• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2016年06月26日 イイね!

嗜好を振り返り考えてみた。

あと少しで42歳となる私、

これまでの人生のほとんどをクルマ・バイク好きとして生きてきた、

と言うと、少し大げさカモしれないが、

クルマはモノ心ついた時(1~2歳?)から、

バイクは初めて仮面ライダーを見た時から(記憶にあるのは「ストロンガー」の再放送だから、
おそらく3~4歳だろう)、好きだったと言える、

単なる「好き」が興味追求のネタになり今に至るとハッキリ言えるのは、

クルマの場合はアニメ「よろしくメカドック」を見た10歳・小学4年生(昭和59年)の時、

バイクは中学1年の12歳(昭和62年)、ソノ時の友人の兄・姉が乗っていると言うハナシが
キッカケだった、、

ココを起点として考えてもすでに30年あまり、ずっと興味を失わずにいるのだから、

我ながら関心してしまう・・・、

と書きたいが、両者のいずれも、興味を失っていた年代があるのも白状しておこう、

クルマの場合は21歳(平成8年)の頃から2000年(平成12年)あたりの数年、

バイクは平成10年(1998年)頃からPCXを購入する(平成24年)までの間・・・、

意外に結構あるな(苦笑)と言うのが振り返っての感想だ、

モチロン、全く興味を失い、そのものを忘れていたという訳ではないが、

自分の愛車や興味のある車種以外は別にどうでも良い・・・そんな年代が上に挙げた頃である、

今も、全てのクルマやバイク、ソレに関連するコトに興味がある訳ではないが、

上に掲げた年代の頃よりかはイロイロと見ているので昔とは違うと言えるだろう、

ソレはやはりネットで手軽に情報が得られると言うのがイチバンの理由であるが、

一方であまりにも手軽に知るコトができてしまうので、

「やったつもり」的なバーチャル感になってしまっている点があるのは、

誰しもが同じトコロをカンジるのではなかろうか?とも思う、

リスク回避と言う見方からすればネットの情報はありがたいコトなのだが、

ネットで知ったコトで興味が削がれてしまうのはチョット哀しい部分もあるのカナ?と言うのが、

ココ数年で強く思うコトだ、

クルマ・バイクを趣味とするのは大変にお金や時間・労力等を使うコトなので、

いらぬリスクは受けたくないのは皆さんも同じとは思うが、

初心を思い出して(?)純粋に向き合ってみるのもどうかなと思う、

そんなコトを考えてみました、

しかしながら、成長するのが人間、

初心なんて忘れてしまったョ、なんてコトもあるでしょう、

もしくは過程で、好き・嫌いになり、見えてきたコトもあるでしょう、

私の場合は・・・イロイロ乗ってきて(見たり知ったりも含む)、

今、ようやく、自分の好みが少し分かってきたカナ?と言うトコロでしょうか、
(30年も好きやってきて今頃わかったのかよ、なんてツッコミはご遠慮下さいね・笑)

でも、また悪さ(良い意味では冒険心)が出て、失敗するカモしれない、
(苦笑)

そんなこんなで楽しんでみようかと思っています。



先日、愛犬の散歩をしていて、ご近所の家(と言っても面識の無い方)のガレージに、

ベスパPXがあるのを発見しました、

見たトコロ、ピカピカですし、自賠責が6月とあったのでおそらく新車で購入したのでしょう、
(残念だがメーターは見るコトができなかった)

コチラの方は以前ハーレーに乗られてましたが代替したのカナ?
(ガレージはバイク1台分の大きさなのでそう思いました)

ハーレーからベスパ?とも思いましたが、

きっと何か思うトコロがあったのでしょう、

イロイロ考えてみると面白いモノです、

もし、散歩中に、オーナーさんとお会いできたら、

チョットおハナシ伺ってみようかと考えています、
(笑)

私的な考えでは、今年ベスパPXは排ガス規制の関係で生産中止がウワサされており、

新車で購入できるウチに買ったのだろうなと思いました、

しかし、理由はどうあれ、

オーナーさんが何らかの理由やこだわりがあって購入して乗っているクルマ・バイクと言うのは、
 
こうして傍から見た時(ソレが趣味的な車両に見えるかにもよりますが)、
楽しんでいるのだろうな、とカンジますね。
(笑)


それでは、また次回に。
Posted at 2016/06/26 10:33:40 | コメント(4) | トラックバック(0) | 思考のブログ | 日記
2016年06月18日 イイね!

コーナーを「楽しい」とカンジる為にどうするか自分なりに考えた。

前回のブログは単に「楽しい」を目的とした内容を
書いたつもりでした、

今回は少し絞り込んで
「コーナー」(コーナリング等含む)を考え
ソレを「楽しむ」為のブログを書いてみようと思います、

と、言っても
私バイクもクルマも運転ヘタですから(笑)
テクニック云々を書くのではなく、

「コーナーを楽しむココロ構え」的なモノです
バイクの用語を主に使いますが
クルマに置き換えてみてもらってもよろしいかと思います。



まずは私の若かりし頃・・・バイクに乗り始めた20年チョット前のハナシから、

クルマもバイクも18歳から乗っていますが
バイクはソノ時もそして今もコーナリングがムズカシイと思っています、

で、どなたでも思うかと思いますが、

「運転が上手くなりたい」「カーブを上手に曲がりたい」など考えたコト
あるかと思います、

そして「カーブを上手く曲がる」と言うのは
言い換えると、

「カーブを速く曲がる」

と、解釈する方も多いかと思います、

若い頃の私もそうでした、

運転の上手い先輩や友人を見て
「アノ人は乗るのが上手い、コーナー抜けるのが速い」と、

そしてソノ「上手い人」からテクニックをイロイロと教わったり
本を読んだりして「自分も速く走りたい」など想い描き
練習したりするのですが・・・、

ヘタクソですから(笑)
「速い」とも「上手い」とも思ったコトは無いのであります、

コレが結果(今現在の時点と思ってください)として
「楽しい」かと聞かれたら、

「楽しかった」と言える部分とそうでない部分があります、

そう、やはり無茶やムリをしたコトがありますから
ソレは「恐怖」であったり「不安」だったりをカンジたからです、

で、今回はこんな「不安」や「恐怖」を取り除けるようなコトを
私なりに考え、実践したコトを書いてみたいと思いました、

例えばある時からこう思うようにしました、

コレは今でも愛車の1台である「ドリーム50」に乗ってから思うようになったコトですが、
(なので、20年近くこんなコトを考えながら走っているとも言えるのです)

「どうせスピードの出ないバイクだから何か他に楽しみはないか?」というのが
キッカケです、

そしてドリームを操るウチにイメージしたのは
「流れるようなライディングでコーナーを抜ける」と言うコト、
(ハングオフなど派手なフォームではなく、そのまま自然に曲がると言うイメージで捉えてください)

更に大切なのは・・・
私が走るステージは公道です
なので、ゼッタイ事故を起こさないコト、

制限速度を守る・・・とかは大きな声では言えませんが(汗)
まずは自身の安全、そして周囲への安全の気配りは欠かせません、

ありふれたコトバの「安全第一」ですが
コイツを念頭に、次に「スムーズに走る」をココロ掛け、

今に至ります、

イメージした「流れるような操作」とは、

コーナー手前のアプローチから減速、コーナリング、立ち上がりなどの一連の動作で、

判断の迷いや操作ミス、もしくはバイク(クルマ)の挙動が安定してるか
追加の操作をなるべくしない(ハンドルの切り増しとか更に減速するとか)など、

カーブを曲がる前に自分がイメージしたラインも含め
全ての動作や操作に問題も無く
安定して曲がり、結果安全で不安な思いもせずコーナリングした、

と言うモノです、

コレを、最近の「イチバン楽しいコーナリング」としています、

モチロン道路状況に応じて対応するのは言うまでもありませんが、

少しでも私の理想とする
「コーナリング」に近い走りができたのなら、

ソレは今の最上の楽しみなのであります、

こんなコトを20年近くずっとバイク乗る度に考え、

最近ようやく考えがまとまり(苦笑)
こうして文章化できました。



皆さんはいかがでしょうか?

サーキットを走るのであれば「速さ」が何よりも大切ですが、

公道であるならば、速くはなくても、

楽しむ領域は幅広くあると思います、

例えば、いつものカーブへの進入速度を10キロ下げてみて・・・、

何をカンジるでしょうか?

思う様に操作できるでしょうか?

イメージ通りのコーナリングはできましたか?

こんなコトをチョットでもお考えいただき、

ふと思い出していただけたらと思います、

「私的コーナリングの楽しみ」は
まだ他にもあるのですが
今回はコノ辺で、

また次回に・・・。

Posted at 2016/06/18 11:34:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | 思考のブログ | 日記
2016年06月11日 イイね!

「楽しい」をあえて考えてみる。

先日は久々の私のブログを
読んでいただき
更にはコメント下さった方
ありがとうございます、

久々なので多少文章がおかしかったり
チグハグな表現が見られるかと思いますが
今後も温かく見守っていただけると幸いです。


さて、前回のブログに続くようなカタチで、

「楽しいとなぜ思うのか?」みたいなコトを
あえて考えてみたいと思い、

具体例を挙げながら少し書いてみたいと思います、

「楽しい」は「面白い」や「気持ち良い」などの感情に
置き換えていただいても構わないと思いますので
読者さんのそれぞれの視点で考えてみて下さい。


では、私なりの「楽しい」とは?
こう考えてみました、

①理由や答え、結果などがわかっていて「楽しい」とカンジる

②何かのコトやモノに対し、直感的に「楽しい」とカンジる

③不安や不満などの要素がありながらも「楽しい」とカンジる

の3つが、現在の私のバイクやクルマに対する思いとして
イロイロな場面で交互に出てきます、

例えば、

先日、およそ20年ぶりにバイクで
箱根のターンパイクを走りました、



モチロン、楽しかったのであります、

コレは「箱根ターンパイクは走るのが楽しい道」と知っていて行きましたので
上記の①のような「楽しい」が、

そして実際走ってみての感情としましては、

「朝イチで風が強くチョット寒かったケド空気が美味しく
オマケに富士山も見えた」、

富士山はキレイでしたね、ココには感動・・・
コレは①よりも②の思いが強くカンジました、

どなたでも富士山はキレイなのはご存知でしょうが
今回の私の場合は20年ぶりにバイクでターンパイクの頂上から見た、と言うのが
感動であり、楽しいとカンジた一幕、

しかしながら古いバイクですから
道中では常々トラブルや故障の心配は尽きません・・・
ココは文句なく③の楽しみ方になりますね、

だけども、そんな不安などを
休憩場所(コンビニ前や高速のPA・SAなど)でお声を掛けて下さる
ライダーさんがたくさんおりまして、

解消してくれたりするコトもありました、

モチロン、ソレで全てが解決したりするコトは無いのですが
③の気持ちが①や②に変わったりもするのです。


と、こんなカンジであります、

皆さんの場合はいかがでしょうか?

コレをカンタンに済ませれば
「ケッチで箱根ターンパイクを20年ぶりに走り、ソコから見える富士山がキレイで
楽しい1日だった」となり、

モチロン、コレでも皆さんには「楽しい」が伝わるとは思いますが、

私的なテーマとして
「楽しい」のは何で?と
深く考えてみたいのであります、

文章がヘタな為に上手く伝わらない箇所もあるかと思いますが、

皆さんそれぞれの思いに置き換えてみていただき、

何かの気付きになれば私としては嬉しいです。


Posted at 2016/06/11 10:12:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | 思考のブログ | 日記
2016年06月05日 イイね!

皆さんご無沙汰しております、本日よりチョットだけブログを再開したいと思います・・・。

みん友の皆さん、

お世話になります、canonです、

気がつけば1年もブログを更新しておらず・・・、
(汗)

昨年末1度更新しようと思っていたのですが、

体調不良やヤボ用などで新年を迎えていた次第、
(ブログが面倒臭くなっちゃったとかもあるんですケド・笑)

時が過ぎるのも早いモノであります・・・、

で、コノ度は、

普段私が何となくアタマの中で思っているコト、考えているモヤモヤしたコトを
文章化してみようと、

そう思い、再びこうしてキーを打っております、

例えば、こんなコトです・・・、

「オートバイは楽しい」、

皆さんもそうカンジているコトがあると思いますが、

「何で楽しいのか?」まで、深く追求するコトがあるでしょうか?

先日は古くからのみん友さんである、wata-plus さんにお誘い戴き、

南房総は千倉まで海鮮丼を食べに行ったのですが、

私はバイク(大ベンリィ)で参加し、道中参加された皆さんのおクルマを見ながら、

「バイクは楽しい」と独りつぶやいてましたが、

理由は結局ハッキリしないまま・・・、

モチロン、答えなんて分からなくても良いのですが、

あえて、ソレを見つける、考えるなんてのもアリなのでは?と思ったのであります、

皆さんはいかがでしょう?

「俺のクルマはココがカッコ良い」、

「私の愛車はどうもコレがダメだ」、

など、答えが分かるコトと「何だかハッキリしないケド・・・」と言うのもあるのでは
ないでしょうか?

私の場合は、

「愛車のジュークが真っ直ぐ走らない気がするが、気がするだけか?」、

「以前は嫌いだと思ったクルマや興味のなかったバイクがスゴく気になる」、

「(バイクで)昔から上手く曲がれないと思っているが、
コノ先もずっと上手く曲がれないのカナ?」など、

まぁ、個人的などうでも良いようなハナシなんですケド(笑)
皆さんそれぞれの立場に置き換えて考えて頂ければなと思っております、

内容は私の愛車のコトが中心となり
いつまでブログを続けるかはわかりませんが(苦笑)
雑誌を見るような気軽な気持ちで読んで頂けるとありがたいです、

それでは、次回に。

Posted at 2016/06/05 17:43:40 | コメント(7) | トラックバック(0) | 思考のブログ | 日記

プロフィール

「春分の日、バイクについて考える http://cvw.jp/b/770138/42632570/
何シテル?   03/21 15:25
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.