• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

carisma-GTのブログ一覧

2012年06月30日 イイね!

北関東ドライブ ~ACT.12 もみじライン・八方ヶ原~

6月10日6時
もみじライン到着。

有料道路ではあるが、夜間は人がいないので7時までに
ゲートを通れば無料で通行できるらしい。

そんなんじゃないとトオルはもみじライン走り込めないよね。
奈保もあきれちゃうよ。

タイヤ買うのにカノジョにカネ借りるなんて、
やめましょうね。

で、もみじラインはというと、有料道路とはいえど、
路面はそこまで綺麗じゃなくって、普通。

ヘアピンと呼ぶほどのキツいコーナーはないものの、
中速のちょっと回りこむようなコーナーが多めです。
4WD向けコースではないね。
淳郎がアテーサE-TS搭載モデルじゃないのも、そういう理由かも
と思ったら、34の4WDってターボはないんだね。
知らなかった。
ちなみにもちろんツインターボモデルはあるからね。

で、もみじラインなんですけど、さすがに前日の17時から
クルマに乗りっぱなしで、
さすがにもう疲れてきたし、頭の動きっていうか判断力が鈍くなってきた
感じがしてきだして、
ホントにドライブってカンジ。いや、別に今までだって攻めてはないですけど。

一応上りも下りも走ってみたけどね。

次に向かったのが、塩那スカイラインって言うの?
東堂塾の二宮大輝[EK9]とスマイリー酒井[DC2]のホームコースに
向かったんですが、
柵が閉まってて、通行不可能でした。
8時にゲートオープンって書いてたかな?
東堂塾も、一般車の通行はないって言ってたけど、
東堂塾はどうやって走ってるんだろう。

残念だけど、8時まで待つわけにもいかないので、
ここは諦めて最後の八方ヶ原へ。

ボクもヘッドライト消して走りましたよ。もう明るい時間だもん。

舘智之[EK9]vs拓海[AE86]のコースだけど、
北側ってちょー狭い。
対向車来なかったからいいけど、来たらちょっと困る。
ヤビツとか八方ヶ原をホームコースにする人とか信じられないね。
そーとーなMか?

路面はつぎはぎしてるところがあるし、
EK9のほうが圧倒的にAE86より有利だと思うけど、
どうなんだろう?
シビックのいいところって、
FFのくせに前後ダブルウイッシュボーンなところもじゃない?
最近じゃ、ストラットでもダブルウィッシュボーン並みの性能を
発揮できて、軽く作れるから、フロントはストラットばっかりだけど。
(とかいって、シビックなんてまともに運転したことないから、
 何も知らないんだけど)

スネークヘアピン!!

八方ヶ原もけっこう疲れ切ってて、走りにくいコースだったので、
北側から南側へ、片道だけで帰りました。

八方ヶ原が最後の目的地だったので、
矢板ICから高速に乗って東京都まで帰ってきました。


ちゃんとお約束の12時にレンタルしたホンダディーラーに着きました。
都内に戻ってからディーラーまでの間に給油したときは、
@147円で41.87Lで6155円でした。
距離はメモってないから忘れちゃったけど800kmちょいだったので、
群馬で給油してからの走行距離は、440kmくらいかな?
燃費は10.5km/Lくらいか。

さすがNAの2WDだね。
ランエボは今までの最高で10.08km/Lだから。
(ちなみに家族4人乗って、熊本行ったとき。
 4人乗車で、ターボタイマー作動付きで、高速道路未使用って考えたら
 けっこう燃費運転成功じゃない?軽量化もしてないし。
 ⅥのGSRはカタログ値が9.7km/Lだもんね。)

頑張って、燃費が出る条件をそろえられれば、AP2でももっと燃費伸びるんだろうけど。

でも4気筒で車重1.2t台のNA・2WDって考えると、
スポーツカーといえど、もうちょっと伸びてほしいかな?

逆にいうと、S2000とかロードスターとかでも
燃費はそこまで劇的にいいわけじゃないから、
ボクらはランエボ乗れるわけだけど。

って考えたら、燃費が悪いと言われるロータリーツインターボの
FD3Sに乗りかえても、そんなにガソリン代は気にならないか?



とまぁ、こんな感じで、北関東を巡る、S2000での旅は
無事に終了したのでした。


ここまで書き上げるのに、出発から3週間、
帰宅から20日後にもなってしまいました。
既に鮮度なし・・・。
あまり記憶が頼りにならないから、撮影したビデオ見たりなんかしてね。

明日(7月1日)はまた、S2000とは違うレンタカーを借りて
お出掛けする予定です。

でも、明日の関東地方は曇りのち雨らしいんだよね~
雨は午前9時ごろから降り出す予定だとか・・・。
梅雨だから仕方ないけど、また雨かよ~。

高速の流れが悪いってのも嫌だけど、
滑りやすい路面も、ちょっと気ぃ使うなぁ
ここは開き直って、雨が降り出すとこっちもケツを振り出しますか。
って、そんなテクニックないんですけど~
Posted at 2012/06/30 19:24:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ♪ | 日記
2012年06月29日 イイね!

北関東ドライブ ~ACT.11 FRであるということ VTECであるということ 200ccの排気量アップをしたこと いろは坂を下るということ 峠を楽しむということ~

いつの間にやら夜が明けてしまいました。

6月10日4時20分ごろ
中禅寺湖に到着。


赤城から日光までは、結構遠いね。
今まで定峰から赤城までは、次の峠につくまで
最高でも1時間強くらいで着いたくらいだと思うけど。

ロマンチック街道のどのあたりがロマンチックなのか
ボクにはわからなかった。

この時間だと対向車もほとんどないし、
長い直線のとことか、国道120号はけっこうなスピードも出せちゃうかもね。

ボクらは安全運転だったけど。

そういえば、この中禅寺湖付近で、86とすれ違ったんですよねぇ~
オレンジ色だったかな。もちろんAE86じゃなくて、ZN6のことですよ。

いろは坂走ってたのかなぁ~。
もう納車されたってことは、ちゃんと早くから予約しといたんでしょうねぇ。
それともボクらみたいにレンタカーだったとか?

明るくなってたんで、再び幌のオープンに挑戦するも、
結局何につっかえているのかわからずに、諦めました。

友達の運転で、いろは坂を下ります。

これまた、頭文字Dであるとおりの、急勾配とヘアピンカーブだらけのコース。
一方通行なので、道幅いっぱいに走れます。
いや~最高。
ここのコースはけっこう助手席でも面白いかもね。

一つ目の橋が見えたら、もうホントに、
須藤京一の世界、いやいや頭文字Dの世界がもう頭の中でよみがえる。

2つ目。今度は小柏カイがハチロクと横並びであるのに、
橋を渡り切ったところでスピンするシーンが、目に浮かぶ。
ってこんなところで、ハチロクにぶつけずにスピンするって
どんだけうまいんだよっ!

3つ目の橋。ホントにグアーンって感じで曲がってる。
橋の終わりの右コーナー。
アウト側はコンクリートの壁。

やっぱり明るい時間のほうが、見てて面白いかな。
いろは坂は一方通行だから、こんな悠長なこと言ってられるんだけど。

Uターンして今度は上り。上りは一方通行の2車線。
朝早いのに、上りは一般車も走ってたな。

上りは下り程はダイナミックなコースではないですね。
じゃないと、トルク不足で上るの大変になっちゃうからね。

明智平の向かいの駐車場でドライバーチェンジ。
この時間、明智平の駐車場はチェーンで封鎖されてました。


とりあえず、ボクの運転で下り一本行っとこう。
と思って、ドンついた交差点を下り一方通行方面に進み始めたとき、
左手に素敵な広場を発見。

どうやら、東武バスの中禅寺温泉駅というバス停らしい。
巨大な観光バスが余裕で一周ぐるりとできるロータリー的な感じで、
広場の周囲にバス停が何個もある。


ここでイケナイ欲望ガ脳裏ニ浮カブ。

目の前には、充分に広い舗装路の空き地。
路面は雨でぬれている。
普段はランエボかライフにしか乗れないが、
今日のマシンはFR。
リアには機械式ではないながらも、純正としては十分に効くと噂の
トルセンLSDが奢られている。

周囲にはたまに遠くを通るクルマはあるが、
120号をのぼる車ばかりで、こちらに近づく車は皆無。
当然歩行者の存在もこの時間ではいない。

欲望に勝てずに、駐車場に入った

広場の中央付近にハンドルを右にいっぱい切った状態で
一時停止。

ギアを1速にして、クラッチを踏んだまま、アクセルで回転を上げ、
5千~6千rpmくらい回したところで、
クラッチから左足をバンと一気に離し

てはないことにしましょう。
そんなことしちゃいけませんよ。

最初はズルっとくるけど、すぐにクルマが立て直しちゃう。
一瞬、自分がダメなのかとも考えたけど、すぐに
自分の目の前のVSAボタンのせいだとわかった。
最終型のコイツtypeSにはスタビリティコントロールが標準で備わっている。

H11年式のエボ乗りには、馴染みがないから、うっかりしてたね。
このボタンを押した

とか書けないよね。押してないことにしましょう。

再びハンドル切ったまま、回転上げといて、
一気にクラッチをつない

だら、どうなるかなー

ケツがグアっと出てギュルギュル~って回って、
マジ感動!

ランエボとか、ノーマルだとひたすらアンダーで、
どんどん旋回軌跡が膨らんでいくだけなのに。
やっぱ、FRはおもしれぇやー。

うーん。でも旋回半径が小さくってその場で回るだけならいいけど、
カウンター切ったりして、旋回半径を大きくするのは難しいぞ。

何回かやってみても、うまく出来ないけど、

これってS2000が前後重量配分がいいから難しいの?

まぁ、とりあえずクルマのせいにしておこう

ってカンジだったかもね。

あんまりここで、時間くってもいけないから、

とっとといろは坂下ります。VSAはオンにしてますよ。

下り始めて2つ目のヘアピン。左コーナー。
対向車なし!道幅十分。勾配あるから、リアに荷重は乗りにくい。
怖くないスピードまで減速して、ハンドルを切る。
クラッチを踏み、サイド引く。
滑る兆候は見せるものの、瞬く間に電子制御が介入する。
S2000がピーピー警告を出す。
スイッチオンにしてるから当然。

さらに2つ先のヘアピン。今度も左。
ボクのような腕でVSAをオフにして下るのは、
レンタカーであるという状況も考慮して、やめといたんですが、
(道路交通法を遵守しろよ!)
2速にいれといて、クリップ過ぎてさぁ立ち上がるぞ。ってとき。
ヘアピンだから、まだまだその地点でも、結構ステアリング切れてる。
(運転が下手だからか?)
その状態から、加速するためにアクセル踏んでいくわけですよね。

一応確認しておきますと、我が愛車・ランエボⅥ(ノーマル)だと、
この場合基本的には、主にフロントのヘリカルさんが頑張って、
フロントタイヤの向く方に持っていってくれるイメージがあります。
(私のイメージは事実と異なる可能性が大いにあります)

でもそれとはまったく違う動きでFRっておもしろいよね。
マークⅡとか4ドアの34とかの重たデカいドリ車だと
そんな悠長なこと言ってないとおもいますが、
最終型のAP2は大きさもちょうどいいし、
パワーもありすぎないし、
ミスったとき止まれないかもって思うほどデカくないし、
そして、VSAがあるから、スピン知らずだし。
(運転うまい人にとっちゃ、邪魔だろうけど。)

さらに次のコーナー。
調子にのって再度サイド引こうとするも、
どうしてもクセで右側(6速に近い側)に手を伸ばしてしまい、
タイミングを逃す。

それからは、そこそこおとなしく走ってるつもりだったけど、
やっぱり、立ち上がりでアクセル踏むとリアタイヤ滑っちゃうことが、
しばしば・・・。

能動的にサイド引くときには心の準備が出来てるけど、
そうじゃないときは、うおっ!来やがったな?的な感じ?
けっこうドキドキするね。

ペーパードライバーで、初めて運転する道路で、初めて運転する車種で、
っていう、ダメな状況がたくさんあるから、
少なくともウデがダメでもコースとクルマに慣れてれば、
もっと積極的になってもよかったかもしれないけど、
※いやいや、対向車来ないし、前後にクルマいないからっていっても
公道なので、ダメですよ。

いや~。でもこれぞFRって思える動きですよね。
これだよ。コレ!
これを求めてわざわざFRのレンタカー借りたんだよ!
別にFFでよけりゃぁ、DS3のターボ借りても良かったんだよ。
S2000よりはるかに安いし。
っていうか、そもそもレンタカーじゃなくても、
一緒に行った友達んチのEE91(だっけ?)でも
頭文字D観光なら問題ないんだよね。
でもそうじゃなくって、走りを楽しみたかったんだよね。
前にも書いたけど、普段乗れないFRで、とびっきりスポーティなヤツに
乗りたかったわけで、S2000で正解だった。
後期の2.2Lだからか、トルク不足も感じずに、
ヘアピン出口で、リアを蹴散らせるし。
VTECだからか思ってたより全域で扱いやすいし。

楽しいたのしい低速ヘアピンセクションは終わり、
1つ目の橋でシフトアップ。
11000rpmまで回せるってとんでもねぇな。
と思いつつ、レッドゾーンが8000rpmから始まるS2200で思う。
(7000レッドのエボだからS2でもよく回るって思うのかなぁ~。
 普段GRBとか乗ってたら、ターボでも8000まで回るのに、
 NAのくせにF22Cって8000までしか回んないのかよ!って
 思うのかな?)

2つ目の橋
ここに2台並んで入るってのもなかなかだなぁ・・・
ボクも車幅感覚磨かなきゃ!

3つ目の橋
いろは坂の終焉
楽しかっただけに、次に行かなくてはならないのは残念。
このS2000でのドライブコースのなかで、
もっともボクにドキドキとワクワクを与えてくれたコースが
いろは坂でした。最高だね♪
Posted at 2012/06/29 19:05:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ♪ | 日記
2012年06月29日 イイね!

北関東ドライブ ~ACT.10 北関東のメッカ 赤城~

6月10日午前2時半くらい

赤城山下りゴール地点から頂上へ向けて上ってゆきます。
するとですね。
涼介さんが須藤京一を抜いたコーナーより先のところ(たぶん)で
シルビアや180SXが集まってる。
どうやら彼らはここをスタート地点として走っているらしい。

様子をうかがってみると、どうやら普通に走ってもよさそうなので、
そのまま上っていく。
ギャラリーが非常に多くて、恥ずかしいね。

暗い中なので、こっちが遠くから来た「わ」ナンバーのS2000だと
分からずに、盛り上げてくれようとしてるのか、手でアピールしてくる女の子。

すごく場違いなところに足を踏み入れてしまった・・・。

そのスタート地点から先、しばらくはギャラリーがいないコーナーはない位に
土曜の夜の峠で賑わいをみせている。

ボクは今までかつて、ギャラリーがいるとこを見たことなかったけど、
(長尾でも、地元の福岡東部でも)
なんか、赤城ってやっぱり凄いんだな。

頭文字Dでハチロクがエンジンブローした空地で写真を撮ろうと思ってたけど、
そこにクルマ2台が停めてあって(おそらくボクらがスタート地点に着いたときに
出発していった2台だと思うけど)、写真は諦めました。

彼らがこの区間で走るのは、なみなみになってる箇所を避けてるんだろうね。

一般車が走るのに何の問題もなく、さすがに現代の走り屋はマナーが良いですね。

そのまま頂上まで上り、友達とドライバーチェンジ。

結局、アウェーで場違い感がハンパないから、南の赤城は下らずに、
北側を下ります。

須藤京一が拓海のハチロクに負けなかったところから
ランエボ好きになったボクとしては、けっこう残念・・・。


さて、北面。

こちらの方が、頭文字Dのコースよりも我々には走りやすい印象。
道路に何も埋められてないし、道も広い(あんまり差はないけど)
コースの先が読みやすい?ストレートも南よりは長め。
工事してる区間もあったな。

しばらく走ってて、こっちは大人しいなぁ~と思ってたら、
そんなこたぁない。こっちにもいました。走り屋さん。

32スカイライン系とか4~5台はいたかな。

どうもおじゃましました。

こちらの北面は、ボクの運転区間ではなく、頭文字Dコースでもないので、
この辺で。
Posted at 2012/06/29 00:11:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ♪ | 日記
2012年06月27日 イイね!

北関東ドライブ ~ACT.9 束の間の休息~

6月10日2時ちょっと前

給油予定の出光石油 セルフ吉岡SS前を通過・・・。


そもそもこのレンタカードライブに出る前、
入会費・年会費無料のガソリンカードで、東京にも群馬にもある
会社のものに加入しようと思い、出光のカードを作ったわけで、
それから走行距離と燃費から群馬の榛名と赤城の間で、
24時間営業でセルフの(人がいるより安いから)出光を
調べてたつもりだったけど、
前を通ってみると、電気がついていなくて、真っ暗なスタンド。
こりゃぁ24時間営業じゃないな。とすぐわかり、
とりあえず、コンビニで停まって、
腹ごしらえ用のおにぎりを購入して、
友達と協議。
時間がもったいないから、近くにある24時間のエネオスで
定価でも問題ないから給油することにしました。

エネオスのセルフ吉岡店

午前2時09分
ハイオクは@152
41.66Lの給油で6332円
TRIPメーターはAもBも365.4km(ODOは47984km。21年式にしては多め?)
出発の時点で15kmくらいは走ってた気がするから、
出発時に満タンだったと仮定すれば、8.77km/L

燃費わりぃな・・・

NAのくせに。2駆のくせに。1200kg台のくせに。
同じ条件ならランエボですらこのくらいの燃費出せると思うけどな。

これは、スタート時のトリップメーターが誤魔化されていたに違いない。

燃費運転は考えてないけど。

あとねぇ~ S2000って基本的に全てにおいて素晴らしいんですが、
ただ一つだけ、フューエルリッドオープナーのつまみだけが、
安っぽいつくりなんですよ。


ちょっとこの写真じゃ伝わらないか・・・

だいたいランエボ乗りから、インテリア系が安っぽいと言われるほど
屈辱的なこともないだろうけど。
(S13や180SXとかのほうがランエボよりも安っぽい?)

ここから今度は赤城に向かいます。
吉岡町の県道15号から、県道4号へ入るルートを選んだ理由は、
スタンドによること以外にもう一つの目的がありまして、

それは、群馬大学医学部の建物がどんなのか見てみたいという願望だったんですけど
夜で真っ暗なので、クルマの中からみただけじゃ、
どんな雰囲気なのか全く分かりませんでした。

残念。

さて、ここから県道4号に入り、赤城を目指します。

あ、対向車に黒いFDがっ!
黒もいいよね♪
なんて言ってる場合じゃなかった・・・(?)



そういえば、赤城の麓には、確かになつきちゃんの言うように
ホテルありましたね。んなこと、どーでもいいけど。
Posted at 2012/06/27 23:25:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ♪ | 日記
2012年06月27日 イイね!

僕はVampire 君はTarget さてVampireは何人?

2012年6月6日
Hey!Say!JUMPの2ndアルバムが発売となる。
前回のアルバムから2年振りに発売されたJUMP WORLD
その中の収録曲の1つに、「僕はVampire」というものが
存在する。

この曲の醍醐味の1つは、やはりメンバーそれぞれが
ソロで歌う「Vampire」のところ。

CD収録バージョンでは、ソロのVampireの順番は、
山田涼介 中島裕翔 岡本圭人
伊野尾慧 有岡大貴
八乙女光 藪宏太  知念侑李 高木雄也
山田涼介

という順番になってます。

??
なぜに山田涼介は2度もソロパートが
存在するのかと、気になりますよね?

ボク個人の見解では、当然
これは曲の都合上ソロパートが10個分出来てしまったわけでもなければ、
山田涼介が調子に乗ってるからでもなければ、
山田涼介が他のメンバーの2倍人気があったからでもないはずです。

ちょうど一年前、
2011年6月27日夜
ボクは驚愕のニュースをネットで発見した。
信じがたいが、どうやら翌日に雑誌が発売されることは事実のようだった。

28日
週刊女性の発売日
ニュースで扱われるだろうと思い、朝めざましテレビをチェックする。
信じたくはなかったことは、事実のようだった。
4年先輩のNEWSのときとダブる。
スタート時では9人だったのに、当時は6人。
芸能活動を再開した内クンですら、グループ復帰はしていない。

JUMPも9人に・・・
団体責任とならずに、活動休止措置がグループには
適用されなかったことが、わずかな救いだった。

6月29日
予定通りシングルCD「OVER」が発売される。
ジャケット写真もそのままで彼も含めた10人でのもの。
このCDのカップリングには、「愛ing -アイシテル-」という
曲が存在する。

この曲の醍醐味の1つは、やはりメンバーそれぞれが
ソロで歌う「アイシテル」のところ。

CD収録バージョンでは、ソロのアイシテルの順番は、
藪宏太  中島裕翔
高木雄也 森本龍太郎
伊野尾慧 岡本圭人
八乙女光 知念侑李
有岡大貴 山田涼介

となっている。1人1回ずつの計10回。
素敵な曲だ♪

じゃぁ、「僕はVampire」にソロパートを10個準備したねらいは?

当然将来を見据えてのことでしょう。

およそ2年後、JUMP復帰して「Vampire」を囁く森本龍太郎が
見れることを期待したいと思います。
Posted at 2012/06/27 15:23:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 気になるコたち | 日記

プロフィール

「雨もあがって、熱くなっちゃいそうです🔥」
何シテル?   05/19 08:06
carisma-GTです 小3でイニDアニメを見てクルマに目覚め、 小4でイニD10巻を読んでランエボの凄さを知り、 それ以来ランエボ一筋で十数年・・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

PROJECT-Kさんのスズキ アルトバン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/21 00:01:41
整備記録 リヤキャンバー加工・オイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/06 08:42:39
車両総重量測定実施(コーナーウエイト測定) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/08 07:52:23

お友達

エボ/GAG/カプチ/アルト/スイフト乗りな方も、そうでない方でも、どうぞよろしくお願いします。

気軽に誘ってみてくださいな♪
54 人のお友達がいます
SHU@8SHU@8 * MOMIMOMI *
とむばいやーとむばいやー * ねこばったねこばった *
ムーミン5ムーミン5 * ツッカンツッカン *

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション EVIL EMPEROR (三菱 ランサーエボリューション)
エボ6も登場から15年以上経ってしまいましたが、 まだまだ現役↗ 長く大事に、かつエボ ...
スズキ スイフトスポーツ もち (スズキ スイフトスポーツ)
もともとボクがクルマ好きになったきっかけは、頭文字Dだったので、FFは興味ありませんでし ...
スズキ カプチーノ カプチ (スズキ カプチーノ)
中学生くらいのころからカプチーノは好きでした。 しかし、まさか購入まで至るとは当時は考 ...
スズキ アルトバン アルジェンタート アルトGT (スズキ アルトバン)
K耐久東海シリーズ練習用 運転練習用兼部品開発実験用 SNMP:1'09''947(2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.