• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

く まのブログ一覧

2015年07月26日 イイね!

ディーゼル祭り・ランプルプラド編(^^ゞ

ボルボのディーゼル編が長くなったので
プラド編を別ブログにさせていただきました(^^ゞ

ということで、いつもお世話になっているトヨタのお店に
用事があったのと、25日頃からプラドが試乗できると
担当から聞いていたので行ってきました。

お店に入ってビックリ!
全ての商談スペースが埋まってて、店内にも人が多数・・・
こんなに混雑しているのは初めてというくらいです。

聞くところによると、プラドディーゼルの試乗車がまだ少なく
殺到しているそうです(汗)
なんでも、試乗待ちの列ができてた時間帯もあったそうです(汗)

で、是非乗ってください!ということでお願いしたのですが
担当者は商談中で、なおかつ試乗は2人待ちとのことで
おとなしく用事を済ませつつ待って、順番が回ってきました。
同乗するのは人が足りないということで、所長さんでした(汗)

さて、プラドですが内外装は見慣れたプラドそのもの。
ディーゼル固有のエンブレムもないので音以外区別がつきません。

早速乗り込んでエンジン始動します。
少し長めの苦ランキングで始動した新エンジンですが、思ったより湿っぽい音色でした。

ここで話が試乗から逸れますが、ここまで新ディーゼルが注目を浴びているのは
トヨタにクリーンディーゼルが無かったというのが最大の理由ですが
長らく乗用ディーゼル車が途絶えていたこともあると思います。

トヨタのディーゼルと言えば、ハイラックスサーフが大流行した際に
マークⅡ3兄弟からエスティマ、ハイエース、ハイラックス等に
搭載されていた2.4Lの2L型ですが、基本設計が70年代という長寿ユニットでした。
これがまあ、昔のディーゼルらしく回らなくて特にハイラックスあたりでは非力な印象がありました。
ただ、クラウンディーゼルで丁寧に乗られたクルマでは、ホイルスピンするほど
鮮烈な動力性能を発揮した個体も存在したので
フルフレームのヨンクだと荷が重かったのかもしれません。

そして、その後90年代前半に3LのKZ型にスイッチするわけですが
日本で初めて搭載されたのが確か初代ランクルプラドだったはずです。
友達が速攻で手に入れたので、良く乗りましたがビックリするほど速かったです。
その後ハイラックスにハイエースにも展開され
ハイラックスではパワー不足が一気に解消。
ハイエースではシャシーの許容量が大きくないこともあり危険を感じるほどでした。
乾いた音色で軽快にパワーとともに吹け上がるフィーリングは今でも忘れられません。

その後2000年にKD型にスイッチしますが、国内のヨンクブームが去った後なのと
ディーゼルが悪者にされてしまったという時代背景もあり
あまり目立つこともなく国内ではひっそりと姿を消してしまいました。

最後に長い沈黙を破り今年GD型ディーゼルがデビューしました。
トヨタ乗用ディーゼルとしては初めて尿素SCRシステム採用で
排ガス規制をクリアした2.8Lのターボディーゼルです。
新世代ディーゼルエンジンは豊田自動織機が主体になって
開発、生産されることになりましたが
今はGD型の受注殺到により生産現場は混乱している模様です(^-^;

ということで、個人的なプラドディーゼルのベンチマークは
KZ型の記憶に対してとなりますので、ご理解くださいm(__)m

さて、試乗に戻りますが、期待値MAXでエンジンを始動したら
思ったより素直に音が入ってきて、ハイラックスサーフの2L型を即座に思い出しました。
走り出しても印象は変わらずで、回転の上昇が重いフィーリングも2L型っぽく
トルク感もパワー感も正直期待外れでこれまた2L時代のフィーリングでした。

もちろん動力性能が不足している訳ではなく
ゆったり走るのであれば余裕があるのですが
KD型のように有り余るパワーという感じではありませんでした。

それでも、プラドにおいては直4ガソリンに比べると
動力性能における不満要素は無いと言えます。

しかし改めてプラドの室内を見渡すと・・・リアシートが広いんですね(汗)
個人的には盗難の心配が付きまとうので、候補には上がりませんが
リアシートフェチ(笑)な方々には、有効な選択肢になると思います。

最後にガソリン乗用車しか経験が無い方には若干の心構えが必要な点があります。
それは尿素SCRシステム故、排気浄化に尿素を噴射しているため
数万キロごとに「アドブルー」(尿素)を補充しなければならない点と
排気浄化フィルターが目詰まりするので、定期的に洗浄モードをONにして
しばらく走行しなければならない作業が付きまとう点です。

特に後者の浄化モードは、メーターに洗浄を即す警告灯が点灯するので
その際に、浄化スイッチを入れて走行します。
時々街を走るトラックがモクモクと白煙を吐きながら走るのを
見たことがある方もあるかと思いますが
多分このプラドでも洗浄時には同様に白煙モクモクになると思われます。
地味に恥ずかしいですよね(^-^;

ということで、ディーゼルならではの付き合い方も必要ではありますが
ハイブリッド一本でダウンサイジングエンジンやディーゼルが手薄だった
トヨタ車の外堀がようやく埋まりつつあるということで
トヨタ セーフティーセンスとともに
期待の星であることは間違いありません。

また物凄い長文になってしまいましたm(__)m
Posted at 2015/07/26 09:00:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月25日 イイね!

ボルボV40とランクルプラドでディーゼル祭り(^^ゞ

ボルボV40とランクルプラドでディーゼル祭り(^^ゞ各社からディーゼルモデルの発売ラッシュで
日本で買うことのできるクリーンディーゼルも
いよいよ活況に入りましたね。

そんな中、個人的に注目の2台に
速攻試乗してきました(^^ゞ

まずはボルボが放った新生代エンジン「DRIVE-E」の
ディーゼル搭載モデルが発表され
車種は「新世代ボルボ」と言われる
XC60以降のボルボ全車種!
XC60、S/V60、V40、V40クロスカントリーになります。
しかも速攻で全店試乗可能な体制にするという気合が入ったリリースです(汗)

今回日本向けに搭載されたのは「D4」と呼ばれるエンジンで
近年のボルボは従来のシリンダー数から出力の大きさを示す数字に変更され
ディーゼルで言うと、今回のD4は最大のアウトプットを誇るD5の次に
出力の大きなエンジンとなります。
スペックについては各メディアで詳細が上がっているのでそちらを参照くださいませ(^^ゞ

さて、久しぶりにボルボディーラーにお邪魔したところ
展示車がV70Classic以外すべてディーゼルという力の入れようでビックリ。
しかもV40、V40クロスカントリー、V60、XC60とフルラインで展示されています。
しかもS/V60にはディーゼルの「Rデザイン」も設定され、間違いなく売れ筋になると思います。

顔馴染みのセールスの方が私に気が付いて駆け寄ってきてくださり
「今接客中なので小一時間乗ってきて下さい!」といきなりカギを渡してくれました(汗)

試乗車はV40のD4 SEでした。
しかも、今ナンバーが付いたばかりで試乗第一号のようです(汗)

外観はエンブレム以外全く判別できません。
相変わらず垢抜けた内外装デザインには流石としか言えません。


早速乗り込んでエンジンを始動!
思ったより音が大きいです(汗)
BMWの218dグランツアラーは室内では車に興味がない人は
ディーゼルと気が付かないほど静かになっていましたが
V40はハッキリディーゼルとわかるレベルにあります。
しかしながら、音量、音質ともに、もちろん不快なレベルではありません。
外に出てみて音を聞いてみてもしっかりディーゼルを主張しています。

走り出してみると・・・
自然なパワーフィールですが、思ったほどトルク感がありません。
ですが、スピードを見ると法定速度を超えそうになっていてビックリ。
いつの間にかスピードが出てしまっているフィーリングです。

ゼロスタートで大きく踏み込んでみると、初めのひと転がりは若干モタつきますが
ブーストが立ち上がるとパワフルに軽やかに吹け上がります。
ただ、音質がザラついているので、マツダのディーゼルほどの軽快感は感じません。

8速ATの変速もスムースですが、パドルを使ってダウンシフトすると若干ギクシャクします。
これは距離が進むと学習されて改善される可能性があると思います。

乗り心地はこれまた、適度に締っているが私には快適そのものでした。
2015モデルから硬めのダイナミック仕様よりツーリング仕様に変更されたのが功を奏しています。
軽く攻め込んでもロールが浅い状態を維持して「進む足」だと言えます。

ナビやメーターの操作性が独特で、慣れるのにしばらくかかりますが
世界的に見てもフル装備の安全装備と相まって、いよいよ隙の無いクルマになりました。

これは再度ブレイクするでしょうし、幅広いディーゼルラインアップで
V40を見に来たが思ったより小さいのでV60にするとか言った逃げ道があります。

あと個人的に大きなポイントは・・・もうすぐディーゼルにもポールスター仕様が設定され
ディーラー保証付でパワーアップできるようになるそうです。
乗った方によると、痛快で楽しい!そうでV60 Rデザインあたりでベストマッチとなると思われます。

追ってV60の試乗車も用意されるとのことで、チャンスがあったらチェックしてみたいと思います。

ということで、長くなったのでランクルプラドの試乗は次のブログでUPします( *´艸`)
Posted at 2015/07/25 21:50:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月25日 イイね!

新型RX価格速報です!

RX200t
ベースFF495万円
ベースAWD521万円
Ver.L FF595万円
Ver.L AWD621万円
FスポーツAWDのみ605万円

RX450h
ベースFF602.5万円
ベースAWD628.5万円
Ver.L FF702.5万円
Ver.L AWD728.5万円
FスポーツAWDのみ742.5万円

Ver.Lはパノラミックビューモニター標準
Fスポーツは3眼ヘッドライト標準だそうです。
Posted at 2015/07/25 15:06:33 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月11日 イイね!

差をつけるところ、そこなの?

梅雨前に仕事用の20プリウスのタイヤを交換しました。

個人的にはタイヤはケチらない習性があるので
今まで装着していたタイヤはエコピアだったはずです。

今回はこのプリウスの乗り換えが見え隠れしているので
出来れば替えずにタイヤを使い切ってしまいたかったのですが
ゴムにしなやかさがなくなり、乗り味が非常に荒くなってしまったのと
ウエット性能が心配されたので交換することにしました。

で、候補はお店オススメのエコピアとネクストリーとし
あと1年も乗らないだろうと言うことで安価なネクストリーに交換することにしました。
安価と言ってもブリヂストン製だし、快適性や転がり抵抗が違うくらいで
気にしなければいいかなと思っていました。

で、交換後は乗り味がしなやかになり静粛性も飛躍的に向上し
段差を通過した際の角も丸くなり、それでいて操安性も問題なしと
流石ブリヂストンだなぁと満足していました。

が、梅雨入りして雨天の走行で印象が一変してしまいました。

というのも、急加速していないのにホイルスピンしてしまう。
減速時にマンホールやグレーチングを踏むと簡単にロックしてしまう。。。
というものです。

今までカチカチのタイヤでも、雨天時の減速で神経質になったことがありませんでしたが
マンホールを踏むとそのまますっぽ抜けてしまいます。
減速時のすっぽ抜けは結構怖いです。
停止線狙って減速していたのに飛び出してしまったり
車間距離に余裕が無かった場合や、速度が高い場合は危険すら感じます。
それでいて横方向のグリップは特に不満を感じないのが余計に腹立たしくなります。

それでも、自分が気を付ければいいと思っていましたが
ネット上でブリヂストンが実施した比較テストレポートに愕然としました。

詳しくはリンクを参照していただければと思いますが
ウエット路の制動距離比較が・・・

80km/hからのフルブレーキング

セレナ
エコピア 24.5m
ネクストリー 31m

タント
エコピア 24.5m
ネクストリー 33m

本当はエコピアの成績が特に良いと言いたいのでしょうが
エコピアからネクストリーに履き替えた立場としてはこんなに違っていいの??
というのが率直な気持ちです。

グレードによる差別化は仕方ありませんが
ウエット性能(特に縦グリップ方向)に差を付けちゃダメだと思うのですが・・・

まあ、ケチらずにエコピアにすれば良かったのですが・・・(^-^;
残念。
Posted at 2015/07/11 12:56:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月03日 イイね!

NX627・628日本平オフお疲れ様でした。

NX627・628日本平オフお疲れ様でした。最後発と思われますが、手元に写真がたくさんあるので
ブログUPしようと奮闘しました。

が、写真UPの時点で折れてしまって
フォトアルバムにUPしましたので
ご笑納くださいませm(__)m

幹事をしていただいた
ゆきだるまさんの入念な準備にお人柄
皆さんのご協力で素晴らしい出会いの場となりましたね!

参加された皆様、本当にお疲れ様でした。。。
Posted at 2015/07/03 21:51:52 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[パーツ] #5シリーズツーリング ステアリングヒーター後付け https://minkara.carview.co.jp/userid/801187/car/2605898/9571967/parts.aspx
何シテル?   12/01 16:11
試乗が趣味みたいになっていますが、自分のクルマに対する判断基準をそれなりに保つためと、対応いただく販売店様の都合も考えながら一応購入の可能性も念頭に置いて乗って...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

メタボ予備軍からはじめるロードバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:18:52
 
VOLVOLVO!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:18:00
 
VOLVOLVO!! みんカラ版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:17:18
 

ファン

82 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ ツーリング BMW 5シリーズ ツーリング
今一度6気筒駆け込みました(^-^;
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
20プリウスからの乗り換えです。 TNGAとコラボな この写真を撮りたかっただけです(笑)
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
19年のブランクを経て再びNAロドのつもりが M2 1001に巡り合い即決してしまいまし ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
なぜかNXからRX。 200tはNXで体験済みだったので 今回は450hのFスポにしま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.