• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

carisma-GTのブログ一覧

2018年02月28日 イイね!

作手CompactChallenge

作手CompactChallengeポイント絞って書きます。
絞っても長いですが。

~もくじ~
①作手CC『もち』carisma走行結果
②MOMI先輩、T板金先輩の試食タイム
③衝撃のビッグゲスト現る
④ISDさんからのもち&ボクの評価
ドラポジって大事だよ
⑤今後の活路
⑥エントラントは好き勝手に言う

①作手CC『もち』carisma走行結果

2月24日(土)
作手CCに参加してきました。

ISDさんの最初のブログ見たときから、興味はありましたが、
前オーナーのZC33Sの納車予定が12月から2月に延びていたので、
面白そうだなぁ~って、見てるだけでした。

年末ごろに納期も1月って固まってきて、もちのブログも書いていると、
ISDさんから直々に、作手CC走る?ってお誘いがあったので、
よろこんで参加しました。

仮エントリーのときにはまだサーキットで乗ったこともない他人のクルマ。
1月26日に名変完了して、車両受取。

スイスポでサーキットデビューしたのが今月2月10日(土)!

そして2月24日(土)作手CCです。
超スイスポビギナーです。

将来のマシン仕様の明確化、
もちの試食会による、運転技術の勉強

ZC31&ZC32が多いこの走行会は、間違いなく収穫物が大きい。

値段もけっこう安くなることは読めてましたし、レベルの高い人たちとの交流の機会は大事にしたかったので、
値段も気にせず、特にクルマに不調もなかったので、参加することにしました。

ちなみにボクは
2015年8月に作手でサーキットデビューして、今回で44回目の作手の走行です。
2015年:3回
2016年:9回
2017年:26回
2018年1月~2月18日:5回

今回の仕様
タイヤはZ2&Z1☆のコンビ。
ホイール買った時点で、古いタイヤがついているのは、聞いてたので、作手CC用にハンコックのR-S4をネットで発注。
納期かかります!って連絡があり、急遽Z3の新品4本購入。

ただし、2週間前の練習走行で、Z2&Z1☆でも、走りは学べるし、スポーツ走行に対する危険度も少ないってことで、
バリ山を捨てるのはもったいない。高くも売れる見込みなし。
じゃあ使おう‼ってことで、Z2&Z1☆のままで

バッチ取るのが目的の走行会なのに、なめた仕様です。
ごめんなさい。

バッテリーは鉛からリチウムイオンへ

当日の朝、カプチーノからスペーサーなども部品取りして、付けました。



MOMI先輩やゆう1ch先輩、D540さんに教えてもらってリヤシート外し。
ガソリンもエンプティまで戦えるって聞いて、減らしめで。

走行枠は12分×4回+20分×1回

1枠目:助手席、リヤシート背もたれつき
2枠目:リヤシートなし、MOMIさん指導
昼休み:T板金さん試食タイム
3枠目以降:助手席なし

午前中、助手席がついていることもありますが、ベスト更新ならず。

2枠目でMOMI先輩に運転してもらったので、そのタイムで、午後のクラス分け。



『作手CCへの意気込み』では、Eクラスだろうと予測していましたが、
なんとCクラス!
(え?こんなタイヤのこんなタイムでマジですか?)

一応ISDさんに確認すると、
午後は助手席外して走るんだろ?MOMIのタイムくらい抜け!このままの枠で問題なし!
的な判決で、Cクラスに滑り込み!

鶏口牛後という言葉はありますが、それはこの走行会には当てはまらない。
DクラスのトップとCクラスのラストは違う。
Cクラスにいれば、自分より少しだけ速いクルマに引っ張ってもらえる!

ってことで、MOMI先輩のパワーで、2名乗でも、真ん中のクラスに入れました。

もんぶらん32さんに、午後の走行の前に、『私遅いですけど、よろしくお願いします。』
って言われました。

心の中では、『大丈夫。私のほうが遅いんです…』
って思ってました。

きっとALTバッチを貼ってたから威嚇が成功したのでしょう

今年1月にアルトで取ったもの。
カプチーノでもランエボでもバッチ基準タイムには入ってるのに、1シーズン1人1枚しかくれないって、残念。

午後もタイムはビミョーでも、走行会はいい感じ♪

最終枠も朝に走行枠はとらず、みんなが選択した後で、一番走りやすいところを選択



4台のみ!やっぴー

そんな感じで、タイムはこんな感じ。

1枠目ベスト:32.533
2枠目ベスト:32.913
3枠目ベスト:32.450
4枠目ベスト:32.334
最終枠ベスト:32.197
MOMIさんベスト:32.227
T板金さんベスト:32.00
(T板金先輩は昼休み中の走行のためタイム不明。ロガーでは31.905)

自己ベストは32.308→32.197へ



タイヤはどんどんおいしくなくなっていくし、
3枠目、4枠目は2月の作手にしては、天気が良さ過ぎて気温は高め
過ごしやすくていいけど、タイム的にはビミョー
5枠目はラインを外せば、タイヤカス地獄と、自己ベスト更新のための環境としては、ビミョーでしたが、ほんの少しだけ更新。

同じような戦闘力のクルマと同じ枠で走れるってのは、タイムアップにもつながります。

ベスト更新出来ましたが、今の仕様でも32秒切りしたかったなぁ~

②MOMI先輩、T板金先輩の試食タイム
ボクの2名乗のベストタイムが、32.913なので、
MOMI先輩とは0.7秒差!

ひとり乗りなら32.197だから、
MOMI先輩で換算すると、31.5
MOMI先輩よりたくさん周回したT板金先輩で換算すると、31.2!

ってことで、どうやらこの方たちだと、
6年落ちの195タイヤでもALTバッチが狙えるそうです。

ボクには考えられん‼

同乗してて感じるのは、
乗ってるクルマの背景?
MOMI先輩はグリップしないタイヤなのに、フロントがグリップするクルマのような2コーナーのライン。

T板金先輩は、アルトで練習してきたボクとラインの考え方は、似ているのかな?

アルトと違ってグリップが足りないスイスポだと、理想のラインにのせるのが難しい。
脚が柔らかくて、反応に遅れがあるのも一因ではあるけど。

ボクが表現したいものと、T板金先輩の表現は似ているような気がしますが、
ボクは表現したいものが全然できてな…


さて、ロガーでどこで差がついているのか比較します。
最高速度は
ボクのベスト周:100.56km/h
MOMI先輩:101.30km/h
T板金先輩:101.12km/h

MOMI先輩との比較
赤:carismaベスト
緑:MOMI先輩ベスト(2人乗り)



※はじめに注意ですが、ボクのロガー…
いや、はらしゅんくんから借りた彼がサンタさんにもらったロガーは
作手の場合、トップターン以降の位置の制度が悪いです。
コースアウトしてる訳ではありません。
上のグラフは縦軸が速度ですが、横軸は距離です。普通のロガーは横軸は時間。
普通のロガーは積分したら距離。

2コーナーのラインは、タイヤグリップが低いクルマはアウトから入るべきだと信じてるので、そこは譲らない。

3コーナーはアウトから入るMOMI先輩。
ボクももっと膨らむべきだった。
トップターンは意外とV字に近い。

MOMI先輩は最終コーナーが速い。

なんなの?ラインなの?

加速に移っているポイントは同じに見えるけど、ボトムが違う!

差がついているのは、最終コーナーくらいに見えるが、
ボクのひとり乗りと
MOMI先輩の二人乗りとのロガーを比較してるので、タイムはほぼ同じ。

ですので、前半は同じように走ってるように見えるMOMI先輩のほうが70kgのウエイト分速いです。

T板金先輩のほうのロガーも見ましょう。



T板金先輩からは、アンダーやなぁって言われました。
たぶん世間一般では普通ですよ。これが。
フロントキャンバー欲しいけど。

赤:carismaベスト
緑:T板金先輩ベスト(2人乗り)

MOMI先輩との比較と違い、今度は高速コーナーの1~2コーナーで差がつく…

赤いラインはMOMI先輩との比較に使ったものと同じですよ。

T板金先輩は、1~2コーナーがまるで1つのコーナーかのように綺麗なRを描いてます。
ラインがワイドで2コーナーのボトムは速い。
距離損なので、2コーナーからの加速に移るまでの走行距離は、ボクのほうが早い。

2コーナーから3コーナーの加速では、ボクのほうが速度が出ているように見えますが、それは錯覚。
1コーナーでワイドなラインをとると、横軸がずれる。
同じポイントでも、計測地点からの距離が違うので。

3コーナーはアウトから入って、トップターンに対してしっかりアウトから入れるライン取り。
ボクは3コーナーのアウト進入が足りないせいもあって、3コーナー出口で膨らむ。
トップターンのボトムが下がる。

あとはまぁそんなに差はついてないのかな?

ってことで、
前半はT板金先輩の走り方を
後半はMOMI先輩の走り方を
真似すれば、速くなるはず!

その辺りをポイントに、動画をチェック!

MOMI先輩


T板金先輩


そう簡単に真似出来るレベルだとは思ってないですが、きっと動画もロガーもついてて同乗走行してるのだから、お手本の走りをしてくれているはず…

吸収しないとね。

(しかし、カメラの調整がうまくいってなくて、ラインがわからない…crz)

ちなみに同じアングルのボクの走りはこんなんです。


T板金先輩が、1年前より成長してるよ。ってコメントしてくれたりしますが、
どうせ建前で言ってるんだろうな~って思ってました。

ちょっと機会があって、
各機種での作手初走行のタイムを振り返ってみました。
EA11R:36秒前半(201508?)
CP9A:33.915(20160521)
HA23V:37.535(20160521)

今とマシン仕様は違うけど、
2~2年半でまぁよく頑張ったよね。

初走行から約2年で、4秒短縮。

ってことは、きっとZC31も2年後には28秒台で作手を走っていることでしょう…(笑)

んなわけないので、2016年から、2018年にかけてやっぱり、ボク実は成長してるのかも。

Z2&Z1☆がまったりしてるので、それが初心者にも運転しやすくていい挙動なのかもね。

③衝撃のビッグゲスト現る
もうみなさんご存知でしょうが、
ZC33スイスポが参加してました。

モンスターのジムカーナコンプリートカー

タイヤは205のA052

ばかみたいに速い。

時代の転換点に立ち合えました。

今後は新型スイスポの時代ですよー

快適装備つき
軽量化なしで29.7?
そんなのスイスポじゃないです。

ふふふ…
これで世の中の31乗りは33に乗り換えて、31に使える中古部品は盛り沢山♪
需要と供給で価格も安くなる~

ボクの狙い通りですね。
31買って大正解☆

カム、コンピューター、軽量フライホイール、ローファイナル、ハイレートな脚、16インチ軽量ホイール

いろいろやりたいですねー


④ISDさんからのもち&ボクの評価



フロントデフ付き車でのサーキット2回目で、オーバー出ても最低限の反応は出来てた。
あとは積極的に姿勢を崩して(つくって)いけるかをやってみな。
ペダルワークとステアリングワークの連携で、アンダーじゃなくて、オーバーに持ち込めれば、アクセル踏んで少ない操舵角で3コーナーをクリア出来る…

32秒切り出来るのが先か、タイヤがなくなるのが先か…

今の勢いだとタイヤが先になくなるので、次は中古の71Rでもつけさせてもらいますかね~

新品のZ3はまだおいときましょう。

6月に富士ショートを走ってみたいんですよね。そのときにZ3を使いたいんよね。



★carismaの悪の巣窟…

ドラポジって大事だよって話をISDさんから受けて、自分の走行動画を見直していた。
1コーナーと3コーナー

速度乗せてオーバーになるとしたら、高速コーナーはこのふたつ。

3コーナーは攻めていきやすいけど、
1コーナーは怖い。オーバーを対処する自信がない。

なぜか。

アルトが1コーナーのオーバーで横転したから。

きっとそれもある。

でも、他にも考えうる要因はある。

動画見てたら、1コーナーは送りハンドル
3コーナーは持ち替えていない。

どうやら原因はステアリングの持ち替え方と関係がある可能性がある。

作手の動画を見ていたら、面白いことに、右コーナーは全部送ってる。

逆に左コーナーは、全く送ってない。

なぜなのか。

仮説1)切る量の違い
作手は右回りのサーキット。
右コーナーは深いから単純に持ち変えねばならぬ。
左コーナーは持ち変えなくてよい。

唯一1コーナーだけは、操舵角は足りているが、すぐに2コーナーがきて、ここで2速へのシフトダウンを迫られる。

ってなると、送るのなら、1コーナーから送るしかない。

仮説2)カプチーノの病

本命はこっち。

カプチーノは狭いクルマ専用フルバケしか入りません。スペースないから。

全幅1390mmだもん。

運転席のスペースもミニマム。

右手は肘を引いた時のスペースがない。
右手が伸びる左回しの時には普通に操舵できる
が、右手を引く右回しでは、肘がフルバケかドアトリムに当たる…

これを避けるために、あらかじめステアリング上部を持つ…

こうしてcarisma回しは生まれた。

カプチーノで身に付いたクセは、カプチーノ以外のクルマに乗っている時にも離れない。

作手×カプチーノ


作手×アルト


作手×エボ


作手×スイスポ


カプチーノでスパ西走ってるときもそう。
スパ西×カプチーノ


原因が分かれば、クセは直すだけ。

今後の課題ですね。

今までは指摘されても、あと回しにしてましたが、
そろそろいい加減修正に向けて取り組みたいですね。

フロントLSD付き車に乗るなら、真面目に取り組まなきゃならん。

どうでもいい話だけど、こうして見比べると、カプチーノってめっちゃステアリングのギヤ比クイックじゃんね!


⑤今後の活路

3月の予報
第1週:アルト整備
第2週:スイスポ作手
第3週:エボスパ西
第4週:アルトスパ西&カプチーノ作手
第5週:カプチーノキョウセイ

キョウセイの前に、カプチーノのリヤを14インチにしとかないといけないね。

☆今後の長期計画変更☆

今年の上半期をランエボ強化月間、
今年の下半期をスイスポ強化月間とするつもりでしたが、

計画を変えます。

ランエボはバッチタイムとれたので。

・耐久アルトベストタイム
はらしゅん+1秒未満
てぃー.ちゃん、Nisshiy+0.3秒未満
(去年より差が開いてなければOK)

・6月9日小富士スイスポ
ワンメイクドライビングレッスン
まずは柔らかい脚の仕様でいいから、小富士を走って、自分の今の実力を見つめ直したい。
作手CCもけっこう刺激になったので、スイスポワンメイクはワクワクするね。
レッスンでどんなこと教えてくれるのかも気になります。
いなスポはシート低すぎて、縁石見えないから、はじめてのコースは苦手です。


・ALTばっち夏
カプチーノ>エボ>スイスポ

カプチーノは31秒切り目標
エボは30秒切り
スイスポは…バッチ取れないけど頑張ろう。

・ALTばっち冬
カプチーノ→プレミアム(30.7)
エボ→プレミアム(29.0)
スイスポ→ノーマル(31.2)

今後1年間に車検を控えているクルマはないので、来年の冬バッチシーズンに向けては、今年よりもお金がかけられる予定。

去年は月に1回作手を目標にして、ポイントカードは上下ともに満タンになりました。
今年は月に2回は作手に通って、
ポイントカード満タンにしたいと思います。

『お金がかけられる』ってのは、クルマにいいパーツを盛り込むこともさしますが、
それだと3台持ちのうち、1台しか速くならない。
3台共で速くなるためには、ドライバーを速くするのが一番のチューニング!
だったら、走り込むし、高いロガーを使ってでも、反省して修正して…をやっていくのが、一番コスパのいい方法…

狙い通りに行くかはわかりませんが…

カプチーノは、腕の見直しだけで、年末までに作手31.1→30.7切りへ0.5秒短縮。
Z3がなくなると、V700を使ってみたいけど、やや柔らかいタイヤでばかり乗ってきてるので、15インチの期待の星のV700は買わないかも。

去年の延長戦で、このままのやり方でいくかも。

スイスポは、2月はグリップしないタイヤでのタイムアタックでしたが、今の快適バネ仕様でマシンコントロールの練習を続けます。

ボクは今までのクルマは、サーキット走る=脚を固めるだと思ってたので、
ハイグリップタイヤとそれに見合ったバネレートを入れて走ってきました。

柔らかい脚で走ったことってなかったんですよね

バネレートが高くない、LSD入りのFFコンパクトカーで練習をつんで腕を磨いてみたいなってけっこう前から思ってたので、
今の脚である程度練習します。
赤脚をつけられる腕になるまでは‼

とはいえ来年の冬バッチ期間の前には、バネレート、フロントキャンバー、ハイグリップタイヤの仕様にして、ノーマルバッチは取りたい!

アルトは車検残ってる間乗れればいいかなって思ってましたが、31は来年5月の次の車検のタイミングで降りる気はなくなっちゃいました。
スイスポ、いいクルマです。
10万の32があれば乗り換えも検討しますが、とりあえず31お気に入りです。


エボは冬にノーマルばっち基準タイムはクリアしたので、来年の冬はプレミアムを照準にする!

29.6→29切りへ0.7秒短縮。

どうするか、考えたけど、やっぱりエボのタイムアタックは次の一歩に進みたい。って思いもある。

もう一度自己ベスト1秒短縮の衝撃を起こすのは、正直難しいと思います。

EVIL EMPERORのブログで、ボクのエボはまだハイハイ仕様って書きました。
機械式LSDが入ってないから。

サーキット仕様のエボでは基本的に、AYCのみしかつかない第2世代(4~6.5)は前後機械式にするのが普通。

ノーマルでもよくなったのは、ACD+スーパーAYCとなった8以降
フロントだけ機械式LSDとか。

LSDのありとなしでは、操縦性もサスセッティングも変わるから、
あれこれやってから入れるんじゃなくて、入れてからあれこれやらなくちゃいけない。

LSDなしのアルトに乗ってたときに、デフなしの悲しさは嫌になるほど体験したが、
エボは4輪接地しとけば、空転もしてないしいいと思ってた。

でも、スイスポを買って、フロント機械式LSD付きのクルマに乗って、実感した。
LSDは駆動系のトラクションアイテム(加速のため)というより、コーナリングアイテムとしての側面が強い。
ステアリング切ってる方向に向かっていく。

これが、でかい‼

フロント1WAY
リヤ1.5WAY
センターはビスカスのまま。
フロントはイニシャルトルク強め?

この辺りの考え方は、第3世代のCTでも、インプでも同じはず。

一般に、機械式LSDが入るとアンダーになると言われているので、
サスセッティング(バネレートなど)はやり直し。
そんなのは望むとこ。

28.6を越えれば、CP9Aの作手タイムランキング1位。

何年かかっても達成できないかもしれないけど、
やらないで諦めるより、やって諦める。

カプチーノやスイスポで車種別のトップ取るよりよっぽど楽。

まぁ、他にもっとやりたいことができるかもしれないけど。

マイベック、2.2L化、エボ9タービン、2次エア供給システムECU
2名乗公認、カーボンリヤドア
ちゃんとしたメーカーのショック?
(今はファイナルコネクション!全長調整式、減衰調整式、フロント倒立式、ピロアッパーのスペックで、もっとも安かった。)

まだやれることは、いくらでもある。
どのくらいタイムに貢献するかは知らんが。

(本気でそんな仕様にするつもりもないし、そこまでして目指さないつもりですよ。)

正直、エボ10は凄いけど、作手にはデカ過ぎる。重すぎる。

CPエボはあまり作手では見かけず、今でもよく走りに来てるのは、ボクのほかだと2台くらい。
CPで28秒出すデータがないって言われますが、
CPとCTでは、基本的には同じで、
ランエボのイメージはスイスポと同じような感じ。

初代は足回りも違う、軽量がメリット。
エンジンは形式は同じ(4G63シリーズ、M型)

第2第3世代のCPとCT、およびZC31&32は足回りも本格的にスポーツ走行に対応できるレベルになり、エンジンも熟成が進む。
第2世代と第3世代ではボディが少し違い、第3世代のほうが安定志向。(高速域向け)

第4世代(CZ、33)になると、
足回り形式に大きな変更はないが、エンジンが低回転トルクモリモリの新エンジンになった。

だから、基本的には、第2世代でも第3世代の情報はある程度参考になる。
当然、ドライバーのテクニックや好みに左右されるから、鵜呑みにしちゃいかんが。

やり方は考えるけど、ドライバーとマシンをそれなりに仕上げるのは、工夫しないといけない。

最近いろいろ声をかけてくれるISDさんはアイデアの宝庫で参考になる。
提案はいろいろしてくれるので、自分に合ってる方法を選ぶ



ちなみに、作手では
車種別ランキングで、5位まではファイルに掲示されます。
ZC31Sの車種別ランキング5位:30.875
カプチーノの車種別ランキング5位:30.241

カプチーノであと1秒縮めるのと、
スイスポであと1.3秒縮めるのと、
どっちが近いかってなると、
絶対スイスポでしょ!

さっきのメニューにプラスして、モンスターで排気量アップでもしてもらえば…

※しません!

⑥エントラントは好き勝手に言う

作手の走行会、今までも何回か参加してきましたが、
作手CCは大満足でした。

1回の貸切走行会で、グループ分けが3回変わる!

車種別→タイム別→自由選択

1日貸切走行会のうまいとこを考えて狙ってますね。

でも、会社の走行会でこれって、なかなか真似できないんだよね

今回の作手CCって、神クラスの2名乗が頻繁に運航されてたけど、
会社の走行会じゃ、そんなことないもんな。
今回のエントラントはやはりレベルが高いので、他の人の走りが気になるとか、勉強したいって意欲が強いんだろうけど。

会社の走行会の前に、座学の講座をやってほしいって、前書いたけど、
実はそんなこと思ってるヤツって、あんまりいないのかな?

作手CCみたいな規模の走行会は、もうないのかもしれませんが、
81の速い人と31の速い人とかに主催していただいて、半日走行会(24台募集で3グループ分け、12分×3+15分×1とか)やるとかね。

エイトリアンカップとか、あんなのが出来たら凄いですよね。(詳しいことは何も知らないけど。)

とにかく、作手CCは凄くよかったです。楽しかった。
幹事のみなさんとお手伝いさん、エントラントのみなさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

ISDさん、中の人、スターレットのおにぃさん、いろいろお話聞けて良かったです。

作手CCに参加するためにスイスポを買いましたが、今後第2回の開催を期待して、スイスポ乗り続けてみます。

Posted at 2018/03/01 04:08:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月23日 イイね!

作手CCへの意気込み

作手CCへの意気込み参加予定車両は39台

ボクはスイフトBクラス
の中でも最下位。下位クラスなのに。

まぁ、つまり激しく遅いってことだ。

スイフトBのトップは30.8だから、1.5秒差…
スイフトAクラスが7台いるけど、どんだけ速いんだ‼

ボクはまだスイスポでは、1回(2枠)しか走ってないから、まだタイムアップ代は残されてるはず

とはいえ、前オーナーベストがRS-Rの31.887なので、
Z2+Z1☆で、5キロ4キロ、キャンバーなしだと、この辺りが限界かな。

レベルが高い走行会なので、31.887になったところで、スイフトBクラス最下位は変わらない。

午後のクラス分けは、フィットやバラエティも混合でのクラス分け。

といっても、自分より持ちタイムが遅いのなんて、ほぼいないから、
Eクラス(最下位クラス)に入りそうなのは、だいたい読めてる。

ベストタイム申告してない人が何人かいますが、速い人の知り合いは速いので、まぁ、速いでしょう。

ボクのスイスポの前回からの
タイムアップするためのポイントは、
・軽量化
・車幅感覚
・高速コーナー
・電子スロットル

くらいですかね。

リヤシート背もたれ外し、
リチウムイオンバッテリー、
ウォッシャー液の減量
ガソリン給油量の調整

25kg軽量化で、0.25秒アップですね。

車幅感覚は、前回まだまだコースをいっぱいまで使えてなかったので、
もう少し攻めたいね。

レートも柔らかいから、
アルトじゃ跳ねてた、トップターンや最終コーナーの縁石で跳ねないから、
ここも安全にマージンが削れる部分。

スイスポはフロントタイヤがどこにあるか、わからん。
歩行者保護のボディは難しい。

車幅はランエボに近く、全長はアルトに近い
このちぐはぐな感じが新しい。

速いクルマじゃないので、ラインの精度は上げていくしかない。

一朝一夕で縮められるのは0.1くらいか?

高速コーナーは苦手意識があり、1コーナーと3コーナーがおそらく他のドライバーから大きく離されてしまってる部分のように思う。

ただ、今の5キロ4キロのスイスポは、非常にマイルドで、アルトみたいじゃないから、まだ攻めてもいける気がするんだよね。

ここは同じ枠で自分よりちょっと速いくらいのタイムで走るクルマがいるはずだから、うまく影響を受けたい部分。
3コーナーは今までより少しアウト目から入って、アクセルのオフ具合いを減らしていくべし。

スイスポはアルトよりもパワーウエイトレシオもトルクウエイトレシオもいいはずだけど、
なんかすごいもっさりしてる。
上り坂でボトムが落ちると致命的だ。

オーバーが出てもコントロール出来る自信があるか、ドライバーの差が出る部分

アクセル全開は試してないけど、アンダー出そう。

電子スロットルは、スイフトで一番よくわからない部分。
慣れるしかない?
FFだからまだ乗れるけど、FRだったら厳しいよなぁ~

もう徹底的に早めにアクセル踏んでいくしかないなぁ。

スロットルコントローラーとかって、つけたらなんか変わるの?

まぁ、今季は間に合わないから、人間がやるしかない。

シフトアップも素早くやって、縮めたいね。


ガソリンは18L給油。18L携行缶。



燃費データもあまりないので、攻めてもないですが、悪くもないと思われる。
前回よりは計算上10kgは軽いっぽい。

あと、やれることは、はったりかますくらい。



貼って思い出したけど、
作手CCはレベルが高い走行会なので、
『ノーマルが1枚』はレベルの低さを表す恥さらし。

圧倒的に腕が足りない。
準備期間もスイスポ買って、1ヶ月と短かったけど、
サーキットにはその間4回行っている。
スイスポはその中で1回だけ。

スイスポに本気になっていれば、もう少しやりようはあったけど、カプチーノとエボにうつつを抜かしてたので…

ボクにとって作手CCは、成果を発揮するものではなく、
上級ドライバーの走りに触れて、刺激を受けるためのもの

勉強して、復習の材料を持ち帰るのが、明日やること。

作手CC参加者、主催者のみなさん、よろしくお願いします。


おまけ
軽量化項目にあげたリチウムイオンバッテリーですが、
カプチーノは作手でエンジンかからなくなってしまいましたが、気温低いときって活性化してやらないとダメなのね。

またひとつお勉強になりました。
Posted at 2018/02/23 21:33:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月22日 イイね!

2連続作手のその後

土曜カプチーノ
日曜エボで
作手に行き、2台共でベストは更新
カプチーノはスパ西で1日使ったあとの新品のZ3
エボは皮剥きもしてないド新品のA052
これで更新しない訳はない。

エボのほうのブログでいろいろ書きましたが、
そもそもボクがマイカーにエボを選んだのって、とにかくエボって最強だったから。
免許取りたてで自分が運転下手なのはわかってたので、これで遅いクルマなんて乗ってると、確実に周囲と差がつきすぎて、やる気をなくす。
自分の腕のなさをカバーしてくれるクルマ、それがエボ。

自分がやりたいことが
ジムカーナなのか、
サーキットなのか、
ラリーなのか、
ダートラなのか、
お買い物なのか…

明確なビジョンはなかったけど、どこに転んでも戦える。それがエボだった。


86とバトルして勝っても嬉しくねぇよ。仲間に笑われちまうぜ。おまえ、86なんかとバトルしたのかって。
ハイパワーターボプラス4WD この条件にあらずんばクルマにあらずだ!
峠の王者はランエボだ‼
見せてやるぜ!エボの凄さじゃなく、オレのテクニックの凄さをな

だから、今更なに言ってんだってこと。
ランエボは、もともとがマシンの優位性で戦うクルマだろ?

タイヤくらいでウジウジ言うなや!

それで、同期のスイスポと同じレベルで戦えて、練習できるようにカプチーノ買ったり、スイスポ買ったりしてるんだから、ランエボの方向性は最初っから変わっちゃいない。

クルマの優位性を武器にする。

EVIL EMPERORのブログは
みなさんから、たくさんのコメントいただけて嬉しかったです。
コメントが10件も来たのは、みんカラやっててたぶん初めてです。

普段はいいねくれない人が、いいねしてくれてたり…

自分の想定よりいいタイムが出て、嬉しかった。

でもでも、他の人と比べると、ドライバーもクルマもまだまだ。

意外とCP9A(エボ5~6.5)だと、車種別ランキングに登録してる人の中で2位。

(いまだにCP9Aで走ってる人が少ない!
今はタイヤの性能が進化してるので、古いクルマはけっこう狙い目かも)

とはいえ、無差別級になると、当然エボ7~10が上にはバンバンいます。

当然、作手はエボ以外にもインプレッサ軍団が速いし…

カプチーノも土曜に滑り込んだ、ランキングが、
日曜にはもう影も形もなく…


ってことで、ボクはまだまだ甘い。

ということで、復習します。

ロガーデータを見ます。



赤がランエボベスト(2月18日)29.6
緑がカプチーノの1枠目の最初のピットインまでのベスト(2月17日)31.4

ロガーのデータ見ると、1コーナー

激甘ですね。

ストレートでは当然エボのほうが速いけど、1コーナーと2コーナーの間で、カプチーノのほうが速度が高い!
カプチーノのほうがアクセル踏んでるってこと。

なぜか。
カプチーノやアルトは、アクセル踏まないとここでオーバーが出る。
アクセルオフだとリヤに荷重がかからないから。
だからアクセル踏んでるしか、選択肢がない。

エボは、アクセル踏んでなくても、あの速度なら、まだまだへっちゃら。
4WDだもん。
今までは踏まざるを得なかったから、アクセル踏んでた。
ランエボは踏まなくてもいいのか?

いやいや、頑張れよ!

ターボ車は立ちあがり勝負
NAは突っこみ勝負
分かりやすくおおざっぱに言えば、それが峠のセオリーだ

エボはノーマルタービン。排気量もあるし、絶対まだ踏める。

3コーナーは、パワーのあるランエボとパワーのないアルト、カプチーノ、スイスポとは違う走りをしたほうが速いはず。

29秒で走るインプレッサの助手席とかに乗せてもらって、このスピードレンジやGに慣れたい。

トップターンのボトムが低いけど、
これが4WDターボの走りなのか?
波形の概形はこれでいいとしても、もう少し詰めようがありそう。

左下りも、もう少し高い速度でいけるっぽい。

ホームストレートでシフトの時間が長すぎ!
アルトみたいに気合い入れてシフトしなきゃ!

今のシフト速度なら、アタックした周はシフトアップしないで2速のまま走りきったほうが速いんじゃないの?

エボの最高速は120km/h(実測値)
エボの2速は108.56km/h(計算上8,000rpm時)
76.01km/h(1速)

可能性はあるねぇ。

素早くシフト出来るようにするのが、普通のやり方だけど、
一朝一夕でできるのは、2速逃げ切りだね。

って思ってたら違った。
1コーナーへ向けての減速じゃん!

アルトやカプチーノのロガーと違うから、間違えちゃった。

これは次の周を犠牲にすれば、腕がなくてもまだまだ詰められる。

全体的に、アンダーもオーバーも出なかった印象なので、A052の限界はもっと上にありそうですね。


バネレート、アライメントと空気圧は概ねOK?

走行後に、タイヤの状態をチェックしました。きれいに減っている印象。

左リヤ


左フロント


右フロント


右リヤ

とろけるタイヤなのに、タイヤカスの付着がほとんど見られないのは、走行枠に9時枠を選んで正解だったってことですかね。

リヤタイヤは端があまり使われてなさそうだったので、もう少し空気圧低く抑えたほうが良さそうですね。

バネレートとアライメントは特に問題は感じられませんでした。

後ろがピョコピョコする印象があるので、リヤの減衰力がバネレートに対して低い気がするので、ちょっとしめたいな。



行きつくところは?

自分のエボでのベスト動画を見直して、
本当にこれ、30秒切りなの?って思いました。速そうに見えない。

理由のひとつは、限界まで攻め切れてないからでしょう。

別の観点でいくと、
アルトでの無駄を削ぎ落とす走りの成果なのか?




今後の目標?
☆エボ
ALT夏バッチ(30.0)
スパ西は分切り

☆カプチーノ
ALT夏バッチ2(31.6)
ジムカーナ場で8の字の練習する
美浜50秒切り…

☆スイスポ
ALT今のタイヤで、32秒切り
Z3でALTバッチ(31.2)

なにげに問題視してるのが、
カプチーノの
美浜ベストタイム:51.102(20171103)

美浜はまだ1回しか走ったことないんですが、遅いっ!

作手で初めてスイスポに乗ったときは、
Z2+Z1☆で32.3っていうのは、まぁこんなもんかなぁ?って思ってるのですが…

アルト、カプチーノ、ランエボと、
前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動
どれも乗ってきたので、

初めてのクルマでも、
デカいアルトで、アクセル踏むポイントはカプチーノくらい?

とか、少しは対応出来てるのかもしれないけど、

初めて走るコースは、ダメダメ。

来年度に向けての目標とか考えつつあるけど、
今まで通り、作手とスパ西に専念するか、
幸田や美浜など愛知県のサーキットを開拓していくか…

基礎がないのに、応用に行ってもねぇ~
まずは基盤を固めたいってのが、ボクの考えだったんだよね。

あんまりいろんなとこに手を出しても、あそこの走行券はいつまでに使わないといけないから…ってやってくのも大変だし。

今のやり方でも多少は前進しているみたいなので、無理に変える必要はないかな。

作手の車種別タイムランキングで、
CP9A:2位
HA23V:2位
EA11R:16位
ZC31S:18位

※後付けターボ、スーチャ、Sタイヤなどは除く。同一人物は1人とする。

スイスポはタイヤでまだ上が目指せるとして、カプチーノはやはりドライバーの未熟さからくるものでしょう。

FRは難しいよ。

ま、頑張っていきますか。
今月からは、毎月最低1回はカプチーノで作手走ります!

スイスポもガンガン走り込みたいですね。
早くZ3おろしたいし、Z3も早く使わないと、R-S4も届くしね。
Posted at 2018/02/22 23:24:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月21日 イイね!

A052に至るワケ

A052に至るワケ

【ランエボ タイヤ】
DL Z3 255/40R17:92,320 ヤフオク(91,397)

HK R-S4 255/40R17:65,120 ヤフーショッピング

YH A052 255/40R17:135,360 ヤフーショッピング(114,080)


ランエボで問題となるのは、街乗りでのフロントタイヤの内減り
キャンバーつけてフロントトーアウトなので、内減りはやむ無し
これは、街乗りとサーキット用を分けることで、ある程度解決できる。

じゃあサーキット用のタイヤホイールを保管する場所が必要。
そもそも作手に置いたままに出来れば…

そこで、動く倉庫を作手に置く。
そうすれば、白くてまるっこいのが、寮に保管できる。

ランエボのタイヤ、サーキット用と街乗り用を分けるのなら、もう徹底的にサーキットに目を向けられる。

高くて、街乗りしてるとすぐに減るって噂のタイヤが試せる。

ってことで、サーキット用としてA052が候補に浮上。

純正ホイールは持ってる。これには安いアジアンつけとけばいい。
どっちにしろ、1台駐車場を新しく借りると3,000円はかかる。
街乗りとサーキット用を分ければ、タイヤの寿命も伸びる。

部屋で保管してた、ランエボ用の純正ホイールのスペースも空く。

もうメリットしかない。

あとの懸念は、A052と他のタイヤの価格差のみ。
Z3が92,320円送料込ヤフーオークション
A052が135,360円送料込ヤフーショッピング
4万の差…
ヤフーショッピングはTポイント獲得分を考慮すると、ソフトバンクのプレミアム会員が5のつく日に買えば、114,080
差は2万2千円。

A052の圧倒的グリップが手に入るなら、この価格差なら、A052に軍配!

さらに、作手を走ると、左フロントばかりが減る。
Z3や71Rは回転方向指定。
前後のローテーションのみ可能。
それに対して、A052はイン・アウト指定
4輪好きなとこに使い回せる。
これは、メリットでしょ!
均等に使えるなら、価格差は埋まる。

A052なら、街乗りには使えないから、毎回付け外しする
ローテーションの機会も増える。

総合的に考えれば、
今まで使ってたZ2☆より
・強烈にグリップする
・均一に減る
・結果的に安い

完璧です。

これで、アタック用にZ3とか71Rとか中途半端なタイヤを買いますか?

もちろん、ロードスターやS2000だと、
街乗りタイヤとサーキット用タイヤを分けることは難しく、またA052を常に履きっぱなしというのは辛いので、選択肢から外れるでしょうが。

ランエボは4ドアセダン!ちゃんと、タイヤを運べます。

あとはどのくらい減るかがポイントですが、
タイヤなんて、どこのメーカーのものを買ってもいずれ減るんだもん。
しかも、時間がたてば、ゴムだって硬くなる。
街乗りと分けるのなら、目があるけど、グリップがイマイチなタイヤなんてゴミ。

やるなら妥協はしない。

でも、A052は『発表会用』
『練習会用』ではないってことが、
使ってみてよくわかりました。

A052を使い終わった後にまたA052を買うかは分かりません。

もしかしたらV700かもしれないし、
もしかしたらRE-12Dかもしれない。

でも、やわらかいタイヤの扱い易さが気に入ってるから、A052かもね。

いやいや、やっぱりコスパ重視でゼスティノかも。R-S4かも。
Posted at 2018/02/21 00:32:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | Myエボ | 日記
2018年02月19日 イイね!

EVIL EMPEROR

EVIL EMPEROR2月18日(日)
カレーを食べに作手に行きました。



12時枠狙いのつもりでしたが、
2輪枠確定になっていて、16時もドリフト枠確定。

とむばいやーさんも9時枠走るとのことだったので、頑張って早起き

朝5時半に寮を出発し、7時過ぎに作手に着いて準備。

今日の相棒は予定通りランサーです。

あとALTバッチ基準タイムに届いてないマイカーは、エボとスイスポ。

スイスポはタイムアップ要因なし。
来週作手CCで使うので、壊れたり事故ったりする訳にはいかない。

エボは新品タイヤを準備済。

ってことで、やっとエボで走れます。

作手で街乗り用の純正ホイール&アジアンタイヤから、履き替えます。

寒い…

テーパーナットをまさかの部屋に忘れてきたんじゃないかって、焦ってクルマの中を探す…

ちゃんと車内にありました。良かった。

今回の仕様、今までとの違いは

・助手席エアバック有り
・鉛のバッテリー
・ワイパーつき
・ステアリングホイールはぬまじゅんさんのおさがり♪の本物のモモステ
・モンスタースポーツECU書き換え(ブーストアップ、リミッターカットなど)
・タイヤはハンソックタイヤとしてお馴染みのヨコハマアドバンA052のド新品 255/40R17(サイズは今までのZ2☆と同じ)
まぁ、β02やRE-05Dとかと比べると、そんなにハンソックタイヤじゃないよね?
普通のスポーツラジアル…いや、スーパースポーツラジアル?です。

9時枠
エボの外気温計0℃

冷間前後250kPaくらい

(フロント温間280kPa
リヤ温間260kPa)

待ちきれずに、1番にコースイン。
タイヤをあたためる。

え?なにこれ?ヤバくない?

ペース上げて、え?なにこれ?ヤバくない?

ちょっと頑張って、え?なにこれ?ヤバくない?

バカヤベー!

まったくバカげてる!

自己ベスト更新
29.786

意味がまるでわからない。

とりあえず、ピットイン。

9時7分、やる気がなくなる…。

ボクは今まで、何をしてきたのか…

自分の腕を少しでも向上させたくて、
この1年間作手にはいろんなクルマでチャレンジしに来ました。

去年の夏までは、カプチーノでALT冬バッチ→夏バッチを獲得するために、
秋からは、アルトで冬バッチ獲得するために、試行錯誤してきました。

特にアルトはマシンが遅いし、耐久のレギュレーションに従ったチューニングでALTバッチを取ることを目標にしていたので、
どうしたらもっといいタイムが出るのかを考え、マシン、ドライビング、ライン取り…自分の中にあるものを総動員して、なんとか33秒切りを達成。
アルトバッチ基準タイムをクリアしたのですが…

今回は違う。

モンスタースポーツに
・コンピューター書き換えて
・アライメント作手でいい感じにしといて
って頼んで、

タイヤをカネで買ってきただけ。

255/40R17の国産スポーツラジアルなんて、
アルト、カプチ、スイスポみたいな14or15インチと比べたら、ただでさえ目んタマ飛び出るくらい高いのに、
07RSよりも、Z3よりも、71Rよりも、さらに価格がハイグレードなA052…

コンピューター書き換えて初めてのサーキット。
初めて使うタイヤで、空気圧の狙い値も定まってないから、冷間でどのくらい入れてればいいのかもわからんから、テキトー。

普段はせいぜい130馬力程度の非力なクルマばかり乗ってるヤツが、朝早く起きて、エボに乗ってきただけ。

バカなの?

何の努力もなしに、異次元の速さ。

あらぶるKY先輩が、走行会のとき、エボ10初サーキットで、いきなり30.1出したとき、『エボ10に乗せられてるだけ。』って言ってたけど、
ボクもただただランエボが速いだけ。ドライバーは何もしていない。

もうシンプリーアメイジング!
大袈裟に言うと、プロパイロットの自動運転と変わらない。

自己ベスト出たって何の感動もないどころか、ショック過ぎる。

アルトでボクは今までタイム稼ぐために必死にやって来たのに、

コンピューターとタイヤで、一気に違う世界に迷いこんでしまった。

頭文字Dで、拓海くんが、文太のインプレッサに乗ったときに、
『まるで空飛ぶ円盤ですよ』って言ってたけど、
本当にカプチーノ(パワーのないFR)で頑張る意味がわからん。
ドライバーが頑張ってる、それ以上にカネでタイムが買えてしまう。

頭文字Dの高橋啓介戦の前に
クルマの腕はどれだけタイヤとガソリンを無駄に使ったかだから、金持ちの病院の息子の高橋兄弟にはかなわない
的な話ありましたが、
資金力はすごく効いてきますね。

モータースポーツは、資金力で競うものなのか?カネをつぎ込んだヤツが速いのか?

しかし、プロの世界でも、そういう側面があることは事実。
ジムカーナでも、86BRZレースでも、タイヤの勢いは凄い。

え?これも、モータースポーツなの?


今自分の回りで起きてることが信じられず、もう少し攻めることに。

29.689!

やっぱり29秒台出てるのって、ボクで合ってるんだよね??

動画、ロガーが録れてそうなことを確認して、走行は1時間で19LAPのみ(走行時間約10分)で終了としました。
(昨日のカプチーノのときはカメラの調子悪かった。)



動画はこちら。



最高速度は120.57km/h



もともとエボは連続周回はさせません。
水温、油温計がついてないし、長く走ってると、作手でさえ、ブレーキのフィーリングが悪化する。

それに加えて、今回からA052なので、タイヤ的にも、時間をかけた走行で過熱させるのは避けたいので、
タイヤを温める時間を含めても、連続走行は10分程度までと決めていました。
(実際は5分×2の走行)

また、いきなりここまでタイムが出るとはシミュレーションにもなかったので、これ以上のタイム出すために何をしたらいいのか、考えてなかったので、わかりません。

ってことで、タイヤを温存するためにも、19LAPで辞めました。

10分も走ってなくても、ターボタイマーは3分台を示していたので、油温はけっこう厳しそう。

とりあえず、油温計が欲しいかな?
たぶんコンピューター書き換えて、MAXブーストも1.05→1.3に上げてるから、その分、熱にダイレクトに来てるんだと思う。

9時枠終了後、片付け







タイヤ交換してたISD81さんに報告。

・A052なら、他のみんなはプレミアムのタイム出てるよ。エボでA052なら30秒切りとか、当たり前‼
・FFでも4WDでも、速くなりたいなら、後輪駆動で、ドリフトをしろ。8の字がきれいに出来るようになれ。そしたらどんな駆動方式でも速くなる。
・雨が降ったら、カプチーノでドリフトしろ。パワースライドじゃないからな。カプチーノは難しいぞ。
・まずはエボで新しい世界を経験しろ。最初はものに頼っててもいい。
29秒台に身体を慣らす。それで31スイスポで、今日のエボの29.6みたいなタイムが出るように練習する。
スイスポで30秒切れるようになれば、エボは29秒切れるようになる。
・今は太いタイヤに頼ってるかもしれない。それを今度は細いタイヤで太いタイヤのタイムが出せるように練習しろ。
細いタイヤだと、太いタイヤのときにはわからなかったことがわかる。
細いタイヤで太いタイヤと同等のタイムが出るようになったら、太いタイヤを履けばもっと出る。
①目標の設定
②目標への試行錯誤
③更なるレベルアップ
ずっと太いタイヤばっかりで走ってたら、腕の上達の妨げになる。

ISD81さんから出てくる言葉は、
30秒切りなんて、今の時代珍しくもなんともない。
今やコンパクトカーでも28秒が出ちゃった時代。お前はカネで28秒台出せるのか?出せないだろ?
大事なのは、腕だ!

これまでの時代も、これからの時代もだ!

って言ってくれているようで、なんだか今まで信じてきた道が揺らいでいたのを助けてもらった気分でした。

『エボで255のA052なら当たり前とはいえ、30秒切りおめでとう♪』ってISD81さんから、午後ティーをおごってもらいました。(*´ω`*)テヘッ

Kei@works先輩のロードスター
あらぶるKY先輩のエボ10
はらしゅんくんのEK9
どれも、今日の同じ枠くらいのいい条件で走ってれば、どれも30秒切れてると思います。

ボクはドライバーの能力としては、全然彼等にはかなわないと思ってます。


でもボクが最初に30秒切りしました。
他の人は作手でタイム出すことに、重きを置いていないからでしょう。

彼等は富士の本コースとか、高速ステージも走るし、作手みたいなコースは軽で遊ぶもん的な考えもあるかもしれませんね。

ボクはこの冬はマイカー3台すべてでALTバッチ基準タイムを出すことを目標にして、ドライバーの腕ではなんともならなかったので、(たいした試行錯誤もしないで諦めたけどね)タイヤのグレードを上げてでも、取りに行きました。

子供の頃見てたアニメの主題歌にこんなフレーズがありました。

『夢中になれる モノが
いつか君を すげぇ奴にするんだ』

ボクも、いつか、すげぇ奴になりたい。
すげぇ奴より速くなりたいとかは思ってないけど、すげぇ奴のレベルに近づいてみたい。追い付きたい。

いつからこんなバカみたいにサーキット通うようになったのか、忘れちゃったけど、

ボクのやる気スイッチを押してくれたのは、あこがれの同期だった。

絶対彼より先に作手で30秒切りを果たす。
彼のアルトバンでのスパ西のタイムを、アルトバンで抜く。

結局、どちらも腕で勝ててる訳じゃないし、マシンの優位さに頼ってるのは、事実。
マイカーの場合は車検に普通に通る快適仕様で、アルトバンの場合は耐久のレギュレーションに通る範囲で、
出費は絞り、比較的一般的なチューニングの範囲で挑む。
自分の決めた流儀に則り、追いかける。

夢中で追いかけてきて、楽しかったよ。

もちろん、これからもあこがれであり続けるし、

彼だけじゃなく、
NCロードスターはエボの目標で、
Keiはカプチーノの目標だし…



最後に、身近な同期ランキング@作手
①CP9A:29.689(20180218)※純正(ヘリカル、ビスカス、AYC)
②EK9:30.149(20171223)※LSD
③EA11R:31.109(20180217)※LSD
④ZC31S白TC:31.596(20170423)※LSD
⑤ZC31S白(元):31.887(20160116)※LSD
⑥ZC31S黄:32.010(20170226)オープン
⑦SE3P:32.361(20180121)※LSD
⑧ZC31S黄SC:32.692(20160116)
⑨ZF1:33.586(20170430)▼2Rオープン

更新されてないのとかあれば、教えてください。訂正します。

マシン的にはフロントもリヤも機械式LSDが入ってないので、
まだランエボとしては、ハイハイしてるくらいのイメージですね。
パワーもブースト1.3だから、エボ8純正くらいのイメージですね。
ボクのエボ6はGSR(街乗りグレード)なので、軽量化も全然。
遮音材や制震材もしっかりついてます。

ミナミの帝王さんのインプレッサとか見ると、スパルタンでカッコいい♡
リヤドアの内装?とか、フロントのあご?とか

凄いなぁ…
カッコいいなぁ~とは思うけど、自分のクルマでやろうとは思ってない。

細かい仕様変更は無視して、
次のステップを考えると、
普通は機械式LSDなんだろうけど、

フロントLSD付き車を手に入れたので、
もう少しスイスポで走ってみて、
エボを何を目指すクルマなのかと共に、機械式LSDを入れるかどうか、考えてみたいと思います。

大物の軽量化は、助手席エアバックくらいかなぁ~

ランエボ、作手で30秒切り達成したので、次はスパ西1分切りを目指して、走ってみようかな~

2月25日(日)作手スイスポ(Hasshiy)
3月10日(土)作手カプチーノ
3月17日(土)スパ西エボ(ISSY)
3月24日(土)スパ西#149アルト(K4EP)?
※雨天時は中止

とかかな?

ってことで、以上A052履いたランエボで初めて作手走った話でした。
Posted at 2018/02/19 01:32:37 | コメント(10) | トラックバック(0) | Myエボ | 日記

プロフィール

「無事帰宅!来年に向けた富士の旅でした
お疲れ様でした☆」
何シテル?   11/18 21:02
carisma-GTです 小3でイニDアニメを見てクルマに目覚め、 小4でイニD10巻を読んでランエボの凄さを知り、 それ以来ランエボ一筋で十数年・・...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

スイチャレ@鈴鹿ツイン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/21 21:31:37
200⇒500 (西浦27回目・逆15)15 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/17 22:11:26
PROJECT-Kさんのスズキ アルトバン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/21 00:01:41

お友達

エボ/GAG/カプチ/アルト/スイフト乗りな方も、そうでない方でも、どうぞよろしくお願いします。

気軽に誘ってみてくださいな♪
61 人のお友達がいます
ぼーまんぼーまん * やっさん 30代やっさん 30代 *
エボちわエボちわ * today(〇〇)(_ _)@CH-Rtoday(〇〇)(_ _)@CH-R
BP5RBP5R ねこばったねこばった

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション EVIL EMPEROR (三菱 ランサーエボリューション)
エボ6も登場から15年以上経ってしまいましたが、 まだまだ現役↗ 長く大事に、かつエボ ...
スズキ カプチーノ カプチ (スズキ カプチーノ)
中学生くらいのころからカプチーノは好きでした。 しかし、まさか購入まで至るとは当時は考 ...
スズキ スイフトスポーツ もち (スズキ スイフトスポーツ)
もともとボクがクルマ好きになったきっかけは、頭文字Dだったので、FFは興味ありませんでし ...
スズキ アルトバン アルジェンタート アルトGT (スズキ アルトバン)
K耐久東海シリーズ練習用 運転練習用兼部品開発実験用 SNMP:1'09''947(2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.