• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紅蓮FCのブログ一覧

2014年07月17日 イイね!

帰還への道のり 後編

帰還への道のり 後編少しインターバル挟みましたが、ここから後編ですー。

かなり長いですよー;



3週連続の長距離移動の疲れが、そろそろ表面化してきております。

撮りためた画像も処理しなきゃ;


細かい記憶が怪しくなるまえに。。。;


                                



気を取り直し、Rspiritへ連絡をしました。

社長の永味さんに、陸送の依頼を断られた旨を伝えると、


「う~ん、ちょっと待っててもらえる?心当たりの業者を当たってみるから・・・」


とのこと。

なんとかこの日中にFCを預けて帰らなければ、明日の仕事に間に合わない。
永味さんはそういった事情を理解してくださっているため、なるべく早く預け先を探してくださるそうです。



交渉についてはひとまずお任せし、コンビニへ移動することに。

この日は雨の影響で蒸し暑く、エンジンストールを避けるためにエアコンが使えないFCの中に居たため、喉がカラカラです;
どんどんストールしやすくなるFCでなんとか移動します。


到着した最寄りのコンビニで水分補給をしていると、永味さんから電話がかかってきました。



「なんとか陸送の手配が出来そうだけど、少し条件があって。
 でもそれさえクリアできれば、埼玉までFCを運んでもらうことができますよ!」



永味さんの言う条件とは2つ。


・最低地上高を15cm程度に上げる、またはバンパーを簡単に外せる状態にしておくこと

・1100rpmまで上げたアイドルをさらに上げ、とにかくストールを回避できる状態にしておくこと。



わずか30分足らずしか経っていない中で見つけていただいたこの手段、なんとしても逃すわけにはいきません。
しかし、アイドルの調整は何とかできますが、車高調整は地味に難題です。




なぜなら、手持ちの工具ではパンタジャッキしかジャッキアップする手段がないのです。




車高調整時は俗にいう「車高調レンチ」でプレートを緩めるわけですが、その時はかなりの力を必要とします。
少なからず車体が揺れるため、パンタジャッキだけではかなり危険。。。




遠く広島の地で、故障したFCの下敷きになるのはイヤすぎます!




とはいえ、車高を上げないことには条件がクリアできません。
しかも時間が余り残っていない状況。。。



先ほど別れたばかりですが、すがる思いで、よっしーさんを頼ることに。

電話でここまでの経緯を説明し、とにかく車高を上げなければならないので助けてほしいとお願いしました。



「んー、、、とりあえず戻っておいで!」


ということで、元来た道を戻ることになりました。
その同中もやっぱりストールと闘いながら。。。

それでもどうにかよっしーさんの所まで戻ることができました。



到着するやいなや、よっしーさんに手伝っていただき、FCの車高を限界まで上げました。

ネジ式車高調ゆえ、上げれば上げるほど縮んで硬くなるスプリングに苦戦;


それでもジャッキアップから作業完了まで、30分程度で終わらせることができました。

さすがはよっしーさん。車高調整はお手の物です^^




作業が終わる頃、永味さんからの着信が。


「まだ広島から運び出す業者が決まっていないから、しばらく待機しててください。
 決まり次第連絡するので、すぐに業者の事務所に向かえるよう準備をお願いします。」



通常、長距離の陸送では1台のトラック(業者)で運ぶことは少ないそうで、何台かのトラックでリレーをしながら輸送するそうです。
この時点では広島から名古屋間を運ぶ業者が見つかっていないということでした。


了解の旨を伝えるも、この時点で16時を回っていました。
当日中に帰宅するには、21時広島駅発の新幹線に乗らなくてはいけません。


移動にかかる時間を考慮すると、あまり猶予は残されていない状況。

とはいえ、もう自力でできることはあまり残っていません。


持って帰りたい荷物を箱に詰めて宅配便で送ると、本当にすることが無くなってしまいました。



じっと待つこと約2時間。。。





18時17分、ついに着信が!



「いますぐ五日市港に向かってください!話は通してあるので、あとはFCを預けるだけです!」


運んでくれる業者を見つけた永味さんは、必要な話をすべて取り付け、後はFCを運び込むだけの状態まで整えてくださったのです。

業者の営業時間は18時半までとなっているそうですが、業者の担当の方が残って待っていてくれるとのこと。


とにかく急いで移動をしなければいけません!




が、ここでひとつ忘れていることがありました!




アイドル上げてない!;




急いでロングのマイナスドライバーを借りてFASをぐるぐる回し、アイドルを1500rpmに!




よっしーさんに改めてお礼を伝え、今度こそ急いで港へ向かいます。




が、ここにきて、道を間違えましたw

本来なら広島市街から、宮島街道を使って五日市港に向かうはずが、分岐を間違えて西広島バイパスに乗ってしまったのです;


なんとか離脱しようと、携帯ナビの示す出口から脱出した先は。。。




ものすっごい裏道w




もはやナビに従うしかなく、住宅街の中を海へ向けて突っ切ります。

途中タクシーにドヤされながらも、なんとか宮島街道に出ることに成功。



この段階で、18時43分。


そして事務所のある島への橋(イメージはベタ踏み坂)を越え、19時07分に到着。


すぐに担当の方が出迎えてくださり、FCを預けることができました。



すでに到着していたタクシーに乗り換え、最寄りのJR廿日市駅に向かいます。
その道中、永味さんに電話で連絡をし、FCを無事に預けることができたこと伝えました。

すると、

「ギリギリまでお待たせしちゃって申し訳ありませんでした。ここまで気が休まらなかったでしょう?」

とのお言葉をいただきました。


とんでもありません。この日は月曜日。



Rspiritさんは定休日だったのです!



14時過ぎから19時過ぎまで、貴重なお休みにもかかわらず、業者を探してくださいました。
さらに、このタクシーを用意したのも永味さんでした。

全部お任せした形になってしまい、労わなくてはならないのはこちらのほうなのに。。。



どうして、直接会ったことも無い人にここまでしてくれるのかと尋ねてみたところ、


「どうしてって、遠い広島で困ってる人がいるから、なんとかしなきゃって思っただけですよ。」


と。

この人に頼って本当によかったと、思った瞬間でした。


FCが埼玉に着いたあと、埼玉にお伺いすることを約束して電話を切り、電車に乗ります。
後は新幹線で帰るだけ。。。








が、まだ終わりではなかったのです。


電車の席に座ったものの、電車が発車しません。


この日は朝から大雨でした。
この雨の影響で、電車が90分以上遅れていたのです。


時間は19時30分。


広島駅まで順調に行けたとして、約30分。



あれ、もしかしてヤバくない?;



とはいえ、じっと待つしかありません。

タクシーで広島駅まで行けばよかったと後悔するも、後の祭りです。



動かない電車の中、ふと携帯を見ると、昨日のSEVEN-LIVESでお会いした方々からのコメントやメッセージが届いていました。

励ましや心配のコメントに返信しつつ待っていると、電車が動き出しました。


とぎれとぎれにですが、広島駅に着実に近づきます。


横川駅まで着いたところで、先に広島駅に到着するという呉線の電車に乗り換えます。



このまま乗り続ければ、呉までいけるんだよなぁ。。。
明日も休みだったらなぁ。。。



そんな思いを振り切りつつ、広島駅で乗り換えます。

結果、20時30分の新幹線に乗ることに。


あと30分遅れていればアウトでした。



自宅に着いたのは、23時30分。


自室のベッドに横たわると、この3日間で多くの方の口から出てきた言葉がよぎります。




「忘れられないセブンデイになりましたね」
Posted at 2014/07/17 20:34:08 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2014年07月11日 イイね!

明日は!

朝一からRspiritへ突撃します!


いよいよ今夜、FCが到着するそうです。
オーバーホールのために新しいエンジンの仕様を決めに行ってきます!


選べるメニューは3つ。



中古エンジン載せ替え
・費用はたぶんダントツで安い!
・都合よくエンジンがあれば、、、だけど。
・よその車のエンジンだから、状態とかはわからないし、不安。。。


通常メニューのOH
・特別なことはせず、当たり前にオーバーホール。
・費用はたぶん相応。うまくすれば夏のボーナス+今月の給料で一括払いも可?
・それでも今までより、ずっといいエンジンに仕上がるはず!


いろいろ盛り込んだオーダーOH
WPCとか、DLC加工とか!ポート研摩とか!
・費用?さぁ?;
・先を見据えるならやっぱりこれでしょ!




さて、どうしましょう。妄想が膨らみます^^



3ピースのアペックスシールは外せないし、ポート研摩もしてもらいたい。


あわよくばエキセンやメタルをWPC&DLC加工したい!


エンジン以外にも、フライホイールクラッチは要交換だし、ウォーターポンプも替えたい。
インジェクターとかセンサー類もこの期に。。。


あ、メタルキャタライザーが排熱でダメになってるかも。。。
タービンだいじょうぶかなぁ。。。




とかいってたら資金がいくらあっても足りないw

自嘲自重しなきゃ;


眠れない夜になりそうです^^;
Posted at 2014/07/11 19:47:45 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2014年07月09日 イイね!

帰還への道のり 前編

SEVEN-LIVESから一夜明けた月曜日、埼玉のRspiritまでFCを陸送する手配のために広島に残っていました。


今回の話はちょっと長くなるので2回に分けようと思います。

お暇な方だけ、お付き合いください。

あまり気分のいい話ではないので。。。

あと、写真はないです。ちょっとそれどころではなかったので。。。




                                                    



よっしーさんに預かっていただいていたFCを引き取りに、よっしーさんの職場へ向かいます。
直線距離で2kmもない近場の宿に泊まっていたので、路面電車やバスを使うことも無いかと、歩いて向かうことに。


雨がパラつく空模様でしたが、傘はFCの中


まー、距離も無いし大丈夫だろう。


そう思ったんですが、







めっちゃ降られました;








後から知ったことですが、この日は台風に先駆けて来た低気圧の影響で、広島全域で警報が出るほどの大雨が降っていました。


この天気は、このあとの展開を暗示していたのかもしれません。





前日にメールをしておいた陸送屋へ電話をかけ、車の状態を説明すると、

「じゃあ事務所まで車を持ってきてください」

とのこと。


急なことなのでローダーで引き取りに来ることができないそうです。






街乗り程度の自走なら、まだ可能な状態だったので、よっしーさんに別れを告げ、目的地に向かいます。

ちょうど雨が強くなっていた時間帯だったので、冠水しにくく迷いにくいルートをよっしーさんに教えてもらいました^^



おかげさまで道に迷うこともなく、目的地の事務所に辿りつきました。




 

陸送屋での手続きは順調に進んでいました。
船で輸送するという事で、値段も リーズナブルでした。


一応、これ以上症状を悪化させないため、回転数は3500rpm以下、ブーストは0未満などの使用上の注意を説明すると、

「車に張り紙でもしてもらえば、その通りに動かしますよ」

とのこと。


「でも、あんまり専門的なことはわからないんですよー」

とは事務のお姉さん談。
実際あんまり詳しくなさそうだし、しかたないかな。。。



そして、あとは支払いを済ませれば契約は完了、という段階になりました。

事務所では現金の取り扱いをしておらず、銀行での振込みのみということだったので、FCを預けて支払いに行くことに。






が、ここで車に詳しい人ということでなにやらお偉そうな人登場

ここからの会話の内容をかいつまんで説明すると、次のような感じでした。



「大切に乗られてるお車なんですよね?」

「ええ。」

「見たところ車高が低く見えますが、あれくらいだと2階建てのキャリアーの上に乗せないといけません。上の段の方が凹凸が少ないので」

「そうなんですか。」

「あとエンジンの調子が悪いそうですが、この車で上の段まで上がれますか?」

「あれくらいなら、1速でいけば大丈夫だと思いますよ。トルクは低くなってますが、マニュアル車に乗れる人ならできると思います。」

「正直に申し上げると、すべてのスタッフがお客様のように車に詳しいわけではないですし、お客様の車のような特殊な状態の車を運転できるわけではありません。」



はい?



「お客様はご自分のお車に慣れてらっしゃるから可能と思われるかもしれないですが、我々はあくまで普通に動く車しか運ぶことができないので。」

「すでに故障されているとのことですので、万が一輸送中に不動となったとしたら、2~3倍の費用が必要になります。その場合、お車の補償もできません。」


、、、はい?
そんなこと今まで言われてませんでしたけど?



「それに、水曜発の船便に乗せるよう予定していたようですが、台風の影響で出港できないかもしれません。」


いや、さっきはそれで行けるって言われたんですけど?



「もし出港できなかった場合、嵐の中、港に車を置くことになります。その場合何があっても、補償はできません」

「海が近いので波をかぶったり、水に浸かったり、飛んできた物でガラスが割れるかもしれません。」

「あくまで私はアドバイスを申し上げているだけですけども。。。」



、、、いやいやいや。

この方、自分が何を言ってるか分かっているんでしょうか?



・スタッフの練度不足
・預かった車の取扱いの悪さ



これらを暴露しているようなものですよ?



もはや意図は明確です。








要はやりたくないんですよね?








どれだけ言葉を並べても、「それでもよければ引き受けます」とはついに口にしませんでした。


こんなことを言われて、車を任せる人がいるでしょうか??



「、、、、そういうことでしたら、別の方法を検討します。」



おそらく、こう答える人が多いのではないでしょうか。
きっと、私からこの言葉を引き出すのがこの会話の目的だったのでしょう。





こうして、当てにしていた陸送屋との契約は、破談となったのです。




広島からどうやってFCを持ち帰るか。
改めてRspiritに相談するため、事務所を後にし、車を停めて電話できる場所を探すことにしました。




すると、知らない番号から着信が。





路肩にFCを停め、電話に出ると、先ほど後にした陸送屋からでした。




「メールの内容を拝見しまして、お電話させていただきました。」







はい?さっき話は終わりましたけど??


どうやら事前に送ったメールは、先ほどの事務所とは別の場所にある本社に届いていたようで、今になって連絡してきたようです。





「その件でしたら、先ほど事務所に伺いましたが、条件が合わずお断りしましたので、もう結構です。」

「そうですかー。ではまたお任せいただけるときにお電話いただければいいんでー。それではー。」(すごく軽い!)






、、、は???




もう任せないって言ってる人に、「任せるときには電話して」なんてよく言えますよね。。。



なんだか呆れてしまいました。もうこの人たちに車を任せる気はまるで起きません。




気を取り直し、Rspiritに電話をすることにしました。。。



後編へつづく。。。
Posted at 2014/07/10 00:08:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年07月06日 イイね!

広島SEVEN-LIVESに連れて行ってもらいました!

広島SEVEN-LIVESに連れて行ってもらいました!タイトルの通り、


SEVEN-LIVESに行ってきました!連れて行ってもらいました!



一夜明け、早朝からよっしーさんに宿まで迎えに来ていただき、途中でティーズさんのアテンザに乗り換え、会場まで連れて行ってもらいました。

FCは会場まで登ってくる力がもう残っていないので、泣く泣くお留守番です。


会場では昨日のブログを見ていただいた方から、大丈夫でしたか?と声をかけていただきました。
まぁ、大丈夫とは言い難いですが;w

今年はFCが多かったので、混ざりたかったです、、、
 


今回の一件でお世話になった皆様、心配してくださった皆様、本当にありがとうございました!
来年には必ず、復活したFCと共に広島へ、SEVEN-LIVESに戻ってきます!

 
詳細レポはまた後ほど、、、(りんくうがまだ終わってない;)


いま、このブログは広島市内のホテルから書いています。
当日予約限定格安プランで泊まることができました。(中心街で朝食付一泊\3,800!)
 
明日はFCの陸送の手配をしてきます。 

とりあえず今日のところはこれにて、、、zzz、、、
Posted at 2014/07/06 23:39:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2014年07月05日 イイね!

広島に到着しました!   が、、、

タイトルの通り、広島に到着しました!片道500km、しんどかった;


岡山を越えるまでは至って順調な道のりでした。
まあ、トンネル抜けるたびに天候が激変する、少しスリリングな道のりでしたがw

視界ゼロの土砂降り、快晴、パラパラ雨、曇天etc...

 

、、、今回はそれ以上の(個人的)大ニュースがあります。



おそらく、 アペックスシールさん逝きました;



以下、寝不足な頭で書いた乱文ですが、しばしお付き合いいただけたら、、、幸いです。


 

倉敷を過ぎた地点、とある場面でアクセルを踏み込んだところ、
聞きなれない音と共に、パワーダウンと異常振動が発生。

 
2km先にあったPAに入り、症状を確認すると、明らかにエンジンの動きがおかしい。。。

アイドリングは安定せず、狂ったように振動している。
ちょうどレシプロの点火時期があっていない時のような様子に近い。


広島まで残り100km、とりあえずたどりつきたいところ。

とはいえどこが悪いのか見た目からは見当がつかなかったので、急遽、埼玉のRspiritさんに電話して状況を説明し、対応方法を教えてもらいました。  


 とりあえず吸気系のどこかのパイプが外れてないかを確認することに。

、、、あった。

 






 

















エアフロとサクションのつなぎ目が抜けてる・・・?確かにここが抜けかけると、2次エアーを吸いこみ、せっかくのエアフロの測定値とは違う量の空気がエンジンに行ってしまい、ECUの計算が狂ってしまいます。

サクションパイプ、インタークーラー前後のエルボージョイントなど、ホース類に亀裂などがないかを確認。

 

うーん、特に抜けも割れもない。。。



とりあえず配管を元に戻し、セルを回してみる。

さっきより良くはなったが、まだおかしい。
アイドリングがバラバラです。アメリカンの大型バイクみたいな音がしています。


Rspiritの社長さん、よっしーさんと協議した結果、とりあえず広島まで行けるよう、応急処置を施すことに。

アイドルを高めに調整しストールを回避することで、何とか走ることができるようになりました。

 

残り100km、負圧領域内で加速/巡航、上り坂では60km/hを出すことに必死な状態で走り続け、なんとかよっしーさんの職場に到着。
上りもつらいけど、町中のが辛かった。。。



 
よっしーさんに診ていただいたところ、フロントローター側のプラグが、燃料まみれの状態だったことが発覚。

 
つづいて急遽駆けつけてくださったガルちゃんさん(写真撮り忘れた!すみません!)にも診ていただいたところ、

「圧縮が抜けてるような・・・」

との見解が!
実際にEGIヒューズを抜いて、デチョークしながらクランキングすると、あるタイミングだけ音がおかしい。
この状態はアペックスシールが飛んだと考えるのが自然なのだそう。

 
つまり、ブロー判定です。
 

 
うん、そんな気がしてました。なんとなくですが。
とうふ店のAE86のように、グシャって感じではないですが、確実に見えない何かが壊れたような、あの感覚。。。

このエンジンはもう、十中八九以上の確率で終わりでしょう。
なんとか自走はできますが、とてもこの状態では愛知に帰るのは非現実的です。

FCはこのまま広島に残し、陸送で埼玉のRspiritまで届けてもらい、オーバーホールをすることになりました。



98,500kmまで頑張ってくれた13B。
無茶な使い方ばっかりして、ごめんよ。

 

このままでは終われません。
なんとしても復活させなければいけません。

いずれ来るとわかっていたこの瞬間、遅いか早いかの違いでしかないのです。


 
むしろ、最後の力で広島まで連れてきたことに感謝するべきでしょう。

もし、壊れたのがあの場所ではない、もっと広島から遠い場所だったら。
もし、壊れた場所がPAの2km手前でなかったら。
もし、走行不能になっていたら。

今この時この場所でなかったら、FCを通してつながっている、お世話になった皆さんに助けてもらうことはなかったかもしれない。


Rspiritの社長さんが電話口でこう言ってくれました。

「キレイとかボロいとか関係なく、愛情をもって接した車は、持ち主を裏切ることは決してしない」  


頑張ってくれたFCを、ここで終わらせるなんてできません。
新しいエンジンを積んで、200,000kmを目指すのです。
今まで以上に、力強く走るようにするのです。

時間はかかるでしょうが、必ず、復活させます。


 
現状、坂を登ることができないので、SEVEN-LIVESの会場にFCを連れていくことはできません。 
明日はよっしーさんに拾ってもらい、単身会場入りします。
皆さんのセブンから英気をもらって、修理のプランを考えたいと思います。
 

最後に、よっしー号とのツーショット。
ここでFCを並べる日が来るなんて。。。気持ちとしてはフクザツだけど、感無量です。



いつか、ここに元気な姿で戻ってこられますように。


よっしーさんと夜のプチドライブ!


今回の一件で、人と人とのつながりが、本当に大切だと感じました。 
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
Posted at 2014/07/06 00:27:46 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@Mスピードファクトリー
お疲れ様です。
帰りの道中、ご一緒していただきありがとうございました!
引っ張って頂いたおかげで、楽しく帰路に着くことができました(^∇^)」
何シテル?   07/10 17:17
はじめまして。紅蓮(ぐれん)です。 愛知でFC乗ってます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/7 >>

  1234 5
678 910 1112
13141516 171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

フォーサイト T2サイドステップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/06 21:38:17
HALTECH PLATINUM SPORT1000 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/22 05:10:40
自作 工業用ロッドエンド&ピロボール 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/10 16:30:05

愛車一覧

マツダ RX-7 紅蓮改 (マツダ RX-7)
2009年7月7日に納車されました。 自分と同い年のFCです。(FCが半年ほど年下) ...

過去のブログ

2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.