• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
お知らせ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
問い合わせ・サンプル請求・見積依頼等フォーム
車種別オーダーフォーム
ご利用下さい。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お問合せ等の手続きをかんたんに出来るよう、各種フォームを随時追加しています。
ご利用は下記のバナーからご連絡下さい。
alt
altaltaltalt

その他、お問合せ先
問合せ電話番号:0545-60-5188
メールアドレス  :info@first-1st.com

Leather Custom FIRSTのブログ一覧

2018年12月16日 イイね!

★アバルトをもっとアバルトにしちゃいましょう★

★アバルトをもっとアバルトにしちゃいましょう★日曜日は作業についてはお休み頂いたいているので、少し濃い目のブログでも書こうと思います。
12月に入り作業がかなりたて込んでおりまして、きっちりと作業ブログもアップできていませんでした。

特に今日のような作業内容だと、説明をするのにも考えながら書くので時間が掛かっちゃうんです。

ご依頼頂いたのは【2013y FIAT PUNTO】のステアリングです。
グランデプント・アバルト・スコルピオーネ等、同形状のステアリングを装備している車名が出てきます。申し訳ないのですが、この辺りの車種の区別に詳しくないので、互換・流用等は分かりません。

お送り頂いたステアリングを拝見すると、これまたちょっと特殊な配置です。欧州車では見かける分割ですが、一枚の面積が大きくなるのでちょっと大変です。
純正でも【ちゃんとコストが掛けられる車種】へ採用されています。
工法的には問題ないのですが、一点物で再加工となると工数が掛かるのでちょっと大変だったりします。
alt


それほど痛みもありませんが、せっかく形状が良いのに配色が地味なので個性が足りませんよね。
alt



今回のリクエストは本革+アルカンターラ・ステッチイエロー(亀甲ステッ
チ)です。
(注)
アルカンターラはスエード調素材の特性上、経年劣化で起毛が寝てしまい耐久性の面でも本革とは違うので通常はステアリングへの採用は控えております。
その他、本革に比べ材料費・素材の厚み等が違いで作業工数が掛かるので、費用的にも変わってきます
また、R形状への追従性が異なるので使用できる形状に制限があります。

このステアリングへは外周に使用したので、形状的な制約はクリアできました。
ただ、異素材を組み合わせる縫製なので、伸び具合の違い他、細かい部分で非常に気を使います。
苦労した分、その仕上がりはとても良くなりました。
alt


革とアルカンターラを丁寧に縫製し、さらに亀甲ステッチで縫い上げます。
イエローのステッチが格好いいです。
alt


ただ縫製するのではなく、必要に応じて部分的にピッチを変えるのは手作業だから出来ることです。
一針ごとに変わる状況に合わせ、素早く・正確に判断していきます。
alt


正確な型取りだからこそ、絶妙ラインで仕上がることが出来ます。
alt


純正の端末処理は突き当てで接着してあるだけですが、ここでひと手間かけて溝を彫り込み、その溝に端末を落とし込む方法で仕上げます。
alt


今回の参考加工費
FIAT アルカンターラコンビ革巻き加工:69800円(税・送料別)
※加工は部品持ち込みが基本となります。上記の費用は加工費となる、消費税・送料・部品費は含まれません。

【重要】
現状、アルカンターラはすべての部位に使用する事には対応していません。
上記の様に耐久性に難があることも理由の一つですが、本革との作業性の違いも大きな理由の一つです。
ステアリングは3次元のRが複雑に組み合わされ、素材は平面から捻られる事も多々あります。
一定のクオリティを確保するため、ここに判断してお断りしなければならない事をご了承下さい。
また、ご要望にお答えできる様に技術的にも改善しています。ゆっくりではありますが…。


是非お問合せ・お見積りもお待ちしております。
下記のバナーからお気軽にご連絡下さい。


もちろん、メッセージ・お電話【0545-60-5188】・メール【info@first-1st.com】でも受付中です。

alt

alt

alt
関連情報URL : https://first-1st.com/
Posted at 2018/12/16 11:22:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | FIAT Punto | イベント・キャンペーン
2012年10月03日 イイね!

★FIAT Punto ステアリングレストア&カスタム!★

★FIAT Punto ステアリングレストア&カスタム!★こんばんは、代表渡邉です。


今日ご紹介するのは、FIAT Puntoのステアリングです。

ベース車輌の年式はH20年(2008y)との事なので、正式名称はGRANDE PUNTOです。
詳細はwikiにて→ここ



パーツが届いて驚いたのが、そのステアリングの状態の悪さです。
まだ6年弱しか経っていないステアリングとは思えない状態でした。
こんなです。
全体的に見るとちょっとテカリが出ているかな?程度ですが…






アップで見てみると…ヮ(゚д゚)ォ!
ちなみに、この現象がステアリング全体に出ています…。↑の画像を拡大してよく見ると、どれだけ酷い状態か分かると思います。


一体何故?と思いつつ、少し弄ってみると…
はい!こんな状態になります(;゚ロ゚)




コーティング面って何?と思われるでしょうが、実は素材がスプリットレザー等の呼び名で呼ばれる革です。
ここが分かりやすく説明されていると思います。
http://www.kyohshin.net/shop/jiten.html
詳しい事は省略しますが、通常使用される革を漉いた際に出る下層部分を使用して作られた革です。その為、銀面と呼ばれる表面層が無い為、表面をビニールコーティングした革です。

ま~、素材自体は本革なのですが、表面はビニールなので質感は本革には劣ります。ただ、素材自体は本革に比べて安価な為、近年の車輌内装材に使われる事が増えています。
ちなみに、FIRSTではこんな素材は一切使用しません。質感を下げる様なコストダウンはナンセンスです。

そんな素材を使用してる為に、上記の様に表面が剥離してしまっています。
使用された環境もあるでしょうが、日常的に直射日光が当たったりで高温になる環境だったと推測されます。

が!わずか6年でこんな状態になるのは、自動車内装用としては向いていないと思います。メーカーもよく採用したものだとあきれてしまいます。



と、悪い部分はささっと剥がし、下地を整えます。
2時・11時方向の張り出しが、過去に例が無いほど張り出しています。
ちょっとコブラチックな張り出しです。








↑の張り出し部分、はっきり言ってかなりのくせ者でした。
とは言え、そこは経験とテクニックで乗り切りますよ~。



では完成!
純正の地味な色合いから、鮮やかなブルーに変身です。
ステッチもベースボールステッチに換えてあります。
純正のステッチも悪くはないのですが、触感と仕上がりは断然ベースボールステッチの方が良いです。






張り出し部分もバッチリ!





純正では革とカバーの境目は突き当てですが、必ず革の収縮で隙間が出てくるので、出来る限り溝を増設して中に入れ込む工法に変えます。
これだけで、見た目と耐久性は抜群に高くなります。







車輌は2008yでしたが、メーカーHPで確認する限り、現行のステアリングも同形状でした。
オーナー様で気になる方、同様の不具合が出ている方、是非一度ご相談下さい!
Posted at 2012/10/03 23:00:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | FIAT Punto | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「★数えてみたら...★ http://cvw.jp/b/763241/42432591/
何シテル?   01/21 16:47
Leather Custom FIRSTです。よろしくお願いします。 ご覧頂きありがとうございます。 FIRSTでは、お客様のお車のステアリング・シフト...

ハイタッチ!drive

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

出来上がった・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/23 17:04:47
ナケナシの勇気 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/29 15:19:42
リモートタッチ&アームレスト取り外し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/24 16:58:13

愛車一覧

トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα
デモカーが2016年バージョンに生まれ変わりました! 2016.1.15納車となり、少 ...
トヨタ C-HRハイブリッド トヨタ C-HRハイブリッド
ステアリングカスタム シフトブーツ製作 センターアームレスト本革張り替え(クッション追加 ...
トヨタ ヴォクシー トヨタ ヴォクシー
お客様事例です。
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
お客様事例の紹介です。 詳細はパーツレビューでご紹介していますので、是非ご覧下さい。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.