• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2018年10月25日 イイね!

ルブロイド添加後ファーストインプレ 小ベンリィ(CD50)編

●もしかして気温や湿度?(苦笑)

今朝7時台(出勤時)コチラの気温13.8度、

夕刻帰宅時17時頃は17.8度、

朝は多少湿度あるものの不快ではなく丁度良い塩梅、

本日の天気は快晴で申し分無いお天気・・・、

こういうのがフィーリングに良い感想をもたらしたりしていて?(笑)


●と、前置きした上で小ベンリィで通勤して

オイル交換後のチョイ乗りですでにルブロイド効果をカンジていた小ベンリィ、

果たして通勤では・・・、

①シフトフィールの良さは感動
 
 ニュートラルから1速へのシフト操作時のショックはまろやかに、

 シフトの遊びみたいなモノがシャープに、

 シフト入力(ギア噛み込み時)のタッチが良くなりました。

②高回転時のアタマ打ちのフィーリングの変化

 今までは「もうダメ(笑)」と音と伸びの無さで訴えていたフィーリングが、

 「このまま回してても良いョ(爆)」的な感触に、

 高回転(いわゆる全開です・苦笑)そのまま維持したまま負荷掛かっても大丈夫みたいな。

③元々トルクが太い(対リトルカブ&ドリーム比)ですが、

 ソノ太さ(と言っても50なのでたかが知れてます)が高回転でも維持できる、

 ②と重複するカモしれませんが、

 上り坂とかでも高いギアのまま(大抵はトップ4速)でイケるのですが、

 コノ時のアタマ打ち感や馬力の落ち込みが少なくなりました・・・、

 でも、コレって初めに書いた気温や湿度の関係カモ?(苦笑)

・・・と、②や③はともかくとして、

①に関してはドノ車種もですがシフト操作に対する好印象は否定できません、

ルブロイド、シフト操作向上だけの効果だったとしても「買い」な商品だと、

私的には思いました、

4サイクルエンジンをはじめ、

マニュアルミッションとデフギアには使用できるそうなので、

おクルマにもきっと効果あるでしょう、

気になるかたは是非お試し下さいませ。


それでは、また次回、

コメント戴いたかた、返信後日になります、ご了承下さい(スミマセン・・・)。
Posted at 2018/10/25 20:52:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 小ベンリィ関連 | 日記
2018年10月07日 イイね!

おおぉ~こりゃ良いモンだなぁ(笑)

●これでも10月かっ?(汗)

少し動くと汗だくになってしまう気温です(午後1時~29度超)、

午前中は強風が吹き荒れてましたが、

午後からは幾分穏やかになったので、

先日の台風等々でベトベトに汚れた屋外保管のバイク5台を洗車しまして・・・、

キレイになると良い気分になって♪、



ついつい先日購入したクレのLOOXでゴシゴシ拭いてやったのですョ・・・、



あらま、チョーピカピカ!(嬉)、

画像は小ベンリィのフロントフェンダーなのですが、

コイツはいつも大変お世話になっている地元のバイク屋さんの社長さんのご好意で、

購入時に缶スプレー(笑)自家塗装仕上げで納車して下さったのです、

「あんまりにもキタナイから塗っておいたョ」って、

最初はピカピカだったのですが、

時間が経つにつれ放置していたのもあってカサカサに(汗)、

時折何がしかで磨いてはいたのですが、

スグにカサカサに・・・、

でも、LOOX良いですなぁ~、

チョイチョイとゴシゴシやるだけでこれだけ光ってしまうのだから、

ならば・・・、



デラックスなコレも買っても良いカナ?って思いました(笑)、

そんなコトをしていると、



先日注文したブツが届きました、



某雑誌名が刻印されていますが読者プレゼントではありません(苦笑)、

「MCクラシック」誌とデグナーと言うバイクの用品(タンクバッグ等)を製作しているメーカーのコラボ商品、

初期製作50ロットとありましたのでソッコー注文入れました(爆)、

ベルトに通して使う巾着袋です、

合皮ではなく本皮製と言うのが良いですね、

長く愛用できそうです(笑)。


それではまた次回に。
Posted at 2018/10/07 16:43:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | 小ベンリィ関連 | 日記
2017年05月26日 イイね!

小ベンリィとの2年はライディング見直しの日々でした

●先日手元に来て2年が過ぎた小ベンリィ

リトルカブと同時に契約し、

約ひと月遅れで納車された「小ベンリィ」ことホンダベンリィCD50

昨年のブログではコレのコーナリングが最高!と書いた、

あれからも、イロイロと考えながら愛車達に乗っているのだが、

やはり「小ベンリィ」がイチバン素直で忠実なコーナリングをするバイクと言うのが、

私のアタマの中では変わらない、

そして最近思うのは、

「今までやってきた(乗ってきた)やり方って間違って無かったか?」と、

自分のライディングを見直す良い教材となっている。


●力(りき)んじゃダメ!

小ベンリィを操るのでイチバン大切なのがコレ↑、

チカラ任せの操作はイケナイと思うのである、

特に・・・急ブレーキと急ハンドル、

コイツは小ベンリィの車体に問題があると思うのだが・・・、

ソレはトップブリッジ・・・ハンドルの下、フォークやステムシャフト等を固定する大切な部品だが、

フツー、ココはアルミの鋳物、もしくは削り出しで作製、

剛性の高さが求められる部分なのであるが、

小ベンリィのソレは・・・鉄板をプレスした様な(?)見た目にもペナペナな部品(汗)、

なので、急ブレーキを掛けるとハンドルがねじれる様な気がするし(苦笑)、

ムリに曲げようとすればやはりハンドルがグラグラする様な(汗)、

ハンドル固定部分(ハンドルポスト)にも問題アリなのカモしれないが、

フロント廻りがねじれる様な感触なので、

おそらくココの剛性が低いのでは無いか?と、

そう考えているのだ、

自然に、ごくフツーにコーナリングしたりブレーキを掛ける分には、

全くそんなねじれやグラつきなんてモノはカンジ無いので、

トップブリッジに問題アリ?と思っている、

整備不良であるならば、通常使用の状態でも何らかの異常をカンジるからだ、

なので、小ベンリィでは緊急時以外は、チカラ任せの操作はダメなのである。


●カッコつけたライディングフォームも×!

ついついやってしまうのが、

レーサーの走り方のマネっこしたり(苦笑)、

大袈裟なフォームをしたりとやってしまうのが、

コーナリングであると思うが、

小ベンリィにはコレもダメ、

あくまでも素直に自然にバンクさせコーナリングするのが小ベンリィを楽しむコツだと思う、

先にも書いた様にトップブリッジの剛性不足(?)と思われる理由から、

派手なフォームを使おうとするとフロント廻りからバランスを崩す様な感触(?)、

サスペンションの性能自体も低い(ダンピング不足である)ので、

スポーツバイクの様なコトをしようとすると、

車体がソレに付いていけない様に思う、

私がヘタクソなのもあるカモしれないが(笑)、

でも、小ベンリィはガンガン攻め込む様なバイクでもないので、

大人しくノンビリ走るのが良いと思うのである。


●でも、コレで良いんじゃないか?

小ベンリィに乗る度に思う、

上の2つからすると、かなりモノ足りないバイクにも思えるが、

小ベンリィの性格を思えば、

コレで十分満足できると思うのだ、

コレは、私がイロイロな車種に乗ってきたから分かったのだと思う、

欲を言えば50でなく、90がパワー的には理想だと思うが、

50でも十分、役に立つし、バイクらしさは持っていると思う、

「カブ」との最大の違いはソコにあると思うし、

ソレが「ベンリィ」の存在意義であると、

私は思うのだが・・・。


●でも、ベンリィは・・・

今やスクータータイプの商用車になってしまった(涙)、



もう2度と私が愛する(苦笑)小ベンリィの様なバイクは市販されないだろうなぁ・・・、

前後カバーされたサスペンションのおかげでシールの傷みはあまりないし・・・、

チェーンケースのおかげで給油や掃除の手間も掛からないし・・・、

タンクがあるからタンクバッグも付けられるし、

荷台があるから箱も載せられるし・・・、

クラッチがあるからギヤ操作も楽しめて・・・、



通勤路から1本外れた田んぼのあぜ道、

こんなトコロを3、4速あたりでノコノコ走る、

コレが私にとってイチバンの小ベンリィとの楽しみ方だと思う。


●良い買いモノをした(笑)

バイクの運転を上手くなりたいと思ったら、

ライディングスクールに通うとか、

レッスン形式の走行会に参加するとかあると思うのだが、

モチロンコレはコレでとても役立つし、

私も機会があれば参加してみたいと思う、
(過去に2度オマワリサンのスクールには参加した・・・良い想い出です)

ケイサツ主催のヤツだと無料だったりするので費用は掛からないのが嬉しいが、

走行会とかになると・・・それなりにね(汗)、

なので、車両価格も維持費も安い小ベンリィは、

私自身にとっては「ライディング見直す費用」と思えば、

とても安い買いモノだったと、

そう思うのだ、

結果として、「無茶しない」「ムダなコトしない」「ムリしない」等々、

そんなライディングになってきたカナ?と思う、

モチロンどんなバイクであれ、

転倒や事故は避けたいモノであるし、

乱暴な運転をして周囲に迷惑を掛けるなんてコトもしないのであるが、
(そうしているつもりであるが、実際はどうだろう???苦笑)

小ベンリィに乗ると「(バイクの)弱者」的な気分になり、
(煽られたりとか幅寄せされるコトも・・・汗)

バカなコトはしなくなる・・・元々そんなコトやらないですケドね(笑)。


●そんな小ベンリィ、おススメです(笑)

小ベンリィに限らずですが、

コノ手のバイク達、

これからバイクを乗り始めようとか、

2台めや足代わりになるバイクが欲しいと言う人、

そんな方におススメです、


●ヤマハYB50 2ストと4ストのモデルがアリ



●スズキK50 2スト



●スズキコレダスクランブラー50 「K50」ベースのスクランブラー風モデル



●ホンダベンリィCL50 私の小ベンリィ(CD50)ベースのトレール風モデル 
 (実は結構欲しい・爆)


などなど・・・「ベンリィ」「YB」「K」など、50・90のモデル達と、

ソレをベースにチョットお洒落(?)にしたモデルがいくつかあります、

いずれも車両価格は10万円前後から、

部品もソコソコありますし(?)維持費もお安いですから、

気になる方は1台いかがでしょうか?


と、雑誌でこんな記事がある様で無かったりなので、

自分で(ベンリィ等を)自画自賛(爆)しながら書いてみました、

まぁ私がオッサンになったから、

こんなバイク達の魅力がすこ~しだけ分かったと言うのが、

本音なんですケドね!(笑)

それでは、また次回!
Posted at 2017/05/26 21:12:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | 小ベンリィ関連 | 日記
2016年07月02日 イイね!

ホンダベンリィCD50によるコーナリング再考。

今、手元にあるバイクの中でイチバン最高のコーナリングをするのが、



私が「小ベンリィ」と称している、ホンダベンリィCD50、

こんな田んぼ道をノコノコと走るようなオッサンバイクが、

最高のコーナリングをするなんて、

バイク乗りの方もバイクを知らない方もきっと信じてもらえないだろうが、

私にとっては最高なのだ。


カブ系のエンジンにロータリー式ミッション、

前後ドラムブレーキに柔らかいシートとサスを持つ、

決してスポーティとは言えないコイツが、

ナゼに最高のコーナリングを提供できるのか、

私は考えてみた。


皆さんはバイクのコーナリングと聞いて何を考えるだろうか、

バンク角?コーナリングスピードやラインか、

レースだったらコーナー進入のブレーキングか、

以前もそんな内容のブログを書いたが、

ココはあくまでも「楽しい」や「気持ち良い」と言った、

公道上で責任を持ってできる範囲でのコトであるが、

コノ「小ベンリィ」は、ソノ公道上において、

非常にスムーズに一切のムダも見せずに颯爽とコーナリングしていく、

バイクのコーナリングにおける基本、

「セルフステア」、「リアステア」と言ったモノを自然に特別なテクニックも必要無く、

ヘタな私でも楽しめるのだ、

バイクを運転しない方には少しわかりづらいかと思うが、

バイクと言うのは、後輪が傾くコトがコーナリングのキッカケになる、

前輪は、後輪が傾いたコトにつられて傾き(車体が傾くと言うコト)、

ソコにハンドルによる舵角が加わるコトで、

コーナリングしていくと言うのだ、
(荷物を載せる台車や乳母車のキャスターの動きを思い出していただきたい、
後ろ側から前に押したら、キャスターの向きがクルっと変わる、アレと同じ原理なのだ)

かなり昔にそんなコトが書かれている本を読んで、

アタマの片隅にあったつもりだったのだが、

実際長く乗っているとこんな基本的なコトはスッカリ忘れているようで、

最近になって、別のライディングテクニック解説書みたいのを読んで思い出した次第である、

そして、手持ちの愛車でコーナリングしてみて、

イチバン自然に、特にコレと言った操作もせずに、

カンタンにセルフステアが引き出せる小ベンリィは、

本当にコーナーが楽しく、かつ安全に気持ち良く走れ、

今の私には最高なのだ。


当然だが、速いバイクではないのでスピードも法定速度並み、

コーナー入り口でも、高度な加重移動だのライディングフォームがどうだのと言った、

そんな速く走る為のテクニックなんてのも全く必要無い、

ただただ、行き先(ラインやカーブ出口)を見て、

曲がりたい方向へカラダを傾けるだけだ、

ハンドルも、バイクが傾けば自然に切れ、

あとはソノ姿勢をキープしていれば優しくカンタンにコーナーを抜けて行くのだ。


コレをツマラナイと言うバイク乗りもおるだろう、

ねじ伏せて、豪快に曲がるのがコーナリングの醍醐味だ、と言う意見もあるだろう、

私もモチロン、そんなハナシは大好きである、

しかし、全てをバイクに任せ、自然の原理(バイクの基本的な動作)に沿った動きと言うのは、

コノ上無く気持ち良い・・・、

私は、小ベンリィに乗ったコトで、

コレが少し分かった気がするのだ。


しかし、どうしてこういうコーナリングができるのかと考えてみると・・・、

①タイヤが細いのと、

②車重が軽いからと、考えてみた、

乗車姿勢や加重の掛かり方も関連するか・・・、

アップハンドルなので上体が起きた姿勢で、

後ろのサスも柔らかく後輪に加重が掛けやすいのも一因か、

しかし、同じような乗車姿勢の「ケッチ」や兄貴各の「大ベンリィ(ホンダベンリィCD125T)」は、

小ベンリィのようなコーナリングの雰囲気では無く、

ドチラかと言うと直線指向でコーナリングの際には、

チョットだけ「曲がる為の操作」が必要、
(タイヤが小ベンリィに比べれば太く、またサスが硬くなる分、
曲げる為のテクニックが少し必要だと思う)

また、同じような車重だが小ベンリィより少しだけホンの少しだけ太いタイヤのドリームは、

ライディングフォームの違いもあって、

前輪に加重を掛けていくタイプなので、

「自然にスムーズに」と言うのとは少し違うと思うのだ、

こう書くと、小ベンリィは特別なテクニックは本当に必要無く、

バイクを傾かせさえすれば、誰でも同じように曲がれる・・・、

そう思うのだ。


昭和43(1968)年頃から2007年頃まで、

マイナーチェンジを繰り返しながら細々と生産・販売してきた同車であるが、

意外や意外、

キチンとバイクの基本を押さえて造られているのだなと感心した、

私が若い頃は、

「こんなオッサン臭いバイク、嫌だョ」なんて言っていたが、

どうしてどうして、今、こんなに楽しいと思うのか、不思議である、

歳を取ったせいか(笑)知識が昔よりかはついたせいか・・・?

ひとつ思うのは、コイツ(小ベンリィ)に近いコーナリングをする乗り物がある、

ソレは・・・ママチャリである(笑)ママチャリのハンドリングと、

小ベンリィのハンドリングの雰囲気はとても良く似ていると思うのだ、

こんなオチなら、コーナリングを考えるほどのコトでも無いカナ?
(笑)
Posted at 2016/07/02 15:54:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | 小ベンリィ関連 | 日記
2015年06月03日 イイね!

更に新たな通勤快速号「小ベンリィ」を導入~(苦笑)。

更に新たな通勤快速号「小ベンリィ」を導入~(苦笑)。もう、おバカさんですね私、

通勤のアシなんて
1台あれば十分なのに、

4台めのアシ・・・通勤バイクですって。
(苦笑)





5月30日は私的みんカラの日、

みんカラ初めて丸5年になりましたが、

皆さんご存知の通り?

昨年から更新怠っておりますので、
(苦笑)

気が付いたら6月になっていた・・・、
(汗)



納車は5月22日のコト、

近所のバイク屋さんから・・・リトルカブと同時の契約でした、
(爆)

ただ、コチラは長年お眠りしていたので・・・、



イロイロ、バイク屋さんのご主人がアレやコレやと手間隙かけて起こしてくれました、

キャブは新品・・・メーカー在庫残り少ないョとおっしゃっていた希少品?



前オーナーは同じお店のお客さんで通勤に使われていたそう・・・、

アチコチくたびれている部分もありますが・・・、



3キロほど試運転して・・・、



あっという間に通勤快速化、
(笑)



と、同時にコチラの大ベンリィはキャブのメンテでバイク屋さんに入庫させたので、

新しい(と言っても古いケド)ベンリィを購入したのは、

まだ家内にはバレていません、
(苦笑)

大ベンリィが修理終えて戻って来るのが楽しみでもありますが、

ソノ時小ベンリィ買ったのがバレてしまのがコワい、

今日コノ頃であります・・・。
Posted at 2015/06/03 02:05:25 | コメント(6) | トラックバック(0) | 小ベンリィ関連 | 日記

プロフィール

「やってみた(珍しく自己メンテ・苦笑) http://cvw.jp/b/770138/42196954/
何シテル?   11/18 11:44
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
69 人のお友達がいます
V-テッ君♂V-テッ君♂ * クマおやじクマおやじ *
リョーマ様リョーマ様 * comachancomachan *
スカG愛好家スカG愛好家 * kotarokotaro

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.