• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

リニューアルHPはこちら
http://www.243ok.com/

サービスMENUはこちら
http://www.243ok.com/menu/

㈲オートサービス西のブログ一覧

2015年06月26日 イイね!

限定モデルBKM-P風LM17インチのフルパウダーコート

限定モデルBKM-P風LM17インチのフルパウダーコートパウダーコートによる限定モデルBKM-P仕様!・・

センターディスクはパウダーHDグロスブラックからハイパークリアーの2コートによるハイグロスブラックでピアノブラック調と言った感じです。

2Ps本体はパウダーグロスブラックでアウトリムはパウダークリアーですのでフルパウダーフィニッシュになります。

フルパウダーコートですので退色、塗装剥げなどしばらく心配無く長く維持していけると思います。


限定モデルBKM-P風LM17インチのフルパウダーコート

埼玉県のお客様・・・初期型LMのSP(シルバーポリッシュ)からBKM-P風にパウダーコートで表現します。




曲りやリムの腐食は有りませんが、4本皆ガリ傷有りです。
※ガリ傷は治ってもポリッシュの虫食い、腐食は治りませんのでまだガリ傷の方がましです。




基本中の基本肉盛り溶接修理から・・
※フランジ部のみのガリ傷修理依頼の場合でも肉盛り溶接が伴えばオンクリアーポリッシュ面は熱で焦げてしまうためポリッシュの再研摩も必要になります。





リムフランジ溶接修理の研磨形成の完成!
※先塗りのパウダーブラックが済んでからアウトリムを磨きますのでアウトリムは後回しです。





2Ps本体インナーリムから側面リムまで丸ごと研磨





先塗りパウダーグロスブラックの静電噴射!






リムフランジ部を残しアウトリムのBBFバフポリッシュ






アウトリムBBFバフポリッシュにパウダークリアーの静電噴射





2Ps本体フルパウダーコートの完成!





リムフランジ先塗りカラーを残す場合とフランジまで研磨する場合が有りますが料金変わらずお好みでいたします。





センターディスクの剥離ブラスト研磨から平滑面出しのアクション研磨





ハイグロスHDパウダーブラックの静電噴射!





1コート目のハイグロスHDパウダーブラックでも十分な艶が有りますがさらに艶出しとしてパウダーハイパークリアーでリコートします。





パウダーハイパークリアーの2コート目静電噴射!






黒ボルトのクロームメッキ加工





メッキ加工したLM純正ピアスボルトを装着組み付けして完成です。






裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点から2Ps本体塗装はパウダーコートが絶対オススメです。





ポリッシュへのオンクリアーは「密着性、耐光性、塗膜の頑丈肌」など現時点でパウダークリアーが最強ですので新品量産の薄膜で肌の弱い溶剤一液型クリアーの比では有りません。





パウダー2コートにより肉厚感有る重厚なモッチリとしたハイグロスです。






■LM17インチBKM-P風フルパウダーコートの詳細■
 ・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・HDパウダーブラック+ハイパークリアー2コート

・ピアスボルト・・・・・・・・黒ボルトからクロームメッキ

・ナット・・・・・・・・・・・・・・再利用

・エアーバルブ・・・・・・・新品交換

・エンブレム・・・・・・・・・プラチナシルバー新品交換



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225



 (有)オートサービス西
Posted at 2015/06/26 08:56:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | BBS-LM/修正リフレッシュ・リメーク | イベント・キャンペーン
2015年06月23日 イイね!

BBS-RS16インチ/ベース提供軽四100-4Hピッチ加工カスタムリメーク

BBS-RS16インチ/ベース提供軽四100-4Hピッチ加工カスタムリメーク RS16インチ軽四用100-4HオーダーメイドサイズのRS!

RS16インチを軽四100-4Hにするには同ホールのローディスクの選択とアウト&インリムの組み合わせで軽四用のカスタムサイズのRSが出来上ます。

16x7Jや8Jをそのまま100-4Hピッチ加工してもハイディスクだったり、インリム幅が太過ぎたりなど標準サイズのままピッチ加工しても軽四には使えません。※ディスクやリム交換は必須条件です。



BBS-RS16インチ軽四用100-4Hピッチ加工カスタムリメーク
alt
福島県のお客様・・・RS16x6.5Jの軽四100-4Hにするには同ホールのローディスク114-4Hが理想的なディスクでそのディスクを基準としてイン、アウトのリム取り2セット8本から適切サイズの組み合わせをします。




alt
100-4Hにベストなディスクを剥離ブラスト研磨
4Hから4Hは交差すること無く対角線上にピッチ加工出来ますので100-4Hピッチ加工には同ホールの114-4Hが一番ベストな選択です。
また軽四用にオフセットを稼ぐため裏パット面のスライスが必要ですので下駄有り無しは関係有りませんがスライス値に限界が有りますのでローディスクで有る事が最低条件です。




alt
最小幅のアウトリム16x0.5JをBBFバフ研磨からさらにバレル研磨で磨き込み




alt
インリムは当社定番パウダーコートしますので剥離から全面研磨





alt
6角キャップのバレル研磨
※キャップやピアスボルトも光らないとホイール全体の仕上がり感が半減します。





alt
アウトリムのパウダークリアー静電噴射!




alt
インリムのパウダーシルバー静電噴射!




alt
6角キャップのパウダークリアー静電噴射!



alt
ピアスボルトの再クローム




alt
全21パーツの完成・・・後日インリムはパウダーブラックに変更のリクエスト
※塗ってしまってからのカラー変更は有料です。




alt
インリムパウダーシルバーを剥いでパウダーグロスブラックに塗り直し




alt
フロント16x6.5J/100-4H/OFF+45(パット面スライス有り)




alt
リアー16x6.5J/100-4H/OFF+38(パット面スライス無し)





alt
インリムのパウダーブラックは見た目だけの目的ではありません。
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへは特にパウダーコートが効果的です。




alt
アウトリムポリッシュは頑丈肌のパウダークリアーですので新品設定のクリアーよりは遥かに長持ちします。




alt
16インチ以上はオーナメントの外径が大きいため「袋・貫通ナット」では縦柱にナットが干渉するためストレート弾丸ナットを採用しています。
注)1・パット面スライスしたディスクはテーパー穴が広がるため元穴は使えません。
注)2・パット面スライス無しの場合は8穴マルチとして使用可能です。
注)3・15インチ以下はオーナメント径が小さいため袋・貫通ナットが縦柱に干渉しませんので通常の60度テーパー式のピッチ加工になります。



alt
■RS16x6.5J+45+38/100-4Hリフレッシュの詳細■
1・アウターリム・・・・・・0.5Jx4枚/バレル研磨(パウダークリアー)

2・インナーリム・・・・・・5.5Jx4枚/パウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・パット面スライス有りx2枚+無し2枚/100-4Hピッチ加工シルバーメタ    
               
4・メッシュプレート・・・・シルバーメタ

5・6角キャップ・・・・・・・バレル研摩(パウダークリアー)

6・ピアスボルト・・・・・・再クローム

7・ナット・・・・・・・・・・・・錆無しと交換

8・エアーバルブ・・・・・新品交換

9・エンブレム・・・・・・・黒パッチ(黒背景金文字)新品交換

10・弾丸ナット・・・・・・ピッチ1.5x16本(専用レンチx1本付き)

11・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し
※【1】お客様からの作業依頼の施工が本事業ですのでリメークしての中古販売は行っていませんが、RSとLMの修理からリフレッシュ・リメーク依頼が多いため販売品では無く部品取りとしてRSとLMのホイールは数セット常にストックして有ります。
※【2】軽四用ベースRS在庫2セット有り
※【3】RSベース本体のみやパーツのみの販売は行っていません。




メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225



 (有)オートサービス
Posted at 2015/06/23 08:09:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | BBS-RS/ピッチ加工リフレッシュ・リメーク | イベント・キャンペーン
2015年06月20日 イイね!

BBS-LM17&18インチDBK-PとDSK-Pに色替え磨きによるリフレッシュ・リメーク

BBS-LM17&18インチDBK-PとDSK-Pに色替え磨きによるリフレッシュ・リメークBBS-LM2台共初期型SP(シルバーポリッシュ)からDBK-PとDSK-Pにグレードアップしたリフレッシュ・リメークです。

ディスクのカラーがDBK-PとDSK-Pで、2Ps本体「インナーリムから側面リム」はパウダーブラック&パウダーシルバーで、アウトリムはBBFバフポリッシュからパウダークリアーでピアスボルトは黒のパウダーグロスブラックと再クロームです。

カラーが違うだけで加工内容は2台同じですが、17インチの方は曲り、ガリ傷修理無しで、18インチの方は曲り、ガリ傷修理有りが大きな違いです。


同日入庫のため効率よく同時進行しましたので2台まとめて紹介します。


BBS-LM17&18インチDBK-PとDSK-Pのパウダーコート&クリアー

神奈川県のお客様・・・LM17インチ曲りガリ傷無しの初期型SP(シルバーポリッシュ)からDBK-P(ハイパーブラック+ポリッシュパウダークリアー)高級塗装にグレードアップします。




福井県のお客様・・・LM18インチ曲りガリ傷有りの初期型SP(シルバーポリッシュ)からDSK-P(ハイパーシルバー+ポリッシュパウダークリアー)高級塗装にグレードアップします。






2台共ポリッシュシ特有の白ミミズ有りです。





18インチ側は一番肝心な曲り修理から





18インチ側のガリ傷肉盛り研摩形成






2台共に溶剤カラーからグレードアップしたパウダーカラーを塗りますので剥離から全面リム研磨





17インチの方はパウダーシルバーの静電噴射!






18インチの方はパウダーグロスブラックの静電噴射!






先塗りパウダーコートが終われば塗装を剥ぎながらアウトリムのBBFバフポリッシュ







ポリッシュ面へのオンクリアーは新品設定では一液型溶剤クリアーですがその数倍強度が有り頑丈肌で耐久性重視のポリッシュ面へのパウダークリアー静電噴射





センターディスクの剥離からブラスト研磨してハンド研磨にて平滑滑らかに表面をハンド研磨します。





ハイパーブラック(DBK)のベースとなるブラック塗装





ハイパーシルバー(DSK)のベースとなるグレー塗装
※ハイパーブラック(DBK)は黒ベースの銀膜添付の濃淡で「黒の濃い薄い」を表現しますがハイパーシルバー(DSK)は銀膜濃淡の「濃い薄い」では無く「明るめ暗め」の表現のためベースの選択で影響されますので一律黒ベースのDBKとは施工方が違います。





DBK-Pの方はピアスボルトをクロームメッキして組み付け完成です。





DSK-Pの方はピアスボルトをパウダーグロスブラックにして組み付け完成です。






裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点から2Ps本体塗装はパウダーコートがより効果的です。





17インチピアスボルトクロームのDBK-P





18インチ/ピアスボルト黒のDSK-P





リムフランジ塗装(シルバー)残しのリムポリッシュパウダークリアー





リムフランジ塗装(ブラック)削除研磨のリムポリッシュパウダークリアー





■LM17インチDBK-Pリフレッシュの詳細■
 ・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーシルバー

・センターディスク・・・・溶剤ハイパーブラック(DBK)

・ピアスボルト・・・・・・・・LM純正クローム交換

・ナット・・・・・・・・・・・・・・再利用

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し





■LM18インチDSK-Pリフレッシュの詳細■
 ・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・溶剤ハイパーシルバー(DSK)

・ピアスボルト・・・・・・・・剥離からパウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・再利用

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し





LM軍団左から「BKM-P・DSK-P・DBK-P」3台完成しました。
LM軍団後の4台只今作業中ですので今しばらくお待ちください。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225



 (有)オートサービス
Posted at 2015/06/20 08:44:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | BBS-LM/修正リフレッシュ・リメーク | イベント・キャンペーン
2015年06月18日 イイね!

シュテッヒBBFバフポリッシュと光輝アルマイトのリフレッシュ・リメーク

シュテッヒBBFバフポリッシュと光輝アルマイトのリフレッシュ・リメークシュテッヒ17インチのアウトリムBBFバフポリッシュと光輝アルマイトです。

シュテッヒは元が光輝アルマイトで肉盛り溶接を伴うガリ傷修理が有る場合、アルマイトすれば溶接痕が現れ白く濁ってしまう現象が起きます。

極一部の溶接なら目立ちませんが溶接領域が広くなれば白く濁る箇所も広くなりますので光輝アルマイトは不可となりBBFバフポリッシュ(磨き処理)になります。

BBFバフ磨きは光輝アルマイト化研処理の前処理のためアルマイトをしない場合はBBFバフポリッシュで完了となります。

アルマイトリムのガリ傷修理はどこもバフ磨き処理のようですが条件を満たせば高額なイメージの光輝アルマイト化研処理もお手頃価格で提供しています。



シュテッヒBBFバフポリッシュと光輝アルマイトのリフレッシュ・リメーク
その1・・グロスブラック&BBFバフポリッシュ仕上げ


東京都のお客様・・・腐食は有りませんが4本皆曲りガリ傷有りのシュテッヒ17インチです。




一番重要な曲り修理から





不思議な箇所が陥没してリムも4本皆ガリ傷肉盛り修理です。
この程度の傷はほとんどが削り込み修理みたいですがそれは修理とは言えません。





センタープレートはクロームメッキですのでパウダーコートで前処理します。





センターディスクは溶剤の艶有りブラックのため下処理も溶剤サフです。






インリムは当社定番のパウダーグロスブラックのため剥離して研磨します。






パウダーグロスブラックの静電噴射!





6角キャップはバレル研磨からのパウダークリアー





全パーツ個別の完成





ピアスボルトも1本ずつ磨いて組み付け完成です。






裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的です。





アウトリムはBBFバフポリッシュ(磨きノークリアー)になります。




その2・・ディスク加工無し&リム光輝アルマイト


埼玉県のお客様・・・パーツ取り8本ご用意頂き「ディスク、アウトリム、インリム、キャップ、ピアスボルト」より程度の良いパーツを選別して4本を造ります。




クロームのディスクは腐食の有る物と無いモノ8枚から4枚選別します。
※腐食の有る物を再クロームなどするより程度の良いディスクを探した方が遥かの安く上がります。





採用インリムは4本皆見事に曲がっています。





インリムガリ傷も今回拘りの肉盛り修理します。
※インリムのガリ傷は普段見えない箇所で使用に影響無いですので注文が有れば追加料金にて修理いたします。





当社定番のインリムへのパウダーグロスブラックの静電噴射!





光輝アルマイトの一番大切な前加工となるBBFバフポリッシュ研磨
※光輝アルマイトが無い場合はこのBBFバフポリッシュで終了です。





化研光輝アルマイトの完成(外注加工)
※需要:光輝アルマイトは市販されているアルミクリナーや薬品洗浄すれば化学反応を起こし酸化して白シミやアルマイト剥げなどが出ますのでアルミクリーナーや薬品洗浄は絶対厳禁です。






全パーツの完成※ディスクは洗浄のみで加工無しです。






ディスクのクロームは加工無しで組み付け完成!





こちらインナーリムも定番のパウダーグロスブラック






ピアスボルト付近にやや腐食が有ったためその周辺は白い腐食痕が残っていますがアルマイト再生としては上手く行ったと思います。





アウトリムBBFバフポリッシュ(磨き)ノークリアー





アウトリムBBFバフポリッシュ(研磨)ベースからの光輝アルマイト


youtube https://www.youtube.com/channel/UCjUPwSc1q9mSiF0PvRA21Mw

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは「みんカラ」メッセージではなく会社メール
nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225



 (有)オートサービス
Posted at 2015/06/18 11:39:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | シュティッヒ&ザウバー修理リム交換リバレル | イベント・キャンペーン
2015年06月15日 イイね!

絶版45年前の激レアBRE13&15インチの修理リフレッシュ・リメーク

絶版45年前の激レアBRE13&15インチの修理リフレッシュ・リメーク私が小学生だった頃の1969年式45年前のフェアレディー2000SR311とロータスヨーロッパの超激レアBRE砂型鋳造ホイールの修理リフレッシュ・リメークです。

古~い同年代の同商品が同日偶然に入庫しましたのでの2台まとめて紹介します。

SR311の方はスポーク砂肌荒素地を生かしたバレル研摩からのフルポリッシュのパウダークリアーで、ロータスヨーロッパの方はスポーク砂肌荒素地を残したままブラック塗装からリムポリッシュの溶剤オンクリアーになります。

同年代のTOYOTA200GTの純正ホイールの曲り修理も後日紹介します。


1969年式激レアBRE13&15インチの修理リフレッシュ・リメーク

1969年昭和44年前後のBRE13と15インチの砂型鋳造(CAST)ホイールです。



その1・・BRE15インチ/バレル2次元研磨からのリムポリッシュ/フルパウダークリアー

東京都のお客様・・・フェアレディー2000SR311のBRE15インチのホイールです。
それなりに腐食してガリ傷は有りますが曲りや割れは有りません。





削れは同然肉盛り溶接になりますが、当時の砂型鋳造は溶接により多少のピンホール現象は避けられません。





肉盛り溶接研磨形成






ブラスト研磨で錆、汚れ落としをしてディスクスのポーク部は砂肌素地を生かしてリムのみ磨き込みます。





リムポリッシュして丸ごとバレル研磨したら本体丸ごとパウダークリアーの静電噴射!





プラ樹脂製のキャップの傷やエグレメクレはアルミパテ埋め補修です。






プラ樹脂製はパウダーコートが出来ませんので溶剤下地からの塗装カラーになります。





本体丸ごとのパウダークリアーで完成です。
古い新しいに関係なく腐食が無ければパウダークリアーが可能です。





インナーリムから側面リムまでパウダーコートして有りますので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・腐食防止に役立つ」などの利点から1Ps本体インナーリムから側面リムのパウダーコートは絶対オススメです。





ディスクスのポーク部は荒い砂肌素地を生かしたままの光沢表現になります。
ウェットブラストでは錆汚れ落としは出来ても白く濁るだけですのでバレル研磨で無いとこの砂肌のままの鈍い半光沢にはなりません。





半世紀前のホイールが復元再生され現代のパウダーコートによりまたさらに半世紀以上愛用されるでしょう・・




こちらワタナベもBREと全く同じくスポークの砂肌を残したバレル2次元研磨からのリムポリッシュです。





その2・・BRE13インチ/溶剤ブラックからのリムポリッシュオンクリアー

鹿児島県のお客様・・・ど真ん中がぼっこり欠けています。修理ついでに黒塗りからリムポリッシュにリメークします。




修理メインのセンターボアの欠け!諦める前にご相談ください。






肉盛り溶接で形を造ります。





原型復元は手作業による研磨形成です。!
色塗って誤魔化せるパテ埋め補修など一切有りません。





修理が終わればベロット丸ごと先塗りの黒を塗ります。





先塗りのリムの黒を剥ぎながらリム研磨します。





黒からポリッシュ面までトップコートの溶剤クリアーを塗って完成です。






インナーリムから側面リムは元々塗装されて無い無垢ですがカラー塗膜で腐食防止の役目としてディスク黒塗装のついでインナーリムから側面リムも黒に塗装をして有ります。





リムポリッシュは腐食が有れば腐食痕が残りますが45年前の物にしてはほとんど腐食痕が有りませんでした。大切に使われていた証です。





どんなに古いホイールでも「1・虫食い陥没など酷い腐食が無かった事~2・変な修復歴が無かった事~3・曲りガリ傷は良しとして割れが無かった事」が問題無く再生出来る要因です。


★古い新しいに関係無いインリム割れについて
45年前のホイールですので多少の曲り、ガリ傷、欠け、腐食は有っても2台共リム割れは有りませんでした。

買って数年しか使ってないのにインリムが割れる事が良く有ります。

インリム割れは使用条件で大きく左右されますが割れやすいモノとして「大口径ホイール、シャコタン、超扁平引っ張りタイヤ」などはリムに大きな負荷が掛かるためインリムが特に割れやすくなる原因です。

メーカーにより造りや素材の違いで当り外れも有りますが適合サイズのタイヤで普通に使っていれば今回のBREのように50年経っても割れないモノは割れません。




4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは「みんカラ」メッセージではなく会社メール
nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225



 (有)オートサービス西

Posted at 2015/06/15 08:24:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 絶版SSR系ロンシャン・メッシュ・MrⅠⅡⅢその他 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「SSR14インチ2Psハイパー塗装(DBK)&光輝アルマイトDBK-P http://cvw.jp/b/782662/38349864/
何シテル?   08/08 13:20
鹿児島から全国展開しています、(有)オートサービス西です。 創業1988年昭和63年3月 創業当時ホイール修正を専門とするお店は全国でも数店舗し...

ユーザー内検索

<< 2015/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

BBS-RS-GT18&19インチバレル2次元&3次元研磨フルパウダーコート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/09 07:38:38
BBS-RS16インチ スーパーミラーバレル研磨からゴールドポリッシュ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/30 07:21:49
16インチバレル2次元研磨と22インチバレル3次元研磨x2台 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/29 08:14:41

お友達

こちらからお誘いすることは有りませんが、お気兼ねなくお誘いください

635 人のお友達がいます
マキ@不健康マキ@不健康 * hornethornet *
ボルボ太郎ボルボ太郎 * cockpitcockpit *みんカラ公認
ぶいきち+ぶいきち+ * S14??S14?? *

ファン

1,444 人のファンがいます

愛車一覧

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.