• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

roson570の愛車 [BMW 3シリーズ ツーリング]

PSJ パドルスイッチ (BMW パドルシフト)

カテゴリ : 内装 > ステアリング > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
 
1
私の335iはまだ、このパドルスイッチくらいしか弄っていませんが、このパーツだけで十分別次元の走りに変わりましたので、色々構想は練っていましたが、正直既に満足してしまっています。

大した金額のパーツではありませんが、この程度の値段で、ここまで激変するパーツも他に無いのでは・・?と思います。
個人的には大満足です!

下に掲載したURLに実際の取り付けや操作に関する動画がUPされていますので、そちらの方が参考になるかもしれません。

取り付け方法としては、まずエアバッグの破裂を防ぐ為にバッテリーのマイナス端子を外します。

画像のステアリング裏側にエアバッグを外す為の切り目が入った穴が左右にあります。

そこからマイナスドライバーを差し込んでエアバッグのロックを外します。
(差し込んで3㎝位のところにバネ圧の掛かる棒があるので押し込むとエアバッグが手前にポコンと浮きます。左右共に浮かせます)

エアバッグに繋がるコネクターの上部にあるロックを引き上げてから、コネクターを外します。
(ロックを引き上げないとコネクターは抜けません)

エアバッグを外したらステアリング中央にある16㎜のボルトを外してステアリングも外します。
2
ステアリングを外したらコラムカバーを画像のように上下に分割して外します。

結構固くはまっていますので内張を剥がすような工具があれば簡単に外すことが出来ます。
3
次に、シフトレバー周りのレバー・ブーツ・カバーを外します。

レバーは上に引っ張るだけで抜けます。
ブーツやカバー類も中央に寄せるように引っ張ると外れます。

中に見える4pinコネクターに付属の中間コネクターなる物を割り込ませます。

商品に使われる電装品などは全て純正部品と同じ物が使われていますので、信頼性は折り紙付きのようです。(取説より)

割り込ませたコネクターから出ている2本の配線をハンドルの裏側まで好きなように取り回します。
4
取り回してきた配線を画像の赤い□内にある12pinコネクターに差し込みます。

12pinコネクターを抜く際に、可倒式のレバーのようなロックがありますので、レバーを倒すと自然にコネクターが外れます。
力づくで引っ張っても抜けません。

コネクターはカバーと一体の2重構造になって収まっていますので、カバーの中からコネクター本体を抜き出します。

コネクターに配置を示す数字が刻印されていますので、端子のロックを外しながら2番と4番を引き抜きます。

引き抜いた配線は使いませんので絶縁します。

抜いた位置の4番へ配線に赤い収縮チューブの付いている方を差し替えます。

もう一方は2番へ差し替えます。

コネクターをカバー内に納めて、先程と逆の要領で倒したレバーを戻すように元の状態へ戻します。

コラムカバーも元に戻してハンドルを取り付けます。



5
ハンドルの使いやすい位置へスイッチを取り付け、配線をエアバッグを外す際にマイナスドライバーを差し込んだ穴からハンドル内部へ引き込みます。

スイッチの配線に赤い印のある方のスイッチをシフトUPに使いたい場所へ取り付けると後々楽です。

画像赤い□内の6pinコネクターにスイッチからの+の配線が取り付けられ、赤い○のビスにアースが落とされることになります。
6
6pinコネクターの上部のフタのようなロックを起こしてからスイッチの配線を差し込みます。(フタが閉まっていると入りません)

スイッチの配線に赤い印がある方を刻印の数字に従い4番へ差し込み、もう一方を6番に指し込んだらロックのフタをしっかり閉じます。

余った2本の配線は付属の小さなコネクターに差し込んでアースへ共締めされます。(ただのアースなので左右関係なくてOK)
7
こんな感じ!

赤い線2本はスイッチからの+
緑の線はスイッチからの-

スイッチ1個につき2本の配線の内、1本は6pinコネクターへ、もう一本はアースへ接続されます。

後は外した物を元に戻して終了です。

ここでエアバッグを取り外す際にコネクターの上部を引き上げたロックがしっかり押し込まれていないとチェックランプが点灯してしまうそうですので、ロックもそうですが、外したコネクター類の戻し忘れを必ず確認してからバッテリーを接続して下さい。
8
出来上がりです!!

素人の私でも30分以内で楽に終了しましたので、車に詳しい方なら簡単な作業だと思います。

使った感想は

とにかく反応が良い!
明らかにシフトレバーでの操作より反応が良いです。
連続での操作にもしっかりついてきますので、かなり楽しいです!

押した感じも、しっかりとしたクリック感があるので操作がボヤケることは無いと思います。

今回は取説と同じように右2個付けてみましたが、片手で楽々操作出来ます。

パーツ自体は位置的に見えなくなってしまいますが、同乗者に気づかれずATではあり得ないシフトダウンや立ち上がりの加速など、最初はどうやって操作してるの?と不思議がられます(笑

追記

適合についてお問い合わせが多く寄せられますので、ちょっと調べてみました。

1シリーズ E81 E82 E87 E88
3シリーズ E46 E90 E91 E92 E93
5シリーズ E39(1998年9月以降)
7シリーズ E38(1998年9月以降)
Z4     E85 E86
X3     E83
X5     E53


商品ページには上記の適合となっていました。

私の車はE91ですが、同じE91だけ例を挙げても318iや320iなど20~30種類くらいの型式がある事を考えると、適合する車はかなり多いみたいですね。

要するに、オートマでシフトレバーを倒してマニュアル操作が出来る車種なら装着できるって事だと思います。

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

E46 パワステオイル 部分交換

難易度:

ステアリングをチェンジ❗😉

難易度:

また冷却水漏れ。

難易度:

初スパシャン

難易度:

Road Map Japan NEXT 2019

難易度:

春のタイヤ交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2012/07/14 00:08:48
はじめてコメントさせていただきます。
自分も PSJ パドルスイッチの取り付けを検討しておりますので大変参考になりました。パーツ類取り寄せ中なので、妄想中ですが、取り付け完了できるようがんばります!
ありがとうございました。

プロフィール

roson570です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
BMW335iツーリング
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.