• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年05月17日

高坂、彫刻プロムナードへ、その2。

高坂、彫刻プロムナードへ、その2。 モンプレジールでいつものコルネと珈琲でお茶して小休止、歩くには少々気温が高く汗ばむ。いつもは喫茶室の窓から見える所に車を停めているけど、今日は駅前に停めたので少々落ち着かない。

何処から歩いてこられたかは判らなかったけど、胸に地図をぶら下げ、ザックを背負って歩かれている方が何人も通り過ぎて行ったけど、何方も彫刻には目もくれずに通り過ぎて行った。何ともったいない。

この彫刻の作者の高田博厚氏、森有正氏、そして辻邦夫氏と親交がありましたよね。氏の著作「私の音楽ノート」「薔薇窓」「フランスから」、美しい文章。「私の音楽ノート」ではカザルスが国連で弾いた「鳥の歌」の印象を書かれていましたよね。

・・・引用ここから

先日、NHKのテレヴィを見ていたら、偶然ニューヨークの国連開会式が映されて、
カザルスの演奏が放送された。彼の姿を私は久しぶりで見たが、彼はバッハの
コンチェルト二曲を指揮した。それから聴衆に向かって、「今日わたしは十五年ぶりに
演奏する、スペインの民謡鳥の歌というのを弾く。鳥が空を飛んでゆく。果てしない空を
飛んでゆく・・・ピース・・・ピースと鳴きながら・・・」と言って、九十五歳の彼がセロを弾いた。
二分とは続かなかったその短い旋律を私は息をつめて聴きながら、涙を流した。
この感動はカザルスの神業に対してか、それとも平和への熱望のためであろうか?
どちらでもない。ただ「音楽」というものが最も完璧な状態で「私に」伝えられた感動であろう。
カザルスの技力と、彼の平和への心情と、単純素朴な民謡の旋律が一つになって
直接に私たちを打つ、これが真の音楽、真の「芸術」であろう。耳を傾けて聴く私たちに、
説明し解釈することを拒絶し、「連想する」ことさえも拒絶する。「本質」そのものの
示唆である。「芸術の直接性」は理解するにも説明するにもなかなか難事であるが、
私たちの感覚が純粋透明である時に、それはきわめて素直に私たちの「内部」に
入っている。そして これは、「自我」への啓示なのである。カザルスが指揮したバッハの曲、
彼が指揮したセロ。私たちはまさに天才によって「啓示」を受けたのである。

・・・引用ここまで

・・・・・・・・・・

宮沢賢治を観てからモンプレジールでお茶。




・・・・・・・・・・

19.空



20.憩う



21.男のトルソ



22.女のトルソ



23.礼拝



24.高橋元吉


25.在 No.1



26.女のトルソ


27.横たわる女



28.マハトマ・ガンジー



29.パラスのトルソ


30.水浴



高坂駅前に戻った。


・・・・・・・・・・

駅前のロータリーに戻る、ロータリーに展示されている彫刻。

31.大地



32.遠望


以上。

・・・・・・・・・・

駅前には東松山市ご出身のノーベル賞を受賞された梶田隆章教授の記念碑が出来ていた。




・・・・・・・・・・

在 No.2、ウィスキーの空瓶を彫刻の腕に差し込む輩がいたようだ、撤去しました。プレートが傷つけられたりもしているけど、だんだんそのような傷が多くなってきた。敬意を持てと言っても聞く耳を持たぬからこのような事をするんでしょうね。でも三郷工房さんのお蔭でいつもきれいな彫刻を鑑賞する事が出来る、有難い。



・・・・・・・・・・

お時間があれば「狂い始めた世界―パリの松尾邦之助(終章)―」を。ロランが糾弾した小林多喜二の伝説、それには高田博厚氏の錯誤があった事が伝説を生んだと。
ブログ一覧 | 絵とか彫刻とか | 日記
Posted at 2019/05/18 16:51:19

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

パブロ・カザルス「鳥の歌」。
wasa@11ukさん

高坂、彫刻プロムナードへ、その1。
wasa@11ukさん

苦手克服のための朝活 「大バッハ攻 ...
山爺@Around60さん

ラ・カンパネッラ
アルトワークスRさん

高校生に影響を受けて。
YOSSY~さん

愛の夢
まるしさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「府中市美術館「おかえり美しき明治」、そしてプロペラカフェからJAXAへ。 http://cvw.jp/b/757405/43270161/
何シテル?   09/16 15:07
メカ屋です。 (でも車いじりは全くの不得意。ちっちゃいの専門)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

栃木県立美術館[共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎]。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/24 00:35:03
玉木よ四国はPAC-3ではなく九条で守れ。室井佑月「かけら」は避けてね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 11:45:56
初詣、箱根神社まで。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/04 20:07:21

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
プリメーラUK、BMW 316tとハッチバックに乗り続け、小型でハッチバックという条件で ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
FHP11は2台続けて乗ったけどディーラーに部品在庫がなくなったので・・・ 撮影場所は ...
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
P10からUKに乗り換え(写真は苗場スキー場)。 写真のUKは1台目.のUK。 現在は2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.