• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

宝塚過激団のブログ一覧

2011年12月24日 イイね!

続・新幹線<はやぶさ>に乗ってみた

続・新幹線<はやぶさ>に乗ってみた新青森を発車した列車は、一気に加速して走り始めました。

初めて利用する区間だけに景色を楽しみたいところですが外は既に真っ暗、景色なんて殆ど見えません。もっとも、トンネルだらけの区間ではありますが。さて!大枚はたいて確保したグランクラスですが、通常のグリーン車よりも高価なだけあって、さすがに豪華そのもの…
 
写真を見ての通りですが、シート表面は白い革で、他社の車両でありがちなツルツルと滑る感じは一切なく、エンブラエル社製旅客機の革シートばりのいい感触でした。そして座席にあるボタンを押すと、前の方にスライドしながら複雑な動きでリクライニングします。この辺りは、国際線旅客機のビジネスクラスの影響が非常に大きいですね。フルフラットになれば言う事は無いのですが…。

発車して程なく、グランクラス専門の係の方がやって来て、様々な注文を取りに来ました。このクラスでは茶菓(またはツマミ)+飲み物+軽食(和・洋のどちらか)が提供されることになっていて、国内線のスーパーシートそっくりのサービスですね。飲み物はコーヒー等のソフトドリンクはもちろん、ビールなどアルコール類も選択可能なのには驚き。私は列車内でアルコール類を飲みたくない(個室利用の場合を除く)のでコーヒーを選択しました。そして軽食…和・洋のうち「和」を選んだのですが、行き先別でテーマがあるのか、内容は「東京編・秋」となっていました。量としては確かに軽食レベルですが、質については「かなり頑張った」と思える内容でした。

七戸十和田を通過してあっという間に八戸に差し掛かり、初めて乗る区間は早くも終了です。昨年までは(とにかく大変な)乗換駅だった八戸も、この列車は一瞬にして通過してしまいます。通過なんて「本当に」一瞬で、ものの4~5秒でしょうか? フルスピードで走っているのか、駅名が読めないのはもちろんのこと、電光掲示板の案内が無いと、通過に気づくかどうかも怪しいところ。とにかく速いの何のって!

東京までの間に、盛岡・仙台・大宮の3つの駅に停車していくのですが、やはりどの駅でも注目の的です。特に私が乗っているのは先頭車…それもグランクラスなので、車内を覗きこむ人達も少なくありません。ここまで注目される車両に乗ったのは本当に久しぶりで、デビュー直後の500系新幹線に乗った時以来ではないでしょうか?

仙台から先は日頃の疲れもあって、すっかり眠りこけ…気が付いたら、係員さんが終着駅の案内をしているところでした。こんなに熟睡したのは、本当に久しぶりでした。上野を通過して間もなく、列車は終点の東京に到着したのでした。
Posted at 2011/12/24 05:42:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 乗ってみた | 日記
2011年12月24日 イイね!

新幹線<はやぶさ>に乗ってみた

新幹線<はやぶさ>に乗ってみたある日、最新型の新幹線<はやぶさ>に乗って来たので、レポートいたします。乗ったのは、新青森を18時頃に出発する<はやぶさ6号>でした。写真はこちら

<はやぶさ>に乗るのが初めてなのはもちろん、新規に開業した新青森~八戸の区間に乗るのも初めてで、初めて尽くしの乗車に期待が高まります。欲を言えば、初めて乗る区間だけに、景色の見える昼間に乗車したかったのですが、諸般の事情により果たせませんでした…

接続列車で真新しい新青森に到着し、階段を駆け上がって行くと、列車はまだ入線していなかったのですが、初めて利用する駅構内を眺めているうちに列車が入線しました。使用される車両「E5系」を実際に見るのは初めてですが、とにかく鼻先の長いこと! デザイン的には…「う~ん」ですが(苦笑)
こうなった理由はよく分かりますが、地上を300km/h以上で走行するのにはここまでやらないといけないのか、とつくづく思いました。もっともここまでするからこそ「新幹線」だと思うのですが。

入線した列車は車内整備も済んでいるので、すぐに乗車できました。乗車したのは10号車…すなわちグランクラス! 
せっかくの機会なので、有り金はたいて予約しちゃいました。車内に入ると、新車特有の匂いと革の匂いが混じった独特の匂いが漂っていました。乗ってみると、話題の列車・クラスだけに、明らかに私みたいな体験乗車組の姿が目立ちます。そして列車は、新青森を発車しました。
Posted at 2011/12/24 05:38:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 乗ってみた | 日記
2011年12月24日 イイね!

北斗星に乗ってみた3

北斗星に乗ってみた3翌日。目を覚まして時計を見ると朝6時前で、列車は既に北海道に入っていました。写真はこちらから。

う~ん青函トンネル通過は全然気がつかなかった(笑) 暫くすると車内放送があり、間もなく函館に到着するという案内が流れたので、すぐに先頭車の方へ向かいました。乗り物好きとしては、函館での機関車交換を見ておきたいですから。既に機関車は連結されていました。連結されたのはDD51の重連で、両方とも私とほぼ同い年の車両でした。果たしていつまで使い続けるのでしょうね? 私としては、DF200が牽引する姿を見てみたい気もするのですが。

函館を発車した列車は、電化されていない函館本線を走り始めました。そろそろ朝食でも、と思って食堂車に行くとほぼ満席、やはり営業開始直後は混雑するようです。自分の部屋に戻って景色を眺めていると、沿線には列車の撮影をする人々が多数詰めかけていました。大沼公園の後の車窓には雄大な駒ケ岳が見えました。普段は上り列車ばかり乗っていてこの辺りはいつも夜なので、初めて見る景色にちょっと感動しました。

7時30分頃に食堂車へ行くと、既に混雑は終わったようで、好きな席に座れる状態でした。注文したのは洋朝食で、これまた安くないのですが、事情もよくわかりますし、それに羽田空港第1ターミナルの上の階にあるレストランの朝食よりもよほどよく出来ているから、充分に納得できます。それに噴火湾の景色を眺めながらの朝食なんて、最高ですね!
朝食を終えて部屋に戻り、景色を眺めたり昼寝?をしたりして過ごしました。東室蘭から電化区間に入りましたが、何やら停止と発進のときのショックが、妙に大きくなった気がします。それにしても…私の部屋の鍵はカードキー方式ですが、施錠と開錠にはかなりのコツが必要で、何度も抜き差しする羽目に。テンキー方式の方がまだ分かりやすい気がするのですが?

苫小牧・南千歳に停車し、いよいよ終点・札幌が手前に迫りました。長いようで短かった16時間の旅も、早くも終了です。途中にあった札幌運転所には、奥の方にかつて「トマムサホロエクスプレス」として運転された車両の先頭車と食堂車(!)を発見し、ちょっと驚きました。もう車籍はなく、単なる解体待ちの状態と思われますが。そして列車は、定刻の11時14分に札幌に到着しました。
Posted at 2011/12/24 04:15:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 乗ってみた | 日記
2011年12月24日 イイね!

北斗星に乗ってみた2

北斗星に乗ってみた2大宮を発車した頃、車内放送で食堂車の営業開始の案内が流れました。夕食を予約してあるので、さっそく食堂車に突撃です。この食堂車といえば、フランス料理のコースが食べられることで有名ですが、私自身はあまり食べたくないので、和食を予約しました。メニューの詳細はこちらを参照願います

けして安くは無いけれど、何せ列車内で温かい料理を食べられるのはこの列車と、他2本の列車だけという貴重なものですから。オプションでビール(サッポロクラシック!)を頼み、流れる景色を眺めながら楽しむ食事…う~ん何たる贅沢! 食堂の片隅ではオリジナルグッズ他を売っていたので、この食堂で実際に使われているコースター(200円)を買って引き上げました。

食堂車で食事を楽しんだ後、自分の個室へ引き上げました。個室では室内灯を全部消して景色を堪能できるのがいいですね。やはりこれ、個室の特権です。

さて久しぶりに寝台特急…というか客車の列車に乗っているのですが、電車やディーゼルカーと違って静かなのがいいですね。特に駅に停車中は、ほぼ無音だからたまりません。機関車は最新鋭のEF510に変更になりましたが、だからといって加速が良くなったとか体感できるわけではありません。

何せ寝台列車…特に食堂車を連結している以上、あまり急な加速をしたりスピードをだすわけにもいきませんし。でも…連結器に隙間があるのか、加減速、特に停車や発車するときの前後のショックが出るのが気になります。この辺りは要改善ですね。もっとも客車自体、だいぶ経年が目立つのも事実。何せ<北斗星>としてデビューしてから20年以上、新製してから30~40年程度経過しているからどうしようもありませんね。今後の成り行きが気になるところです。

23時28分、列車はほぼ定刻に仙台に停車しました。ここから先は無停車(運転停車を除く)で、翌朝の函館まで列車の乗り降りができません。さて、寝ますか…
Posted at 2011/12/24 04:08:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 乗ってみた | 日記
2011年12月24日 イイね!

北斗星に乗ってみた1

北斗星に乗ってみた1ある日、上野発札幌行きの寝台特急<北斗星>に乗車してきたので、そのレポートをさせていただきます。写真はこちらからどうぞ。

この列車に乗るのはほぼ10年ぶりです。乗ろうと思った理由は、最近機関車が新しくなったし、たまには機関車に牽引される客車列車に乗りたい…という気分が沸き起こり、じゃあ久しぶりに乗ってみようかということで、今回久々の乗車となったわけです。

18時50分頃に、列車が入線してきました。驚いたのは電源車を先頭に入線して来たことで、いつの間にか編成の向きが逆転していました。先頭にはもちろん新型の電気機関車「EF510-502」がいて、ちゃんと客車の塗装に合わせたブルーをまとったかっこいい機関車でした。


私が撮影した動画です

それにしても…先行き微妙なこの列車に合わせて機関車を新造したのだから、JR東日本もやるものですね。列車の撮影で盛り上がっているうちに発車時刻となり、列車は上野を発車しました。

上野を発車した列車は、一路北海道を目指して北上して行きます。実は今回は有り金はたいて、A寝台個室を確保しました。内装やスペースの広さといい豪華そのものですが、私が乗っているのは運転開始当初から使われている「オロハネ25」という車両ということもあり、室内の案内板などには国鉄っぽい書体の文字がところどころに残っているのがご愛嬌、といったところでしょうか。室内はモニターが液晶テレビに変更されているなど、若干のリニューアルもされていますが、塗装があちこちで剥げているなど傷みが目立つのも事実。そろそろ大規模なリニューアルも必要な気がしますね。
Posted at 2011/12/24 04:05:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 乗ってみた | 日記

プロフィール

「本日はオイル交換に来ています。距離が若干オーバーしてしまいましたが」
何シテル?   11/04 12:50
宝塚過激団と申します。何とぞよろしくお願いします。 プロフィール画像は、宇部興産専用道路で運行されているアメリカのケンワース(ただしオーストラリア製)のボ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

ハイドラ またしてもやられました(>_<) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/21 11:33:55
新宮ドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/15 20:29:29
海上コンテナトレーラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/09 18:09:40

愛車一覧

プジョー 208 三代目P嬢 (プジョー 208)
現在、私が乗っているのは208AllureのMT仕様で、2015年4月上旬に納車されまし ...
プジョー 308 (ハッチバック) 二代目P嬢 (プジョー 308 (ハッチバック))
2台目のプジョーは、308のPremium(MT仕様)で、2009年7月末~2015年4 ...
プジョー 307 (ハッチバック) 初代P嬢 (プジョー 307 (ハッチバック))
初めて買った輸入車です。回した分だけきちんと回ってくれるハンドリングにばっちりの安定感、 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
必死に貯めたお金で買った、初めての新車です。本来は「シビッククーペ」が欲しかったのですが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.