片道2時間5分くらいでクリア。
最後に休憩しなかったらモデル時間内に到着できたのにー。


ここは一軒家の山小屋です。
赤湯温泉までのルート、最初と最後だけがえらい急な傾斜だった。
そこだけ疲れたけど全体的にはゆるゆる登山でした。
最初に一気に登って、最後に一気に降りてくる感じですね。


この日は2組しか宿泊客がいないので角部屋をもらいました。
繁盛時には畳1枚に1人のスペースになるそうです。


山小屋だけど温泉旅館であり夕食は出ます。
夕飯の準備は必要なし!
なので早速温泉に入りましょう。
ここは食事付き7500円。素泊まりなら4000円です。


赤湯温泉には「薬師の湯」「青湯」がありますが、一番人気は混浴「玉子湯」。
かなりの濁り湯で、泉質はしょっぱい塩化物泉。
台風の時は川に沈んでしまうため、コンクリートで仕分けされているだけの
川沿いの温泉です。
奥は直接源泉が湧き出ている湯船で湯温が52度。熱いのなんの。
手前の湯船はとても適温でした。


あー疲れた体にしょっぱい湯は効くわあ。ええ湯だわ~。
渓流から聞こえるカジカガエルの声に癒されます。
日本に数多くある塩化物泉ですが、この湯の色でも見てほしい!
お手本となるような塩化物泉じゃないか!素晴らしい。


ここは電気が来てないのでランプの宿です。
暗くなってきたら主人からアルコールランプを渡されました。
夜の間、自分たちの光はこれだけです。


夕食は山菜の天ぷらや塩漬けキノコ、各種野菜のあえ物、漬物がメイン。
動物性のたんぱく質はちくわのみでした。w
しかしそれが美味い!もりもりごはん食います。
ごぼうメインのかき揚げも美味いったらありゃしない。
コシヒカリの新潟米も美味しいなぁ。

ちなみに来るとき取ったヤマブドウはデザートに食っちゃいました。

夜中も露天風呂に。
照明が無いので行燈を渡されました。ロウソクに火をつけて入浴します。
行燈の光と月明かりだけで入る露天風呂は極楽だわ。
星空見ながら湯を楽しむだけで何時間も過ごせます。

テレビもなく、ネットもできず、電気もランプの光だけ。
何もできないので夜20時半には布団敷いて眠ります。
(一応自家発電設備はあるらしいです。ほとんど使わないみたい。)
うん、良い1日ではないか!
ちなみに赤湯温泉は山の谷間にある温泉なので衛星電話も使えません。
陸の孤島となります。


次の日、下山します。
下山というか、また最初は急な登り坂なので一山超えるんですけどね。
赤湯温泉は冷蔵庫や自販機が無いので、昨日の残りのぬるくなったポカリを
飲みながら同じ道を車まで戻ります。


ここ、最初と最後の傾斜がきついわー。
本沢温泉の方が若干ゆるい登山かな?
湯俣温泉のようなハイキングではなく、一応ちゃんとした登山ですね。
まあでも、赤湯温泉も初心者向きの登山温泉と思います。


トチの実を見つけました。
栗饅頭そっくり!!
宇宙は栗饅頭で埋め尽くされるのだ。もう宇宙に捨てるしかない。ゴウ。


ダッジラム手前まで戻りました。
それでも戻りは1時間45分くらいで戻れた。
うむ、とてもいい温泉登山だった。


車に戻って2人とも汗びっしょりなので着替えます。
苗場スキー場、夏の終わりのスキー場はススキの天下ですね。


せっかく苗場スキー場まで来てるので、ドラゴンドラに乗ってみます。
雪山じゃない苗場山は初めてだな。
ちなみに苗場スキー場からドラゴンドラ乗り場までかなり歩きます。


20分くらい乗るゴンドラなので、結構空中散歩を楽しめますね。


山頂駅に到着。
うひょう、そこそこ涼しい。標高高いからな!
家内が温かいクレープを買ってきたので食す。


久々に食ったらクレープ美味えな!
山頂、そよそよ良い風が吹いてる!
なごむわー。


登山で疲れたのでドラゴンドラの夕方最終便まで山頂でうだうだして
草の上で一眠りしてから帰宅しました。
最近どこでも眠ろうと思えば寝られる体になった。


徒歩でしか行けない秘湯はやめられないね!
自然を満喫できる至福の入浴体験が得られます。
なんとなくみんカラの主旨と外れちゃってる気もするけど。




Posted at 2019/06/20 00:00:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 渋い登山温泉 | 日記

プロフィール

「必要火急の外出 http://cvw.jp/b/721727/43883665/
何シテル?   04/06 23:18
こんにちは、はじめまして。 ドウガネブイブイと申します。 みんカラ、9年間の間ほったらかしでした! そのままフェードアウトもなんだかなあ、と感じ、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

春の時雨に濡れる花 (*´д`*) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/29 18:05:21
温泉の浮世絵 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/02/17 09:49:20
ラジエターキャップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/26 15:44:07

愛車一覧

ルノー アヴァンタイム ルノー アヴァンタイム
今ウチにある冠婚葬祭にも使える唯一の車です。 現在はすでにパーツ不足で大変です…。 東 ...
ランチア ストラトス ランチア ストラトス
ランチャストラトス・レプリカです。 イギリスのC.A.E製でアルファロメオのV6-240 ...
デ・トマソ パンテーラ デ・トマソ パンテーラ
現在は自宅ガレージで抹消保管中。 ******************* 1975年製 ...
ポルシェ 914 ポルシェ 914
現在は復活を夢見て、自宅ガレージで保管。 今は放置中ですが、この車が私の心のメインカーで ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.