• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wasa@11ukのブログ一覧

2019年07月07日 イイね!

水野美術館、今日は上田から碓井を降りて下道だけで帰還。

水野美術館、今日は上田から碓井を降りて下道だけで帰還。昨日は水野美術館から小布施の岩松院、そして上田に、初めの予定では菅平を抜けて山越えだってけど時間の都合で上信越道になってしまって少々後悔。今日は下道だけで帰還。

朝、レストランで朝食を取っていたけど、レストランの窓から上田鉄道別所線の高架が見える。食べている最中、何本か通過し行ったけど赤備えの「さなだどりーむ」が来ない。食後珈琲をゆっくり飲みながら来ないかなと思っていたら来ました「さなだどりーむ」。

先ずはの目的地は小諸の丸山珈琲、開店の15分前に着いてしまったので車中で待機。カプチーノを呑んで少々ぐだっとして。丸山からはグリーンロードで浅間サンラインに上がって軽井沢に。国道18号に戻ったらいつもの渋滞、抜け道は面倒なのでそのまま渋滞の中。

軽井沢は抜けるだけで通過、離山通りは日曜日なのでいつもより多い。碓井を下っていたら雨の中、親子でロードバイクで登っている、何かのイベントなんだろうか、今日は少々寒いので子供の体温が気になる。それがきになってC121を撮り忘れた。

妙義の下を通って富岡製糸場の富岡へ、国道254号、東松山で国道407号、明るい内に帰還。

・・・・・・・・・・

朝の風景、天気が悪い!この時点では雨は降っていなかったが、その後雨雨雨。


朝食の時、レストランの窓から上田電鉄別所線の高架、「さなだどりーむ」を待っていたら。




出発。


小諸に向かって、下は中央部分の拡大。関越・上信越が無い頃、志賀にはここ深夜に。




丸山珈琲でお茶。




浅間サンラインを走って。


国道18号に出たらいつもの渋滞。




離山通りも車が一杯。朝10:30頃なのに旧軽のロータリーの蕎麦屋は大行列。


いつも静かな大賀ホール脇で小休止。


碓井を下っていたら多くの親子が雨の中ロードバイクで登ってくる。


妙義の下を富岡に向かって帰還、ここらはいつも空いている。
Posted at 2019/07/10 08:39:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記
2019年07月06日 イイね!

水野美術館へ、「日本画デラックス ー雅邦、大観、玉堂、松園、巨匠たちの系譜」

水野美術館へ、「日本画デラックス ー雅邦、大観、玉堂、松園、巨匠たちの系譜」水野美術館まで。先月、道の駅「川場田園プラザ」に行ったとき、いつも時間の関係で行けなかった渋川の桑原巨守彫刻美術館に行ったけど、水野美術館も小布施や戸隠に行くときに長野市を通るけど時間の関係で行けなかった。で、今回は水野美術館をメインにした。

圏央道から関越道、そして上信越道で、車は多かったけど渋滞個所は全く無く順調に長野IC。SAやPAに寄っていたので水野美術館に到着したのは11時頃、計算では開館時間には着いているはずだったんですけどね。

橋本雅邦、下村観山、横山大観、菱田春草、鏑木清方、伊藤深水、上村松園、数人しかいない展示室でそれらの作品を静かな中でみることができて大満足。

水野美術館を見終わってから小布施の岩松院まで。ナビだと高速に乗れと、馬鹿言っちゃいけない下道だ、下道でも混んでいる道をルートに、かまわずいつもの道で小布施。以前、小布施では小布施堂でお昼にしていたけど、蔵部が出来てから蔵部に何回か寄ったけど段々と味が・・・なのでやはり小布施堂がお勧め。

蔵部、出来た頃はおいしかったけど。あきる野にある懐石料理店、ここもおいしかったんだけどとある時から味が変わることが何回かあった、落ちてきた。その何回目かに仲居さんに聞いたら板前さんが何度も変わったと、それから行っていない、店の味が勝負なのにね。

小布施の町を寄らずに通り過ぎ岩松院へ。北斎の八方睨み鳳凰図、いつ見ても迫力満点。以前は畳の上の寝そべって眺めることが出来ていたけど、今は長椅子に座って鑑賞、しょうがないけど拝観者が少ない時は寝そべらせてほしい。

岩松院から上田へ、上田の富士アイスで「志まんやき」を買うのと上田城。小布施から上田までは下道で菅平を通って山越えしようかと思ったけど上田城の観覧時間に間に合いそうになかったので上信越道で上田菅平まで。でも上田城、結局間に合いませんでした。

取り敢えず「志まんやき」を買ってホテルへ、荷物を置いて上田城、お城の観覧時間は過ぎていたので眞田神社の参拝。神社には風鈴が一杯、今日はこれで終了。

・・・・・・・・・・

横川SA。


軽井沢への登り。雨は落ちてこないけど・・・


佐久平PA。碓井軽井沢が混んでいる時はここのスマートICで出る。


東部湯の丸PA。玉村豊男さんのワイナリーはここで降りる。


連続する長いトンネルを抜けると長野市。


松代PAでも一休み、休んでばかりで水野美術館の到着時間が遅延!


・・・・・・・・・・

水野美術館に到着。






橋本雅邦「王昭君」


下村観山「帰去来」


横山大観「無我」


横山大観「暁山雲」


横山大観「百合花」


菱田春草「羅浮仙」


鏑木清方・大川の虹


上村松園、左「志くれ」、右「志久礼」


上村松園「夕べ」


伊藤小坡「美人納涼之圖」




・・・・・・・・・・

小布施へ。


小布施。


岩松院。かわいい阿吽、ここだけか?






富士アイスで「志まんやき」


上田城。眞田神社で風鈴が風に揺れていた。








・・・・・・・・・・

ホテルの窓から、明日の天気は・・・雨が降らなければいいけど。


・・・・・・・・・・

善光寺平アートラインめぐり 【水野美術館】
Posted at 2019/07/10 08:29:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記
2019年06月02日 イイね!

『棟方志功展 連作と大作で迫る板画の神髄』、府中市美術館。

『棟方志功展 連作と大作で迫る板画の神髄』、府中市美術館。5月25日から府中市美術館で開催されている『棟方志功展 連作と大作で迫る板画の神髄』に行ってきた。今までテレビ等の映像で紹介される棟方志功の対策は見た事はあるけど、その大作を初めて自分の目の前で見た、「大世界の柵」、すごいとしか・・・

秩父に行ったときに羊山公園にある棟方志功の作品を展示する「やまとーあーとみゅーじあむ」に寄り、あの静かな美術館で「釈迦十大弟子」の前でゆっくりと見た事は何度もあるけど、今回の府中市美術館、実物の大作の迫力は正に棟方志功そのものの迫力ですよね。

「大和は国のまほろばたたなづく 青垣山隠れる大和し美し」ではじまる三十三歳の時の作品「大和し美し」。この作品を契機に棟方は柳宗悦に河井寛次郎を紹介され、「仏像が見たい」という棟方の願いに「クマノコヲツレテカエル」の電報を京都の家に送り、棟方に仏教の世界を教えた。だからこの作品が棟方の一つの転換期なんでしょうかね。

まほろば:語源は「まほろま」、日本古来の言葉、素晴らしい所。古事記、日本書紀、万葉集で使われているそうですよね。古事記:「倭(やまと)は 国(くに)のまほろば 畳(たた)なづく 青垣(あをがき) 山隠(やまごも)れる 倭(やまと)し美(うるは)し」(大和は 国のまほろば 畳なづく 青垣山籠れる 大和し 美し)。現代語訳では、「大和は国のなかでももっともよいところだ。重なりあった青い垣根の山、その中にこもっている大和は、美しい」、と。

・・・・・・・・・・

版画集 星座の花嫁:貴女行路


大和し美し。


大世界の柵


花矢の柵


華狩頌


飛神の柵


・・・・・・・・・・

大和し美し 棟方志功と大和町


奈良・大和路 「まほろば」さだまさし


・・・・・・・・・・

「大世界の柵」、あちこちに向く仏様の顔、「もののけ姫」の「こだま」を連想してしまった。


もののけ姫 予告篇

↑0:48辺り

そして同じように「鷲畷の柵」、「銀河鉄道の夜」の「鳥捕り」が浮んだ、同じ東北だからなんだろうか?


銀河鉄道の夜 (1985) 予告 / Night on the Galactic Railroad : Trailer

↑3:15辺り

・・・・・・・・・・

常設展、小山田二郎の作品が何と7点も展示されていた。その中から少し。

蛙の国


石置場



Posted at 2019/06/03 15:44:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記
2019年05月24日 イイね!

山梨県立美術館「あ」展、山梨県立文学館「太宰治 生誕110年」、そしてタイヤ交換も。

山梨県立美術館「あ」展、山梨県立文学館「太宰治 生誕110年」、そしてタイヤ交換も。

山梨県立美術館「デザインあ」展、そして山梨県立文学館で「太宰治 生誕110年」が開催されていたので両企画共に興味があったので。「あ」展、子供達が大喜び、多くの子供達が嬉々として会場内の展示を実体験しながら遊んでいるのを見るのはいいですよね。

「あ」展、企画展というと絵画を受け身的に鑑賞することだけだけど、実際に触れることで子供たちにデザインマインドの内側に自然に入り込ませるのはいい事だと思う。子供達だけでなく大人も十分に楽しめる展示でした。

「太宰治 生誕110年」、どうしても地味な展示になってしまうけど、自筆の手紙を読んでいると太宰の時代の風景が見えるような。葉書は字が小さいので読まなかったけど、手紙は出展されていたものは読んだ。キュレーターの方々、御苦労さま、有難い。

手紙を読んでいたら団体の方々、引率のかただろうけど「時間がないので興味がある方は青森へ」と言っていたけど迷惑だ!

芥川を敬愛していた太宰、川端康成の仕打ちには我慢ならなかったんでしょうね。太宰が芥川を敬愛していたと同様に、太宰を敬愛していた北杜夫、同じ題名の本をかきましたよね、「パンドラの匣」。

「みんな、よく堪えているものだと感心します。あたしは重心がゆがんでいるんでしょう、今にもくずれそうな平衡のもとで、いつもびくびくして生きています。」と始まる北杜夫のパンドラの匣、太宰と読み比べると面白いですよね。

・・・・・・・・・・

「デザインあ」



小学生のデザイン画、秀逸。


階段を上って頭を出すと梅干し。



卵の変身。


抽象度のオブジェ。



子供達が自由にデザインし投影して・・・




床に座り、壁4面に投影される流れ、そして流れながらデザインが変形する映像。



こんな猫が。




食卓、足の大きさ、そして足の置き方で誰だかを表現するデザイン。


体感、歯車を浮き輪のように持ち、壁やポールにある歯に合わせて楽しむ。



ごちゃまぜ文庫。当たり前だけど全て上下がつながりました、少々時間がかかる。



「デザインあ」展13日から開催|04月11日 山梨県のニュース


山梨県立美術館 PR動画「種をまく 世界がひらく」


・・・・・・・・・・

見終わったら丁度お昼の時間、美術館のレストラン「アート・アーカイブス」でお昼。


・・・・・・・・・・

午後からは文学館へ、「太宰治 生誕110年」当り前だけど撮影は撮影禁止だったので文学館からの風景、鳳凰三山と甲斐駒ケ岳、そして敷地からの今日の富士山。




【朗読】太宰治『川端康成へ』


パンドラの匣


『斜陽』太宰治/文學ト云フ事


太宰治原作 ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~


No Longer Human 人間失格 予告 X Piano No 25


↓人間失格、小栗旬主演で2019年9月公開。

小栗旬×蜷川実花監督『人間失格 太宰治と3人の女たち』特報

・・・・・・・・・・

そしていつものようにレストランでお茶、いつも冷えたケーキプレート。(お茶をする為に柳沢峠を越える時のあるけど)



・・・・・・・・・・

帰り、酒折にある富士アイスで自慢焼き、談合坂で。


美術館からYamanashi BMWに戻る途中、よく停めた。ドアミラーと壁の隙間、すごい。


・・・・・・・・・・

4月13日、清春芸術村の帰り、甲府市街の国道20号でいつもより激しい渋滞、数メートル進んで止まるなんて感じ。突然ナビの画面に「エマジェンシーコールを、油圧低下」のメッセージ。アイドリングストップを停止するかなと思っていた矢先。

たまたま山梨県立美術館に来るときにYamanashi BMWさんの前を通るけどそのすぐそばだったので営業時間を過ぎていたけど駐車場に入ったら営業の方が色々と面倒をみて下さり、その結果、車はここに置き「かいじ」で帰宅。甲府駅までお送り頂き有難いかぎり。

丁度定期点検の時期でいつものディーラーで予約を済ませていたけど、不具合の内容で修理が長引けば迷惑をかけるのでYamanashi BMWさんに不具合の確認と同時に定期点々をお願いしました。定期点検で右前だけ結果タイヤの片減りが激しくベルトが露出と、その為見積もりまでして頂き、「予約すれば美術館に行かれている間に交換します」との事でしたので日逓を調整してお願いした次第。私にとっては非常に有難い。

↓交換前の状態。(ローテーションしてもらったので前後は逆)
右前


左前


ちなみにこれが後輪だったもの(左右減り方は全く違いは無い)


一昨年、とあるショッピングセンターの駐車場で駐車場所を探していたら突然「ステアリングに過大な負荷がかかりました」と表示されステアリングロック、アイドリングストップの時にロックは掛かるけど、その時はアクセルで解除されるけどこの時は前進後退は出来るけどステアリングはロックされたまま。

困った!!!試しにエンジンを切り再度掛けたら直った。びくびくしながら碓井を降り、その後ディーラーに行ったらエラーコードが記録されているとの事。結果、ステアリングギアボックスとABSの交換、その時にアライメントが狂ったんでしょうね。

いつものディーラーで上の写真のタイヤの片減りを確認してもらったけど、「左に曲がる事がい多いですか」とか「据え切り」をしていませんかと、ずっとこんな調子で話がかみ合わず。・・・・・結果タイヤ交換後に無償で4輪アライメントで決着しました。ここまで醜い片減りは初めて。

ここまで気付かなかったのは、駐車場に入れる時に右に切って入れているので、右に切ってから後席の荷物を動かす為に一度降りて、その時にタイヤのトレッド(右に切っているの右だけ)を確認していた事と、今まで左右の減り方が揃っていたので右だけ見ていれば大丈夫だと勝手に思っていた事。
Posted at 2019/05/27 11:52:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記
2019年05月17日 イイね!

高坂、彫刻プロムナードへ、その1。

高坂、彫刻プロムナードへ、その1。FM-yokohamaのLovryDay、金曜日ははなさんなので彼女の御喋りが好きなんでその時間ドライブする事が多い、今日は彼女が復活との事なので出かけた。三時間程のドライブ、高坂辺りまで行って、彫刻の道にも行くことに。

下道だけで軽井沢に行くとき、大体国道254号で富岡を抜け、下仁田を抜け紅葉ラインで行くけど、254号の嵐山辺りにある「埼玉県立嵐山史跡の博物館」が行き帰りで気になっていたので行ってみた。

ここは国指定史跡となっている畠山重忠公が暮らしていたとされる「菅谷館跡」に建てられている博物館との事。いままで立ち寄らなかったのは復路だと対向車線側にあるので非常に入りづらいのと、ここを通る時間は大体暗くなったからなので機会が無かった。

そして、高坂に戻って「彫刻プロムナード」へ。(昔は「彫刻の道」って言っていた)高坂駅前から時計回りで関越道を越え、横断歩道で反対側、そして宮沢賢治を観てからモンプレジールでコルネと珈琲で一休み。

・・・・・・・・・・

まずは「埼玉県立嵐山史跡の博物館」へ。梵字が刻まれた板碑、時代を経ているのに石材の為なのか美しいのが印象的。










・・・・・・・・・・

そしてFm-yokohamaのLovryDayも終わり、高坂駅前へ。駅前の駐車場は流石に満車が多く、少し探し回って駐車。駅前から時計まわりに彫刻を鑑賞。




・・・・・・・・・・

1.水浴


2.アラン


3.海


4.女のトルソ


5.高村光太郎


6.カテドラル


7.憩い



8.女の大トルソ


9.在 No.2



10.ポール・シニャック


11.女のトルソ


12.タゴール


13.女のトルソ


14.棟方志功


15.女のトルソ



16.新渡戸稲造


17.裸婦立像



18.宮沢賢治



・・・・・・・・・・

関越自動車道の陸橋の上から金網越しに関越道を見たら、路側帯(高速バス停では無い)に何やらクラウンアスリートが・・・
Posted at 2019/05/18 17:13:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記

プロフィール

「ヴィヴァルディを聞きながらコロボックルヒュッテへ。 http://cvw.jp/b/757405/43054088/
何シテル?   07/14 13:51
メカ屋です。 (でも車いじりは全くの不得意。ちっちゃいの専門)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

栃木県立美術館[共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎]。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/24 00:35:03
玉木よ四国はPAC-3ではなく九条で守れ。室井佑月「かけら」は避けてね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 11:45:56
初詣、箱根神社まで。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/04 20:07:21

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
プリメーラUK、BMW 316tとハッチバックに乗り続け、小型でハッチバックという条件で ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
FHP11は2台続けて乗ったけどディーラーに部品在庫がなくなったので・・・ 撮影場所は ...
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
P10からUKに乗り換え(写真は苗場スキー場)。 写真のUKは1台目.のUK。 現在は2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.