• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

よちろうのブログ一覧

2016年01月30日 イイね!

あぶない刑事 ~good-bye~

あぶない刑事 ~good-bye~舘ひろし&柴田恭兵が語り尽くす「あぶない刑事」30年の矜持

相棒、盟友といった言葉では語り尽せないほどの深い絆。「あぶない刑事」のダンディー鷹山(タカ)こと舘ひろしと、セクシー大下(ユージ)こと柴田恭兵は、バディものの新たなスタンダードをつくり、それを成長、熟成させて絶対領域ともいえる信頼関係を構築した。テレビシリーズの開始から30年。フィナーレを飾る「さらば あぶない刑事」には2人の愛、こだわり、矜持のすべてが集約されている。(取材・文/鈴木元、写真/江藤海彦)

1998年「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」では、2人のサングラスが海に沈んでいくラストシーンが話題となった。2005年「まだまだあぶない刑事」には死体のDNAが2人と一致するというくだりがあった。だが、「あぶデカ」は“永遠”であり“まだまだ”なのである。2人も10年ぶりの復活を自然な形で受け入れた。

舘「すごくうれしかったですね。ただやる以上は、今まで僕が感じていた失敗もあったので、やる前に1回皆でミーティングをしたいと。『あぶない刑事』始まって以来、恭サマと脚本家、監督、プロデューサーと脚本に関してミーティングをしたんです」
 柴田「確かにミサイルが飛んできたり、タンカーを人が両手で止めたりと、ちょっと荒唐無稽になりすぎていた感があったので、舘さんがミーティングをしようよと言ってくれたのがうれしかった。最後なら最後なりの、しっかりとした骨太のものを作って、その周りで僕がアドリブを入れさせてもらい初期に戻ったような『あぶデカ』にしたいなという思いがありました」

テーマは、舘が常々口にしている「ハードボイルド、スタイリッシュ、ファッショナブル」に根差した原点回帰だった。

「『あぶない刑事』という作品は、柴田恭兵の作品だと思っている。なぜかというと、これだけ面白くしてきたのは恭サマなんだよね。テレビの第1話でもユージはスタイリッシュで、それからアドリブ中心になっていった。映画の1作目のように、どこか骨太のきっちりしたストーリー展開があった上でオーナメントのようにアドリブがあるという、そういうものにしたかった」

準備稿の段階からそれぞれの経験を踏まえた意見を具申。潜入捜査で留置場にいるタカをユージが迎えにいく冒頭のシーンでは、舘がお互いを呼び合うセリフ「タカ」、「遅かったな、ユージ」を追加した。撮影はクランクイン当日。「あぶデカ」の復活を明確に打ち出し、期待感を膨らませる粋なオープニングだ。

柴田「タイムスリップしたみたいで、10年ぶりって感じは全くなかったですね。ああ、楽しいものが始まるって喜び。僕は柴田恭兵と舘ひろしが感じている格好良さは、年配の人にも小学生にも絶対に通じると思っていたんですよ。60いくつになっても同じことしかできないけれど、そういう自信みたいなものが。それは僕1人ではできない。タカとユージのコンビの妙だと思うんですよね」
 舘「そうだね。この2人の距離感って絶妙だよね。お互いに、これはユージがやる芝居、タカが言うセリフということが年をとっていくごとに明瞭になっている気がする。リスペクトも含め、2人の立場がはっきりしてきた感じがあります」

かつて刑事ドラマのバディは、互いの短所を補完し合うのが定番だった。その“常識”をタカとユージが覆す。それぞれの長所を前面に押し出し、互いに引き出し合うポジティブ&アクティブを融合させキャラクターの魅力を増幅させてきたのだ。常に化学変化をし続けて30年。幾度の空白期があるとはいえ、感服の言葉しか浮かばない。

柴田「この作品一本でやってきたわけではないので、とても刺激的なんです。10年間のブランクも新鮮だったし、本当に楽しい現場でしたね」
 舘「この形というか雰囲気は、俺たちにしか出せないんだよね」

加えて浅野温子、仲村トオルもレギュラーでい続けていることもシリーズの大きな魅力のひとつ。後輩・町田透役の仲村は、前作で2人の上司に昇進しているものの相変わらずの“トロい動物”扱いだが、それを楽しむように己の立ち位置を確立している。

舘「あの芝居、リズム感。トオルは天才ですよ。『あぶない刑事』の前に『ビー・バップ・ハイスクール』があったけれど、柴田恭兵という人に触発されてすごくのびたんだよね」
 柴田「舘さんと会って、頭をひっぱたかれたりね」
 舘「いやいや、俺は関係ないんだけれど、俳優としてあの時代に柴田恭兵と会ったことはすごい財産。トロい動物だけれど、そういうふうにできるのがあいつのポテンシャルの高さ」

一方の浅野扮する真山薫も、他の追随を許さない独自性で2人を見事に振り回し、要所では引き締め役を担う。TBS「なるようになるさ。」(2013)で夫婦役だった舘は称賛を惜しまない。

「やっぱりすごいと思う。彼女は、普通の人の芝居を超えたところでやっているから。今はセリフを言えればOKという時代だけれど、彼女はその上を目指している。素晴らしい女優さんだなと思います」

横浜港署の中核4人がそろってこその「あぶデカ」だと2人も得心している。唯一無二の、まさに最強カルテットだろう。

舘「この4人がそろえば本当に怖いものなしで、どんな癖のある俳優さんがきても絶対に負けないし、やっていける自信はありますね」
 柴田「怖いものなしっていうと、そんな気もするけれど、周りがどれだけ大変か…。大丈夫かな、舘さんって」
 舘「(笑)心配なのは、おまえだって?」

会話の節々にも見せるあうんの呼吸は、スクリーンでも余すところなく発揮されている。タカの手放しハーレーでのショットガン、ユージの疾走や華麗なステップシークエンスなどの十八番も随所に披露。定年までの5日間をさっそうと駆け抜ける。クライマックス、2人が追い詰められた際にユージが発する「残りの弾の数と敵の数が全く合いません」というセリフは舘が考えたそうで、楽しそうに話す2人の絶大な信頼感が垣間見えた。

舘「あの状況で、あの目線で、あの言い方ができる俳優は彼しかいないと思うんだよ。あれは絶品だね。俺もああいう芝居をしたいけれどできない」
 柴田「シリアスな切羽詰まった中での余裕みたいなものが面白さだと思うんですよね。もう死んじゃうんじゃないかというギリギリの時の余裕が、格好良かったりするんですよ」

それだけに、「さらば」と言うのは寂しい限り。ここまでファンを引き付けている要因については「それが分かったら、次の作品を作りますよ」と舘が冗談めかしたが、ひとつのケジメをつけた手応えは2人の表情から感じ取れた。

舘「本当の、と言うと語弊があるかもしれないけれど原点に戻れた。『あぶデカ』本来の姿に戻れたかなって気はする」
 柴田「今まで応援してくれた人に恩返しができる作品になって良かったなって思います」

それでも“さらに あぶない刑事”を期待してしまうのは、ないものねだりだろうか。

2016年1月30日 [あぶない刑事] 全国上映

……………………………………………………………
これが最後か? 
映画館で見届けます。  

そろそろ上映だぁ!
Posted at 2016/01/30 17:35:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月28日 イイね!

雷電 [ちゃんこ定食]

雷電 [ちゃんこ定食]今日のお昼は道の駅[雷電]の食事処でいただきました。

ちゃんこ定食 ¥620 大盛りライス+100円 

イヤー!旨かったですよ。 
一瞬!横綱になったんじゃない?とゆう気分に………ウソ! 

浅間サンライン!道の駅雷電に寄ったら是非食してください。 
食事処は朝7:00~夜7:00までと、厨房のおばちゃんが言ってました。 
でも今日は新年会で夕方5時までだそうです。 

写メ!美味しそうでしょ~♪ヽ(´▽`)/  

Posted at 2016/01/28 16:55:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月27日 イイね!

ザ・ウォーク

ザ・ウォーク
映画ニュース
「ザ・ウォーク」主人公が“渡ろう”としているビルに潜入!本編映像独占入手
2016年1月26日

ゴードン=レビットは話し方までプティになりきった「ザ・ウォーク」
ゴードン=レビットは話し方までプティになりきった
[映画]  米ニューヨークにあったワールドトレードセンターのビル間にワイヤーを張り、命綱なしでその上を渡りきったフランス人男性フィリップ・プティの実話を映画化した「ザ・ウォーク」の本編映像を、独占入手した。フランスから渡米してきたプティ(ジョセフ・ゴードン=レビット)が、建設中のワールドトレードセンターを初めて訪れる場面を切り取っている。

ビルの壁面にあごを密着させ、はるか頂上を見上げるプティ。1974年当時世界最高層(411メートル)だったワールドトレードセンターに圧倒され「ウソだろ? この世のものじゃない!」「あきらめよう。終わりだ」と早くも完敗宣言。現実に直面し取り乱したプティは「この怪物を見ろ。僕に警告してる。『無理だ。完全に不可能だ』『可能性のかけらもない』」と恋人のアニー(シャルロット・ルボン)にまくしたてるが、ビル内部の作業員がドアを開けっ放しにしているのを見るや猛然とダッシュ。階段があるのを見つけると「5時間戻らなかったら警察に(行け)」とアニーに告げ、階段を勇ましく上っていく。

実際にプティ本人から指導を受けたゴードン=レビットは「プティはとてもポジティブな人で、今は出来ないことでも、必ず出来ると信じて解決策を考えるような人物なんだ。彼のすさまじいまでの決意と集中力。そして人と接するときの、ものすごく穏やかでポジティブで不思議な魅力。素晴らしい組み合わせだよ」と“人間力”に最敬礼だ。
一方、当の本人は「僕のパフォーマンスを見た人たちから、『自分も夢をかなえられる、山を動かせるという気持ちになった』と、よく言われるんだ」と語る。底抜けなポジティブ精神を持ち合わせていたからこそ、プティは途方もない挑戦をやり遂げ、人々に夢を与える存在となったのかもしれない。

「ザ・ウォーク」は、「フォレスト・ガンプ 一期一会」(94)のオスカー監督、ロバート・ゼメキス監督がメガホン。1月23日から全国公開。



今から!観ます。 

Posted at 2016/01/27 15:39:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月25日 イイね!

観測・初・雪・沖縄・100年・一度? 

観測・初・雪・沖縄・100年・一度? 昨日は映画館エージェント観て! 
温泉で身体を癒して! 
長野方面に出発~ 

途中、あのバスの大惨事を思い出し! 
ゆっくり碓氷峠を越えて走りました。 
大寒波が日本列島を冷凍庫に? 
峠の気温は氷点下[-14℃]を目盛り、路肩は雪の固まりとアイスバーンでツルツルです。 *記録に撮りました。写メ

道の駅[雷電]も-12℃で駐車場もパリパリ!  
用を足すのも一苦労?(爆)  

そんな訳で今は長野で雪もパラパラと氷点下-8℃です。
先程、地元の方が菅平高原は氷点下【-23~-24℃】と言ってました。(^ー^)ノヒーハー♪

明日は福島県に向かいます。 
大寒波の日本列島🗾皆様もスリップ?ドかーん!の無いよう表裏道はゆっくり走りましょう! 




Posted at 2016/01/25 09:49:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月25日 イイね!

エージェント・ウルトラ

エージェント・ウルトラコンビ二のダメ店員がいきなり覚醒&暗殺者一蹴!「エージェント・ウルトラ」

ジェシー・アイゼンバーグのアクションにも注目!

[映画]「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の公開が控えるジェシー・アイゼンバーグと「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが共演したアクションラブストーリー「エージェント・ウルトラ」の本編映像が公開された。

かつてCIAが行っていたという極秘実験を題材に、封印されていた戦闘スキルを呼び起こされた敏腕エージェントの活躍を描く。アメリカの片田舎のコンビニ店員・マイク(アイゼンバーグ)は、恋人フィービー(スチュワート)にプロポーズする機会をうかがうも、失敗続きでうまくいかない。そんなある日、コンビニで仕事中のマイクの元に正体不明の女性が現れ、謎めいた言葉を聞かせる。それをきっかけに、CIAエージェントだった頃の戦闘能力を取り戻したマイクは、次々と襲い来る殺し屋たちと激闘を繰り広げていく。
このほど公開された本編映像は、さえないフリーターだったマイクが力に目覚め、屈強な殺し屋2人組を瞬殺するシーンをとらえたもの。勤務中にカップ麺を食べようとしていたマイクは、店の外に不審な人影を見つけ、恐る恐る店外へ。謎の2人組が駐車場に停めてあった愛車に細工しているのに気づき「触るな。僕の車だ」ととがめるが、その言葉を聞いた男たちはナイフを取り出して襲い掛かってくる。
一般人ならまさに絶体絶命のピンチだが、次の瞬間にマイクはヌードルの熱いスープを1人に浴びせ、拳銃を取り出したもう1人の男ののど元に手に持っていたスプーンを突き刺したのち、2人に発砲。目にも止まらぬ暗殺術を見せるが、すぐに我に返ってぼう然と立ちつくす。クールなアクションに加え、アイゼンバーグのギャップある演技が笑える内容となっている。
「エージェント・ウルトラ」は、「クロニクル」(2012)で話題をさらったマックス・ランディスが脚本を担当。16年1月23日から全国公開。
……………………………………………………………
昨日、観て来ました。 
で……∠離れ座席のバカップルのガリガリ喰ってる音が雑音でうるさかった×× しかも!女がガツガツ食ってた!
顔見られるのが恥ずかしいのか、暗いうちにお帰りに!!

夕方過ぎには温泉で温まり、イザ!出発~ 
Posted at 2016/01/25 09:19:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「「家族を奪われた男の怒りが火を噴く! 悪人は問答無用で私刑に処す!! バッチリ観ましたよ!」
何シテル?   11/04 02:30
……… ☆my 車 ☆大自然 ☆おもひでの旅 ☆グルメ旅 ☆温泉巡り ☆映画鑑賞 ☆スポーツジム ☆アメフト...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

2017 ハロウィン! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/01 00:42:52
美東チャンポン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/08 22:24:39
ちょっと今から仕事やめてくる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/29 18:13:35

お友達

※注!!‥お友達の募集もお誘いも‥NG!

☆thank you ~


★世 界 平 和★
33 人のお友達がいます
カネマンカネマン * ●ふくさん●●ふくさん●
セルスター工業セルスター工業みんカラ公認 しょうたろう(michael-R4)しょうたろう(michael-R4)
コムテックコムテックみんカラ公認 オイラはクロさんオイラはクロさん

ファン

63 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
H9年車 中古で禁煙車! 実走15.000㎞で購入。 3ATでのろまですけど‥♪ ☆小さ ...
トヨタ クラウンマジェスタ トヨタ クラウンマジェスタ
H4年 極上車を購入! マルチビジョン(TV)無し! 総走行距離2012.12 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
★趣味車★ H21年 [JB23W] 7型(改)公認 5MT HDD サン ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
☆がんばれ!日本! ☆2020年 東京オリンピック゜~パラリンピック ☆世 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.