• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

HANNAのブログ一覧

2015年08月31日 イイね!

ようやく関係解消のスズキ

昨日のニュースで目に飛び込んできたのは、
VWとスズキの関係解消がようやく裁判所にみとめられた、という内容だった。

ヒトゴトながら少しほっとした気持ちだ。




 1981年からスズキはGMの傘下だったが、GMの経営悪化により2006年に放出されることとなった。やはりスズキのような小規模なメーカーにとって、バックに大メーカーが居ないのは経営的に心もとないものなのだろう。2009年、スズキはVWに株式の19パーセントを売却。名目上は「技術提携」した。

 正直、スズキにとって「悪手」だと思った。

 VWは何を狙っていたのかは明白。インドにおけるスズキに自動車販売シェアだ。スズキはもともと、インドのモーターリゼーションに大きく貢献しており、インドでは圧倒的なシェアを誇っていた(ほこっている、というべきか)。2014年の時点でも乗用車のシェアは36.4パーセントであり、二位のヒュンダイ(11.8%)それ以下に大きな差をつけている(といっても、スズキのシェアは減少傾向のようだ)。VWは1.5%、VWの傘下であるシュコダは0,5%と、VWはインドにおいてはまだまだシェアは少ない。
 VWとしてみれば、スズキを懐柔し、いずれはインドでのスズキのシェアを侵食できると考えたのではないだろうか。ほかにもスズキが活躍する欧州第三国においてもシェアを少しずつ奪うことを考えていたはずだ。

 一方、スズキとしては膨大な投資が必要な環境性能等をVWから提供してもらうことによって、商品性を上げたかったのだろう。しかし、この考えは甘かった。

 世界はジャイアニズムで出来ている。
「俺のものは俺のもの。お前のものは俺のもの、だ」

 日本人の致命的な欠点(と日本人の僕が思うのは)は、国際社会においても相手に善意を尽くせば善意が帰ってくると思い込んでいること。また、相手と自分は同じ価値観だとつい、無意識レベルで思ってしまい、甘い行動に出ることだと思う。日本国内の感覚では外資とは戦えない。どこまでいっても日本は甘い。世界はいまだに帝国主義なんだよ。直接武力で戦争をしなくなっただけで、今現在も経済で戦争をしている・・・そんな悲しい世界が現実なんだ。

 VWとスズキが揉めていたであろう時期にクローズアップ現代か何かでスズキの経営者が「VWが技術を開示してくれない・・・」とぼやいていたことが鮮明に記憶に残っている。当たり前じゃないか。VWはスズキを侵食しにきているのだ。相手にドル箱技術を提供するわけがない。提携関係の契約に記載された内容以上のことを期待してはいけないし、おそらく記載内容の履行を要求すること自体も困難なはずだ。当時、スズキの経営陣に「なんて甘い考えで取引しているのだろう」と驚いた記憶がある。これではお人よしの地方の中小企業ではないか・・・というか、実際そうなのだろう。

 VWは決算報告書にスズキを「財務・経営面で重大な影響を及ぼせる会社」として記載。スズキは不快感を示したが、あちらは支配する気満々だ。その他いろいろあって、スズキとVWの関係は解消される・・・のに数年を要して(提携関係の期間より遥かに長い間係争していた)、ようやく関係解消が認められた。どれだけの費用と労力が費やされたことか・・・。

 

 関係解消は、とりあえずは良かったと思いたい。

 しかし、今後は厳しいのは明白。独り立ちしたスズキはバックアップなしに大メーカーと戦っていかなければならない。現在の技術トレンドは環境性能・安全性能。そして今後は自動運転だろう。膨大な技術開発費と、(インフラとして自動運転が組み込まれてゆくだろうから)強力な政治力が必要になっていくはず。スズキの得意とする「安い実用品」路線でどこまで戦えるか。。。また、カリスマであるスズキ会長のじっちゃんも、さすがに年齢的に厳しくなってきている。上手く世代交代して健全性を保てるか・・・課題は山積みに思われる。

 それでも、僕としては、応援したい。背水の陣で頑張ってほしい。
 幸いなことに、スズキ社内では危機感が共有されていると思う。Dでもそのような話を聞いたし、車作りにも良い意味で危機感が現れている。頼れる者が無い以上、商品力を上げよう、という意識が車から感じられるのだ。それが最近のスズキの車作りに好影響を与えている。



 マツダもフォードから分かれて独立独歩、厳しい中で、技術開発を積極的に行って頑張っている。スズキも後に続いて欲しい。

 頑張れスズキ!

 
Posted at 2015/08/31 09:27:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 好きな日本車 | 日記
2015年08月23日 イイね!

現代の浮世絵

 浮世絵とは、江戸時代に成立した絵画のジャンルである。現代において一般的には多色摺りの木版画錦絵のことを指すことが多い。「浮世」という言葉には「現代風」という意味もあり、当代の風俗を描く風俗画である。 



wikipediaより。


 個人的に興味深いと思うのは、浮世絵は基本的に庶民の文化だということ。浮世絵は庶民生活に寄り添う娯楽だった。今で言うところの、グラビア写真であり、漫画であり、萌え画であり、商業ポスターであり、あるいはエロ本であり・・・。庶民が描いて、庶民が消費するという点がとても面白い。

 例えば欧州では芸術として体系化された絵画があり、それはそれで素晴らしいものだと思うが、それらはどちらかといえば権力者のものであり、階級社会の上部が独占していたもの、という印象がある。画家は権力者に庇護され、権力者のために描く。庶民は関係のない世界。。。もちろん、庶民は庶民でアートたりうる娯楽があったのだろうが、浮世絵のような庶民発祥のハイクオリティ+安い大衆娯楽絵文化は稀だったのではないかと想像する。

 


 浮世絵が西洋にアートとして発見されるのは明治時代。もともと大衆向け量産品だった浮世絵は、当時の日本の輸出品である陶磁器の包装紙として使われていたのだが(新聞紙で包むような感じ)、それに価値を見出したのがフランスの画家ブラックモン。欧州に紹介された浮世絵は絵画に大きな影響を与え「ジャポニズム」の流れを作り出した。

ゴッホ作 タンギー爺さん  背景に浮世絵が。



 僕は素人なので偉そうなことは言えないが、それでも分かるのはジャポニズムの影響を受けた絵は従来の西洋画にはない構図や省略、あるいは輪郭線が主体となった描画など、かなり大きな変化があって、いかに当時の西洋画家たちにインパクトを与えたかということ。

 個人的に好きなロートレックもジャポニズムに影響を受けた一人。↓なんて、すごく漫画ちっくというか、日本的な描写に見える。












・・・んで、何でこういう話をしているかというと、日本人って昔も今も変われないなあ、と思ったからなわけで。

 乱暴な言い方になるけれど、日本の二次元文化ってまさに現代の浮世絵だと思う。西洋的なパースや塗り、遠近法などが導入され、また、美人の定義なども変わっていているけれど、庶民文化として安く絵を娯楽として楽しむところなんて、全然変わってないのね。

艦これ公式絵より


 浮世絵という言葉自体、「現代の」みたいなニュアンスなので、「浮世絵=今風の絵」ということだよね。浮世絵は安いものでお蕎麦一杯の値段だったらしく、採算割れもあるくらいギリギリ安かったそうだけれど、これって現代の同人誌だなあ・・・と思う。


・・・で、何の話かというと、お盆と大晦日に賑わうコミケの話なのだ。



意地悪な報道のせいで誤解されがちだが、コミケはもともと、同人作家が自由に自費出版してそれを相互に買い支えて楽しむ交流会。1975年から続いているらしい。参加希望者抽選で選ばれる。だから、誰でも参加できる可能性がある。

 同人誌の頒布価格(相互扶助が元なので、販売価格ではなく頒布価格)はだいたい500円前後とのこと。一部には生活できるくらい稼ぐ作家がいるけれど、参加者のほとんどは赤字らしい。・・・まさに浮世絵の経済環境にそっくりではないか。
人が集まるところなんかも日本的だね。これはお祭りだわ。

 

・・・と、こういう視点で見ると興味深いと思いません?



あ、僕ですか?
絶対行きません(笑)


Posted at 2015/08/23 11:07:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | アニメの話でも。。。 | 日記
2015年08月14日 イイね!

ぱたぱた。

最近のフォトショには動画出力機能もついてるんだね。
MP4形式で出力すればyoutubeにも載るので、パタパタさせてみた。
本来はGIFアニメ用に製作したものなんだけどね。





0.1秒単位で2つの絵を切り替えているだけなんだけど、いちおう風が起きてるようには見えるっぽい?本当は4コマほど描き分けるともっとクオリティあがるんだけどね。作業量が大変になるのでパス。


こんな簡単なメカニズムで少しは動いているように見えるって、人間の目の錯覚って不思議やね。
Posted at 2015/08/14 13:17:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | ■ラクガキ■ | 日記
2015年08月13日 イイね!

自然治癒

そういえば、
前回のメンテ以降、「テールランプ切れ警告灯の点灯」が自然治癒した。
これまでずっと消えずに原因が分からなかった不具合だったのだが、あっさり解決。以来再発していない。


そこで考えて見ると・・・
関係ありそうなのは、スパークプラグ交換だ。
中古購入時から装着していたイリジウムタフから純正に戻したところ、警告灯が消えた、と考えられる。

スパークプラグにはエンジン稼働中は大電流が流れているはず。イリジウムタフでは電流の流れに難があって、ECUに悪影響がでて警告灯が点いていた?



走りのフィーリングに関しても純正のほうが良さそうだ。
まあ8万キロ走行後のプラグと新品とを比べるのはフェアでは無いが、純正のほうが全域にトルク感が出た気がする。体感的には数パーセントは出力に差がありそうに思われるが(中古購入後ベストなエンジンの調子だ)、プラシーボもあるし、そこはなんとも言えない。ただ、警告灯が点かなくなったのは間違いない。

イリジウムタフはE46とのマッチングを確認して装着したのだが・・・ヘタに社外品に換装すると不具合が発生する、という典型的な例かもしれない。性能的にも純正を定期的に交換したほうが良さそうだしロングライフ狙いでイリジウムを装着するってのは、それほど良いことじゃないのかもしれない。


念のため書いておくと、今回の件はウチの車の固有の問題かもしれないし、イリジウムタフがダメと言つつもりはない。
Posted at 2015/08/14 00:02:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | E46メンテナンス | 日記
2015年08月10日 イイね!

酷暑お見舞い。

毎日暑いですね。
ちょいと息抜きを。


瑞雲扇風機。



・・・・せっかくGIFアニメでパタパタ動くようにしたのにみんカラのGIF投稿は許容ファイル容量が小さくて話にならんかった。よって静止画で載せてみた。
・・・何やってるんだろう、自分、と思いつつもお絵かきは楽しいね。


ちなみに瑞雲は水上機にも関わらず、戦闘、急降下爆撃可能な高性能機で、
1300馬力、 最高速448キロ 航続距離2500キロ 20ミリ機関砲装備だったそうで。

現代の民間小型機と比べても十分にバケモノ性能ですね。
Posted at 2015/08/10 21:38:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | ■ラクガキ■ | 日記

プロフィール

「レカロシート 純正レストアについての備忘記録 http://cvw.jp/b/764102/41642392/
何シテル?   06/24 11:18
ルノー・ルーテシア2RXE を新車から14万キロ BMW E46 318iを中古で69000キロから154000キロまで、 そして現在、初代トヨタプロボック...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

ドイツ車、フランス車に限らず、車には何でも興味あります。よろしくです。

車椅子ユーザーの方、歓迎です。情報交換が出来ればと思います。

43 人のお友達がいます
d_rushd_rush * ジャーマンボーイジャーマンボーイ *
keir34keir34 * かいまんかいまん *
5nigel275nigel27 ど~うんど~うん

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プロボックスワゴン トヨタ プロボックスワゴン
「虚飾は、いらない」
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
14万キロでAT故障。退役。 AT以外のコンディションは抜群だったのですが。
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
8年落ち69400キロ時点で購入。 ※5年、総走行距離15万3千キロ余で、シリンダーヘ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.