• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年12月09日

富士山遭難救助、遺族側敗訴。

富士山遭難救助、遺族側敗訴。 富士山で起きた滑落事故、ヘリで収容する時に要救助者がスリングから外れ、救助隊員は必死に支えた、しかし疲労の極限に耐えられず要救助者は3m下の斜面に落下してしまった。続けたいと強い意志を示した隊員に対し、救助隊の隊長は隊員の疲労、気温、風速から断念を指示した。

この遭難事故、何故とあちこちの情報を見た、何とも釈然としない。遺族側が控訴しなければこれで決着だろうけど・・・以前も書いたけどもう一度纏めてみた。返って長くなったけど。

・・・・・・・・・・

12月7日の静岡新聞『ヘリ救助者落下、遺族敗訴 富士山で静岡市の対処巡り 京都地裁』との記事が掲載された。富士山で起きた滑落事故、要救助者をホイスト中に器具から外れ落下、再捜索を行ったが強風・夕刻・レスキューの疲労で断念、翌日県警ヘリで救助されたものの亡くなられた。

ご遺族は適切な救助活動ではなかったと9170万円の損害賠償で提訴、京都地裁はこの訴えを退けた。訴えの争点として遺族側は股下シートを使わなかった点を争点にしたが、救助隊員の証言等で訴えを退けた。

静岡県はこの件で、標高の高い地点の救助活動は行わないと表明しましたよね。救助活動を行った標高は3,500m、ヘリの限界を超えていた。

・・・・・・・・・・

翌12月8日の静岡新聞の記事『静岡市の救助「過失なし」 ヘリ作業中落下、器具選択は適切』、「山岳レスキューの関係者からは「妥当な判決」と安堵(あんど)する声が出た。」と伝えた。

そして争点の一つ股下シートについても『「装着することがより適切」としつつも「日没が近く、突風が吹く富士山頂近くの救助だった。(不使用は)合理的な裁量の範囲内』と結論した。」と伝えた。

そして静岡市の田辺信宏市長「判決を受けて「懸命な救助活動が適切であったことが認められた」とコメントした。」と伝える。正にレスキューは自身の限界まであの「標高3,500m・風速14m・気温氷点下14℃」の中で活動していた、市長の言うとおりだと思う。

・・・・・・・・・・

この滑落事故2013年12月に発生したけど、その時の報道を見てどうしてヒマラヤ経験者がこの場所でアンザイレン、と思った。そして昨年静岡県側が「救助活動のミス」だと訴えられ、静岡県側も「今後3,200m以上の山岳救助活動は行わない」とした報道がありましたよね。

そして何でこの事故がと思って京都府勤労者山岳連盟(「憲法九条を守って戦争しない日本を継続させ、登山文化を守るため」・・・登山文化と九条、何の関連が?)を覗き、又ほかの情報もネットから漁ってみた。報道には書かれていない複雑な要因があるようでした。

・・・・・・・・・・

時系列に遭難状況を抜き出してみました。

1)登行中、メンバーの一人(初心者との事、以下A)のアイゼンが斜面の氷に食い込まず、リーダーが危険を感じた。

2)リーダーはそのAの疲労も加味し、登行を断念、下山を選択。

3)下山に当たり、Aの安全確保の為、固い氷の箇所はピッケルでカット(ステップカット)し、下山していた。

4)下から登ってきた登山者(以下B)がステップカットによって発生しBの方向に落ちてくる氷片があるので抗議。

5)下山中のリーダーは謝罪しステップカットを中止。

6)Aの安全確保の為のステップカットを出来なくなったので、Aの安全確保の為にアンザイレン(互いをザイルで繋ぐ)を開始。アンザイレン、過去多くの悲劇を生んだ。

7)不慣れなAが氷の斜面で転倒し、ザイルで繋がれた全員が氷の斜面を落下。

8)それを目撃したBは救助活動開始、遭難者の一人をブリザードバッグで保護。この遭難者(要救助者)がヘリでの救助活動中に落下。(このブリザードバックでの保護がヘリからの落下の遠因)

9)静岡市消防航空隊のヘリがこの方を救助する際、スリングから要救助者が外れ落下、隊員は救助活動を続けようとしたが、隊員の疲労・気象条件で隊長判断で当日の救助断念。

これが報道で詳しく書かれていない時系列の遭難状況だと思います。何故気になっているかと言うと、今回の事故が釈然としなかったのです。普通の遭難とは違い、回避できたチャンスが潰されたという思いがあったからです。

・・・・・・・・・・

まずBの抗議でステップカットを何故中止してしまったのか、確かに氷片が斜面を落ちる時に他の登山者に当たる危険性はある、リーダーは十分承知の上でやむなく行ったのだと思う、しかしそれは落石と同等な危険性、だから抗議に対処したのだと思う。

抗議したB、富士山に精通していると自ら言う、それならば一目でそのパーティーの力量が判るはず、だから何故ステップカットをしているのかを疑問に思うはず、と思う。何故という事をBが理解しようとすればステップカットを続け、安全に降りられたのではと思う。彼らは闇雲にステップカットしていた訳では無く、Aのアイゼンが利かない場所だけカットしていたようだ。

リーダーは苦渋の選択だったと思う、ステップカットが出来ない状態でAの安全確保をどうするか、リーダーは結果危険を承知でアンザイレンを選択するしかなかった。その事が遭難を招いてしまったんですよね。

そしてヘリに収容しようとした時に救助用のスリングから要救助者が脱落し、必死につかむ救助隊員の手をすり抜けて落下、隊長判断で当日の活動中止。現場にいた方のブログに「消防ヘリのミス、落としてしまった」と消防の救助活動を非難していました。

何故要救助者が救助用のスリングから外れたか、とある方は「消防はあのシーンを撮っていたはずだ、何故出さない」と仰っていたけどそんなもの出せないでしょ。スリングから外れたのは股下にスリングを通せなかったから。

救助隊が来る前に救助活動を行っていた方々、要救助者に良かれと思ってブリザードバッグに入れた、寝袋状の袋です。救助隊員、ナイフなど持ち合わせませんし、あの状況下では使う事が出来ません。やむなく上半身だけのスリング。良かれと思ってブリザードバッグに入れた事が救助活動を阻害してしまった、それで映像を出せと?いかげんにしてくれ、救助隊員の心を思うとそのような意見には怒りを覚える。

・・・・・・・・・・

一番初めに氷片を非難した方、富士山に精通しているとおっしゃっている、他の山と違うと。それなら何故氷片を落とす行為をしているのか考えが回らなかったんだろう。所作を見ればどの程度登山に精通しているかは見て取れるもの。見れなかったですか?この状況で一番危険なアンザイレンを何故選ばなくてはならなかったのかが残念。

↓要救助者がブリザードバックに入っていたらこのような救助活動は出来ない。富士山に精通されていると言われる方、ご存じなかったのかな?

奥穂高岳のコブ尾根での登山者救助 【長野県警提供】


緊迫!県警ヘリ「はやて」による山岳遭難者救助


上記の方、FIの方が富士山で遭難した時に彼を非難し、さらに遭難者のザックを発見したとブログで公開した方。炎上して閉じたと思ったけど・・・

何ともやりきれない思い・・・

・・・・・・・・・・

↓遭難救助、このようなブログがある。

とても素敵で綺麗な映像作品を作られている方、作品を撮りながら穂高小屋のスタッフもされている。新聞紙上を騒がした2012年5月の遭難事故、稜線の気温はマイナス3℃、風速20メートル以上、この中で6名の救助活動を行った。氏のブログ「ぼちぼちいこか」から。

夜間救助 夜間救助2

午後11時、最後の要救助者を収容、しかし御一人の方が命を落とされた。ブログにこう書いてある『その方を背負ってきた若い救助隊員は悔しさでぼろぼろと泣いていたが、僕はむしろ、あの状況下で6名すべてを山荘へ収容できたことが奇跡的だとも感じた。』。

そしてこう続けた。
『我々は漫画「岳」の三歩クンのようなスーパーマンでは決してない。
「できることはできるけど、できないことはできない」が信条の生身の人間だ。
でも僕たちにはそんないたらない自分をフォローしてくれる頼もしい仲間が大勢いる。
だから、三歩クンの口癖である“あの言葉”を、
今回は(自分を含めた)仲間たちへこそ捧げたい。
みんな、「よくがんばった!」』
と。

穂高をゆく ーハチプロダクション短編集ー 第2集


星々の記憶 予告編


岳 -ガク-(プレビュー)


登山道を保守点検・整備し、救助隊と一緒に救助活動をしてくれているのは山小屋のスタッフ。
感謝!
↓だから私達は山の自然に触れられる。

ブログ一覧 | 山とスキーだね | 日記
Posted at 2017/12/09 20:03:31

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

静岡市、3,200m以上の山岳救助 ...
wasa@11ukさん

冬富士での山岳救助活動訴えられる、 ...
wasa@11ukさん

自己責任だろう !
辛口レビンさん

山岳救助隊の維持費と考えればもっと ...
仁政さん

緊急消防援助隊中国四国ブロック合同 ...
こるまろさん

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓 ...
どんみみさん

この記事へのコメント

2017/12/09 20:15:00
こうして読むと横やり入れた方の存在が浮き出ますね。位置関係や立場など難しいものですね。敗訴はそれでよかったと思いました。
コメントへの返答
2017/12/09 20:19:32
敗訴になって良かったんですが、もやもやが消えません。

片山右京氏をぼろくそに叩いたお方が絡んでいたとは以前調べる前には知りませんでした。
又お前か!と言う思いでした。
2017/12/09 21:59:15
初めまして♪(嘘)
京都府勤労者山岳連盟の存在すら知りませんでした。京都地裁で私は2つの裁判をして勝訴しましたが、裁判長が誰か分りませんが私も敗訴に賛成です。軽々しくは言えないですがそう思います。

遺族が9170万円の損害賠償で裁判に?遺族が弁護士に騙されたような気もする。まともな弁護士なら最初から負けると判断出来るはずだし、多忙で引き受けないでしょうに。遺族の方も何だか可哀想。なんて思う。

私は良い弁護士さんを紹介して頂いたので・・・紹介してくれた男性は私の裁判判決前に癌で亡くなりました。

ところで片山右京氏をぼろくそに叩いた?って何の件ですか?右京さんF1離れて登山してたのは知ってますが何かあったのですか?
コメントへの返答
2017/12/09 22:46:34
こちらこそ・・・汗。

裁判の件、良かったですよね、優秀でいい弁護士さんがついたようでしたもんね。経緯は読ませて頂いていました。

片山右京氏、小さい頃から本格的な登山をされていたんですよね。F1と同時では出来なかったので引退後は登山をという事でヒマラヤも二座登頂されています。
南極のビンソン・マシフ(標高は4,892m)に遠征するための訓練で冬富士に、そこで強風にあおられ遭難してしまいました。
同好者は亡くなられたのですが、右京氏は無事でした。

強風でテントと一緒に200m滑落、その時の事です、右京氏は仲間のからだを温めようと12時間も覆いかぶさっていた。
「この時期に風の通り道にテントを張るなんて考えられないと」叩き始めた御仁がいたんです、色々な事を言ってました、取り巻きも。
そして右京氏に同行した方(亡くなられました、合掌)のザックをその方が見つけたのです。そしてそのザックを「発見しました」と言ってブログに晒しました。

このブログは晒され叩かれ記事削除で逃走、当時20年で富士山を400回登っていると、トライアスロンでも物議を醸した方ですからね。
取り巻きがよいしょしている異様な世界です。登山家とは似て非なる富士山特化の方のようです。
2017/12/11 10:24:13
こんにちは。

自分は登山に関しては全くの素人です。
しかし山での遭難にしろ海での遭難にしろ、そもそも救助をしてくださるレスキューや警察の方に「文句をつける」のはおかしいと思っています。

営利目的の遊園地とは違い、「自己責任」であえて危険な場所へ入って居るのですから。

行政や地元のボランティアにも「救助」しなくてはいけない義務はありません。あくまで「見捨てて置けない」と言う気持ちで行う善意の行動だと思います。

登山をする人もその家族も、その事をしっかり理解した上で山に入るべきだと思います。

wasa@11ukさんが今回の事で引っかかっているのは別の第3者の存在のようですが。

ご遺族は遭難した家族の登山家(まだその域ではないかもしれませんが)としての尊厳を守る為にも、「救助隊員を訴える」事などしない方が良い。
登山に対する「安全意識の向上を広める活動」などで故人を弔うことがよろしいのではないかと思います。
コメントへの返答
2017/12/11 14:49:36
仰る通りだと思います。
登山は自己責任ですよね、穂高岳や剣岳のあたりは国立公園、ですから石の一つも持ちだせないし、岩肌を改変するハーケンを打ち込むなどと言う行為は公園法から言えば御法度。
でも岩壁にハーケンを打ち込んだり、ボルトを岩肌に固定したり、縦走路に鎖を取付ける行為、梯子を掛ける行為、これらは法を越えて許されていますよね。
「法で許している行為を行った結果遭難した、だから法の不備だ、賠償しろ」なんていう人は誰もいませんよね。

2009年に北海道の積丹岳で発生した死亡遭難事故、この時ご遺族は救助隊を訴えました。経緯は省きますが裁判の結果はご遺族側の勝訴、1,800万円の賠償金がご遺族に支払われました。
だから今回の件も訴訟になったのかなと一時は思いました。
今後、民間の救助隊はだれも救助活動を拒否するようになるのかという危惧を与える件でした。

そんな事が過去にありましたけど、遭難が発生したら救助隊や小屋の方々は飛び出て救助に向かっていますよね。
彼らの第一義は「助ける」事なんですよね、故篠原秋彦氏、彼も法以前に人命という方でした。
誰もが「助けたい」という気持ちで救助活動をしているのに、残念。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「晴れたので軽井沢。 http://cvw.jp/b/757405/41638471/
何シテル?   06/23 13:36
メカ屋です。 (でも車いじりは全くの不得意。ちっちゃいの専門)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

栃木県立美術館[共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎]。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/24 00:35:03
玉木よ四国はPAC-3ではなく九条で守れ。室井佑月「かけら」は避けてね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 11:45:56
初詣、箱根神社まで。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/04 20:07:21

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
プリメーラUK、BMW 316tとハッチバックに乗り続け、小型でハッチバックという条件で ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
FHP11は2台続けて乗ったけどディーラーに部品在庫がなくなったので・・・ 撮影場所は ...
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
P10からUKに乗り換え(写真は苗場スキー場)。 写真のUKは1台目.のUK。 現在は2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる