• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-Dogのブログ一覧

2014年11月26日 イイね!

きっと誰もが耳にしたことがある。

きっと誰もが耳にしたことがある。きっと誰もが耳にしたことがある

映画「ゴジラ」のテーマ音楽。

このテーマを生み出したのは

今年生誕100年を迎える作曲家、

伊福部昭さん(1914~2006)で当時、怪獣映画というジャンルはまだなくて、

誰も見たことのない怪獣に一体どんな音楽を付ければよいのか考え抜いた結果、生まれたのがこの音楽でした。



伊福部音楽は、日本映画の黄金期を支えていた存在でもあります。

特に、「ゴジラ」を始めとする特撮映画音楽は、

今も多くの聴衆の支持を受け愛され続けています。





『ゴジラ』の音楽を担当以後、『ビルマの竪琴』や『座頭市』シリーズなど多くの映画音楽を手掛けました。





また、NHKをはじめとするテレビ各局で使用されている緊急地震速報音(チャイム)の作成者でもあるんですよ。

Posted at 2014/11/26 00:38:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
2014年11月23日 イイね!

また、つまらぬものを見つけてしまった・・・。

また、つまらぬものを見つけてしまった・・・。僕が謀ゲーム会社に就職する前に

描いた落描きを古いHDDの中から

先日、見つけてしまいました。('A`)

向かって左側の白い背景のがそうなんですが

見れば見るほど、いてもたってもいられないくらい・・・なので

現在、加筆修正中なのです。

この比較絵でおそらくお分かりいただけると思いますが・・・ひどいでしょ?(笑)

立体感は無いは塗りも滅茶滅茶、もずれてる。

毎度のことながら昔描いた絵って見てしまうと思うことはただ一つ。

どうして、気づかないっ!

こうやって無限地獄にはまっていって・・・。



僕は一生、こんなことをやってそうですね。(笑)

Posted at 2014/11/23 01:39:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | イラスト | 日記
2014年11月20日 イイね!

250名以上のアニメーターが1シーンずつ描いた『セーラームーン』。

250名以上のアニメーターが1シーンずつ描いた『セーラームーン』。今日は、ファンによるセーラームーン愛

たっぷりのムービーを紹介しします。(笑)

彼らは9カ月かけ、250名以上のアニメーターの絵を集めて、

まるまる1話分のアニメーションを作ってしまったのです。

動画のタイトルは「Moon Animate Make-Up!」。

動画は放送分と同じ20分強ありますが、くるくる変化する登場人物の顔に

1秒たりとも目が離せないです。(笑)

『セーラームーン』43話「うさぎが孤立? セーラー戦士達の大ゲンカ」を再現したものなんですが、

そのストーリーを再現するために、海外のアニメーター250名以上が集結しています。

元々、アニメはたくさんの人が携わっているものなんですが、

今回はちょっと趣向が違うんです。

なんと異なる作風のショートアニメを合体させて、作品を作ったという事です。

同じキャラでも、次の瞬間には全く別の顔になってしまいます。

日本のアニメ風もいれば、パワーパフガールズ風、アメコミヒーロー風に、シンプソンズ風と

様々なテイストのセーラー戦士が大活躍。

ストーリーも気になるけど、変化しすぎで目が離せません。(笑)

人によっては「コレじゃない・・・」という絵柄もあるかもしれませんが・・・

とにかく、そこにあるのはセーラームーン愛。 一見の価値大です。(゚∀゚)




▼どーん・・・



▼マーキュリー!! アゴが・・・。



▼エンディングもそれっぽく。



▼最後は懐かしいオリジナルEDです。



僕に何か手伝えることがあるかしら?

・・・続きが見たいです。ほかのエピソードもお願いします。(笑)


Posted at 2014/11/20 02:32:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | アニメ | 日記
2014年11月17日 イイね!

片づけられない人には、「才能」が隠れている!?

片づけられない人には、「才能」が隠れている!?もう11月半ば過ぎ

いよいよ2014年も残すところ少なくなってきました。

そんな中で当然頭の中に入ってくるのが、部屋の大掃除

一応、自分の居場所のスペースだけは確保していますがその他は・・・。(笑)


その都度片づけたいけど、片づけるのが面倒くさい、かったるい。

その思いはどうして生まれるのでしょうか。

その理由は「ズバリ!片づけたくないからです!」(爆)

アタマでは片づけたいと思っている。でも、心の深いところでは片づけたくないと思っている。

この矛盾が生まれているから、片づかないのだと思います。

片づけ」とは単に部屋をきれいにすることだけではないと思います。

その本質は、「決着をつけること」なんじゃないかな。

つまり、「自分の過去の思いに決着をつけること

こそ、片づけの本質

「今の部屋の状態じゃダメ、もっと片づけないと…」という思いがある限り、片づけは終わりません。

それは、自分の思いにカタがついていないから

どんなに優れた片づけ術を実行しても、本心からカタがついていると思えなければ、

「片づけた」とは言えませんよね。





が、しかし片づけられないモノには「才能」が隠されているかも。

片づけたい対象がモノであれ場所であれ、その対象の裏には自分でも気付いていない才能が隠されているんです。

今、片づけたいと思っているのは、そのモノ(場所)にたくさんのエネルギーを注いできたからです。

誰も嫌いなモノ興味のないモノを集めようとはしません。

たくさんのモノでごちゃごちゃしていても、一つ一つを見てみると大切なモノです。

ガラクタだと思っていたモノは、実は好きなモノ得意なモノ

例えば洋服を片づけたいと思っている人は、着飾ることが好きで、ファッションセンスに優れているのでは?

「片づけられないモノ」と「隠れた才能」は関係性があると思います。

これが自分の隠れた才能なんだと思い直しましょう。(笑)

すると、その場所やモノは新たな輝きを放ちはじめるはずです。

と、自分に言い聞かせつつ・・・。

でも・・・そろそろ、ホントに片付けないと・・・・。(>_<)

Posted at 2014/11/17 02:12:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2014年11月14日 イイね!

宮崎駿版『長くつ下のピッピ』。

宮崎駿版『長くつ下のピッピ』。アニメーション監督の宮崎駿さんが、

じつはアニメ化に向けて動きながらも、

泣く泣く断念してしまった作品があります。

それは、世界に知られる児童文学の定番の

長くつ下のピッピ』。



アニメ化にかかわっていたのは、宮崎さんのほか、宮崎さんの先輩であり

長年のライバルでもある高畑勲さん、そして戦後の日本アニメ文化を支えてきた

キャラクターデザイナーである小田部羊一さんの3人。

当時、所属していた東映動画を辞めて事務所を移ってでもつくりたい、と切望したのだそうです。

宮崎さんは話の元になりそうな絵をどんどん描き、それを取り入れたり、まとめあげながら

小田部さんがキャラクターをつくり、その間に高畑さんが

設定やあらすじをつくり込み、きめ細かな演出を考えていく・・・。

そうした作業をつづけていた3人でしたが、アニメ化を断念せざるを得ない事態が起きます。

原作者であるリンドグレーンの許可が下りなかったのです。


しかし、この『ピッピ』の制作過程で生まれたアイデアは、後の彼らの作品に活かされました。

たとえば、テレビアニメの金字塔である『アルプスの少女ハイジ』。



このOPで登場した空から吊るされたような大きなブランコも、実はピッピの時に考えていたアイデア。

『となりのトトロ』の原型ともいわれる映画『パンダコパンダ』に出てくるミミ子も、

赤毛にそばかすがチャームポイントで、一人暮らしをしているなど、ピッピを連想させる主人公でした。



加えて、ピッピのために宮崎がロケハンに出向いたスウェーデンのゴトランド島にある

ヴィスビーという街は、『魔女の宅急便』の舞台となるコリコの町の参考にもなっているそうです。


この『ピッピ』は、今、ひとつの作品を生み出すきっかけをつくっています。

それは、宮崎駿さんの息子である吾朗さんが監督を務め、現在、NHKでアニメ化されている

山賊の娘ローニャ』なのです。



実は『山賊の娘ローニャ』も、リンドグレーン原作の作品。

数年前、リンドグレーンの著作権継承者側から、あらためて『ピッピ』をつくらないかと打診されたのだそうです。

『ピッピ』がまた動き出すかと思い、期待が膨らみましたが、宮崎さんをはじめとする3人は、

その申し出を断ってしまいます

その理由は、遅すぎる・・・

このように『ピッピ』については諦めつつも、一方で『ローニャ』は・・・。

そんな思いは、リンドグレーンの著作権継承者である孫たちと吾郎さんにより、

今、世代を超えて受け継がれた・・・というわけです。



『ピッピ』はまぼろしとなってしまいましたが、今後、ふたたび"熱気"を生み出せる

作品に巡り合えることはあるのでしょうか・・・。

Posted at 2014/11/14 04:00:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | アニメ | 日記

プロフィール

「[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2018年10月21日 08:27 - 22:34、
155.07 Km 3 時間 25 分、
バッジ35個を獲得、テリトリーポイント320pt.を獲得」
何シテル?   10/21 22:35
a-Dog[エードッグ]です。よろしくお願いします。 少し前、大阪で絵描きしてました。 今は地元で病弱会社員しております。 ST-18#は少し古い...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

OpenSky 
カテゴリ:趣味のサイト
2013/08/11 18:42:58
 
バリィさん公式サイト 
カテゴリ:趣味のサイト
2013/02/20 03:51:07
 
YouTube 
カテゴリ:趣味のサイト
2012/04/15 02:44:30
 

お友達

興味が沸いた方でお誘いあれば
車種も人種も性別も不問です。
基本的に恥ずかしがりやさんなので
お誘いくださるとうれしいかもです。
84 人のお友達がいます
川染川染 * こ ペ た んこ ペ た ん *
かずフィットかずフィット * KITTKITT *
7&amp;87&8 TOSIHIROTOSIHIRO

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
ST-185#です。 不慮の事故により真横から突っ込まれ、ドアモール横のステッカーがボロ ...
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
車を所有してなかった時にこれでどこでも走ってました。 今見るとリアタイヤほそいねぇ。(笑 ...
ダイハツ シャレード ダイハツ シャレード
イタリアのデ・トマソが監修したシャレード・デ・トマソ・ターボです。 軽快な走りを支えた3 ...
マツダ AZ-3 マツダ AZ-3
オートザムチャンネルで販売されたため、オートザムAZ-3を名乗っていました。 AZはオー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.