• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ニコニコラルフのブログ一覧

2017年07月30日 イイね!

日帰り登山 鳥海山

日帰り登山 鳥海山久し振りに、自然散策用の服装、帽子・シャツ・ズボンをイメージチェンジも含めて一新しました。
写真で見るとあまり変わってませんが、結構変わってます(^^;
雪渓用に、軽アイゼンも購入しました。

とゆうことで、昨日は百名山の一つ鳥海山(2236m)に登山に行って来ました。
梅雨時の登山なんで、天候は期待できず。。。

今回は湯ノ台口から
勾配は急ですが、一応最短ルートで日帰りできるコースです。


ここが登山道入口です。
AM8:00登頂開始


数分歩くと橋があります。
年中綺麗な雪解け水が流れていて、水の流れる周辺は涼しく感じます。


15分ほどで、最初のチェック地点
滝の小屋(山小屋 宿泊可)に到着


ここから徐々に登山が本格的になってきます。
山小屋から、初めは川沿いを歩いて行きます。
ここも水はとても綺麗です。

川沿いの道から、いよいよ急な坂に入って行くのですが、
今年は残雪が多いことから、まだ30分も歩いてもいないのに
雪渓を登って行くことに、、、しかも視界悪いし(^^;

雪渓をある程度登って、途中から本来の登山道に入って行きます。
雪渓の先には、白糸の滝があるのですが、視界が悪いので今回は見送りしました。

登山道をしばらく歩くと、、、、
八丁坂 *心臓破りの八丁坂と言われてます。
登っても登っても続く急で長い坂でぜェぜェでした。

八丁坂を登りきると、僅かですが平坦な道になります。
この僅かな道で息を整えます。


河原宿小屋(7合目)
現在は営業はしてませんが、トイレはあります。
ここでしっかりと休憩し難所に備えます。

初心者は、この河原宿小屋~大雪渓周辺で楽しくお弁当を食べて帰るのですが、
初心者レベルの自分ではありますが、この先を目指します。
ここからは、大雪渓⇒心字雪渓⇒小雪渓⇒と、雪渓登りになります。
リュックをしょって、長く急な雪渓を歩くことに慣れてない自分にとっては、
正に試練の道!
ここでかなり体力を消耗してしまいました。


軽アイゼンを装着するも、この時期の雪質には
あまり効果が期待できず、ないよりはあったほうがいい感じのレベル!

帰りの下りの雪渓下りは、脚に疲れがきていたせいだと思うが、
踏ん張りがきかず数回滑って転んでしまいました(^^;

川の水で顔と手を洗うも冷たすぎて手の感覚がなくなりそうでした。
この綺麗な雪解け水が、長い年月をかけ鳥海山周辺から伏流水として湧き出てくるわけです。


雪渓をやっと登りきると、
鳥海山屈指の坂道 あざみ坂
このコースの最大の難所ではあるけれど、
自分にとっては慣れない雪渓歩きが最大の難所でした。

やはり雪渓でかなり疲れたせいか、足取りは重かったです(^^;


あざみ坂を登りきると、伏拝岳(9合目)に到着
そこから行者岳を通り山頂に行きます。
疲れていたせいか、山頂までが遠く感じましたが、
なんとか頂上までたどりつきました(^^;
山頂到着12時30分頃
結構かかった(^^;


山頂は意外にも天気が良く、時より雲の隙間から見える景色がとても綺麗でした。

今日の雲海はあまり綺麗じゃなかった。
まぁ梅雨時の雲はこんなもんでしょう、、、


山頂に咲く高山植物
名前がよくわかりませんが、ハクサンイチゲとかイワギキョウかと??




七高山頂より向かいにあるのが、新山ドーム(新山山頂)*七高山頂より6m高いです。
これが本当の山頂なんですが、ガスがかかっていたし、時間の都合もあり今回は登らないで、
下山しました。
湯の台コースで新山まで登るなら遅くとも7時で出発しないと山頂でゆっくりする時間が少なく、昼食べて体力の回復を待って終わっちゃいます(^^;
8時登山開始ではちょっと遅すぎです(^^;


下りは、想像以上に登りで疲れたため、踏ん張りがきかずかなりキツかったです。
毎回登って感じるのですが、素人レベルの自分には厳しい山のような気がします。
疲れすぎて今日は一日中寝てました(^^;

次の登山は、栃木県にある男体山!
標高は男体山の方が高いですが、登山難易度レベルは鳥海山の方が上!

http://www.yamaquest.com/detail/chokaizan-2236/1320.html


なんとか登れそうですが、
今日の筋肉痛で、かなり弱気になってます(笑)















Posted at 2017/07/30 23:30:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自然・写真 | 日記
2017年07月17日 イイね!

日帰り登山

この連休に、百名山の一つでもある
山形県の中央に位置する月山(標高1,984m)に登ってきました。
ここ月山には、数回登ってはいるものの、未だに晴天に恵まれたことがないです(´・_・`)
一回だけちょっと晴れたことあったかな?(^^;

今回もまた定番の8合目からのスタート
いろいろとコースはあるんですが、体力に合わせてスタンダードなコースで(^^;


およその時間はこんな感じです。
距離にして片道5kmの登山になります。

ちなみにトイレは1回使用事100円いただきます(笑)

最初は、整備された木道を景色を見ながら歩いて行きます。
運動不足の自分には何げにきつく感じます(^^;



今日は「ニッコウキスゲ」がとても綺麗でした。


基本的に月山の登山道は、岩の道を歩いて行きます。
勾配はそんなにきつくないのかも?しれないけど、岩歩行が
脚にかなり負荷をかけます。


行者返し
ここがコースで一番きつい箇所になるのかな?
結構急です!


佛生池小屋
ここが中間地点になります。
ここでしっかりと休憩をとります。


今年は残雪が多く、雪渓を通るコースになりました。
雪渓を歩くのは結構脚に疲れがきます。
スニーカーで渡ってる方はかなり苦労されてるようでした。
アイゼンがあれば楽なんでしょうが、mont-bellの登山靴は、
かなり急な雪渓でなければ、アイゼンなくても結構いけちゃいます(^^)


頂上には、2時間半もかからず到着しました。
標準タイムは3時間なんで、自分にはちょっと速すぎます!
速すぎると脚に疲れがでます。
下りは登り以上に足に負担がかかるので、時間はかかってもなるべく脚に疲れが出ない状態で登ってくるのがベストです(^^)

頂上は、ガスがかかって視界も悪いし気温も低く寒いので、
ご飯食べて休憩して帰ってきました。

ちなみに下りは、2時間くらいで下山しました。
これも速すぎるので、次回はゆっくりと登山したいと思います(^^)

*やっぱりちょっと脚がガクガクでした(苦笑)

登山したあとはお決まりの温泉♫
ここ凄いいい湯なんですよ(^^)

源泉かけ流しの湯に浸かってまったりするはずが・・・


登山で疲れきっていたせいか10分くらいでのぼせ気味っす!
ロビーで、コーラ飲みながら休んでいた時間の方が長かったかもしれません(笑)

次の日は、お決まりの筋肉痛になったのはゆうまでもありません(笑)
一日中だらけてました(^^)
今年は、当分走れそうにないので、
次の登山は、栃木の男体山でも行ってみようかなっと♫


一人で行くと大変なんで一緒に行く人探そうっと(^^)


Posted at 2017/07/17 20:30:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自然・写真 | 日記
2017年07月15日 イイね!

シルビアの外装パーツ♫

昨日は、仕事サボって青森に行ってきました(笑)

青森に来たらまずはこれ食べないとね♫

背脂煮干ラーメン

とっても( ゚v^ ) オイチイ
でも前回食べたのとなんか違う感じ??
やっぱ煮干ラーメンのスペシャリスト連れて行かないとね(笑)
腹ごしらえしてシルビア見に行って来ました。

まずはお友達に挨拶(・ω・)ノ

少し距離が縮まったかな?
最近行くと近づいて来るんだよね(^^;
でも、なかなか仲良くなるのは難しい(・・)

シルビアに関しては、パーツきただけでまだ作業入ってないんです(^^;
とりあえずエアロだけでもと思って箱開けて確認してきました♫

ボンネット
オススメで買いました。
仕上がりも綺麗で、ダクトの大きさもちょうどいい感じ(^^)


フロントバンパー

せっかくお友達から作ってもらったブレーキ冷却ダクトは使いたいので
ブレーキダクトもオプションで付けました。

ちゃんとしたメーカーは、やっぱ造りが( ・∀・) イイネ!
板金屋さんの社長も言ってました。


F・Rフェンダー
ビニール入っていて、いまいちよく見えない(^^;
てゆうか、ここまで出したんだったらビニールから出せよって感じです(^^;


事故る人が多いので、板金屋さんもおお忙し!!
シルビアの作業は、板金ラッシュが落ち着いてからじゃな(^^)

久しぶりにシルビア見てなんか嬉しくなってしまいました♫

Posted at 2017/07/15 21:42:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月09日 イイね!

滝巡り

え~1ヶ月振りの更新です(^^;;
車がないとどうもブログを書く気になれません(´・_・`)
忘れ去られそうな感じになるので、
とりあえず自然散策の事でも書いちゃいます。

今回の散策地は、山形県米沢市の山奥深い秘境の地
大平温泉(最上川源流の地)~火焔滝(「ひのほえのたき」)を目指します!
地図で見たほうがわかりやすいかもしれませんが、
カーナビで見るとどのくらい奥地なのか伝わりやすいかもしれません?

道の切れてるところからは、徒歩になります。

まず目指すべき場所、「秘湯中の秘湯」大平温泉までの道のりは結構な山道になります。
米沢市内から30~40分ほどでしょうか?ひたすら山上を目指して登って行きます。
軽自動車がすれ違えできるかどうかの狭い道で、ガードレールもないのでかなり運転には
気を使います。
おまけにカーブがメチャきついです!


途中で米沢市内を願望できるとこがありますが、
この写真を見ると、かなりの奥地だとゆうことがわかるかと思います。


山道の終点が大平温泉の駐車場になるので、一般者はここから徒歩になるのですが、
宿泊者で事前に連絡しておけば、心臓破りの蛇の坂道は送迎してくれるようです(^^;;

駐車場からは、試練の坂道! 長くて急な蛇の道を下っていきます。
行きは結構楽チンです(^^)
帰りは間違いなく試練です(笑)


下り終えると、人数制限のある吊り橋を渡ります。
一人でもかなり揺れるうえに、結構きしみます。


吊り橋を渡ると大平温泉が見えてきます。

大平温泉に到着したら、まず滝を見に行くことを伝えます。
滝へ行くには、温泉内を通行するので、礼儀としてお断りしていきます。

ここで注意が必要なのは、温泉内を通らず川沿いを通ってはいけません!!
ここの露天風呂は、川沿いにならんで、男風呂・女風呂・男女混浴風呂と並んでるので、
温泉内を通らず、川沿いを通ると大変なことになるので注意が必要です。

温泉内を通りそこから滝を目指します。
時間的には30分はかかったでしょうか??
道がないので、沢登りになります。


岩から岩へと確実にいける箇所を探しながら、
登って行きます。
人によって違うかと思いますが、滝に向かって右側を歩くと結構行きやすいかも?
何回か川を向こう岸まで渡らなくてはならないので、初めて方は大変かもしれません?

想像以上にハードな沢登りになるので、最低限登山靴!
スニーカーはかなり自殺行為に近いのでやめたほうがいいですね。
長靴で来られる方もいるようですが、登山靴又は沢靴がベストですね!
後は滑り止め付きの軍手があるといいかもしれません。
個人的にはヘルメットもかぶった方がいいと思いました(^^;


難関の中間地点を過ぎると滝が見えてきますが、
ここから結構かかります。
焦らず一歩一歩です。


苦労して登った沢の最終地点には、
疲れを忘れさせてくれる素晴らしい滝が待っていました(^^)
火焔滝(ひのほえのたき)

(全景)

当日は、登れそうな岩が濡れていて滝壺まで行ける気がしなかったので
少し離れたとこからの撮影でした。
(下段部)
白い水の流れがとても美しく見えました。
ダイナミックな大滝ではありませんが、優雅な火焔滝に見とれてしまいました♪(^^)♪

今回も補正機能は一切使わず、ありのままの滝を撮ってきました。
やっぱ補正を入れない方がイイですね(^^)
これが、滝が生み出す生の演出です。

滝を見ながらおにぎり食べて、また登ってきた沢を下ってきました(^^;
下りは慣れてきたのか結構早かったです。
温泉に戻ってきたら、露天風呂に直行して疲れをとります。
源泉掛け流しの硫黄温泉です。
川の流れを見ながら自然を見ながらまったりしてきました。
かなり濃い源泉なので長湯は禁物です!


ちなみに男風呂は、通路及び吊り橋から丸見えです(((゜Д゜;)))
一応さえぎるものはあるのですが、あまり意味ないっす(笑)
着替えてる時とお湯に入ってる時は一応見えません(^^;

少しのぼせ気味な感じででしたが、大平温泉を後にし駐車場に向かいます。
ゆうまでもありませんが、
分かっていたことであっても、帰りの試練の蛇の坂道が大変キツかったです(^^;
温泉から上がってすぐに来たので息切れが激しい!
温泉に入った後はゆっくり休みましょう(笑)
ゼーゼー言いながら大汗かきながら、なんとか無事に駐車場まで戻ってきました。

自然散策するとお腹がすきます。

鴨南大盛りそば

十割蕎麦が有名なお店のようなんで、
次回は、十割のそばの組み合わせで食べたいものです。
美味しかったです(^^)

蕎麦を食べた後は、西吾妻スカイバレーを軽くドライブ♪
こうゆうとこは、やはりスポーツカーに限る!
米沢に住んでた頃はよく来たものです。

シルビア完成したら来てみたいなぁ♪

最後は、白布大滝へ

この大滝は落差が30m幅約5mで比較的小規模ですが豪快な眺めが楽しめるようです。
ここ白布温泉郷には、白布温泉すぐわきを流れる大樽川上流に、大小7つの滝が
あるようなんで、温泉入りながら滝巡りも楽しそうですね♪

日本一の滝王国の山形県
長さ5メートル以上の滝が230箇所あるなかの一つ

火焔滝(ひのほえのたき)
紅葉の秋にもう一度来ていろんな角度から写真を撮りたいですね(^^)


























Posted at 2017/07/09 15:25:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自然・写真 | 日記

プロフィール

「@PK 熱中症にご注意ください(^^)」
何シテル?   07/16 16:14
ニコニコラルフです。 愛機S14シルビアでサーキット走行を楽しんでます。 ハードチューンではなく、ソフトなチューニングで、速い車を目指しています。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

〜昔と今〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/10 11:13:52

お友達

色々な方と、交流を広げたいと思っています。
宜しくお願いします!!
57 人のお友達がいます
わか7わか7 * ポンタックスポンタックス *
SUNOCOSUNOCO *みんカラ公認 シャネル0912シャネル0912 *
9太郎@ラーメン野郎9太郎@ラーメン野郎 * よっしー(4C)よっしー(4C)

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア ニコニコラルフ S15 (日産 シルビア)
2017年4月1日に納車になりました。 これからじっくり仕様を考えるとします(^^) ...
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
普段乗りの車です。 最近の軽自動車は、とても性能がよくとても使い勝手がいいです。 CVT ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
FC3S RX-7後期です。 エンジン :13BTノーマル(FDパーツ流用) タービン ...
日産 その他 ニコニコラルフ S14 (日産 その他)
REに13年乗ってきて、何でシルビア?って感じでしたが、2010年11月より、S14シル ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.