• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぐらふーのブログ一覧

2013年08月26日 イイね!

旧くて新しい仲間(・ω・)人(・ω・)FZX750

旧くて新しい仲間(・ω・)人(・ω・)FZX750




土曜日は早起きして電車で愛知にある

八月あたまに訪ねたバイク屋さんへ



実はあのとき、即決でバイクを購入していたのでした。



FZX750、形式2AK。
1986年製のバイクです。試験場の車両のイメージが強く、またベビーマックスとか揶揄されたり、割と不憫な扱いですが



乗りやすいし速いし音もいい。
ぼくは大好きで、この車両が三台目の2AKとなります。



扱いも慣れてるので、無事に帰宅できました。

しかし、開け始めから中速のスロットルのツキが明らかに変。乗りにくいし燃費も悪いです…
早速分解してみます。

エアクリーナーエレメントが正しい角度でセットされてませんでした。また、シールのスポンジもボロボロ。


念のためパイロットジェットも確認です。穴も通っているし、一見異常なしでしたが…


以前乗ってたFZXのセッティングに使おうと思ってしまってあったパイロットジェット20番…


と交換してみました。


ぼこつきと加速不良はかなり改善されましたが、今度はPJ濃すぎなので、次回は新品の15番を買い求め、入れてみます。

あとは、ツーリングバッグの取り付けストラップを車体側に固定



スピーディにスッキリ積載


iPhoneホルダーも取り付けました。
出先で小加工が必要になったため
モトハウス21さんのお世話になりました。(ネジもいただきました。ありがとう)




試験場が似合うw


セッティングが今ひとつ出てないので
少なからずストレス。

夕方、気分転換にSDRに乗り換えてみたところ、
軽いしハンドリングは素直だし、スロットルは気持ちよくついてくるし、
乗り心地もいいw
街中のスピード域ならたぶんSDRの方がずっと速いし楽ちん。

なんだかSDRに惚れ直す結果にw

FZXもきっちり調子を出さねば!
Posted at 2013/08/26 22:31:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2013年08月20日 イイね!

ジムニー(・ω・)すごい!

ジムニー(・ω・)すごい!お友達のみくちーのさんのお誘いで、ジムニーの集まりを覗いてきました。



見てるだけでしたが、すごく楽しかった。
街中で見るあのジムニーたちの実力の片鱗を知りました!


動画でどうぞ!!




すごい!

横に乗せてもらいましたが、こんなとこ入っていけるの!?
ってとこでもなんなく走破。
ちょっとした冒険気分、大興奮!
ぼくが知ってる『自動車』とは違う乗り物でした^^;


女性も大胆かつ上手に走らせています。


上手な人は動きが滑らかでよどみがないですね。
タイヤが土に粘りついているみたいな動きでした。



しかしほんと、走破性が高いなあ。
あの走りっぷりを見てたら、なんだか欲しくなっちゃいました^^;


みくちーのさんありがとう!!
Posted at 2013/08/20 21:04:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | | クルマ
2013年08月12日 イイね!

強制氷冷横置きぐうたら式エンジン一号(・ω・)

強制氷冷横置きぐうたら式エンジン一号(・ω・)いよいよお盆。
暑くてだれてます。みなさんはお元気ですか?
お互い熱中症に気をつけてすごしましょう

うちの近所?を走ってるポートラム
期間限定で、鉄道むすめとやらのラッピングを施した、
かわいい痛電車…↓これ↓が走っています






走ってる姿はすでに見ました。
なかなかかわいく出来てます。

ちなみに、
我らが富山のご当地キャラ



岩瀬ゆうこ嬢というらしい。

せっかくだから写真撮っておきたいんだけど
この暑さの中、線路脇や駅で待つほどの情熱はない、、、
まあ、9月まで走っているらしいのでそのうち見に行きます。

さて

どうにも針がぷるぷるしすぎ
しかも鳴きだしたため前回分解整備した

スピードメーター

・・・

分解後もぷるぷるするのは変わらなくて
どうにもおかしいなー
と思ったら、


メーターワイヤーの取り回しを
間違えてたせいでした。


・・・

駄目な例


正しい取り回し





ということで
針の揺れもピターっとおさまり、
もはや完全に解決しました。

これで速度も分かりやすい!
分かりやすくなったところで、オーバーホールからほぼ1,000kmを迎えましたので、
組んだときの細かいゴミとかそういうもので汚れてるミッションオイルを交換します。

暑くてぐうたらしてたけど、

いつも作業をおこなっている、ガラス張りの風除室にGO!


暑い!!

っていうか暑すぎてセミが死んでます
(※個人の感想です)

・・・

セミと心中はごめんなので
風除室での作業は断念

たまらず庭のカーポートで作業です。
ここは蚊がすごいんだけど仕方ありません。暑いよかましです。


おー、オイル汚れてること。僅か1,000キロとは思えない。

にしてもここまで汚れるもんかなあ?(またなにかやらかしたのか俺)

プラグはOH前から使ってたやつ。

オーバーホール後の慣らし運転でおとなしく走ってたせいかタールがひどいけど
焼け色はそんなに悪くないです。接点もそんなに減ってないんだけど…

問題はこっち。プラグの頭の部分は振動にさらされる部分。
接点のアルミカラー?がかなり磨耗してました。
削れた粉とWD40が混ざってグリスみたいになってる。

交換しました。

ドレンボルトを締め、
新しいオイルを規定量の750cc入れて完了。


廃油はペットボトルと使用済みの注ぎ口で作ったこんなやつで


空のボトルに入れてます。


ある程度ボトルの数がまとまったら
中身を廃油パックにあけて分別して捨てます。

それにしても暑い!!

たったこれだけの作業で汗だくです、、
エアコンの効いてる家に逃げ込み
とりあえずアイスキャンディーで体を冷やす
まさに強制氷冷

なにかやるたび汗だくになって着替えてるので
洗濯が間に合わない。
たんすの奥から出てきたTシャツを着ます

なにこれ



そして、先日めでたく免許がとれた、友人のペッパーが
小矢部からバイクで来るというので、
いつもの 新湊きっときと市場 で待ち合わせ。



無事きました。初心者だけどなかなか上手。



あっ



ジャスト 43,000キロ
(・ω・)

そして

商品化決定
Posted at 2013/08/12 14:52:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | SDR | クルマ
2013年08月08日 イイね!

事故で死なないためにできること(・ω・)

事故で死なないためにできること(・ω・)ツイッターで、
数人の方とおこなった
運転についてやりとりから
自分なりに
考えたことをまとめておきます。

ということで

本日はかなり長文になります事を
あらかじめお断りしておきます
悪しからずご了承ください。

さて

土曜日、あいの風プロムナードにバイクで向かったんですが、
優先道路進行中、直交する道路の一時停止標識を無視し(多分60km/h以上のスピードで)ハイエースが横切りました。

タイミング悪かったら死んでた(←ぼくが)ので頭きて追っかけたんですが
県外ナンバーの車で道に不慣れなうえ、西日で止まれの標識見落としたようです。

ここは適当な一時停止をする車が多いので常々気をつけてるのが幸いしました。

特にバイクVS車の場合、相手がいくら悪くても痛い目みるのは
こちら(=バイク)なので油断できません。

乱暴な言い方になりますが、実感としては、20km/hやそこらのスピード超過よりも、
停まらず目の前に飛び出してくる車のほうがよっぽど重大事故に直結するリスクが高いです。

『車は急には止まれない』けど『バイクはさらに急には止まれない』からです。

でも

うちの近辺では、ネズミ捕りはひんぱんにやってますが
あんまりやってないんですよね一時不停止の取締り。
そのせいかもしれないんですが、
町なかとか我先に飛び出してくる無法地帯になってます。

止まれの標識で一時停止したら後ろの車にクラクション鳴らされたとか実話です。

まるで停まると損するとでもいわんばかりの有様です。

ぼくは命もお金も惜しいので、たとえこっちが優先道路であっても
交差点では臆病です。

まあこの動画の時もそうですが、ぼくは
基本的に相手が止まらないものとして備えています。



なにしろ

ひどいのになると、こっちを見もしないで合流してきますからね
ー携帯片手にね。ぼくの後ろにはなんにもいないのに・です
わざわざ目の前に割り込む意味がわからない。結局そのへん含めて
なんにも見ていないわけです。

更に言うならそういう車は、その先で右折かましてくれる率も高い
ほんと自分の事しか考えてない

苦笑いしながら毎日鍛えて太くしてます。
堪忍袋の緒を

・・・なんなんでしょう?

思えば、アクセル踏むだけで走る楽なクルマばっかりだから
携帯いじったり化粧したり片手を窓からだらしなくぶらさげたり
漫然運転・注意力散漫・自転車感覚の
『走る凶器』が増えちゃうんじゃないですかね?

どんな自信に裏付けられてるのかは知りませんけど、
運転片手間にして意識を向けてる対象が、あんたにとって
生命財産を差し出すに足るものかと問い詰めたい。

往々にして周りの人のフォローで無事に済んでるケースだと思うんですw

うんてんって別に、『運を天に任す』の略じゃないんですけどねえ。

クルマ売るためにちょっと敷居を下げすぎてる気がしますねー色々と。
歩行者自転車などが混在してる中で、こんな危ないものを走らせてるのに、
メーカーが次々打ち出してくる『安全装備』って
その自覚をなくさせる方面の改悪になっちゃってる気すらします。

運転支援技術とか、本当に運転してる人間のためになってるの?って事です。

中高生とかが無免許で乗り回して事故るとか。操作があまりに簡単だから、知識や技術なんてほとんどなくても走らせられちゃう証明ですよね。

まして、例の事故の教訓から、なんで通学路の速度規制って話になっちゃうのか理解に苦しみます。
どう考えてもそこじゃないだろ原因はwww

むしろああいった事故を本気で根絶するつもりだったら
AT免許のほうを難しくするとか、免許取得後
何年か無事故無違反じゃなきゃAT車に乗れないとかすべきじゃないんですかね。割と真剣にね。

要は事故を起こさない&遭わないためになにをすべきか、どういう意識と自覚をもって、運転という行為に向き合うか、
その覚悟と姿勢じゃないでしょうか。

ハンドル握ってる間、運転という行為から意識を逸らさない集中力。
メーカーが支援しなければならないのは、
そっちを高めるための工夫じゃないのかなー。

ぶつかった時の安全を確保する技術も大事、
ぶつからないための技術も大事

でもなにか肝心なことが抜けていませんか?

だから、『事故自慢』や『ツイてないアピール』をする人については
それって違わない? と声を大にしたい。

そういう人って

短期間で何度も事故に遭いそうになった事に関して、
運不運以前に、何か問題はないか
何か自分サイドで更に気をつける工夫はできないのかと問いかけても

「自分に落ち度はない」
の一点張り。ひたすら自分の立場を正当化しようとするので話がかみ合わず
堂々巡りです。


あのね


落ち度がない 
のではなく、
落ち度が"見えていない"
ことに気がついてほしい

はっきり言うと、
予測運転が出来ていないんです。

それを自覚し、意識を変え、欠点を補う努力をしなければ
また同じような事故を起こす。
あたりまえの話なんです。

これは、常々ぼくが自分自身に言い聞かせている事でもあります。

とにかく
ぼくもあなたも含めてほとんどの人は運転がヘタなのである。
それを認識しないと何も変わらない。

免許の色がゴールドだろうが二種免持ちだろうが
運転歴数十年だろうがそんなことは一切関係ない
思い上がってはいけない。
卑屈になる必要はないけど、謙虚にならなきゃいけない。

不完全でミスをするヘタクソが、
他人の命を簡単に奪うことのできる乗り物で
ヘタクソで溢れた危険極まりない公道という名の地雷原を
来る日も来る日もギリギリの紙一重で走っちゃってるというのが
現実の姿なんです。だから
これまで何もなかったとしたら運が良かっただけの話です。

そこを自覚しないと何も変わらない。

よく言われてることですが―

こっちの信号が青だから左右からなんも出てこないだろう
なんて過信してたら、命がなんぼあっても足らない。
(自転車歩行者だって撥ねかねない)

そういった事実を前にして、

どんなに理屈こねても、その理屈が正論でも、
事故をおこせば全く意味がない。
被害者だろうが加害者だろうが
怪我すりゃ痛いってことに変わりはない。

では

リスクを抑えるため何をしているか?
なのですが、たとえばぼくは

「あ、今なんか俺おかしかったな」
とか
「これっていやな流れだな」って感じた際、

意識を締めるようにしてます、より慎重な方向へ。

あるいは休んだり、ルート変えたり
して意識を仕切り直すことにしています。

まあ正直まだカッとなったり、無茶もやりますけどね。
そりゃ
腹が立つことだってある。
仕返ししてやりたいような奴もいる。

でも

所詮公道上に勝ち負けはないわけだし
無法を前に理屈など無力です。

死んじゃったらおしまいです。

理不尽な思いをし、ストレス溜めてでも
無事帰宅することを最上とする。

結局、乗り物を「コントロールする」ってのはそういう事なのかなあ。
と思うに至っています。

おうちに帰ってただいまを言うまで運転は終わっていません

自分も衰えていくし環境も変わり続ける。
この先も運転を続けるつもりだったら生き残る為の意識と術を磨かねばいけない。

リスクも含めて自分の意志でコントロールしたいものです。
できる能力があるうちは。。(←主観的になっちゃうけど

お互い慢心せず、今日も明日も生き延びましょう
Posted at 2013/08/08 12:41:23 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年08月05日 イイね!

刈谷往復(・ω・)

先日ばらばらにしたメーターを組み立てます。

4半世紀もの時間がすぎ、接着剤(多分ゴム系)の劣化で
部品がポロポロおっこちます。 
これをGクリヤーで接着しなおしました。
(GクリヤーはG17と違い乾燥後も弾力を保つのでおすすめです)



メーターパネルとメーターの間に入るクッションゴムが風化で使い物にならなくなったので
発注した部品が届くまで
ホムセンで買ってきた糊つきのブチルゴムスポンジを細く切ったやつで代用します。


リングのカシメ部分を慎重にカシメ直し、全てを元通りに組みます。カシメ部分は残念ながら
完全には元に戻らずシワが寄っちゃった部分もできましたが諦めます。



メーターワイヤーは、チューブからワイヤーを抜き取ってそれぞれ洗浄しました。
チューブはパーツクリーナーをブシューっと通し、劣化した油を流して…


余ってたエンジンオイルを注入し、なじませておきました。

そのままだと、ジョイント部分からオイルが漏れて色々危ないので、
チューブにワイヤーをセットした状態でオイルが滴らなくなるまで
(一時間ほど)吊るしておきました。

で、その後、両端をリチウムグリスでシールし、取り付けました。


用具のメンテナンス。革手袋が汚れてたので…


洗いました。手洗いの要領で、石鹸つけて洗いました。

乾燥後オイルを塗りこんで、擦り切れた部分を縫って
ちょっとリフレッシュ。


土曜は7:00に家を出発、のんびりと南下します。山を越えて愛知へ。
メーターからの異音もなく快適クルージング。
山越えは寒かったです!特に分水嶺から日本海側のトンネルは
長袖でもメッシュのウェアじゃ凍えそうなくらいw

怖かったのが・・・ひるがの高原。
バイク用スペースにバイク停めて写真撮ってたら…

なんかみんな上の方をみてる。。

上を見たら・・・

ギャーーーーーー!!!


ほぼ 昼蛾の高原

画像は自粛しますが、びっしりと蛾ががががが折り重なるよう産卵中
気が狂いそうなくらいグロ状態で慌てて屋根の外にバイク引っ張り出しました。

まあそんなこともありましたが走行は快調。気がつけば伊勢湾岸道・刈谷ハイウェイオアシス。

実はこの前に、バイク屋さん覗いてきましたー

車両を確認したあと、そのまま弾丸のように帰宅。

OH後800kmを越え、SDR調子いいのです。メーターはぷるぷるしてはいるけど
音しないしこれまた快調。
オイル燃費がよすぎる気がしたので少し多めに吐出量を調整しておきました。
あとチェーン調整。ドリブンスプロケのナットが緩んでた。。

なんだかんだで北陸も梅雨明けしたらしいです。


久しぶりに、越ノ潟フェリーに乗りました。潮風が気持ちいい!


でもこのあとゲリラ豪雨に。すんでのところで帰宅。
ほんまに梅雨明け宣言してよかったの??笑
Posted at 2013/08/05 11:41:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | SDR | 日記

プロフィール

「唯一無二の存在感 http://cvw.jp/b/782497/44911752/
何シテル?   03/08 15:57
バイク乗ってたまに絵を描く程度の能力。元スパマのあかびと。niCのP/NでRCworld誌でも書いてました。フォロー&リムーブご自由に。(挨拶不要です) ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    1 23
4 567 8910
11 121314151617
1819 2021222324
25 262728293031

リンク・クリップ

溶接代用パテ・ブレニー技研GM-8300レポート(・ω・) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/19 05:30:31

愛車一覧

ホンダ N-ONE 犬ワン (ホンダ N-ONE)
シビックフェリオを処分してから 久しぶりの自分の車です。 NAだけどキビキビ走る 使いや ...
ヤマハ SDR SDR2号 (ヤマハ SDR)
昔乗ってた車両(1号)が忘れられず、現在所有。原付なみの軽量車体にハイトルク34馬力2s ...
ホンダ モトコンポ モトコンポ3号車 (ホンダ モトコンポ)
ソロキャン用に通勤に活躍しています。 遅いけど楽しい。
ヤマハ FZX750 FZX3号 (ヤマハ FZX750)
丸目以外は純正状態ですが輸出仕様化で95馬力。250なみにコンパクト。シート高も730m ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.