• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wasa@11ukのブログ一覧

2010年09月30日 イイね!

カミーユ・クローデル

カミーユ・クローデル←カミーユ・クローデル:「波」
葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」がモチーフ。

昨日、ブログを書いた後、
割り切れなさが残った。

ロダンを憎む。
カミーユの希望をずたずたに切り裂き、
業績をすべて横取りし自分一人の物とし、
絶望の中を一人でさまよっていたカミーユに
手を差し伸べようともしなかった。

栄光の中で自惚れ、
カミーユから盗んだアイデアで世の衆目を集めた。

カミーユの父が転勤という時、
カミーユの才能を知っていた父がカミーユの為に
自分ひとりで転地に向かったのが間違いの元。

そして、カミーユが彫刻の勉強の為に学んでいた
学校の指導者がロダンに代わった、、、
この時、カミーユはまだ10代。

ロダンは目ざとくカミーユの才能に目をつけた。
純真なカミーユは知る由も無い。

「地獄の門」、「考える人」、「カレーの市民」、
ここにカミーユの名は無い。
これらの作品を見るとき、
カミーユの作品として見ている自分がいる。

ロダンが自分の美術館を作った時、
カミーユの作品の展示室も遺言で作らせた。
何という欺瞞。

愛情としての行為だったのか?
いや、過去が否定の事実を証明している。
カミーユが一人ぼっちで苦しんでいたのに
これっぽっちも手を差し伸べなかった事が。

天の裁きから逃れるための行為だったんだろう。
カミーユの作品はロダン美術館に置くべきでは無い。

※クローデルの事を知ったのは、西洋美術館で学芸員の方から
「地獄の門」のお話を伺った時。(高校生の頃)
Posted at 2010/09/30 23:04:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記
2010年09月29日 イイね!

DEATH NOTE

DEATH NOTEDEATH NOTE
久しぶりに観た。

冒頭、衆目の前で死んで行く中で、
丸雄武詩のシーンはMDMAの○尾○と重なる。
時代が変われば違う事を連想するんだろうが。

そう言えば、同じく冒頭のシーンで新興宗教らしき
街宣シーンがあるが、代表は亡くなられてしまったが、
ちかんビームで有名な「パナウェーブ研究所」を連想してしまった。
エルアール出版の刊行物一部公開だそうで、PDFが置いてあった。
つられて少々、読んでしまった。いかん。

栃木県立美術館が出てくるシーンがある。
もし此処に行かれるのでしたら宇都宮美術館もお忘れなく。
鑑賞した後に、餃子なんていいかも。
逆はやめてね。鑑賞と、にんにくは合わない。
松が峰教会(大谷石造りの聖堂)も時間があれば。
教会の中に駐車できるスペースが少々あります。

栃木県立美術館は町の中にありますが、宇都宮美術館は
広々とした景色の中に清清しい風情を見せています。
7年程前だったろうか、栃木県立美術館で舟越桂展があったので
飛んでいった。舟越桂氏HP 
思い出すと身震いがする。
あっ、ジュリアーノ・ヴァンジも好きです。
ここは朝、早く行くといいです。

彫刻と言えば笠間の日動美術館にジャコメッティのディエゴの胸像が
あるが、これを見るためだけに行く時がある。

キラ
尖閣、なんとかして。
身勝手な主張と、上部に阿るための地方組織の暴走。
好き勝手のし放題。
シナリオを書いて漁船を体当たりさせたんだろうが、
体当たりの時には開いてない漁船の船首部分の穴を
後で付け加えるってどういう事。
中国側が返還後にわざと穴明けたんだろうが。
でも、工作が下手。
体当たりしたののは船首の左側、何で全く当たっていない右側に
穴が開いたの?

久米宏がニュース報道をワイドショーにしちまってから、
パパラッチばかりになっちまいやがった。
相手の報道をそのまんま伝えるだけ。
思想のかけらも微塵も無い。
「こんなこと言ってますけど」ってか、お前はマッチポンプか。
Posted at 2010/09/29 18:57:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2010年09月26日 イイね!

無法地帯

無法地帯何処でも状況は同じかも。

この交差点は西武新宿線の航空公園駅前の交差点。
右折専用がある。
(YS-11のコックピットの上に見えている信号機。)
右奥の建物が航空公園駅。

歩行者信号が青になっても右折車が突っ込んでくる。
地元の地名を冠した自動車教習所の教習車も、
助手席に教官がいるにもかかわらず、
青信号で横断を始めた歩行者の直前を横切って行く。
教官、歩行者に一瞥もせず。

ま、右折信号の点灯時間が短い事もあるが、それに輪を掛けているのが路線バス。
プロの腕を見せようと、駅前の停留所からここの信号が切り替わる直前を狙って突進してくる。
その通過を右折車はじりじりと待っている。

ここは所沢警察の真近、
で、たまに交通指導員(交通安全協会)が立っている。
とある日、歩行者用信号が青になったので歩行者(老人)が
渡り始めたら例によって信号無視の右折車が交差点に進入。
交通指導員:「止まりなさい、良く注意して、あぶないから」
老人:「・・・・・」
これは青信号で渡り始めた老人への言葉。

ここの交差点の話じゃないが、
「紀伊の早曲がり」という言葉があるが、ここ所沢もそのまま。
左折する時、後ろから来るかも知れぬ二輪や自転車、そして歩行者に
注意を払わなければならないが、その時右折対向車のあんた、
あんたまで注意を向けられないんだよ。
当たり前のにように鼻先をかすめて右折して行く。
何で右折専用の信号が切り替わるまで待てないんだろう。

交差点内での追い越しも日常茶飯事。
横断歩道を渡っている歩行者がいる交差点に突っ込めないでしょ。
警察に聞きに言ったら「現行犯でなければ切符切れません」。
確かに。

おい、後ろでクラクション鳴らすなよ。
後ろから救急車きてんだろ!
走っちゃいかんでしょ。

※※※
YS-11、たまに掃除してるけど、雨ざらしがかわいそうだ。
がんばれ MRJ !!!!!
YS-11の後継者はあんただけ。
Posted at 2010/09/26 19:51:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2010年09月25日 イイね!

フィールド・オブ・ドリームス

フィールド・オブ・ドリームス←ルーフアンテナのある位置がアメリカ橋
毎日、この橋を渡って小学校へ。

・この辺りは高台で、崖がある。
その崖に防空壕の跡があった。
空き缶を拾ってきて、釘でローソク受けを作り、
カンテラ風にして防空壕の探検ごっこ。
今はその跡も開発され、無い。

・オリエンタルカレーの宣伝カー。
今も宣伝カーから流していたコマーシャルが耳に残っている。

・かんしゃく玉
ボルトとナットを拾ってきて、ボルトをナットの両端からねじ込み、
その先端同士の隙間に火薬を入れる。
そして放り上げ、道に落とす。
うまく落ちるとかんしゃく玉がつぶされ、爆発して音がでる。

・2B
そのまま遊んでも面白くない。
鉄パイプを拾ってくる。
片側を木の枝でふさぐ。
2Bを着火して投入。
次にビー玉を入れる。
先端を人のいない方向に向ける。
2B爆発してビー玉がとんで行く。

・手裏剣
釘を拾ってくる。
山手線の線路に向かう。
レールの上に釘を置く。
で、山手線が釘を踏んでくれてぺっしゃんこになり、ちょっと研ぐと手裏剣となる。

フィールド・オブ・ドリームス
見てきた中で一つ選べと言われたら、今だとこれを選ぶ。
何故、子供の頃の思い出が一番濃いのだろうか。
不思議に中学以降はだんだんと記憶の塊が薄くなる。
今この時間、そして泥んこになって遊んだ時代の間は空白と感じてしまう。
この映画の中にこんな台詞がある。(テレンス・マンの台詞)

   彼らは ここに座る
   すばらしい天気の午後 シャツ姿で
   そして
   ベースラインの近くに席がある事を思い出す
   子供の頃 そこから自分たちの英雄を応援した
   そして試合を見る
   魔法の水に身を浸してる気分でね
   手で払いのけるほど 濃い思い出が蘇る

何故、泥んこになっていた頃の記憶を人は財宝にするんだろう。
有形の物は持って行けないんで、無形の財宝なら持ってゆけるのかな。
だから濃い塊を財宝にするのかな。

この映画の最後の場面の一部。(ジョンはレイの父。この映画の主題部分)
レイ・キンセラ:天国は存在するのかい?
ジョン・キンセラ:するとも 夢の叶う場所だ・・・the place of dreams come true
Posted at 2010/09/25 23:27:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2010年09月23日 イイね!

禅カフェでお茶

禅カフェでお茶今日は白金の禅カフェでお茶。
ドーナッツプラントに行こうかと思ったけど、
今朝の気分はあっさり系だったんで、、、

珈琲にスプーンが刺さっているけど、
いつものように途中で「写真」と気が付いた結果。

ドーナツ、生地がしっかりしていておいしいです。
ドーナツの範疇には違いないんだけど、一寸微妙な食感。
一度お試しあれ。
写真のドーナツはプレーン。

代表の川上さんは日本人女性初のパリダカ完走の経歴の持ち主。
店内のポスターも注目!
波乱といってもいい人生。努力家の方です。
力をもらえる人ですね。

お茶していたのは10時ごろ、客は私一人。
ゆっくり出来ました。
外は雨。
時として息も継がせぬような豪雨。
でも一寸続くだけでピタッとやんじゃう。

目の前はプラチナ通りだけど、広尾と違って別世界の車少なし。
なごやかに往来する車を見ていられる。
天気がわるいからだろうか、駐車している車は少なめ。
どっかで写真を撮ろうかと思ったけど、雨なんで断念。

ここらへんだと、庭園美術館にある「金田中」がやっている「cafe 茶酒
は何を食べてもおいしい。
Posted at 2010/09/23 15:35:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 恵比寿界隈 | 日記

プロフィール

メカ屋です。 (でも車いじりは全くの不得意。ちっちゃいの専門)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

栃木県立美術館[共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎]。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/24 00:35:03
玉木よ四国はPAC-3ではなく九条で守れ。室井佑月「かけら」は避けてね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 11:45:56
初詣、箱根神社まで。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/04 20:07:21

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
プリメーラUK、BMW 316tとハッチバックに乗り続け、小型でハッチバックという条件で ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
FHP11は2台続けて乗ったけどディーラーに部品在庫がなくなったので・・・ 撮影場所は ...
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
P10からUKに乗り換え(写真は苗場スキー場)。 写真のUKは1台目.のUK。 現在は2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.