• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HANNAのブログ一覧

2012年10月30日 イイね!

エンジンオイル警告灯の点灯 その2

前日、エンジンオイル警告灯が点灯し、オイルを補充した我が家のE46だったが、
またエンジンオイル警告灯が点灯した。家族がUターンで帰宅。再度チェックすることに。

エンジンオイルの量を確認。
前日入れたばかりのオイル、当然だが満タンに入っている。全然問題なし。
エンジンの調子もごくごくフツーだ。

・・・となると、問題があるのは
オイルレベルセンサーということになる。
オイルレベルセンサーはオイルパンに装着されているセンサーで油量を監視しているパーツなのだが、どうやらコイツが故障して、ときどき警告灯が点灯するらしい。

交換作業については、
エンジンのアンダーガードを外してオイルパンにアクセスすれば比較的簡単に交換できるようだ。普段ならDIYに挑戦するところだろう。
交換作業については、こちらのHPに英語の説明を発見した。

が、今の僕の体調では困難なのが正直なところ。ABSコントロールユニットとあわせて、冬までにプロに交換してもらうことにする。


・・・・・こうやって考えると、オイル補充した際も警告灯は異常だったはずなわけで、果たしてオイルはどの程度減っていたのだろう?ということが気になったりする。、警告灯が点くほど減っていなかった可能性が高い。逆に、減りすぎていたのに警告灯が点灯していなかった、ということも考えられるが、我が家のE46のエンジンオイルの消費ペースを考えると、物理的にオイルがエンジンから漏れ出しているわけではないかぎり、ありえない・・・と思う。

まあ、これについては今となっては確認できないので、気にしないことにする。
エンジンの調子、排ガスの状態や音、走行フィールを確認してもごくごく正常なので問題なかったはずだ。

●●
・・・それにしても
車の不調を教えてくれるセンサー自体が不調になるというのは、ミイラ取りがミイラというか、オオカミ少年というか。。。。困ったものだ。
壊れるセンサーなら付けるなよ!と言いたい。
BMWは「走る・曲がる・止まる」に関しては、市販車としては稀有な素性の良さを持ったすばらしい車だと思うが、こういう細々とした電子部品の脆弱さには呆れるばかりだ。

Posted at 2012/10/30 08:00:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年10月27日 イイね!

エンジンオイル警告灯の点灯 その1

今日も治療&リハビリに出かけようと車に乗り込み、エンジン始動、走り出したところ、気づいた。

エンジンオイル残量警告灯が点灯している!


あわててUターン。
家族に協力してもらい、エンジンオイルのレベルゲージをチェック。すると、オイルが無い!すぐに新オイルを継ぎ足すことにした。
オイル警告灯が点灯していたときこそエンジンのメカニカルノイズ(おそらくカム周り、バルブトロニックなど)が普段より大きく感じられたけれど、幸い、オイル補充後はまったく通常通りのエンジンの状態に戻った。警告灯もオイル補充後はサッサと消灯してしまい、こちらも正常な作動だったようだ。

あーびっくりした。

どうやら、以前から家族が言っていた「バッテリー警告灯がたまに点灯する」というのは誤りで、オイル残量警告灯がときどき点灯していたらしい。朝一に乗るのは家族なので、その際に一時的に点灯し、その後エンジンオイルが回ると消灯していた可能性がある。今回、僕が初めて症状を確認した形だ。

警告灯はよくあるエンジンオイル警告灯(アラジンと魔法のランプのランプみたいな形)ではなくエンジン+オイルパンの図の警告灯だった。魔法のランプは油圧、オイルパンは油量を示しているのかな?



以下は言い訳になるが、
今の体調はリハビリ中心で、年の初めにはまったく動かなかった足がようやく伸びるようになってきた状態だ。まだ立ち上がることはできず、オイル交換すら一人で満足に行うことができない。なので、オイル交換サイクルは伸び伸びになるし、オイルゲージでオイル残量をチェックすることも怠っている。このような状態だから、オイルの管理が不十分になってしまった。特に、前回オイル交換したときは、少しオイルをケチって(新オイルのパッケージを開封したくなかった)いつもよりオイルを入れなかった。レベルゲージの6割くらいでオイル注入をやめてしまった記憶がある。その後、伸び伸びになったオイル交換のため、オイル消費が続き、警告灯が点灯したのだろう。

オイル消費量についてだが、少し調べた限りではBMWは標準的な日本車よりハッキリとオイル消費量が多いらしい(年式・モデル・アタリハズレにもよるだろうが)。我が家の318の場合、中古で我が家にやってきたときから若干のオイル消費は見られた気がする。おそらく、1000キロあたり200~300CCの消費なのではないかと思うのだが、安定的に消費がみられる。量的にはまったく正常な範囲のようだが、オイル管理は必要だということだ。

※ちなみに、ルノーのSOHCのK7Mエンジンは、オイルにじみでガレージの床にシミができるくらいダラダラだったが、エンジンオイルの消費自体はほぼ無かった。

いずれにしても、僕の体調が悪いとはいえ、そのことを言い訳にするのは正しくないだろう。自分の意思の弱さ、判断の甘さ、油断が招いた事件だった。
幸い、走行フィール、排気ガスの状態、音など、どれも正常なままだったので良かったが、今後は気をつけなければならない。


油断大敵
エンジンオイル、減っていませんか?

Posted at 2012/10/27 18:04:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | E46メンテナンス | 日記
2012年10月23日 イイね!

(オンライン)サーキット走行会のススメ

ぶっちゃけ、グランツーリズモがお手軽で良いじゃないか、という話になりそうですが、それは置いておいて、僕の大好きなハードコア系レースシム、「RACE07/GTR Evolution」の国内オンライン対戦サーバーを紹介したいと思います。
今回紹介した3つのサーバーが同レースシムのサーバーとして常時稼動しているものと思われます。参加者はいつも募集中だと思いますので、腕に自信のあるかた、ぜひ挑戦してください!


以前にもWTCCのサーバーは紹介したので、今回は一番ハードルの高いFIA GT500の40分耐久サーバーから。

KMGR

FIA-GT500のMODを使った40分耐久レース。
ハコ車の最高峰のクラスだけあって、難易度が高い。
ドライバーも猛者があつまっていて、毎回ハイレベルなバトルを展開している。


E.R.S

FIA GT300 のMODを使ったレースを行うサーバー。
ほかにもSTCCのレースなどを主催している。
GT300はGT500より遅いため、多少敷居は低くなる・・かも。




okigaru鯖

WTCC STCCを混合したレースを主催している。
WTCCと同じく2ヒート制のレースで、1レースあたりの周回数は8周ほど。
短時間で気軽にバトルが出来る。
上の2つの鯖と違い、MOD導入が不要。ゲーム本体さえあれば気軽に参加できるのも魅力。
WTCCの車は2LNA中心でそれほど速くないため、コントロールしやすくバトルに集中できる。初心者でも比較的参戦しやすい。

・・・とはいえ、上位入賞者はGT500でも優勝争いをしているバケモノ級の人たちなので、表彰台に立つのは簡単ではない。





●●
実車が存在しないとはいえ、オンライン対戦は相手も人間のプレーヤーなので、故意に体当たりして押し出して順位を上げるようなマナーの悪い運転はご法度。
事故を減らすためにも、しっかりコースを覚えてから参戦する必要があります。

動画のようなサイドバイサイドを繰り広げるには、相当の修練が必要。
でも、きれいなバトルができたときの楽しさは格別です。
ゲームの特性上、タイヤのグリップが低く、タイヤの使い方、セッティングなどが非常に奥深くて難易度が高いですが、挑戦する楽しみはあるかと思います。

あまりにマゾすぎて過疎ってるので、新規参戦は歓迎されるはず。
いかがですか?
Posted at 2012/10/23 23:11:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | PCゲームなど。 | 日記
2012年10月18日 イイね!

アクセサリ電源が取れない

久しぶりにカーオーディオでもいじろうかなと思い、装着してみたのだが、どうもおかしい。電源が入らない。
そこで、テスターでチェックしたところ、なぜかアクセサリ電源が来ていない。エンジンをかけてテストしても、電圧が出ない。常時電源は通常通りの電圧を示していて、こちらはOK.

ためしに、シガーソケットで電圧をテストしてみたところ、正常。エンジンをかけたらちゃんと電圧が出る。アクセサリ電源として機能している。


問題は、カーオーディオ裏のアクセサリ電源の電線。写真の紫・白のコード。
そういえば、ある時期からかETCも動かなくなったな。高速は乗らないので気にしていなかったけれど。以前、DENONを装着していたときは、もちろんアクセサリ電源は正常だったわけで・・・・DENONを外した後で壊れたことになるのか。

はて、いつだろう?
こんな電線だけがピンポイントで壊れることがあるのだろうか?

この電線、かなりゴワゴワした頑丈なものなので、途中で断線しているとは考えにくいのだが。ほかに何か原因があるのだろうか?



・・・と首をかしげております。
どなたかご存知でしたらアドバイスをお願いします。

Posted at 2012/10/18 14:11:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | E46オーディオ改造計画 | 日記
2012年10月04日 イイね!

ニュルブルクリンクを比較してみる。

ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェの比較動画です。
何を比較しているのかといえば、僕のもっともリスペクトするSIMBIN社のレースシム「GTR Evolution」のプレイ動画と、実際の車載動画です。大きい画面がゲームの動画ですね。



かなりの再現度だということが分かると思います。
事実、このレースシムのノルドシュライフェは細かくレーザー測量したデータに基づいて作成されているとのこと。グラフィックがしょぼいのは・・・気にしてはいけません(笑

SIMBIMはスウェーデンの小さな会社で、リアル志向のレースシムを何本も製作しています。以前動画を紹介したGTR2も同社の作品。
内容がハードコアでマゾなため、まったく大衆受けしていないと思いますが、それでも熱心な固定客はいるようで、細々とバージョンアップが続けられていますね。

2011年にはSTCC(スウェーデンのツーリングカー選手権)が公式アドオンとして登場しています。




F3000での公式プレイ動画。



場所はスウェーデンのAnderstorp Raceway ですね。
このゲームはタイヤのグリップが失われる瞬間の再現というのでしょうか、そこらへんが非常に作りこまれているんですが、伝わるかな?
ちなみに、僕にはF3000は難しすぎるので走らせることはほぼありません(汗
WTCCが走りやすくて良いです。


こういうハードコアなプレイヤーもいるようです。



マシンはハヤブサのエンジンを積んだミニレーシングカーである、ラディカルですね。




●●
ちなみに、このソフトフェア、拡張パックを全部揃えても総額5000円程度とリーズナブルです。グラフィック性能は最高のものでなくても動くはずで、最新のゲームPCでなくても大丈夫でしょう。市販の大メーカー製だと厳しいかもですが。

デモはこちらにありますので、興味があればぜひ。
Posted at 2012/10/04 07:55:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | PCゲームなど。 | 日記

プロフィール

「レカロシート 純正レストアについての備忘記録 http://cvw.jp/b/764102/41642392/
何シテル?   06/24 11:18
ルノー・ルーテシア2RXE を新車から14万キロ BMW E46 318iを中古で69000キロから154000キロまで、 そして現在、初代トヨタプロボック...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ドイツ車、フランス車に限らず、車には何でも興味あります。よろしくです。

車椅子ユーザーの方、歓迎です。情報交換が出来ればと思います。

43 人のお友達がいます
ジャーマンボーイジャーマンボーイ * コンフェイトコンフェイト *
d_rushd_rush * ぺぷとろんHぺぷとろんH *
かいまんかいまん タジマ-K7タジマ-K7

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プロボックスワゴン トヨタ プロボックスワゴン
「虚飾は、いらない」
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
14万キロでAT故障。退役。 AT以外のコンディションは抜群だったのですが。
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
8年落ち69400キロ時点で購入。 ※5年、総走行距離15万3千キロ余で、シリンダーヘ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.