• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぐらふーのブログ一覧

2013年07月29日 イイね!

エンジン積み替えました(・ω・)

エンジン積み替えました(・ω・)エンジンの調子はよいのですが、数週間前からじわじわ漏れていたミッションオイル。
いよいよ漏れが無視できないレベル(走行中にチャンバーやリヤショック周りに垂れて後輪にかかる)になってきたので

金曜夜に予備の腰下を組み上げました。





ベルーガさんちで買ったエンジンスタンドがとても便利でした♪

マフラー外して、汁物全部抜きます。もう慣れたもんです。


春にオーバーホールしてからすでに1万キロ近く走っていますが
クランクケースのシールは、組み付け時にリップ内に封入したグリスが飛んでるくらいで、まだまだいけそうです。


アンダーチューブごと降ろします。キャブ等は車体側に残してます。


オーバーホール済みの腰下とご対面。バトンタッチです。


エンジンハンガーのブッシュを打ちかえます。注油して組んでいるのと、前回変えてからまだ5,000km走ってないので、ほとんど磨耗していませんでした。


ピストンはこんな状態。


シリンダーはこんな感じ。

縦傷ちょっと入ってるのと、ハッチ目消えてツルツルのところがあります。

ピストンはリング外してカーボン落として洗浄、
シリンダーは、例のフレックスホーンでハッチ目つけておきました


後は元通り組んで、油と水を入れます。
今回はオイルポンプも目の色をかえてエア抜き&調整。失敗は許されません。

うやむやのうちに完成!




慣らしがてら新湊エリアを徘徊。気持ちいい。


おまけ(走行動画)


調子いいなあー

しかし

走り回ってる最中、突然異音がしはじめました!
エンジン周りで
金属がガチャガチャ言ってます。チリチリした金属音も混ざっている。

周囲のクルマの異音か、気のせいであってくれ!
・・・と思ったのですが
確実に自分の股下から聞こえてきますorz

以前似たような音を聞いたときは、

クランクベアリングのリテーナが逝って金属片がクランクケースの中で暴れ回ったとき…!


なんてこった、そんな馬鹿な!!

吹けやアイドリングは異常なしです。。でも確かに下の方から異音が。
またがったまま下を見たところで全然わからない。いきなりバラしか?
暗い気持ちで家に帰ります。

バイクを降りて原因を…


・・・

おまえか



組みつけの甘かったホーンが脱落、

ヘッドの上でガッチャンガッチャン踊ってました。チリチリ音は
その際ホーンの金属板が揺すられて出ていた音、、、

リアルすぎやっちゅうねん^^;;

6ミリボルトで固定しなおして解決!

ああ、よかったぁ、、、

尚、5,000rpmでの振動、このクランクでも出ました。
こういうもんなのかもなあ・・・
降ろしたエンジンのクランクは芯出ししてもらおうっと。

その後小矢部の友人宅に向かいました。バイクで行こうと思ったのですが
ぽつぽつきてたのでシビックで。
これ正解で、土砂降りに。いわゆるゲリラ豪雨ってやつです。



しかし10キロくらい西に向かうと青空。太陽出てました。今夏のお天気はむずかしー。

小矢部で2輪免許取得のため教習所に通ってる友人のペッパーと合流、
彼が金沢のお店で買ったバイク、SRV250を引き取りにいってきました。

彼はまだ免許ないのでぼくが運転して帰ってきたのですが、なかなかしっかり走るし
ポジションも楽だし音もいい。多少不備もあるけど、追々どうにかしましょう
もう一人の女の子もドラスタ250めでたく成約だそうでよかったよかった。

早く免許とってどっかいこう!
Posted at 2013/07/29 14:18:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | SDR | クルマ
2013年07月20日 イイね!

Vmaxとか試乗してきました

Vmaxとか試乗してきました本日はマフラーを洗浄した予備のに交換して新湊方面に向かいました。







SDRは相変わらず非常に調子よく、とりたてて何も書くことなし!





その後アドレスV125gをチェックしに赤男爵へ。
人気の規制前のとはいえ、走行6万キロ超、
左右転倒痕バリバリのスクーターが乗り出し16万。。うーん。

アクシストリートをもう一度チェックしようと思い、

YSP富山中央さんに向かったところ、試乗会を開催しておられました。
http://www.h4.dion.ne.jp/~ysp.t-c/

ラインナップをチェックしていたところ、
Vmaxにも 試乗車 のタグがついています。
まじすか!?

実はぼくも先代Vmaxオーナーだった時期があります。
北米仕様を新車で購入し、2年間乗りました。




主に経済的な理由で売却しましたが、今でも好きなバイクです。

新型には以前から興味はあったので、乗ってもいいとあれば
拒む理由などありません!



しかし先代を上回る重量とボリュームは威圧感十分。
十分に各部をチェックしてからストリートに乗り出しました。

まず舌を巻いたのは
1700ccもあるV4とは思えないくらい鋭いレスポンス。
先代以上にトルクの塊。300kg超の車体重量を感じさせない
軽やかな加速をみせます。

乗り味にもびっくり。
先代の後期モデルも単に荒っぽいジャジャ馬ではなく
良く走るバイクでしたが、

新型は遥かにそれを上回ります、サスも良く仕事してるし、
シャフトの癖もほとんど気にならないレベル。
曲がる止まるも、想像以上のレベルでまとまっています。



地味にありがたいのはインジェクションのせいか
こんな真夏の渋滞路でも先代のようにエンジングズらないところ!
(先代はVバンクの間にあるキャブのフロート室内のガソリンが沸騰=パーコレーションするので夏の渋滞路は大の苦手)

混雑に巻き込まれてると水温インジケータが結構いいところを指しますが、
不安を覚えるようなアクションは皆無でした。
ただしファンが回ると太ももの内側とふくらはぎに大量の熱風が直撃します・笑
でもある意味大排気量車を駆ってるという実感の湧く瞬間。
却って快感!?


総じてサイコー!なのですが笑えないポイントもあって、
足つきは意外なほど悪いです。スーパースポーツのFZ1のほうが
つきやすいくらい。
サイドスタンドも足が長くないとスムーズに出し入れできませんw
なので、ぼくみたいに小柄な人間にはもてあましますが、それを差し引いても、
非常に魅力のあるバイクです。いやー、、これは毒な体験をしてしまいました。。

他には





XJ6、Fazer8のそれぞれローシート仕様に試乗させていただきました。
うわっ、、なんだこりゃどっちも良く走る!!
今のバイクってこんなに素直に走るのか、、
自分がうまくなったような錯覚を覚えます。

ヤマハはハンドリングが素直で本当にいい。
いずれも振動も少なく、エンジン特性は非のうちどころなし、、
流しても飛ばしても気持ちいいです。これならツーリングも楽だよなあ。。

どちらもマフラーは静かかつ音質がすばらしい。。
特にFazer8は適度に低音の効いた大人を酔わすサウンドです。


幸いだったのは、SDRとかぶるキャラのバイクはやっぱりなかったということです。
(SDRみたいなキャラクタのバイクはどこのメーカーも未来永劫、二度と作れないと思いますが)
しかし
あんなに欲しかったスクーターについてはどうでもよくなってしまいました。
むしろ今は
今回の試乗で特にしっくり馴染んだXJ6、正直すごく気になってます。。

明日も試乗会やってるので、お近くのかたは是非!
Posted at 2013/07/20 22:47:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2013年07月08日 イイね!

雨のち夏!GT-Z スーチャー

雨のち夏!GT-Z スーチャー
タイヤ替えたはいいんですが雨降ってて乗れない。
梅雨も末期のゲリラ雨、、

午後になって雨が上がりちょっと空も安定した感じだったので
またまた新湊方面へ自転車ツーリングです。


途中でコペンの集団とすれちがって
気になってたんですが、なにかミーティングかな?
あいの風プロムナードの駐車場にも何台か停まってました。コペン。






お天気微妙だったからか、人は少なめ。エレベーターも貸切。



海王丸パークに着く頃には、すっかり夏空!

帰り道。あれは



おっ、珍車だー



トヨタ・コンフォートGT-Z スーパーチャージャー。
四角くてゴツくて、しぶいですね。

昔インターテックでぶっちぎりの1-2フィニッシュ決めたボルボの240Tともイメージがダブる…!



噂には聞いていたけど、実車は初めてみたので感激です。
なんせ58台しか作ってないらしい、いわば幻のマシン…!



すごいぞ!



ラピュタは本当にあったんだ!! (過去形)



Posted at 2013/07/08 12:58:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2013年07月06日 イイね!

スクーターを借りる

スクーターを借りる

昨年九月に入れたタイヤ、=ブリヂストン バトラックスBT39が
早くもこんなありさまに。フィーリング的にはそんなにおかしくもないのですが
スリップサイン見事に出てますので替えときます。
友人のバイク選びなどなどで、先日来お世話になっている、
YSP富山中央さんにタイヤ交換をお願いしました。

作業終了まで代車を貸りられるそうなので、お願いしました。
アクシス・トリート という車両。

125ccの原付二種スクーターです。

実はぼく、このクラスのスクーターに
これまで一度も乗った事がないので興味津々です。

スクーターのデザインのよしあしはわからないんだけど、
落ち着いてて個人的には好感。









シート高・シート幅ともにわりとあります。
足つきは両つまさきが着く程度で、思ってたより悪いのですが、軽いので別段不安ないです。

扱いは50ccと同じ。ブレーキ握ってセルのボタンを押せばなんなく始動。スロットル捻ればブィーンと走り出しました。クラッチ操作やもギヤチェンジもなし。
大きいけど普通にスクーターです。これは楽だ。

ダダダダーっとエンジン回転はそれなりに上がりますが、マフラーで十分消音されてるので、早朝の住宅地でも気兼ねなく走れそう。

(先日乗ったYZF-R15とも似た印象の音。)
加速感は意外とジェントルです。少なくとも昔のやりすぎ2ストスクーターみたいに
前タイヤが接地しないような恐ろしい加速はしません。
スルスルっといつのまにかスピードが乗ってくる感じ。悪くないです。
跨って乗るバイクよりタイヤが小径でジャイロ効果が少ないせいか、進路変更など軽快。
でも車体はそこそこ大柄なのでスタビリティも不安がない。このへんバランスがとれてる。

郊外の少し早めの車の流れにも余裕もって乗る事ができます。
60〜80キロ巡行は不安感なくこなしますし
最高速も軽く三桁に届きそうですっていうか届きましたっていうかむにゃむにゃ。

ただ、足はスクーターなので路面荒れてるとバタバタ跳ねます。
無理は禁物。


ブレーキは、不安なく自然に、普通に効きます。フロントはディスクブレーキ。





四輪と、スポーツバイクの中間的キャラクターはいかにも普段使いに丁度よさげだし、
シート下に大きなラゲッジスペースもあるので街中のおつかいに便利そう。
新車でも乗り出し二十万円くらいで買えるらしい。
これは50ccとそう変わらないくらいの価格設定。

・・・なのに売れ筋モデルではないらしい。
なかなかいい車両なのに。地味なせいかな?

あちこちお散歩してるうちに、なんだか欲しくなってしまいました。

そうこうしてるうち、作業終了のお知らせ。
アクシス・トリートはガソリン満タンにしてお返ししました。
とはいえ、2リットルちょいしか入らなかった。燃費も良さそう。


ニュータイヤはやっぱりいいわー。
惚れ直します。SDR。

あ、
そういえば
オイル携帯するためのタンク新調しました。
スパルタンでしょ(笑)


Posted at 2013/07/07 01:02:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2013年07月03日 イイね!

16,200馬力のハヤブサ

16,200馬力のハヤブサ

洗車とチェーンのメンテナンスをして、
いつものように新湊にお散歩。

海王丸パークがやけににぎやかだなあと思ったら、
海自の艦が2隻停泊していました。

舞鶴基地・第二ミサイル艇隊所属
はやぶさ型ミサイル艇
PG-824 はやぶさ(手前)
PG-828 うみたか(奥)

です(・ω・)つ



能登半島沖不審船事件で、工作船にブっちぎられた
苦い教訓から建造された、海上自衛隊が誇る
海の狩人であります。




武装は、
毎分100発の発射速度を誇る76ミリ単装砲(ステルスシールドつき)
90式艦対艦誘導弾連装発射筒2基(←つまりミサイル)
12.7mm重機関銃両舷各1基

ひえーΣ<`Д´ >

恐れをなして逃げ出した敵工作船を
ガスタービンエンジン3基合計出力

16,200馬力で追います。

まあ直接比較するのもあれなんですが、

向こうに見えてる帆船海王丸(排水量2,200t)に搭載されてるディーゼルエンジンは3,000馬力程度です^^;

はやぶさはその1/10、わずか200tの船体に
5倍強の出力の心臓のっけてるわけです。
公称最高速44ノットですが、実際はさらに高速でしょうね。

しかも、はやぶさ型に装備されてるウエポン・システムは、
他の洋上部隊や航空部隊とのデータリンクにより、
水平線の向こう側にいて、目視はおろか、
レーダーでも捕捉できない敵艦に対しても射撃が可能。

つまり、
敵は逃げても無駄・ということです。

なにがかっこいいって、この艦、乗員の座る座席が全席(※ブリッジ)

レカロシート

しかも、高速走航時は

4点ハーネス装着


らしい…!


なにそれ萌える
(*´Д`)

結論:

(工作船を)駆逐してやる!日本海から一隻残らず!!

舞鶴海軍カレーの出店もあって(?)、老若男女問わず大人気でした。






話かわって、いつのまにかタイヤがこんな有様になっていたので、


タイヤを注文しに、友人のバイク探しでこないだお邪魔したYSPさんへ。
ついでにYZF-R15に試乗させて頂きました。


んー。。
見た目はいかにも!なスーパースポーツ。
かっこいいのです。

しかし乗ってみたらパワーフィールはビジネスバイクだし音は郵政カブ。
ハンドリングもSDRの感覚で曲がろうとすると、どっしりアンダーに感じます。
自律安定性が高いというか…率直に言うと立ちが強く、入力に対してダル。

いや、ダメって意味じゃないですよ、SS系のスタイリングながら
ハンドルが近いのでポジションは意外にアップライトで楽。
周囲がよくみえるし、単気筒だけど振動の角はなくてスムーズに上まで回るし
無駄にふらふらしなくて安心感あるし、コミューターとしては十分に快速です。

しかしSDRと較べたら30kgも重く、出力が半分以下のバイク。
そのうえ味付けも安定志向なので、SDR乗りにはあまりアピールしなかっただけです。
結局愛車への愛着が増してしまう結果に。

で、そのあと黒部のほうへ向かいました。
途中給油したときにまたもやGT750に遭遇。

・・・最近流行ってるんですか?^^;


後期のタイプとのことでしたが、寒河江でお会いした個体とはまた違った快音。
2スト3気筒の音って共鳴音っていうのか、吹けるときのハモり方がこう
独特の和音で気持ちいい!

こう何度も見てると気になってきます^^;





宇奈月までショートツーリングしてきました。

日曜は、ペッパー(=バイク免許とりに行ってる男女のうち、男子のほう)と
石川のバイク屋さんへ。ぼくが薦めてるバイク、ヤマハSRV250を見にいきました。
(※ペッパーんちまでバイクで行って、そこからペッパーの車に乗せていってもらった)



外装はそれなりにくたびれていますが、
前後タイヤはまだまだ大丈夫そうだし、
オーナーさんがまだたまに乗ってるそうでエンジンも調子よさそう。
各部の整備状態も良好です。



その場で契約してきました。さああとは免許だがんばれー。

それにしてもなかなかいい買い物でした。
飽きたら売ってもらおうかなSRV w

 そういやペッパーんちで読んだバイク雑誌で現在新車で売ってる250ccクラスのスポーツバイクは
速いやつでもゼロヨン15秒台半ばだということを知りました。

ちなみに、当時、『遅くて』人気がなかった我がSDR。
それでもノーマルのゼロヨン加速は14秒台前半なんですよ。
カタログデータではなく、かつて谷田部の高速周回路の直線部分で行われてた
オートバイ誌のゼロヨン企画で僕自身が自分の車両で出した実測値
(14.19sec:光電管計測)なのです。

なんというか・・・
昭和は遠くなりにけり・です。
Posted at 2013/07/03 16:49:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | SDR | 日記

プロフィール

「唯一無二の存在感 http://cvw.jp/b/782497/44911752/
何シテル?   03/08 15:57
バイク乗ってたまに絵を描く程度の能力。元スパマのあかびと。niCのP/NでRCworld誌でも書いてました。フォロー&リムーブご自由に。(挨拶不要です) ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/7 >>

 12 345 6
7 8910111213
141516171819 20
21222324252627
28 293031   

リンク・クリップ

溶接代用パテ・ブレニー技研GM-8300レポート(・ω・) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/19 05:30:31

愛車一覧

ホンダ N-ONE 犬ワン (ホンダ N-ONE)
シビックフェリオを処分してから 久しぶりの自分の車です。 NAだけどキビキビ走る 使いや ...
ヤマハ SDR SDR2号 (ヤマハ SDR)
昔乗ってた車両(1号)が忘れられず、現在所有。原付なみの軽量車体にハイトルク34馬力2s ...
ホンダ モトコンポ モトコンポ3号車 (ホンダ モトコンポ)
ソロキャン用に通勤に活躍しています。 遅いけど楽しい。
ヤマハ FZX750 FZX3号 (ヤマハ FZX750)
丸目以外は純正状態ですが輸出仕様化で95馬力。250なみにコンパクト。シート高も730m ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.