• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月03日

日本海クラシックカーレビュー2018

日本海クラシックカーレビュー2018 初夏のフレンチ・トースト・ピクニック と 

秋のフレンチ・ブルー・ミーティング についで

恒例の年行事となった 

糸魚川市にて開催の「日本海クラシックカーレビュー」に、

今回は昨年から始まったジョイフルラリーにアミ6で参加してきました。




今年の酷暑のあとの残暑と豪雨落雷予報のなかで、車内熱中症水没を心配しつつ

9月1日大阪周辺の早朝のカミナリで目が覚め、大雨予報の中を走り出すも

“超晴れ男” のムッシュの通るところは、たまにワイパーを動かすぐらいで

少し肌寒いくらいで快適にドライブできました。


新潟県境の富山方面までk-ceeさんにお出迎え頂き、まずはチェックインをしてGTYガレージ(仮称)にご挨拶。

そこにはなんと、秘密基地のブガッティ(ホントは260万$)とほぼ同額のワゴンRが増車。 ずいぶんな高級車(笑)

k-cee氏とGTYガレージの主と3人で地元の「蒲鉾料理」の居酒屋にてプチ前夜祭を楽しみました。

いろんな種類の珍しい蒲鉾は超美味です。
                   あっ 写真がないっ!

  

当日、少し曇り空で比較的涼しいイベント日和にて アングリアと旧車仲間の方々と現地入り




現地をよく知る名ナビゲーターk-cee氏のおかげで全くロスなくラリーを制覇するも

20mタイム測定でゴール直前のタイム調整でのアミ6の瞬発力の無さにて すこーしタイムがオーバーしたのと、
ゆっくり前を走るダットサンやてんとう虫たちを抜かそうと検定問題をろくに考えもせず1分も掛からず提出して早々に出発したのが汚点になってしまったのか・・・  優勝を逃してしまった・・・(笑)


フランス車に限定していない会場では FTP、FBMとはまた違った雰囲気と楽しみ方がありますねぇ。


渋滞もトラブルもなく 家路に就きました。



そうそう、この催しのパンフレット(タイトル画像)にて、我が「六」の写真入りにてアミ6のクルマ紹介の記事が掲載されていました。  もうすこし美しい背景の写真を送っておけばヨカッタ。

ブログ一覧 | おでかけ | 日記
Posted at 2018/09/03 18:18:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

FTP当日
ami8さん

FTP de 初めてナビに挑戦!
あかピカさん

北陸・信州FBM2018の旅  そ ...
気まぐれムッシュさん

ようこそ、フレンチトーストピクニッ ...
紅の猫さん

フレンチトーストピクニック2017 ...
ラノッテくりおさん

クールビズ❗️
s660kotetsuさん

この記事へのコメント

2018/09/03 23:58:40
お疲れ様でした!
なるほど~。
今回の晴れ空はムッシュさんのおかげだったのですね♪
ラリーは来年リトライ決定ですね。
次は優勝間違いなしですよ(^^)/
コメントへの返答
2018/09/04 00:37:49
お疲れ様でした。

お迎え頂いた方は「嵐を呼ぶ男」だったんですけどね(笑)

三人いれば文殊の知恵で検定100点も目指しましょう!(って言ってもFTPでは5人でもダメでしたけど)
2018/09/04 18:32:20
はじめまして。
何を隠そう小生も一昨日の当イベントを一日とくとエンジョイし、昨日無事に帰京できました。
私めは交通安全パレードの「後ろから二台目」の日本自動車博物館所属のいすゞBX341型ボンネットバスの車窓からデジカメ(オリンパスM-10 MarkII)の録画機能で沿道の景色を終始収録しておりましたが貴殿のシトロエンアミ6の入場する場面もまた録画なりました!
602ccフラットツインユニットの長閑な連続音、一旦スピードが乗れば時速100以上で連続巡航できる過渡特性といい、21世紀の現代にも通じる「示唆」に富んでいるのは一目も二目も置かざるを得ません(^o^)
さすがに安全基準だ排ガスだ、自動運転だと喧しい今日はあのままの形で復刻はまず困難なのは明白ですが、同じくシトロエン自身のC4カクタスの思想をさらに進化させてアミシリーズの復刻版が生まれたら―と考えたら夜も眠れないほどです!
実際にはEV(電気自動車)になるのですかね?いやいや未だ残る内燃機関派のために2気筒ダウンサイジングターボに48Vモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムで、1962年式アミ6(アミ8はファストバックで個性が薄れたと感じる)をモチーフにしたデザインでCd値0.22(あれ?ベンツ新型Aクラスが同数値だ!!)かそれ以下、燃費は50km/lも不可能ではない...とあればトヨタもVWもウカウカ出来ませんね、ねえ管理人様!!!!
コメントへの返答
2018/09/04 21:33:18
はじめまして。
丁寧なコメントありがとうございます。

アミ6は現代の軽自動車にも劣らない使い勝手の良さはシンプル故の賜物です。
生活に密着した揺るぎないコンセプトで開発されたクルマは永遠不滅ですね。

タタ・ナノのように原始的なシンプルカーが今の時代に各メーカーから出てもいいのになぁと思う今日この頃です。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「商売繁盛で 笹もってこい! http://cvw.jp/b/742249/42396056/
何シテル?   01/11 00:20
気まぐれムッシュです。 脱サラしてカフェを始めました。 全くの素人が修行もなしに、突然、気まぐれに営んでますので、たいしたものはありませんが、まーっ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

シトロエン C4 ピカソ シトロエン C4 ピカソ
ピカソとは気まぐれで・・・? いえいえ選び抜いた逸品です。
シトロエン アミ シトロエン アミ
1969年生れ オランダからやって来ました。 全く別世界のクルマだと思っていたけれど、 ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
ちっちゃくて、かわいいヤツです。
オペル ザフィーラ オペル ザフィーラ
小回りが利いて、よく運んで、よく走って、随分重宝しました。 質実剛健。もう少し色気出そう ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.