• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

canonのブログ一覧

2018年06月23日 イイね!

久々のハチロクネタです(苦笑)

●でも、私が運転したのではありません!(爆)

ハチロクは母のクルマですから、

なので、母のハナシであります・・・、

先週ですが「暑くなる前にヨコハマベースにエアコンを付けたい」と母から連絡がありまして、

現地近くの家電量販店で品物を選んだのですが、

なにぶん古い家で電力の契約が30アンペアだとかで、

100ボルトで動くエアコンしか取り付けられないらしいのですね、
(昔からの配線・コンセントがそのまま残っている)

40アンペア契約だと200ボルトの電気工事ができるそうなのですが、

たまにしか行かない場所ですから(苦笑)そのままで良いだろうと、

居間とダイニング・キッチンのワンルームで14畳あるので、

ソノ大きさに対応したエアコン・・・って3製品くらいしかないらしく(汗)、

値段と機能でチョイスしたら某社のプラズマクラスターのアレしかないだろうと(笑)、

型番(形状?)は違いますがウチの家のと同じ様なのを選びました、

電気屋さんがイロイロ説明してましたが、

反応イマイチな母に私が「コレはイイょ!」と言ったら納得してくれました(苦笑)、

家電は使ってみないとわからないですね、

ムズカシイモノです。


●上の文章、本題と関係ないな(苦笑)

さてさて、そんなヨコハマベースに向かう道中のコトです、

運転は私、モチロン愛車の空気の様なステラ(笑)、

前日にオイル交換も済ませてあり快調にエンジンはブンブン回り(笑)、

CVTは賑やかに叫び(苦笑)加速していきます、

そんなステラをドライブする私を見て母が、

「私は最近そんな風に軽快に運転できないわ」と、

「目が悪いのもあると思うケド、クルマが真っ直ぐ走らないのよね」とも、

ソレを言い出したのは「アクアラインのトンネル」でした、

延々と直線ですから「たかが真っ直ぐ走るだけ」なのですが、

当然ですが路面には轍もうねりも傾斜もありますから、

ビミョーなハンドル修正が必要なのはどなたでもお分かりになるでしょう、

ですが、そんなに気にする動作(運転)ではありませんよね?

事故車とかで本当に真っ直ぐに走らないとか、

ホイールバランスが悪くてハンドルがブレるとかじゃない限りは、

フツーに真っ直ぐに走る・・・ハズですが、

以前私の前の愛車であったジュークニスモが真っ直ぐ走らせにくいと言うのを書いたコトを、

古くからの読者のかたは覚えておられるかと思います、

そしてソコで納得させられたのがアノ本・・・、



「営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由」の2冊、
(「2」のほうはジューク売却後に読みました)

実は母から以前に1度コノ問題(真っ直ぐ走らない?)を言われた後、

もう一度読み返してみて、

そして調べてみるとハチロクは電動パワステ・・・(汗)、

「ありゃ~悪いと思う原因はあるのねェ」と独り納得してしまいました、

母はこう言います、

「ハチロクはハンドルを両手でシッカリ握っていないとムズカシイ」
(直進性の保持を言っていると思う)

「真っ直ぐのつもりでも、いつの間にか左右ドチラかへ寄っている」

ハンドルの握りの件は「あまり強く握っても逃げが無いから良くないので軽く握ってみては」と
アドバイスしたのですが、

「いつの間にかドチラかに」はジュークに似た症状、

全部が全部とは言えませんが、

電動パワステって決して良いモノでは無いなぁと改めてカンジました、

母のコメントです、

「スープラはね、片手ハンドルで何もしないでも真っ直ぐ走るのョ」と、

ハチロクとスープラを同列には比較できないですが、

「真っ直ぐ走らせやすい・走らせにくい」クルマと言うのは、

確実に存在すると言えるでしょう、

ちなみにステラも電動パワステで全てがユルいのでフラフラしますが(笑)、

真っ直ぐ走るのに何も気を遣わずにできます。


●と、こう考えてみながらも・・・

悪いは悪い(とは言い切れませんが)で理解して受け入れてやるのも必要でしょう、と、

先に挙げた本では「何も気にせずに運転できるのが良いクルマ」とし、

「イロイロな操作(著書では「運転の引き出し」と言っている)をやらないとイケナイのはダメなクルマ」としています、

ココで言うダメなクルマ=運転しづらいクルマになるのでしょうが、

もう、コレはコレで仕方無いと言うか当たり前と言うか、

そんな気持ちで運転していれば、

真っ直ぐ走らせにくいのがどうとか、

そんなコトも気にしなくなる(?)、

クルマの特性(悪いトコ?)に合わせた運転をしてやれば良いのカモ?と、

最近思います・・・後ろ向きな考え方ですが(苦笑)、

良いクルマと悪いクルマは当然あるワケでして、

ソコをどう思うかはオーナー次第、

気になるのであれば何か改造するなり最終的には私みたいに買い替えてしまえばよろしいのですから(爆)、

と、考えてみました、

スープラは確かに片手ハンドルで悠々と真っ直ぐ走りました、

コレは以前乗っていたスカイラインやFTOもです、
(FTOは少し神経質な面もありますが)

ハチロクは車庫で2メートル後退した以外は運転していないので(苦笑)、

私には何も言えない部分もありますが、

そこいらのオバサン(お婆さん?苦笑)よりかはクルマに敏感な母が言うのですから、

多少はハチロクに「何か」はあると思います、

ココまで書くと私が確認しないとイケナイ様ですが、

きっと運転する機会は来ないだろうと思っていますので、
(余り運転したいと思わないのです・・・ハチロク)

ずっとナゾのまま・・・にしておくのも悪くないのカナぁと(笑)。


●最近気にしているのはハンドル径

現在販売している新車は軽も大型車(クラウンとか)も、

ハンドル径は一緒・・・に見えます、

車検適合サイズ?とも言える「360ミリ」程度ではないでしょうか?

思い出せばスープラ(標準ハンドルでした)やFTOのハンドルは少し大きかったナ、と思います、

スープラの大きさは計ってませんがFTOは380ミリ程度でした、

ジュークニスモ・スカイラインそしてヴィッツに今のステラは360ミリ程度です、

私的には・・・380ミリ~あたりで少し重めくらいのほうが運転しやすいのでは?と、

最近考えています、

ハンドル操作自体は軽いほうが体力的には嬉しいですが、

「真っ直ぐ走る」とか「安定感」があるとか、

こんなフィーリング面を云々言う向きには「チョイ重め」くらいが良いのカナ?と、

そしてチョット径の大きいハンドルでゆったりと操作する・・・、

あぁ思えば今こんなクルマはバスやトラックくらいしかないなぁと、

あとは重ステの旧車か(汗)、

いずれにしても「ハンドリング」のソノ前のハナシ、

ハンドルを握って真っ直ぐ走る・・・に関して、

現代のクルマはどうか?と考えた次第です、

ちなみに先日久々に乗った家内のコペンは油圧パワステでハンドルは小径(360ミリくらい)ですが、

真っ直ぐ走るのは気持ち良かったですね(笑)、

そしてまたしても代車でイグニスを運転したのですが、

コレも小径ハンドルですがそんなに悪い印象は無かった、

なので、まずは・・・何でしょう(苦笑)、

クルマそのものの味付け?造り方、なのでしょうね、

電動パワステでも気にならないクルマ(イグニス)もあれば、

真っ直ぐ走らせにくいのもある・・・、

クルマってホントにムズカシイですね。


長文な駄文、最後までお付き合い下さったかたには大変感謝であります、

では、また次回に。
Posted at 2018/06/23 12:31:05 | コメント(11) | トラックバック(0) | ハチロク関連 | 日記
2018年06月16日 イイね!

「クルマやバイクの映画、映画の中に出てくるクルマとバイク」その89

●胸がアツくなる良い作品とカンジました!

鑑賞してきました、

空飛ぶタイヤ、



一緒に観ていた家内も「良い映画ね、長瀬クンがカッコいいわ(笑)」と言ってました、



主役級の役者さんも脇役の俳優さんも良い人選ですね、

なので、それぞれのキャラの立場や考え方に共感できたり、

「ここまでくると(立場的に)こうなるのか」的な思いをカンジました、

原作を読んでみようか迷っていたのですが(時間がなくて止めました・苦笑)、

読まずともコノ物語の世界感に引っ張り込まれる、

そんな作品です、

某メーカーのアノ事件を思い出しますが(汗)、

「こういうコトはイカンでしょう」と、

メーカー系の方々はココロして是非観て欲しい、

そんな作品に仕上がったと思います。


●ホープですョ!

canon恒例の?ダメ出しと言うかクレームと言うか(苦笑)、

物語上はあくまでも架空の名称ですから、

ソコにケチつけるヒトはおらぬと思うのですが、

コノ作品に登場する企業名が「ホープ自動車」、

旧車に詳しいかたならご存知でしょうが、

かつて実在した名称のメーカーでもあります、



昭和30年代前半(ダットサンやトヨタ等の)既存の部品(補修部品やアッセンブリー)を利用して、

軽3輪で業績を伸ばしたホープ自動車の「ホープスター」、

軽よりも大きな小型車のトラックの部品を使っているので「壊れない」と評判になったのですが、

トヨタの「トヨエース」やダイハツ「ミゼット」マツダ「K360」等が台頭してきて、

販売が下向きになります、

起死回生を図る為に投入した他社製のエンジン(ガスデン製)の性能が今ひとつなのもあって、

元々下町の小さな工場からスタートした同社は、

生産能力や販売網が小さいコトもあって更に苦しい立場に・・・、







可愛らしいデザインの軽4輪トラック等をリリースしますが、

前述のダイハツ・マツダに加えスズキや三菱等大きなメーカーがシェアを奪い合う戦いには勝てずに、

自動車メーカーから撤退してしまいます、

ソノ後遊園地の遊具を作るメーカーに転進するのですが、

社長の小野氏はクルマを造る思いを捨てられずに、

もう一度クルマを造ろうと決意します、

ソイツがスズキの「ジムニー」の元になった、

「ホープスターON360」です、





「他社が造っていない軽4輪を造る」と、

当時三菱ジープ・トヨタランドクルーザー・日産パトロール程度しかなかった4輪駆動車を、

軽自動車で造るコンセプトを掲げ、

エンジンやミッション・デフを三菱から(ミニカ用と言われている)購入して、

フレームは規格品のチャンネル鋼で作り、

ボディパネルは工場の土間で職人の手叩き鈑金による製作で、

手作りされた「ON360」は50台程生産されたと言われますが、

自動車生産・販売から1度撤退してしまったので、

ほとんど売れず(組み立てられず?)にスクラップにされたとも聞きました、

新潟・長野付近の豪雪地帯で街医者の往診用に数台が販売された様ですが、

現存は個人オーナーと博物館が所有する数台(2台しかないとも言われる)のみの、

超希少車となっています、



そしてコノ「ON360」の製造権(設計図等)は、

エンジン等を購入していた三菱に売却しようとしましたが断られ、
(ジープを造っていましたので・・・ね・苦笑)

「何か面白い新しい軽を作りたい」と思案していた、

スズキの鈴木修氏(当時は専務)に買い取られ、
(昭和43年頃らしいです・当時の金額で1200万とも2000万とも言われてます、現在なら1億円程度でしょうか?)

昭和45年発売のジムニーの元となるのであります、

ジムニーも、ONと同じ様に、

既存のエンジン・ミッション・デフを利用して(キャリィ用を設計・仕様変更した)、

フレームは強度が足りないので少し大きな規格品を発注して、

ボディの製造工程も必要最小限度で・・・と、

スズキならではコストダウン手法で生まれました、
(ONもコストがなるべく掛からない様に設計していました)

製造権を買った当初、修氏は「好き者の道楽だ」とか社内から批判を買った様ですが、

スズキは良い買いモノをしましたよね、

現在につながる、ジムニーの人気ぶりを見れば・・・ですね(笑)、

一応ジムニーマニアで3台のジムニーを愛車にした私canon、

かつて読んだ文献の記憶を引っ張り出してココを書きました、

もうひとつの「ホープ自動車」を知っていて欲しいと思いまして・・・、

で、ソノ後のホープですが、

遊具の製造販売で盛況・・・だったのですが、

調べてみたら数年前に倒産してしまった様子(涙)、

でも、まだ全国アチコチの遊園地で小さなジェットコースターやコーヒーカップ等が稼動していると思います、

もし機会ありましたら製造銘板を見てみて下さい、

「ホープ(Hope)」と書いてあるカモしれません・・・。
(私はいくつか見ました・笑)


映画「空飛ぶタイヤ」→劇中のホープ自動車→現実にあったホープ自動車と、

私的にハナシが脱線しましたが(笑)、



ホープスターONもジムニーもスバラシイクルマでありますし、

そして何よりも映画がとても良かったですので是非ご覧下さい、

それでは、また次回!
Posted at 2018/06/16 19:28:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2018年06月10日 イイね!

「見た目」に思うコト

●雨ですね・・・梅雨ですから

花粉症シーズンを終えてゴールデンウィーク頃からようやくバイク乗り(主に通勤ですが・苦笑)を再開して・・・、

ひと月余りでコノ雨(苦笑)、

雨天時の通勤はクルマで行ってしまいますから、

バイクの稼動回数も減少傾向(苦笑)、

近場のツーリングにも最近は余り行かなくなりましたし(汗)、

ホントにチョットだけ空いた時間にチョット乗れればソレで満足しちゃう、

そんな今日コノ頃です。


●そんなチョイ乗りって

通勤なのですョ(苦笑)、

通勤ですから、会社の制服着て、

テキトーなヘルメットとグローブを着用するだけです、

バイクもカブやベンリィですから、

カッコもヘッタクレもありません(笑)、

でも、コノ「着の身着のまま」的なスタイルでバイクに乗ると言うのは、

私結構好きでして(笑)、

安全面から言えばプロテクター入りのジャケットとか、

厚手のライディングジーンズが好ましいですが、

通勤でそこまでのカッコは・・・しないですね?

目立つコト無い服装で地味なバイク・・・、

コレって空気の様な存在じゃないですか(笑)、

もしかしたら、そんな「空気感」を楽しみたい年頃になってきたのカナ?と。


●思えば全てカッコで選んでキタ?

過去乗ってきたクルマ、

ジムニーを除けば、

外観の見た目、カッコで選んで買っていた節が大半だなぁとふと思いました、

ジムニーは高校時代から今でも友人のF君の紹介で、

「ジムニー買ったから乗せてあげる」と言われて川原へ連れていかれ、

ソコで凹凸をものともせず走るジムニーに感動した私、

ジムニーはソノ走破性に惚れて購入しました、

でも、他のは・・・見た目・・・で選んでますね(苦笑)、

皆さんはいかがでしょうか?

予算や新車・中古と言った点、

乗車人数や使用目的といったトコロが決まると、
(順番は後でも先でも良いのですが)

最終的に(もしくはイチバン真っ先に)決め手となるのは外観・見た目・カッコウじゃないでしょうか?

今更何を?と自分自身でも思うのですが(苦笑)、

現在のステラでさえも、

「空気のような」と言う目的でのデザインで選んでいます、

カッコいい・悪い、クールだセクシーだの呼び方・カンジ方イロイロあると思いますが、

人気・不人気、マニアックどんなカタチであれ、

クルマを欲しいと思う動機やキッカケはソコに尽きるのでは?と思ったのであります。


●バイクもカッコウ?

走りやエンジンのパワー、

単気筒だったり2サイクルが良いとか、

そんな魅力もモチロン大切ですが、

ヤッパリ買うのに強い動機となるのはスタイルなのかと、

コッチもそう考えています、

21年所有しているドリームも、

アノカタチだから購入したと言うのはありますし、

でも、エンジンが50のDOHC4バルブだから買ったと言うのもあります、

カブと同じエンジンだったら買っていなかったカモ?と思うのですが(苦笑)、

でも、見た目で大きく惹かれたのは事実です、

XLもケッチも見た目を重視しましたし、

(カッコいいのは別問題として)リトルやベンリィ、LMLを選んだのもスタイルが大半を占めています、

そんなバイクらに合わせて(そうじゃ無い時もありますケド)、

ヘルメットや上着、小物類をチョイスするのは楽しいひと時、

そしてソレを纏って走るのはもっと楽しい、

そう思っています。


●バイクファションはひとつのコスプレ的なモノ

あくまでもバイクに乗る為のカッコウですが、

お気に入りのヘルメットやジャケットを選ぶのって、

コスプレに近いのカナぁとも最近思います、

全身同系色でコーディネイトしたり、

「仮面ライダーのお兄さん」的な服装したり(爆)、

最近は余り見かけませんが「バトルスーツ」的なお飾りを纏ったりするのって、

意識持ってやらないとできないコトですよね?

こういう見方で街を行くライダーさんを見ていると、

結構楽しかったりします(笑)、

どんな気分でソノ服選んだのか、

今度どなたかに聞いてみたいナとも(笑)。


●イイじゃないか見た目重視で(笑)

カタログスペックや雑誌等の試乗記、

口コミとかも大切な情報源で、

いろんなコトを調べて、知って理解して、

欲しいクルマ・バイクを選ぶ・・・、

私も、皆さんも同じコトをしていると思います、

また、ソレと同時か、イチバンの真っ先に、

「スタイルに惚れた」「カッコ良すぎて」「(外観見て)アレに乗ってみたい」

そんな感情でクルマを買う動機もあるかと思います、

内装の質感とかシートの座りゴコチ、使い勝手とかも大切ですが、

「見た目」の直感でクルマを選ぶ・・・、

コレができたら、またクルマ選びも楽しくなるのでは?と、

そう思いました、

現実は・・・新車では・・・そんなに外観でトキメいてしまうクルマ、無いのですがね(汗)。


●余談です・カメラについて

先日カメラを使ってから、

カメラのコトを少し思う様になっているのですが、

今回のブログに照らし合わせると、

カメラは外観よりもスペック重視だろうな~と、

デジカメ時代になってからは画素数とか連写(バッファ)がどれくらいできるとか、

一眼レフですと、そんなトコロに目が行くと思います、

また、オートフォーカスの性能も大切ですね、

そして一眼レフを代替する場合には、

現在使っているレンズをそのまま使おうと考えますから、

「次も同じメーカーの機種を買う」と言う、

見方によってはある意味消極的な(?)理由もあるかと思います、

私も実際そうですし、

次に一眼レフ買う時が来たらまたキヤノン製品を選ぶと思います、

性能的にはもう満足できるモノばかりですからコンデジはメーカーの縛り関係無く、

色やデザイン等見た目好きなので選べば大丈夫と考えます、

でも・・・私はココでもキヤノン製品をチョイスしそうですが(苦笑)。


「違う!私は直6エンジンじゃないと買わない!」とか、

「安全装備や自動運転が最新のを!」とか、

外観以外をイチバンの候補に挙げるかたがいらしゃいましたら、

是非とも御意見お聞かせ下さい、

無論、「カッコがイチバン」「可愛い見た目が大好き!」なんて御意見もOKです(笑)、

それでは、また次回。
Posted at 2018/06/10 14:47:46 | コメント(10) | トラックバック(0) | クルマ関連 | 日記
2018年06月03日 イイね!

「クルマやバイクの映画、映画の中に出てくるクルマとバイク」その88

●強引にでもクルマ映画にカウントしちゃう(笑)

連日の映画鑑賞です(苦笑)、

利用している映画館のポイントが溜まったので、

無料で鑑賞してきました、
(映画6作品観ると1作品無料で観られる計算です)



長澤まさみチャンと山田孝之クンの映画「50回目のファーストキス」、

何ともこっぱずかしいタイトルで完全に女子向けの作品ですが(汗)、

こういう作品、家内は余り好きじゃないみたいで(苦笑)私ひとりで鑑賞です、

他にも観たいなぁと思う作品がありましたが、

まぁたまにはこんなのもねェ・・・(笑)、



で、当作品を「クルマ映画」に入れたのは、

長澤まさみ嬢が劇中で「フォードブロンコ」(マニアでは「アーリーブロンコ」と呼ぶらしい)を、
(しかもカスタムされていて結構カッコいい!)

颯爽と運転しているシーンがいくつも出てくるのですョ!

コレがまた面白いシーンばかりで(笑)、

劇場でも笑い声があがっていました、



エンドロールの背景に瑠衣(演・長澤まさみ)が書いた日記が流れるのですが・・・、



↑コレ、ジックリ読みたい(爆)、

結構なコト(書けない内容?笑)書いてあったりするみたい?

そんなこんな含めてナカナカ面白い作品と思います、

共演に佐藤二郎さんやムロツヨシさんがいますしね(もうコレだけで面白い?笑)、

他のキャラクターも笑えるヒトばかり、

パンフレットには「涙する~」みたいなコト書いてありましたが、

私的には面白過ぎて泣けない作品と思いました、

先日鑑賞した「オーバードライブ」と比べたら・・・イケナイですね(苦笑)。


●恐怖の不健康診断(汗)

山奥にある病院で検診してきました、



ショッカーのアジトへ行く気分で♪

わざわざもっと奥の山道を走ってXLで行ってきました(爆)、

身長が1センチ縮んだのと(苦笑)体重が4キロ近く増加(汗)、

視力が0.2程度両眼とも悪くなったのが気になるトコロ、

イチバン気にしているのは中性脂肪とかですが詳しい結果は後日と言うコトで、

楽しみにしておきます(あまり見たくないですケドね・苦笑)、

で、何よりも楽しみなのは食事(笑)、



お昼ゴハン抜きで検査したので、

チョットガッツリ目に食べてしまいました、

体重増えてるのにねェ・・・(汗)、

でも、今朝の地元のゴミゼロ運動で一生懸命草刈りしたからOKカナ?(笑)


●久々のナイトラン

映画は土曜のレイトショウの回で鑑賞しました、

天気も良く気温もちょうど良い(上着がないと寒いですが)くらいだったので、



大ベンリィで街中を一回りして公園で撮影、

思えば、今の仕事に変えてから、

夜遅い時間バイクで(クルマでも)走るコトがほとんど無くなりました、

こんな時間ですから周りには余りクルマもヒトもいませんし、

道も空いてますからチョットしたドライブに良いカナ~と、

ヘッドライトが暗いので余り飛ばせないですケドね(笑)、

しかし、風がとっても気持ち良かった夜でした。


それでは、また次回。
Posted at 2018/06/03 15:42:13 | コメント(6) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記
2018年06月02日 イイね!

「クルマやバイクの映画、映画の中に出てくるクルマとバイク」その87

●早速鑑賞してきました!!

昨日より公開の「オーバードライブ」、



観たいかたもいらっしゃるでしょうから、

ネタバレにはならぬ様配慮しておきます(笑)、

とりあえず恒例の(?)パンフ画像を一部、





ま、こんなカンジです、

コレなら内容は分からないでしょう(苦笑)、

家内と鑑賞してきたのですが、

家内の感想を一部、

「開始して少しで眠くなった」(カーアクションシーンでは一部興奮はしたそうです)

「ありきたりの内容だねェ」

「アノ娘、一体なに?」

みたいな、まぁケチを言いまして(汗)、

で、私的に・・・、

「全てが中途半端だね」と言うコトで(苦笑)、

ま、こんな感想です、

二人して家路の車内であ~だこ~だとテキトーに寸評していました、

こんな映画ですが観たいかたはどうぞ(苦笑)、

あくまでも私ら個人の感想ですのでお気になさらずに(笑)。


●帰宅したらイタイイタイと・・・(汗)

またしてもアノ可哀想な切ない泣き声を発していました、

腰のヘルニアが出ちゃったのか痛そうです(涙)、



ただ、今回は脱走防止用柵を動かして、

手前にある犬用餌台を踏み台にして乗り越えようとしたのか?

餌台の位置がズレていたので、

もしかしたら転倒したかどうかしたのか痛い思いをしたのカモしれません、

結構イタズラっ子、やんちゃな部分がまだまだありますので(笑)、



先程病院で診察を受け、

痛み止めの注射とお薬を処方してもらいました、

コレ以上悪化しなければ良いなと願うトコロです。


それでは、また次回。
Posted at 2018/06/02 11:06:36 | コメント(8) | トラックバック(0) | 映画・音楽関連 | 日記

プロフィール

「春分の日、バイクについて考える http://cvw.jp/b/770138/42632570/
何シテル?   03/21 15:25
皆さんこんにちは、canonです、 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

愛車一覧

ホンダ XL230 ホンダ XL230
家内とのタンデムツーリングをメインに 日常でも活躍できると思い購入に。 H28.10. ...
スバル ステラ スバル ステラ
空気の存在のような、 所有するコトを意識しているのをカンジさせない クルマをと思い購入 ...
ホンダ ドリーム50 ホンダ ドリーム50
ドリーム50、私の長年の相棒です。 手放そうと思った時期もありましたが、 乗り続けて良か ...
カワサキ KH250 カワサキ KH250
平成24年12月6日購入して まだお店にあります これから仕上げていきます・・・。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.