• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2014年11月29日 イイね!

結局こうだったのですョ(苦笑)。

結局こうだったのですョ(苦笑)。ご無沙汰してました、

canonです、

皆さんいかがお過ごしでしたか?



私はLMLに悩まされておりましたョ・・・。
(苦笑)




以前のブログでは、

納車時から不調で、

私的キャブ調整してなんとか走るようになったLML、



ソノ後、9月は快調だったのですョ・・・、

しかし、10月に入った頃から、

アイドリングが少し高くなって・・・、

更に高くなって・・・とんでもなく高くなって・・・、
(苦笑)



再度キャブ調整したのですが、

エンジン暖まるとまたドンドンアイドリングが高くなるのですョ、

くるまひさんや近所のバイク屋さんのオヤジさんに相談したら、

「2次空気吸ってない?」と、

いやぁ~そんなバカな・・・、

そんなバカなコトがあったのですョ・・・、

以下、10月末日のコトです、

購入した例のお店に電話したら、

「持って来て下さい。」と、

え、木更津から???
(苦笑)

お店ある場所東京の永福じゃん・・・、

ネットで調べたら4時間半くらいかかるじゃん・・・、

125だから高速乗れないので全部下道じゃん・・・、
(汗)

いいや、こうなったら意地でも乗り付けて文句言ってやるっ、と、

意を決して自走したのですョ、

でも・・・、



船橋イケア前の交差点でチカラ尽きて・・・、

ダメ元で押せ押せで走っては押して・・・、

何とかJR市川塩浜駅までは行きました、

でも、エンジンとうとう掛からなくなっちゃった、
(爆)

で、人生で初めてJAFさん呼んだのですョ、

「東京まで行きたいのですが・・・」、



代官山は蔦谷書店さんまで(笑)運んでもらいました~、

ココでお店へ電話、

「もう動かないから迎え来て下さいな・・・」、



代官山の大通りで積まれて行きましたョ、

恥ずかしかったな、
(苦笑)



迎えに来てくださったメカニックさんに、

エアスクリューのキャップ初めからなめていたから新しいの付けてねとお願いして・・・、

数日後、

理由はこうでした、
(先方のメールを引用)

「不具合の原因は、クランクオイルシールの抜けかけによる、

2次エアーを吸い込んでいたことによる不具合でございました。

現在、輸入元にクレームとして部品の手配をしております。

また、念のためピストンシリンダーもチェックいたしましたが問題はございませんでした。

部品到着後、組み付けてから初回点検に入る予定となっております」

で、更に2週間余りが経過して・・・、
(メールの引用です)

「・クランクオイルシールも入荷し、組み直し済みでございます。

・初回点検も完了いたしました。

・再度キャブ調整を行いました。

*キャブ調整(マフラー加工含む)につきましては、

EURO3のマフラーで125ccクラスでございますので、

劇的な改善は厳しい状況でございます。

(調整方法につきましても輸入元や販売店などにも確認しております。)

ご納車の時よりも距離が伸びていますので、

今回の再調整で、以前よりは乗りやすくなっていると思いますが、

ゼロ発進時のガスの薄さは、致し方ないものでございます。

(PX125EURO3も同様なものでございます)

お手数ですがクラッチとアクセルワークにて、ご対応をお願い申し上げます。」

だ、そうで、

更に、
(メールから)

「車両のお引渡しについてでございますが、

もし市原デポまでお越しいただけますものでございましたら、

そこまでの配送費用は当店にてご負担させていただきます。」

オイオイ、直ったのは良いとして、

千葉県の市原まで配送してくれるなら、

市原に引き取り来てくれョ・・・と言いたい、
(市原なら1時間も掛からない・・・)

だって市原通過してデポの前も通り過ぎてるんだぞ私、
(市川塩浜まで3時間も掛かってLML押して歩いて大汗かいたんだぞ私・苦笑)

でも、ま、しょうがない・・・、



で、引き取りにいったのが11月24日、

市原デポとは「2りんかん市原店」なのですが、

ソコの店員さんと一応現車確認して問題なかったので、

「じゃ、どうも~」と言って久々にLMLを走らせて・・・、

ええ、良かったですョ、

・・・途中までは、



ある時気が付きました、

右のウィンカー点滅していないじゃん!

途中で止まって点検したら・・・、

右後ろのウィンカーのコネクター変形による端子の接触不良、

画像はソレに被さるブーツですが、

新品とは思えないボロさで穴が開いてる(笑)始末、

オイオイ、初回点検完了ってメール来てたよな???

コノお店・・・、



ちゃんと見てるのかいな???

ええ、アイドル回転は落ち着いて問題無く乗れますし、

エンジンバラすのにミッションも全部下ろして、

再度ギヤ・クラッチ調整もやってます、

ハンドチェンジのフィーリングは納車時よりもずっと良くなって、
(って、コトは納車前点検シッカリやってないのカモ???)

とても気持ち良く走るようになっていますョ、

でもね・・・、

修理・点検完了してスグにウィンカー点灯しなくなったり、



あれほど問題にしたコレも装着すらされていない・・・、

さすがに仏のような私?でもアタマに来たので、

メールしたのですョ、

電話だと怒鳴ってしまうから、
(笑)

そしたら・・・、
(先方からのメールです)


「この度は、大変ご迷惑、ご不便、ご不安をおかけいたしました。

また、私どもの至らぬ点、多々ございましたことを心よりお詫び申し上げます。」


え、コレだけ?

エアスクリューのキャップは?

アノなめたの使えってコト???

オイオイ・・・、

も、ホント、コノお店、ダメなんでしょうな、
(苦笑)

あきれてモノも言えなくなってしまいました、

コノ後、当然ですが先方からは何もありません。



と、まぁこんなカンジです、

こういうお店もあるんだな、と、

とっても勉強になったのと、

もし、私のみん友さんや、

今回のブログ読んで下さった方、

ココのお店では買い物したり修理お願いしたりは、

多分されないと思いますが、
(笑)

念のため、お気をつけ下さいませ。



ガイシャだから仕方無いとか、

インド製だからクオリティ低いとか、

canonもうチョット自分で何とかしろとか、
(笑)

そんなコトは言わないで下さいね、

キチンと整備してれば、

そんなに壊れるモノで無いと、

他店の人は申していますから・・・。



長文、最後まで読んで下さりありがとうございました、感謝です。
Posted at 2014/11/29 02:28:18 | コメント(9) | トラックバック(0) | LML関連 | クルマ
2014年09月04日 イイね!

LML・・・納車後の顛末。

LML・・・納車後の顛末。今回のブログの内容に
一部不適当な表現が
あるカモしれないコトを
先にお詫びして・・・、

LMLの納車後から
現在までをチョット
記録しておきます。



前回のブログで
8月22日に納車され、

翌日23日にリアボックスを取り付けたコトを
すでに報告しています、



ソノ文中で「エンストしやすい」と書きました、

今回はソレについて書いていきます、

24日にも乗車して、

やはりエンストしやすいのを再確認、

発進時、右折待ちの再発進時、と言った
半クラッチでのアクセルのビミョーな操作時に良くエンストします、

なのでエンストしないよう
かなりアクセル吹かしたりとやっていましたが、

「こんなもんか?こんなもんじゃないだろう?」と
購入したお店に電話して問い合わせました、

すると、

「排ガス規制を受けてエンジン回転の上がりが悪くなり
そういう影響からかエンストしたりもあります」

「マフラーの内部が排ガス適合の為にかなり複雑で詰まった構造で
昔のよりも抜けが悪く、ソレが悪さしてると思われます」

「LMLだけでなくほぼ同じ構造のベスパPXも同じようなコトあります」とか、

そんな説明を受けました、

ソレを聞いて私は「キャブでどうにかならないの?」と聞いたら、

「あまり代わり映えはしないかと思います」と言われました、

じゃぁどうするの?????

お店のメカさんは、

「保障が切れたトコで、昔の型の純正マフラーか社外のチャンバーなどに
交換されると改善されますし、ウチでも何台かそうしました」と、

ふぅ~む、

そんなもんか?LML、

と思いながらも、

気になるキャブを観察してみました、



LML(ベスパも)のキャブはエアクリーナーボックスの中にあるようなカンジでありまして、

ご丁寧にも和訳の取説にもキャブの解説がチョット記載されております、

で、いじれるモノを探しました・・・、

そして見つけました、



黄色い矢印・・・アイドル調整スクリュー

水色・・・エアスクリュー

赤色・・・エアスクリューにアクセスする通路のキャップ

触りたいのはエアスクリュー、

ひとつわかったのは、

ココまでバラさなくても外部からアイドル調整スクリューとエアスクリューはアクセスできる、
(ムダな作業したわけです・苦笑)

でも構造わかったのは大きな収穫、

で、ココで・・・購入したお店でなく、

私が購入したあとに知った、

LMLを扱うお店へ電話、

ソコの方の回答は・・・、

(現車を見ていないのであくまで推測の上で)
「マフラーは確かに原因のひとつとも思えますが
おっしゃる症状ですとキャブをいじればいくぶん改善されるカモしれません」とのコト、

ウン、やっぱりキャブだ、
(笑)

で、早速トライ、

エアスクリューの戻し回転を確認、

1回転と4分の1程度でした、

エンジン暖機して締め込むと更にエンストしやすくなるのを確認して、

今度は緩める方向へ、

2回転ほど戻すとかなり良くなり、

最終的には3回転近く戻しました、

アクセルをちょいと開けても息つきするコトなく、

エンストもなくキレイに吹けるようになりました、

問題解決・・・、

ハイ、現状コレで大丈夫なので
ようやく通勤にも使えるようになりました、

9月2日のコトです。



さて、ココまで書いて・・・良かったじゃん、と言いたいのですが、

実はココからが書きたい本音、

私が問題にしたいのは・・・、



エアスクリューの通路をふさいでいるキャップ、

プラスチック製で13ミリの六角でゆるめるコトができる大きさです、

マイナス溝が切ってありますが、

ココはコインみたいなのでゆるめれば・・・なのですが、

私がエアスクリューにアクセスする際に、

すでにナメていた・・・、
(ホントです・苦笑)

つまり、私がエアスクリューいじる前に、

誰かがエアスクリュー触ろうとしているのです、

LMLメーカーの人間か、

買ったお店の人か、

ドチラかでしょう・・・、

メーカーもお店も私に売る前にエンジンはかけて吹かしたりとかしてるハズ、

ソコでエンジン吹けないのもわかったハズ、

で、エアスクリュー触ろうとしてキャップを外そうとしたが・・・、

普通の大きさのマイナスドライバーでやればこんなプラスチックネジ、

ナメてしまいます・・・、

実際私もマイナスドライバー当ててみましたが、

ちょうど当たる部分、ナメますね・・・、

なので、誰か、やろうとして失敗したハズなんですョ、

で、エアスクリューいじれないからそのまま納車したんですョ・・・、

きっと・・・ええ、多分。



私はコレ、手持ちのメガネレンチ数種類の中から
良さげなモノでゆるめました、

取り付けは狭くてチョット奥まった場所で指がようやく入る場所なので、
(手前にセルモーターがあって邪魔なのです)

キャップは付けずに丸めたガムテープを押し込んで仮処置しました、

自分の愛車だからまぁコレで良いのです、ハイ。



お店が納車する場合は、

キチンとキャップしなきゃイケナイでしょうが、

ソレ以前に、キャップ、ナメているし・・・、

そしてエンジンも、調子の出ていないバイクを納車する・・・、

買うのは良かったのです、ソノお店、

でも、コレでは、もう、ソノお店には修理・整備には出せないですね、

皆さんも出さないですよね???



今回のブログではあえて店名は書きませんが、

少し前のブログには画像まで載っております、

ご興味のある方はご覧下さい、

日本でイチバン新車のベスパ売るお店・・・売るのはイチバンなのカモしれませんが。
(苦笑)



私の「愛車生活」的なやり方・対応ですと、

今後のお店の付き合いもあるので、

何かこうしたトラブルや困ったコトがアリ、

お店とやり取りした場合は、
(ケッチの時など何度も連絡取り合っています)

「調子良くなった」と返答したいトコロですが、

調子伺いも何も連絡無いので、

私も連絡するのやめました・・・、

で、ココで書いた次第であります、

ホントはこんなコト、書いちゃイケナイのでしょうがね・・・。
(苦笑)



今回私が行った「エアスクリュー」いじりは、

本来のキャブセッティングの面から見ると、

個体差もありますが、

チョット回し過ぎ・・・ココまで回すなら
ジェット類から見直さないとイケナイ部分もありますが、

とりあえず問題無いのでこのまま使うコトにします、

排ガス規制の絡みもあって出荷時点ではかなり絞ったと思われますが、

まともに走れないんじゃ仕方ありません、

クルマのキャブもですが、

エアスクリューなどはカンタンにアクセスできないよう、

キャップが付いていたり特殊工具(SST)が必要だったり
回し過ぎ防止のリミッターがあったりします、

今回のLMLもスグにアクセスできないよう、

プラスチックのキャップがあったわけですが・・・、

ナメた跡・・・誰かがいじろうとしたのは間違いないと思います。



取り留めのない内容になりましたが、

今日も無事問題無く走っておりますのでご安心下さい、

最後まで長文にお付き合い下さりありがとうございました。
Posted at 2014/09/04 02:34:52 | コメント(12) | トラックバック(0) | LML関連 | クルマ
2014年08月23日 イイね!

第6章の主役登場(笑)。

第6章の主役登場(笑)。古臭いですが、

新車です、

クオリティ低いですが(笑)
ベスパのノックダウン生産車です。





カタチや中身はベスパそのまんまなので、

ベスパの部品が使えたりもしますが、





インドのメーカー「LML」、

新車なのに結構アチコチ傷があったり(笑)
サビていたり
ネジがゆるんでいたいりと、

お店でもかなり念入りに納車整備はやってくれていますが、

私の手元に来てからもいくつか不具合と言うか
まぁインド製だからこんなもんか?と(笑)
思いながら面倒見るコトにします、



コイツを選んだ理由は、

「新車で買える2ストローク車」だったコト、

あと、同じカタチのベスパも新車販売しているのですが、

125ccと150ccがアリ、

ベスパの125ccは今年は輸入中止で今日本にある(昨年以前の)在庫のみ、

代わりにLMLが今年に入って125の輸入を再開するとのコトで、

購入したのであります、
(私が購入した時点では白のみでしたが、もう少ししたら黒と水色が入るそうです)

ベスパも検討したのですが、

決め手はお値段、

ベスパ約50万、LMLは30万ととても安価(?)、

代わりにクオリティは多少低い?ですが、

目をつぶりましょう、



昨日22日に納車され、

試運転がてらくるまひさんのお店へお邪魔してお披露目、



今朝通勤快速とすべくリアボックスを取り付けしました、



しかし、

2サイクルの排気音と慣れないハンドチェンジを操るのは楽しいですが、
(ウィンカーの位置がギアチェンジのたびに変化するのは戸惑います・苦笑)

排ガス対策を施しているからか、
(2サイクルながらも「ユーロ3」排ガス対策適合モデルなのです)

かなり暖機しないとエンジン吹けないしエンストしやすいなど、

とても現代のバイクとは思えない(笑)、

でもこういうユルさ加減がこういったバイクを楽しむのには、

良いのだろうなと思いました、

国産車では味わえない面白さはスゴくあるとカンジました、



カンタンなインプレはと言うと、

ブレーキは良く効きます、

片持ちサスが気になりますが、

剛性面など問題ないですね、

右側にエンジンとミッションがあるので
重みで右へフラフラしながら走るカンジがします、
(笑)

スピードは思ったより出ていないですが(笑)
体感速度は速いです、

ですが、比較できてはいませんが、

おそらく50ccの国産スクーターよりも
遅いだろうと思います。
(笑)
Posted at 2014/08/23 11:23:25 | コメント(6) | トラックバック(0) | LML関連 | クルマ

プロフィール

「秋めいてきましたね♪ http://cvw.jp/b/770138/41950990/
何シテル?   09/16 15:41
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
70 人のお友達がいます
クマおやじクマおやじ * 五兵衛五兵衛 *
リョーマ様リョーマ様 * RB-JLRB-JL *
V-テッ君♂V-テッ君♂ * kotarokotaro *

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.