• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

宝塚過激団のブログ一覧

2013年08月25日 イイね!

大型車のはなし ―トレーラー篇―

大型車のはなし ―トレーラー篇―今回は、大型トラックならではの「トレーラー」について語ってみましょう。

まず、トレーラーの種類について。キャブとエンジンが備わった「牽引する側」がトラクタで、後ろの独立した荷台の方をトレーラと言いますが、これは主に3つの種類に分類できます。

●セミトレーラ
これが典型的なトレーラで、最も見かけることが多いタイプですね。


40ftの海上コンテナを牽引するタイプです

 
タンクローリー

このタイプだと連結した状態で全長16mあまり、トレーラ単体で12mまでの長さが可能です。通常のトレーラは車軸が2つ、連結状態だと4軸になるから高速道路の料金が観光バスと同じ「特大」に分類されますが、写真のタンクローリーは3軸なので「大型」に分類…つまり高速料金が安くなります。比較的重量負担の軽いトレーラ(車載車など)は、写真のようにトレーラ側は1軸のみということが多いですね。

このトレーラの、連結部分を見てみましょう。

タイガースな運送会社のセミトレーラです。写真左側にカプラ(連結器)があって、更にブレーキ用の空気ホースや電気関係のコネクターを接続しています。まるで国鉄時代の鉄道車両みたいに、接続するモノがたくさんありますね。



上の写真はカプラ本体を撮影したもので、下の写真はトレーラ側のピンを撮影したものです。「日本フルハーフ」の下にピンがあります。連結するときはトレーラに向かってバックして、この二股になった部分にトレーラの下に生えたピンを差し込んで連結します。連結するとここにトレーラの荷重がかかるわけで、制限重量も当然決まっている…これを「第5輪荷重」といい、その重量はステッカーで必ず明示されています。主に「YOKOSHA」でお馴染みの横浜車輛工業で製造されています。


第5輪荷重を示すステッカーです。重量物を輸送するツーデフトラクタ(後日解説予定)なので、許容できる重量が大きめですね


このタイプの長所は、通常の大型トラック(12m単車)よりも積載重量が大きいことや、フェリーに載せる場合はトレーラだけ載せればよいので12m単車よりも積載効率が良いこと、排ガス規制などで車両を代替えする時はトラクタのみ代替えすればいい(=代替えコストが分散できる)こと…そして、実は12m単車よりも小回りが利くことです。


大阪南港に集結するトレーラ群。フェリー埠頭では定番の光景ですね


フェリーに載せられたトレーラです。単車と同じ全長12mですから、運転席が無い分更に多くの荷物を積めるわけで、積載効率がいいのです

●フルトレーラ


あまり見かけない、12m単車の後ろにもう1両連結したタイプです


連結部分です。動きの特性上、連結したときの間が大きく開いています


牽引側に設置された連結器で「ピントルフック」と呼びます

連結したときの全長は実に18mに及びます。長所は、やはりその絶大な積載能力ですが、写真のタイプだと連結部分の回転軸が2箇所あって最小回転半径が非常に大きくなることから、右左折はもちろんのこと、後退も極めて難しいですね。私の会社にもつい最近までこのフルトレーラがありましたが、上記の使い勝手の悪さもあって全滅してしまいました。その後、従来からのドリー式の欠点をある程度克服した↓のタイプが登場しました。


※写真の確保が困難なため、これと↓の写真はWikipediaから拝借しました

これはセンターアクスル式といって、リヤカーみたいにトレーラの中央に車軸があるタイプです。これだと連結部分の回転軸が1箇所になり、それにトラクタ側のカプラが車体後部の内側に入っていることから、セミトレーラに近い運転感覚にすることができます。それと、トラクタとトレーラの間の隙間を短くできるので、その分積載量も増えるのが長所です。

●ポールトレーラ

これは長尺で積荷自体に強度があり、分割不可能な積荷(橋桁や鉄骨、新幹線車両など)を輸送するためのトレーラで、トラクタ側には回転台があり、トレーラ側は「ただの台車」という解釈でいいかと思います。運ぶモノは大概特大物なので、輸送には警察への許可申請を必要とすることが少なくありません。トレーラ側にはリモコン操作による独自のステアリング機能が付いていて、急カーブや交差点もスムーズに曲がることができます。ただし、歩く程度の超低速での運転となりますが。

このように、12m単車以上の大量輸送&長大で重量のある貨物を運べるのが特徴ですが、当然欠点もあります。まず、滑りやすい路面には非常に弱く、トラクタあるいはトレーラのどちらかがスリップをして制御不能に陥る「ジャックナイフ現象」「トレーラロック現象」が発生すること。またカーブや交差点を通過する時、トレーラの遠心力がトラクタ側に伝わりにくいことから横転しやすいです。特に海上コンテナはどんな積荷かわからないこともあり、横転事故が多発しています。私の会社にもセミトレーラが多数ありますが、過去に何度か雪道でジャックナイフ現象による事故が発生しています。

私が思うに、この世で最も運転が難しいと思うトレーラーは大型車を牽引できるレッカー車ではないでしょうか。大型のレッカー車自体はせいぜい10m前後でしょうが、故障車はもちろん12mのフルサイズ。それにレッカー車と被牽引車との隙間を加えれば、全長30mくらいになるんですよ! ある日私の会社の支店に、荷物を積んだままの故障車を牽引したレッカー車が入ってきて、連結状態のまま故障車をホームに接岸させました。その運転技術たるや実に見事なもので、普段セミトレーラを運転するドライバーも「スゲー!」を連発したほど。レッカー車を運転していた金髪の兄ちゃんは「これ出来なきゃ仕事にならないっすよォ」と軽口を叩いていましたが、そのレッカー車が出て行くとき、私は尊敬のマナザシで見送ったのでありました…

↓は参考の動画です。


よくこんなの運転できますね!

次回はトレーラー篇の続きで、トラクタについてです。

※11月26日に、フルトレーラの写真追加と加筆・修正を行いました
Posted at 2013/08/25 12:33:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 大型車の話 | 日記
2013年08月24日 イイね!

10年ぶりのバニラ コカ・コーラ!

10年ぶりのバニラ コカ・コーラ!最近、近所のドラッグストアで買い物をしていて、ドリンクのショーケースを何気なく見たらびっくり。なんと「バニラ コカ・コーラ」があるじゃないですか! 思わず衝動買いしてしまいました。

このバニラ味を知ったのはかれこれ20年前、映画「パルプ・フィクション」を柏市の映画館で観たときのこと。主人公のヴィンセント(ジョン・トラボルタ)が怪しいレストランでこのコーラを注文したのを見て「そんなコーラがあるのか」と気になったのがきっかけです。今から10年前にも日本で一時期販売していましたが、すぐに消えてしまいましたね。

で、久しぶりに飲んでみました。確かにバニラの香りがする、懐かしい味でした。ちょっと香りが弱い感じもしますが。

今度はいつ発売されるかわかりません。皆さん、今のうちに飲んでみて下さいませ!
Posted at 2013/08/24 17:22:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | お気に入り | 日記
2013年08月18日 イイね!

飛行機の窓から

撮影した写真がハードディスク内に眠っていたので、もったいないから?掲載します。快晴しかも羽田空港を離陸してからすぐにデジタル機器の使用が解禁されるという幸運が重なって、撮影できた写真です。


松戸市上空から、富士山を撮影したものです。手前に首都高の三郷線が見えます


けっこう貴重な写真かも!? 建設真っ只中のスカイツリーです


まだ上昇中の飛行機(JA328J/Boeing737-846)の翼と東京湾。左側に微かにベイブリッジが見えます


横浜市の全景です


江ノ島もきれいに撮影できました。ハッセルブラッドなみの解像度があれば、ミルクマンさんが映っていたかも(爆)

飛行機に乗る時は、やっぱり窓側席に限るぜぃ!!

皆様…こんなしょうもないネタに付き合って下さり、申し訳ありません…(謝)
Posted at 2013/08/18 18:42:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記 | 日記
2013年08月18日 イイね!

大型車のはなし ―キャブ篇―

久しぶりに展開する大型車ネタです。今回は、トラックの顔とも言うべきキャブ、わかりやすく言えば運転席の部分について。↓の写真は、日野・プロフィアの標準キャブです。




まずは、キャブ内を探検してみましょう。主に探検するのは、標準型キャブのいすゞ・ギガです。新製から10年以上経過したベテラン車ですが(笑)


運転席です。ハンドルやシフトレバー、各種ペダルなどはもちろん乗用車と共通ですが、エアコンとラジオ以外には、いわゆる快適装備はほぼ皆無です。また助手席は殆ど利用することがなく、単なる物置と化しているのが実情です。




インパネには、車幅灯などの灯火類やウイングのメインスイッチなど、乗用車にはありえないスイッチがたくさんあります。特装車(冷凍車など)になるとスイッチや計器がさらに増えるので、スイッチを増設するためのスペースがある程度確保されています。


運転席の後ろには、仮眠用のベッドがあります。あくまで仮眠用で寝心地はけして良くありません。


運転席から助手席の方を撮影したものです。助手席ドアの下にある小窓、これは何だと思いますか? これは通称「安全窓」と言って、左折するときに視界を確保するための窓です。中型車以上の車両には装着が義務付けられていて、ステッカー等で塞ぐのは違法です。


最後は外側、ふそう・スーパーグレートのバックミラーで、格納された状態です。大型車はとにかく死角が多く、特に左のバックミラーには真下・斜め左・後ろの3か所を映す3枚のミラーを装着して、死角が少なくなるようにしています。余談ですが、このふそう車のミラーは「スーパーミラー」と呼ばれるタイプで、万一壊したら30万円の修理費用がかかると脅されました…(怖)

自動車メーカーではコスト削減のため、各車の部品共通化を図ることがよくありますが、大型車も例外では無い…どころか、乗用車以上に共通の部品が多いです。例えば…


これは、いすゞの中型車「フォワード」のインパネです。上半分が↑の大型車と同じですね。他にもステアリングや各種スイッチ類など、多数の共通部品があります。他にも…



同じ日野自動車のトラックで、上がプロフィア(大型)・下がレンジャー(中型)のウインカーです。全くの同一部品が使われていることがおわかりになるかと思います。メーカーによっては、ヘッドライトやドアパネルも同一の場合もあります。


次は、各メーカー共通の、標準キャブ以外の仕様を解説しましょう。

これは、標準ルーフよりも屋根が高いハイルーフ仕様です。

1BOX車やマイクロバスでよく見かけるハイルーフ車ですが、大型トラックでもよく見かけますね。グレードによって標準あるいはオプション設定されています。栄西禅師を彷彿とさせる独特の雰囲気を持っていますが、コンソールボックスに入れたものを出し入れしにくいし、1BOX車やマイクロバスみたいに車内を動き回ることは殆ど無いから、頭上だけやたら広くても大した意味は無いと思っています…あくまで個人の感想ですが。大手の運送会社では、トレーラーのトラクタ(ハイルーフが標準になっている場合があるのです)でもない限りまず購入しません。

こちらはショートキャブ仕様です。

仮眠用ベッドのスペースを省略したキャブで、これにより荷台の長さを増やすことが可能になりました。キャブ自体は数十センチ短い程度ですが、標準サイズのパレットが通常のトラックよりも2枚多く積めるようになりました。ただ困るのは、運転席のすぐ後ろが壁だから、座席のリクライニングが殆どできない…もちろん仮眠用ベッドも無いから、このままでは仮眠もできません。そこでこんな装備が用意されています。



イマイチな写真ですみません…屋根上に、風防を兼ねた仮眠用ベッドを備えた仕様です。これで仮眠スペースも確保できて荷物もより多く積めて万々歳!と言いたいところですが、この位置に設置すると日光と外気に直接晒されるので、特に夏場は暑くて寝られない…あまり評判は良くないようです。私の会社にこの仕様はありませんが、他社のドライバーさんが愚痴をこぼしていました。

以上です。次回は「トレーラー」について語ってみる予定です。
Posted at 2013/08/18 08:23:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 大型車の話 | 日記
2013年08月17日 イイね!

今年の東京モーターショー!

今年の、東京モーターショーの開催が近づいて参りましたぁ!!



先日、前売り券発売開始を案内するメールが届いたので、思わず衝動買いしてしまいました。今年の出展者をチェックすると、日本のメーカーはもちろんの事、外国メーカーもそれなりに参加していて、我らがぷぜうも参加していてひと安心。でも意外なのは、アメリカのメーカーが一社も参加していないことで、せめてフォードくらいは参加してほしかったですね。

ぷぜうには、できることなら2007年まであったオーナーズルームを復活させてほしいです。そうでなければ、チラ見して数分で撤収する可能性が大ですから(苦笑)

今年も恐らく、商用車ブースに入り浸りになるだろうなぁ…密かに企んでいるのは「いすゞのトラック」のCDを入手することだったりして(笑)
Posted at 2013/08/17 20:39:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント参加記 | 日記

プロフィール

「@けろさん この車、デザインはあまり好みではありませんが、コンパクトな車体は好感を持ちました。タイヤも無闇に大きくないし、肥大化したCR-V等と違い、身の丈サイズなSUVと思います。」
何シテル?   11/17 15:13
宝塚過激団と申します。何とぞよろしくお願いします。 プロフィール画像は、宇部興産専用道路で運行されているアメリカのケンワース(ただしオーストラリア製)のボ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

春の遠足~工場見学&水族館ツアー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/11/16 14:03:55
新宮ドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/15 20:29:29
海上コンテナトレーラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/09 18:09:40

愛車一覧

プジョー 208 三代目P嬢 (プジョー 208)
現在、私が乗っているのは208AllureのMT仕様で、2015年4月上旬に納車されまし ...
プジョー 308 (ハッチバック) 二代目P嬢 (プジョー 308 (ハッチバック))
2台目のプジョーは、308のPremium(MT仕様)で、2009年7月末~2015年4 ...
プジョー 307 (ハッチバック) 初代P嬢 (プジョー 307 (ハッチバック))
初めて買った輸入車です。回した分だけきちんと回ってくれるハンドリングにばっちりの安定感、 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
必死に貯めたお金で買った、初めての新車です。本来は「シビッククーペ」が欲しかったのですが ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.