• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HANNAのブログ一覧

2012年05月30日 イイね!

タイミングベルト交換。■実践編part2■

タイミングベルト交換作業、その続き。


まずは脱がす。




・念のため、バッテリのマイナス端子を外して、

・ジャッキアップして、前2輪をウマ掛けして、

・前2輪のタイヤを外して、

・タイミングベルト側(右Hなら運転席側)のホイールアーチに頭を突っ込んで、インナーを外して、

・Fグリルを外して、

・Fバンパーを外して、


こんな感じに。
どうしても分からなかったのが、前二輪を一気に上げる車中央のジャッキアップポイント。どうやら無いらしい?しょうがないのでサイドのジャッキアップポイントの横に硬いスポンジを当ててジャッキアップし、正規のポイントにウマを滑り込ませていたけれど、ジャッキアップポイント周辺の鋼板が曲がってしまっていた。というか、正規のジャッキアップポイント自体、柔らかくて変形しやすい。あれはどうやるのが正解なのだろう?
リフトを使うのが前提?


●●
次に、エンジンを浮かす。

・オルタネータベルトを外す。

このモデルはオートテンショナーではなく手動なので、張り具合を確認してからベルトを外す。作業はボンネット側(上側)から。

・エアコン・パワステベルトを外す。
こちらはオートテンショナー。15ミリだったかな?テンショナーのボルトを時計回りにグイッと回転さたらベルトを外せる。
作業はホイールアーチに頭を突っ込んで(下側)行う。

・オイルパンを支える。

最近の車はタイミングベルトカバー(長いので以下タイベル)上部とエンジンマウント接合部が兼用になっていることが多いらしく、タイベルを外すにはタイベル側のEGマウントを外す必要がある。そうするとエンジンが落っこちてしまうので、その前に、オイルパンの下にジャッキを当てて支えておく。ジャッキは直接当てず、厚めの週間漫画でも挟んでダメージを与えないようにする。


●●●タイベルカバー上下を外す。

上はアルミ製、下が樹脂製になっている。
外から見るとこんな感じ。
※画像はエンジンが車から外されていますが、これは別途中古購入したエンジンです。作業自体はエンジンを車から降ろさず行います。



ちなみにこのエンジン、ジャンクヤードから安く譲ってもらった。練習代には最適だったのだが・・・重くて動かせず、納屋を占有している^^;
欲しい人がいれば喜んで差し上げます・・・がK7Mなんて今更欲しい人いないよね。
走行3万キロらしいのでまだまだ使えると思うけれど。

カバーを外した図



ベルトは普段、こんな感じ。




こうやってエンジン単体なら楽なのだが、実際は車体との隙間が狭く、大変。



見えるのはこれくらいなので、エンジンルームとホイールアーチを行ったりきたりの作業。

ホイールアーチに頭を突っ込んで、見えてくるクランク(プーリーは既に外してある)はこれだけ。タイベルカバーは半分くらいは手探りの作業になる。




ここまできて、ようやくタイベル交換に進める。

続く。
Posted at 2012/05/30 14:58:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | ルノーにまつわるお話 | 日記
2012年05月27日 イイね!

日本人はなぜ英語が苦手か考える。

先に結論を書きます。

教育が日本人の英語力をスポイルしている。以上。



みなさんは英語が使える人ですか?

僕は少し、という程度です。ネットで情報収集するときに英語圏のサイトを覗いたり、ICパーツのデータシートを斜め読みしたり、単語力が無いのでウェブ辞書を使いながらだいたいの意味は理解できるかな?という程度です。リスニング能力については、例えばTop Gearを見たとき、車の説明や評価は聞き取れるけれど、英国人のユーモア、ゲストとのトークはほとんど付いていけないという感じ。以前受けたTOEFL(Test of English as a Foreign Language = 「外国語としての英語のテスト」、トーフル)の正答率は80%くらいでした(TOEFLは2年でスコアが抹消されますが orz)。
完全に「英語できます」というには程遠いレベルですね。

ただ、それでも思うのは、英語は実際に使っていて上達(というか、慣れてきた)ということです。

●●
周りを見渡すと、英語が苦手、出来ないと思っている人は少なくないです。
また、いわゆる進学校から有名大学に行った秀才系の友人も、語彙は豊富でも、実際の会話ではかなり反応速度が遅く、常に頭の中で文を組み立てている印象。

こういうのを見ると、僕なんかは「ああ、日本の英語教育はなあ・・・・」と思ってしまいます。


●●●
おそらく、日本は先進国といわれる国の中で、最も英語が出来ない国です。中学、高校と6年間はしっかり英語を学ぶにもかかわらず、まったく身についていない人の多いこと。はっきり言って、異常な状況です。大学の英語も非常にアヤシイもので、どれくらいの学校で実戦的な英語教育を行っているものか・・・。古い英文学だけやっていませんか?(笑)

英語が出来ない理由はいくつもあるとは思います。
日本語しか使わなくても生活が出来るとか、
日本人はシャイで外国語を使うのが恥ずかしいとか、

でも、
僕は日本語の英語力の低さは日本の学校教育、特に受験教育にあると考えています。

●●●
思い出してみると、
中学校で初めて英語に触れるときは、比較的コミュニケーション重視の内容で、つまづかなければ好きにはれる余地があると思います。中学1~2年の前半・・・これくらいまではOKでしょう。

問題はその後。

高校受験への準備が始まるわけです。
さらに、高校に入ったら、(その多くは行く価値の無い)大学受験の受験勉強が始まります。

そこで行われることは何か?
至極簡単。受験に受かるための勉強です。こうなると、実際の英語とはかけ離れるばかりなわけです。特にレベルの高い????学校になればなるほど、重箱の隅をつつくような問題が出され、それに対応するスキルをシコシコと身につける状況。実際に英語が使えるかどうかなんて、ちっとも関係ありません。
ある英語圏の友人が言ってました。「こんなイディオムは使わないよ(苦笑)」と。


まあ、文法力は身に付くのでしょう。語彙も増える。
でもね、英語が出来るということとは、本質的に違うと思うのですよ。はっきり言って、受験勉強の時点で「実物」とは大きく乖離してしまっています。

優秀な人は良いのです。どんな屑な教育を受けても、自然に習得しますから。問題は普通の人、一生懸命勉強して大学に入ろうとしている人です。受験勉強で受験用英語の思考回路が形成されていて、実用ではそれが邪魔するわけです。文法にミスが無い様に、という無意識なブレーキがかかる。リスニングは劣る。そのうえ、大学受験で燃え尽き症候群にでもなろうものなら、実用英語を新たに摂取するモチベーションが大きく低下してしまうし、もしかしたら英語自体を避けるようになってしまうわけです。

逆に、受験戦争からドロップアウトした層は、英語の受験勉強がトラウマになり、こちらも英語を避けてしまう可能性がるかもです。

●●●●
でも、実際使い始めたら、英語は身に付くわけです。
仕事で英語を使う羽目になったとか、海外に住むようになったとか、そういう状況なら身に付きます。だって、本当に必要なのですから。逆に言えば、学校教育の英語は、確かに文法力と語彙にはプラスですが、それ以外、ほとんど無意味だと思うわけですよ。むしろ、英語嫌いを増やしているとも感じられます。

これって、物凄く無駄だと思いません?
学校教育の英語をもっと実用的にすれば、日本人の英語力は上がると僕は思うのですが、実際は受験英語ばかりやってるわけですよ。
個人的には、受験英語は全部やめて、テスト用ならTOEFLの勉強でもしてれば良い(国際基準はTOEICではなくTOEFLだし)と思います。文法が簡単すぎる?別に良いじゃないですか。ネイティブだって文法間違えている人はいっぱいいますよ。使えることの方が大事では?

●●●●●
少し話しはズレますが、
何でこんな状況なんだろう?と考えてみるわけですが、
結局は受験という産業が悪さをしていると思うわけです。

受験システムははっきり言って、教育機関の金儲けシステムに成り下がっています。
もはや優秀な人材を選別する機能はほとんどないです(元から無い気もするが)。
受験勉強、塾、高校入試、大学入試・・・ひたすら金を搾取するシステムなわけです。
だからこそ、大学が増えた。大学卒業が前提の社会に推移した。大学が増えて日本人は優秀になった?答えはNO.むしろ大学の安売りでトコロテン式に卒業できる大学が増え、日本の大学のレベルを引き下げている状況です。それでも大学が山ほどあって、受験用の塾が腐るほどあって、みんな大金を使っている。

●●●●●●
英語教育もこの金儲けシステムにどっぷり使って、実用性とはかけ離れた教育になってるわけです。ぶっちゃけ、英語だけではないですよね。全教科そうなっているでしょう。

矛盾するかもしれませんが、僕は日本人全員が英語を使えなくてもいいと思います。日本語だけで生活できる、このことは誇らしい事実です。元被植民地国の多くは英語、フランス語などが公的機関で求められる状況で、要するに文化的に侵略されている状況なのです。日本は、少なくとも日本語に関しては、そこまで行っていない。良いことです。その意味では日本語をまず大事にする必要がある、これは間違いないでしょう。

でも、ここまで世界が狭くなって、英語が使えれば何でも出来る、逆に英語が使えなければ何も出来ない、という状況で、英語が喋れない、聞けない、苦手・・みたいな人材を教育的に量産しているのは日本にとってデメリットでしかないとも思うのです。受験英語という日本国内限定の英語力?を教育しているというのは、日本国内でだけ通じる商品を作る日本産業のガラパゴス化とも通じると思いません?

もっと目を外に向けて、世界で戦えるスキルが自然に身に付く教育に改革しないといけない時期だと、僕は思います(全教科で)が、どうでしょう?

Posted at 2012/05/27 16:32:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2012年05月26日 イイね!

届いたもの、注文したもの。



プリント基板制作会社のOLIMEXから基盤が届いた。
GW直後に注文したせいか、ネットで収集した情報より遅かった。入金から約2週間で届いたことになるか。

教訓としては、休みの直前に押しかけオーダーしないこと。「休み前に仕事を請けてくれるかも」と期待するのは日本人の心理らしい(笑)ブルガリア(というか、欧米全般?)では、「明日休みだから、休み明けにね」という風になる。今回のオーダーはEbayやAmazonと違い、メールで多少のやり取りが必要なものだったため、良い経験になった。

届いた基盤は、なんというか・・キレイ♪
(写真無くて申し訳ない。歩き回れないのでデジカメ探す気にならず)
しかし、小さい!!一番大きな基盤で名刺サイズ。そこにぎっしりと穴やら配線やらが詰まっている。見た目は全くの商業製品と同じ、緑の2層基盤。カッコイイぞ!・・・動けばね^^;

基盤が届いた以上、後戻りは出来ない。まずはDACが動くようにしないとな。パーツを注文しますか。


●●
ABSユニットだが、ついに中古を発見し、早速注文した。



Real OEMでパーツ検索した限りでは、パーツ番号下四桁は(・・・9074)だったが、実車確認したところ、車に装着されていたのは(・・・9073.)だった。そこで9073で検索したところ、英国を中心に容易に発見することが出来た。
察するに、新車販売時には9073が装着されており、もしかしたらその後、マイナーチェンジとして9074が登場したのかもしれない。さらに、リペアキットとしては9075が存在してり、これがファイナルバージョンのようだ。ちなみに、9075は日本でも新品購入が可能。基盤部分だけで販売されており75000円くらいだ。

なお、9073が装着されているのは2001年~2005年のASC装着車のようだ。4気筒、6気筒、右ハンドル、左ハンドル全てを含む。パーツ番号はボンネットを開くだけで確認できるから、事前に把握しておくのも良いかもしれない。



写真の左上、ブレーキリザーバータンクの左側に細いパイプがいくつも見えるが、そこにABSユニットがある。品番が書かれたラベルは覗き込めば確認できるはずだ。

中古パーツは日本で探そうかとも思ったが、日本の高温多湿が故障の原因にもなっているかも?という気持ちと、日本だろうが外国だろうが中古は中古、大差ない、という考えがあり、結局、英国から輸入することになった。・・・というか、英国のほうが安いんだもん^^
Posted at 2012/05/26 20:02:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | E46メンテナンス | 日記
2012年05月23日 イイね!

自動車運転免許を更新する。

無事更新できてホッとしている。

現状、車椅子で移動するしかないのだが、このような状態でも運転免許は更新できる。その代わり、運転動作に支障がないか別室でテストされることになる。視力検査の別室検査みたいな感じやね。

僕の場合、テスト内容はシミュレータに座って、ブレーキ、クラッチを踏んで、画面に表示された強さに合わせてペダル操作をする。バーグラフみたいのが出て、グラフが伸び縮みするのでそれに合わせる操作をする感じ。手が不自由な人はハンドル操作をテストするのだろう。

こういうお役所的な場所は、とにかく波風を立てないことが肝要だなと再認識。
「MT車を運転してきました。テヘッ♪」
と言ったら、試験管の顔色が変わって焦った(笑)
まあ、その方は良い人で、テスト内容もユルユルだったから良かったけれど、
4月の体調だったら更新できなかったかも。更新できて良かったよかった。

それよりきつかったのは、車椅子に座りっぱなしだったこと。現状、30分座ってられないのだが、腕で体を浮かせながら必死に耐えた。講義が最短コースで良かった。

こういうケースはたまにはあるだろうから、参考になる人もいるかもしれない。
今日の教訓
体に一部障害がある状態でも、自動車免許更新は可能。
その際、事前予約や医者の診断書などはなくても大丈夫。状態を説明して別室テストを受ければOK.ただし、更新が行える場所は、県の一番大きな施設だけだった。簡易的な施設での更新はNG。


ちなみに、
ゴールド免許です。
嘘じゃないよ、ホントだよ。年間9000キロくらい走ってるけどゴールドです。
まあ、田舎なので取り締まりが緩く、かつ、僕の運が良いだけだと思いますが。
ネズミ捕りを絶対しない場所では元気に走ってます^^
Posted at 2012/05/23 18:36:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年05月22日 イイね!

■グロ注意■ニブ子さんのブログ見て、「ウホッ、良い脚♪」

この記事は、海外にリアル不二子ちゃんがいた模様。について書いています。

ニブ子さんのブログでとってもナイスなモノを見たので。グッドタイミングなことに、丁度ラクガキしてたのです。

コンセプト:キモ可愛い























現地に居たらこんな感じになるかなと(笑

ちなみに、自画像のつもりが・・全然似てないです。こんなハンサムではありません(あれっ?)

しかし、ヤローを描くのはダレてくるね。ツマンネw

Posted at 2012/05/22 23:35:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | ■ラクガキ■ | 日記

プロフィール

「レカロシート 純正レストアについての備忘記録 http://cvw.jp/b/764102/41642392/
何シテル?   06/24 11:18
ルノー・ルーテシア2RXE を新車から14万キロ BMW E46 318iを中古で69000キロから154000キロまで、 そして現在、初代トヨタプロボック...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ドイツ車、フランス車に限らず、車には何でも興味あります。よろしくです。

車椅子ユーザーの方、歓迎です。情報交換が出来ればと思います。

43 人のお友達がいます
keir34keir34 * 野分の藤蔵野分の藤蔵 *
ジャーマンボーイジャーマンボーイ * かいまんかいまん
SekiaiSekiai コンフェイトコンフェイト

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プロボックスワゴン トヨタ プロボックスワゴン
「虚飾は、いらない」
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
14万キロでAT故障。退役。 AT以外のコンディションは抜群だったのですが。
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
8年落ち69400キロ時点で購入。 ※5年、総走行距離15万3千キロ余で、シリンダーヘ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.