• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

wasa@11ukのブログ一覧

2011年10月30日 イイね!

テレビを見てたら

テレビを見てたら←徳本峠からの穂高(写真はWebから)
 奥の一番高い山が奥穂高岳、手前は明神岳
 
朝、昨日買ったテレビの地上波とBSの設定。
昨日はDVD見ててほったらかしだったんで。
アンテナ繋ぎなおして設定完了。

BS見たら丁度ショパンコンクール入賞者のガラコンサート。
ユリアンナ・アヴデーエワの「葬送」が流れていた。
スタンディングオベーション!

Chopin Competition 2010 - Yulianna Avdeeva - Sonata no2 in b flat minor - 3rd movement


・・・

ガラコンサート見終わってから地デジ確認、チャンネル切り替えてたら「小さな旅」。
「徳本峠~霞沢岳」、見入ってしまった。
今は徳本から霞沢へのルートがあるんですね、昔行ってた頃は沢を詰めてった。

上の写真に写っている手前に見えているのは明神岳。前穂が明神に隠れて見えない。
明神の稜線を右に辿ると段々低くなり、鞍部がある、その鞍部にひょうたん池がある。
雪が融けるとサンショウウオが孵る。

ひょうたん池、あっても踏み跡程度。(だと思う、当時はそうだったから)
雪解け直後は岩も安定していなくてご用心。
「山のひだや」のそばにある(あった)養魚場の脇から涸沢に入り、途中左岸の枝沢を登りつめる。
ここからは鞍部目指して安全そうなとこを選んで登るしかない。

「山のひだや」いいですよ。
ひょうたん池に興味のある方、ここをご参考にね。

写真の奥の稜線。
一番高いとこが奥穂高岳で、ジャンダルム、そして下りが続いて下りきったとこが天狗のコル。
そしてその左をたどって一番高いところが西穂高、ひたすら懐かしい。

・・・

昨日はLDプレーヤーでDVDしかかけなかったので今日はちゃんとLDで確認再生。
ソースはショルティのレクイエム。(下の動画のLD)
ショルテイほど聞き手を高揚させる指揮者はいなかったと思ってる、ベートーヴェン最高!

↓1991年12月5日、モーツァルト没後200年のミサでのシュテファン大聖堂でのライブ。
Mozart Requiem 200th anniversary -- I & II -- Introitus & Kyrie
Posted at 2011/10/30 15:50:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽っていい | 日記
2011年10月29日 イイね!

成木街道徘徊 サティを聞きながら

成木街道徘徊 サティを聞きながら←いつもの休憩所
 奥の木、柿の木で柿が成ってるんだけどね、
 写真じゃわからないよね。

ガソリン入れに行って、そのまま徘徊へ。
今日のお供はアルド・チッコリーニ。
サティだとこの人で正解かな?

前回行った時は通行止めで面白くもない迂回路。
今日は交差点でしっかり確認。
片側通行だと、で、それっ行け!

サイクリストだらけかと思いきや、閑散。
その手の車の一台も来てない。
片側通行、いつもの休憩場のすぐ手前でその一ヶ所だけでした。

写真撮ってたらバイクがブ~ン、すっ飛んで行きましたよ。
ポットのコーヒー飲んで、ゆっくりしてから発車オーライ。
快適なクネクネドライブ。

小沢峠の下りで先行のバイクがファミリーカーにブロックされてました、あらら。
ここの下り、短いけどおもしろいのにね。
県道に出て、きょうは帰還モード。

飯能の市街に入らないで299のバイパスにでたら秩父方向の渋滞が半端じゃやありぁません。
途中、電気屋に寄ってテレビ買った、壊れたんでね。「男の一回払い」
でもS端子があるテレビってもうない、わずかに東芝のレグザの32A2にあるんでそれをね。
LDのプレーヤー、S端子なんで対応してるテレビもう無い。

帰還してからお茶飲んで、ゆっくりして、テレビ開梱。
LDに繋いで確認して終了。
確認はショーン・コネリーの「THE ROCK」。

Aldo Ciccolini: Gymnopedie n.1 (Satie)
Posted at 2011/10/29 16:12:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽っていい | 日記
2011年10月28日 イイね!

X'masはまだだけど 60秒の中に

 X'masはまだだけど 60秒の中に深津絵里さんを起用したのは誰なんだろう。
そして、JR東海、山下達郎さん、電通。
今でも神がかりな60秒だと思っている。

たった20年前のCM。
ポケベル全盛で、
街中で達人技を見ることができましたよね。

1992年版では達郎さんが出てましたね。
そう、イントロでギターを持った紳士とぶつかるシーン。
そのギターを持って帽子を被った紳士が達郎さん。

作られた方はJR東海の坂田一広氏、電通の三浦武彦氏・早川和良氏。
今の深津絵里さんがあるのもこのCM、そして達郎さんのヒットもこのCMがあってこそ。
早川氏は独立されているが、1990年このCMでACC全日本CM大賞をとられている。

たった60秒のなかで感動を揺り動かす。

「リッチでないのにリッチな世界など分かりません。
ハッピーでないのにハッピーな世界など描けません。
夢がないのに 夢を売ることなどは……とても……嘘をついてもばれるものです」
と書き残して37歳で自ら閉じられた杉山登志氏。

60秒の感性、歴史を作っている60秒。

JR東海 X'mas Express 歴代CM 1988年~1992年


JR東海 X'mas EXPRESS 2000 星野真里 予告編


JR東海 X'mas EXPRESS 一夜限りの特別編 クリスマスエクスプレス

↑例の会社に削除されたんで入れ替え。


2011/10/28 PM11:45 動画2本追加。
Posted at 2011/10/28 21:59:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年10月27日 イイね!

秋の窓

秋の窓先日の、府中市美術館の2階から降りる階段。
窓の光が、磨かれた一直線の大理石に反射して
シンメトリーな風景を創ってた。
青い空なら良かったんだけど。

今回の展示されていた作品の殆どは諏訪の
北澤美術館所蔵。喧騒云々と書いたけど、
ここは団体の見学コース。

説明員(多分学芸員じゃないと思う)がその
団体を引き連れてそれぞれの作品の前で説明。
皆に聞こえるようになんで喧騒。

清里にある清里北澤美術館はそれに比べると静けさがある。
美術館は森の中にあり、裏手には小川が流れている。
採光も考えられていて落ち着けるところだ。

秋なんで松任谷由実の「旅立つ秋」、ラファエル前派はお好きですか?
(削除されて入れ替えたので、歌っているのはユーミンではありません)

↑動画削除されました、で別のにしました。
↑またも削除されたんで、しつこくべつのに(2011/11/6)
↑しつこく別のに(2012/02/10)
↓本当は、下の画像のようにラファエル前派の作品が沢山でしたが・・・


ラファエル前派、きらいじゃありません。
最後に出てくるミレイの「オフィーリア」
漱石の「草枕」が頭に浮かぶ、漱石もラファエル前派が好きだった。

草枕の中でミレー(草枕の中ではミレー)のオフィーリアを
   雨が降った濡れるだろう。
   霜が下りたら冷たかろう。
   土のしたでは暗かろう。
   浮かば波の上。
   沈まば波の底、
   春の水なら苦はなかろう。
と書いている。

御那美さん、ラファエル前派の画く姿なんだろうか?
漱石はきっとそれを巡らせながら書いたに違いない。
そでなけりゃ御那美さんの所作は書けないと思う。

ジョブズ氏、北氏、しょうがないとは言え心に穴が開く。

Cocteau Twins' Pre-Raphaelites
Posted at 2011/10/27 21:27:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絵とか彫刻とか | 日記
2011年10月26日 イイね!

北壮夫氏 訃報

北壮夫氏 訃報←ディラン峰

残念。

白きたおやかな峰
 ザックに大切に入れ、テントの中で読んだ。
 山に本を持ってゆくなんた北氏の本以外考えれない。
 遠く、ディラン峰を思いながら・・・

夜と霧の隅で
 第二次世界大戦におけるあるドイツの精神病院。
 「夜と霧の作戦」
 多くの精神病患者が抹殺されていった。

パンドラの匣
 みんな、よく堪えているものだと感心します・・・

さみしい王様
 シャハジポンポンババサヒブアリストクラシーアルアシッドジョージストンコロリーン28世
 呪文のように記憶から消えない。

氏の本は90年代以前のものは全て読んだと思う。
90年代以降、筆致がかわったのか、私自身の内変なのか判らないがはなれてしまった。
平成21年の新潮「辻邦夫・北壮夫パリ東京往復書簡」が最後。

氏の本は、焼けないように一冊も大切に手放さずに持っている。
何回も読んで背表紙が痛んでいるものもある。
涙と笑いを贈ってくれた作家は北氏以外にない。

晩年の北氏の講演を一度だけ聴いたことがあった。
その時「もう、ゆっくりと休んでください」と思った。
いたわしかった。

ゆっくり、休んでください。
私の人生の貴重な一頁を作って頂いてありがとうございました。
あなたの読者より。
Posted at 2011/10/26 20:49:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今日のワイドスクランブル、グリーンランドの溶けた海氷の上を走る犬ぞりを報道、温暖化で気象が変わると、すでに変わっている。再生可能エネルギーはベースロードにならず、火力(石炭・LNG・重油)発電はCO2の発生を避けられない。メガソーラーは送電網が得やすい海岸線に、森を無くし海が死。」
何シテル?   07/18 14:39
メカ屋です。 (でも車いじりは全くの不得意。ちっちゃいの専門)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

栃木県立美術館[共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎]。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/24 00:35:03
玉木よ四国はPAC-3ではなく九条で守れ。室井佑月「かけら」は避けてね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 11:45:56
初詣、箱根神社まで。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/04 20:07:21

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
プリメーラUK、BMW 316tとハッチバックに乗り続け、小型でハッチバックという条件で ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
FHP11は2台続けて乗ったけどディーラーに部品在庫がなくなったので・・・ 撮影場所は ...
日産 プリメーラUK 日産 プリメーラUK
P10からUKに乗り換え(写真は苗場スキー場)。 写真のUKは1台目.のUK。 現在は2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.