• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2018年02月25日 イイね!

久々に刺さる内容の読書

●こんなかたが書いていたのは意外でした

鈴木美潮さん・・・、



写真を見て「あぁ~日テレに時折出てる人だ」と私は思いました、

こんな女性が・・・、



まさか月光仮面だウルトラマンだ仮面ライダーがどうだと、

評論、そしてこうだあぁだと感想を述べる、

しかもソノ感想も深く考えさせられるモノ、

涙を誘うモノ等多岐に渡り、

マジメにキチンと書かれておられるのにはとても驚いた次第です、

作品に対してツッコミも書かれておられますが、

ソコには特撮愛をカンジられますし、

辛口の寸評も事後・将来に繋がる様な書き方で、

とてもカンジ良いなと思いました、

ココロに残った内容としては、

(日本の)アニメ作品が世界的に評価され有名な賞を取ったりしているのに、

特撮番組・映画等でそういう作品は皆無に近い、

かつては「ジャリ番(子供向け番組)」などと呼ばれ、

映画やテレビドラマ制作陣からは一段蔑まれた態度で見られていた悪しき時代の評価が、

今も残っているからではないか?

そんな様なコトを書かれておられます、

また、海外の映画のヒーロー(バットマンやスーパーマン等)は、

敵を倒して物語が終わるだけですが、

日本の特撮ヒーローもモチロン敵を倒しもしますが、

「こういうコトをやってはイケナイよね」等々教育的な面を持ち合わせている作品もアリ、

こういう描写が近年では世界的に評価されファンが増えていて、

「日本とはこういう(特撮)作品でこんなセリフを言うのか?」みたいな、

外国人さんはそんなトコロに「日本」と言う国を見て文化をカンジるそうです、

私もこれまでいくつかの特撮作品を観てきましたが、

言われてみれば、

ライダーや○○レンジャーの方々は弱い者を助けるとか、

環境破壊はイケナイとか、

もっと勉強しようとか(笑)そんなコトを劇中で言っていた気がします、

そんな懐かしい記憶を呼び覚ませてくれると共に、

これまでの「悪の組織がやってきたコト」が現実的になっているコトにチョット恐怖を覚え、

現代の特撮作品が「善と悪」の境目が曖昧になってきているコトへの危惧をカンジ、

さて、これからどうなるの?と考えさせられた読後感です、

これまでの特撮番組検証本とはチョット違うアプローチがいくつかあって、

とても読み応えのある1冊と思いました、

特撮好きなかたはどうぞご一読してみて下さい(笑)、

それでは、また!
Posted at 2018/02/25 11:41:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 書籍関連 | 日記
2018年02月24日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その81

●前回に続き、名優「田宮二郎」氏つながりで

今回はコノ作品を、



「3000キロの罠」、

1971(昭和46)年の作品です、

主演は先述の田宮二郎氏、

脇役に元ボンドガールの浜美枝嬢、

名優故三国連太郎氏、

そして加賀まり子嬢がおります・・・、



まり子さん、結構可愛い(爆)、



内容はどうってコトありません(苦笑)なんて書いたらファンに怒られそう(笑)、

カンタンに書いておくと、

原作は故笹沢左保氏、

監督は故福田純氏、

音楽は前田憲男氏と、

かなり有名なかた達が関わり、

物語は・・・名作「バニシング・ポイント」のパクリかと思いきや(苦笑)、

原作は1年近く前に発表されており、

映画公開もコノ作品のほうが2ヶ月余り早かったので、
(3000キロの罠=昭和46年5月 バニシング・ポイント=昭和46年7月)

内容等々はオリジナル・・・と言えるでしょうか、

鹿児島から北海道までクルマを走らせ、

道中でイロイロな美女と関わっていくのですが・・・、



賭けゴルフで負けた義父から「コレを北海道まで届けてくれ」と託されたクルマが・・・、



ホントにジャンプさせている!(笑)新車の「三菱ギャランGTO」、

グレードは最上級の「MR」ではないのは本編映像で即確認できます、
(ボンネット上にエアスクープが無い)

わずかに見えるフロントフェンダー下部のエンブレムで「MⅡ」と判別できました、

人気のオレンジに黒のストライプがカッコ良い!!

物語冒頭でも田宮氏が「若者にイチバン人気のギャランGTO」と言ってます(笑)、

スポンサーは三菱自動車ですから(笑)、

他に提供されたと思われる三菱デボネアやジープもいますが、
(ジープがですね・・・笑・後記参照)

脇役のクルマに初代トヨタパブリカ700(笑)やいすゞのフォワード(?)、

ビュイック(オールズモビル?)だかのアメ車2台とか、

まぁ目的は何だかお分かりいただけるでしょうね(笑)、

しかし人様に(賭けで負けたとは言え)差し上げる新車を、

ゴツンゴツンとやってしまうのには・・・(苦笑)、

それなりにカーアクションがありますからそんなに退屈しません(苦笑)、

物語は・・・まぁそれなりにですケド(笑)、

見ドコロはやはり前回の「黒の試走車」同様、

ロケの美しい風景や当時の雰囲気を楽しめるトコロでしょうか、

日本海側を走って行くのでソコら辺にお住いのかたは懐かしい風景や建物があるカモしれません、

SLの「C58」が疾走している姿も納められています、

で、ジープ(J36と思われる)なんですケドね、

最後のほうで狭い雪道を走るGTOを追いかけてくるのですが・・・、





わずか2秒ほどの映像ですが右の雪壁に当たって左へ転がる(?)映像が確認できます(笑)、

コノ数秒後ですがGTOが右の雪壁へ軽くスピンする様に停車、

ジープはソノ左を抜けて停車(!)、

どうやら転がらず事故らずに無事だった様です(笑)、

DVDだから確認できた映像カモしれませんね、

こんな作品ですがギャランGTOファン、

そして田宮二郎ファンにはたまらない(?)作品になると思います、

日本列島を45日間かけて縦断しての長期ロケ、



なんせ1億1千万の制作費を田宮氏自身が負担しているそうです(!)、

「制作 田宮二郎」とありますからね・・・、

田宮企画(田宮氏が興した個人プロダクションの)第1回作品とありますが、

映画の2回めは無かったらしいです、
(後年テレビドラマの「白い巨塔」は制作に関わった)

それでは、また次回、

何かの作品をご紹介できればと思います(笑)。
Posted at 2018/02/24 12:19:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2018年02月18日 イイね!

「クルマの映画、映画の中に出てくるクルマ」その80

●ココは飛ばしても構いません(笑)

いやぁずっと体調不良で参りました(汗)、 

アレルギー性結膜炎にはじまり(どうも花粉みたい?)、

隠れB型インフル(家内より感染)、そして気管支炎と、

最低気温が氷点下を下回る日々が続いてと思ったら、

気温が上がった日には花粉症と(苦笑)、

コノ時期はホントにイヤ・・・こんな状態だからバイクにも乗れないと(苦笑)、

いやいや・・・乗らないのは後付けの口実ですョ、

乗る理由はひとつ・・・じゃないですが、

面白いとか楽しいとかそんな理由から乗りますが、

乗らないってのは単なる怠惰なだけですね、

まぁいつものコトですから暖かくなって花粉の飛散が収まる時まで待ちましょうと言うトコロです。


●で、そんなワケで家でおとなしくしていますので、

DVD鑑賞です、



「黒の試走車(テストカー)」、

昭和37年の作品です、

以前深夜放送だかでチラッと見ただけでずっと気になっていた作品でした、



「タイガー自動車」と「ヤマト自動車」と言う劇中の架空メーカーが、

新型車開発を巡ってのスパイ合戦を主題とした物語です、



原作(小説)はベストセラー作品だそうですね、

なにぶんかなり旧い映画ですので知らないコトばかりですが・・・、









映画のホントに最後の1シーンでようやく「タイガーパイオニアスポーツ」が登場します、

ベースはフィアットでしょうかね・・・調べたんですがチョット分かりませんでした、



主演は名優故田宮二郎氏、ヒロイン役は叶順子嬢、

でも、物語の大半は故高松英郎氏で動いているので彼が主役の様な・・・(汗)、

ま、ソコはともかくとして、

昭和の懐かしいクルマ(初代クラウン)とか、

懐かしい室内の雰囲気や家・スナックとか、

そして女性陣のファッションや髪型に50年以上と言う時間をカンジました、

映像もモノクロですしね、

物語も、現代の目で見れば「?」な点もありますが、

悪い企業と言うかブラックと言うか(苦笑)そんな社会背景を描いた作品と見れば、

良く出来た社会派な作品と思いました、

上でUPした、ココの一連の画像はラストシーンから撮ったモノですが、

パイオニアスポーツを見た叶嬢が「キレイなクルマね」と言った後、

田宮氏が「汚い車だよ、汚れてる、真っ黒だ」と言って終わるのですが、

題名の「黒の・・・」はココから来たのだなと思いました、

難点と言えば、昔の映画ですので、

セリフが早口っぽかったり、音声が良く聞き取れないコトでしょうか、

テレビの音量をかなり大きくして鑑賞しました、

おそらくは日本で初めての?クルマを題材にした作品じゃないかと思います、

村山テストコースと思われる映像があったりと、

クルマの文化・資料的に価値のある作品ではないかと私は思いました、

それでは、また次回。
Posted at 2018/02/18 14:50:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2018年02月04日 イイね!

2人の女神がいらしたのです(爆)

●1月末のコトです

日頃愛読しているオートバイ雑誌のウチ、

10社ほどの編集部様へ年賀状を出しました、

そして1月~2月1日まで発売された雑誌のウチ、

5誌あまりに年賀状が掲載され、

そのウチ2社からは1月終わりに返信の年賀状が届きました、



左「ロードライダー」誌・右「オートバイ」誌

オートバイ誌の年賀状のオモテ面には・・・、



ヒジョーに丁寧に書かれた文面がありました、

コレ、1枚1枚書いていたら大変だよな~と思いつつ、

最後「担当 木川田ステラ」とあります、

ステラ?スバルステラ?(苦笑)

いや違うアノ娘だ!



オートバイ誌等でモデルをしているステラ嬢ですね、

編集部の人じゃなくモデルのカノジョが文章書いたと言うのが嬉しいじゃないですか(笑)、

カノジョも一部編集に関わっている様ですが、

こうして手書きの返信がもらえるのは嬉しいコトです、

そしてロードライダー誌、



バイク関連雑誌数誌で人気の「ときひろみ」嬢はココではコスプレを披露、

胸元の谷間が悩ましいですが、

ソレ以上に私の琴線に触れたのは・・・、

「脚」!!(爆)

通常?メイドのコスプレでは「白いニーハイ」が定番と思います、
(黒が好き!と言うかた、御意見お待ちしております!!笑)


※いわゆる「ソックス」=靴下ですからね、そんなに透けないでしょう?
 フリルやレースの飾りがガーターの部分にあるのがお好きなかたもいらっしゃるでしょう?笑

しかしひろみ嬢は結構透け感のあるタイツと言うかストッキングを・・・、

スタイリストは結構マニアックだとか想像しつつ、

何デニールだろうとか(爆)脚フェチな会話はコレ以上はやめておきますが、

こうして1月終わりに私の元へ2人の女神が来たのですョ・・・(笑)。


●女神は幸福の前触れか(爆)

そして数日後の2月、

現在私が唯一定期購読している雑誌「ストリートバイカーズ」誌より、

「スーパーカブ60周年記念セット」なる読者プレゼントが!!



ブルゾン・パーカー・Tシャツの3点セットです、

コノ雑誌は投稿文プラス年賀状まで掲載して下さり、

更にプレゼントまで送付して下さるなんてヒジョーに神対応な雑誌、

誌面に書かれている内容もとても参考になりますので、

これからも定期購読していこうと思います(笑)。


それでは、また次回!

しかしときひろみ嬢は前回のコレ↓と言い、私のマニアックなココロを突いてきますナ・・・(爆)、



もう少しチェックを入れておこう!!
Posted at 2018/02/04 09:24:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 書籍関連 | 日記
2018年02月03日 イイね!

イグニスがきた!

●走りはナカナカ良い・・・でも、

代車です!!(爆)

友人のくるまひさんのお店にステラやコペンのあんなこんなを依頼しまして・・・、

「いつものミラを・・・」と用意してくれていたのですが、

「たまには違うのが乗りたいなぁ」とワガママ言う私(苦笑)、

ちょうどソコへくるまひさんのお父様が帰社、

「あ、アレ乗っていっても良いョ」と貸してもらえたのが・・・、



イグニスでした、

久しぶりに乗る新しいクルマ(苦笑)、

チョットワクワクしましたョ(笑)、

では、軽くインプレを↓


●冒頭のとおり走りは・・・

エンジンの吹けと力感・フィーリングはスバラシイ!

そしてCVTの引っ張り感のセッティングもお見事、

しなやかでシッカリした脚廻り、

すぅ~っと効くブレーキ、

こんな「走り」を楽しむ部分については私的には高評価、

特に(車体に対して)比較的大径のタイヤを履く割には、

ドタバタ感が無く、

重さもカンジさせずのハンドリングは、

1クラス上の感触で、

でも、車体の大きさは軽に毛が生えた程度(笑)ですから、

良い意味でトリッキーなコーナリング感、

ホイールベースに対してトレッドがワイドですから、

こんなカンジになるのでしょう、

こういうクルマ造らせるとスズキは上手いなぁ~、

コレでスポーティグレードじゃないのだから、

そしてそんなグレードも不要と思わせる走りは、

さすがのスズキをカンジました!


●でも、ですね(苦笑)

内装が真っ黒(天井はグレーですが)で、

プライバシーガラスも比較的濃いせいか(?)、

夜間になると手元・足元が全く見えないのですョ、

ドア廻りにあるノブやスイッチ類とか探すのに苦労したり・・・(汗)、

斜め後方のデザインのせいで閉塞感があるのも余計に室内の暗さに貢献しているのでしょう、
(リヤドアの斜めのカットの部分の内張りが無いのは?苦笑)

内装にもう少し明るい色を使うとか、

窓ガラスが開放感あるカタチだったりすると、

コンパクトカーらしい使い勝手の良いクルマになるカナぁと思うのですが・・・、

そしてもうひとつケチ付けるとしたら(苦笑)、

CVTの制御かハイブリッドの関連か・・・?

10~20キロくらいのノロノロ運転~加速・減速の繰り返しみたいな運転パターンで、

ヒジョーにギクシャクする動き、

コレは気になった(汗)、

マニュアル車でクラッチ繋ぎ損ねたみたいな(笑)、

そして私的に「?」なのは、

またしてもCVTですが、

Lレンジにしてもほとんどエンブレが効かないコト、

シフトノブのヨコに(親指で操作する)「S」なるボタンがあるのですが、

コイツはスポーツモード的な変速点を上に持っていく、
(それなりにエンブレは効く)

そんな機能みたいですが、

コノ「S」プラスLレンジでも期待する程のエンブレは無いですね・・・(汗)、

コノ時はフットブレーキ頼りになってしまいますが、

先に書いた「すぅ~っと効くブレーキ」がチョイと困りモノで、

こういう時は結構ガッツリ深めに踏まないと効かない、
(実際は困る程効かない訳では無いのですが)

クルマが思った以上に良く走る性格だけに、

Lレンジのエンブレはもっと効く様にしたほうが良いだろうなぁ~と思いました、

燃費を気にしてLレンジをコノ変速比にしているとしたら、

コレは残念な設計だと思います。


●イグニス総括

低速でガクガクするのはチョット気になる部分ですが、

Lレンジの件に関しては私的な「オートマ(含むCVT)」へのコダワリ的なモノなので、

別に置いておいて・・・、

と、すれば、コレ、

結構良く出来ているクルマとカンジました、

特にフツーに運転してチョイと飛ばす向きな走り方には、

良く応えてくれると思いましたし、

それでいて乗りゴコチは悪くないですから、

すでにイグニスを愛用されているかた、

現在イグニス購入を検討されているかた等々、

運転されればヒジョーに満足のいくドライブができるのではないでしょうか?

そういう観点からすると高得点なクルマと思います、

点数?100点満点で85点はイケます(笑)、

Lレンジのエンブレがガッツリ効けば90点にしたいですね。


●走りは良いんですョ、でもね(苦笑)

デザインがですね・・・(苦笑)、

コレばかりは個人的な好みがありますから・・・、

カッコ悪いとかそういうのは無いんですョ、

コレを受け入れるココロの準備はできますケド(笑)、



でも、どうしてもですね、コレをイメージしちゃう(笑)、



初代アルトと、



昭和48年頃のフロンテ「LC20型」ですね、

ドチラもキライじゃないのです(笑)、

でも、せっかく走りが良いクルマなのですし、

もう少しスポーティだったりオシャレな方向性ですと・・・、

スズキならば、



昭和42年頃のフロンテ「LC10型」、



そしてフロンテクーペでしょうか、

スイフトがあるのだから、

ソッチと被らない別のデザインであれば、
(アルトとラパン、ワゴンRとハスラーみたいな関係性です)

私canonの次期愛車候補のひとつに入れておきたいのですが・・・。


それでは、また次回。
Posted at 2018/02/03 09:36:52 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ関連 | 日記

プロフィール

「お腹イッパイ(苦笑) http://cvw.jp/b/770138/42194705/
何シテル?   11/17 20:56
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

コメント・メッセージやり取りできる方ならば、お願い致します。
70 人のお友達がいます
クマおやじクマおやじ * RB-JLRB-JL *
V-テッ君♂V-テッ君♂ * リョーマ様リョーマ様 *
五兵衛五兵衛 * スカG愛好家スカG愛好家 *

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.