• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2018年06月09日 イイね!

2枚ドアを手放すとき

 新型のCR-V、ちょっと興味が出て変速機は何を積んできたのだろうか、と日本語のテザーページを見ると詳しいスペックが見あたら無いのでガッカリです。で、米国のサイトを見たらやっぱりCVTでした。ホンダ、もう普通のステップAT自製するの止めるのですかね?

 そんなCR-Vのテザーページで見たこの動画、ちょっとグッと来ました。



 もうベタベタのストーリーですね。 

 背景は、大学生時代に先輩から安く(と言っても、走る日本車は古くてもソコソコの額で売買されている)買った真っ赤なシビック、学生時代から付き合ってた彼女と結婚して、シビックは壊れないし2人の思い出も詰まっているのでそのまま乗り続けて、1人、2人と子供が出来て幸せな家庭を築いて、更にシビックと子供達の思い出も増えていって・・・ 3人目の妊娠が判って、シビックにちょっとした故障も出て修理も面倒になってきた、下取りもしてくれると言うから新車に乗り換え。と言うパターンですよ。


 残念なのは、車体の色。新車のCR-Vも赤なら良かったのに。
多分シビックを入手したときは色に拘ってなかったんだろうけど、乗り続けるうちに赤のホンダに思い入れが強くなるんじゃ無いかな、と思うのですが。あのつや消しっぽいSandstormって色は、最上級グレードのツーリングのイメージカラーのようです。

 住んでいる家が米国でも中流階級くらいの設定なので、新車のCR-Vに乗換えるのは、この家族にとってかなり思い切った買い物ではないでしょうか。



 まぁ突っ込み処は多々ありますが、このムービーを見て、クルマと楽しく過ごせる家庭ってのはイイ事だなぁ、と思いました。

 それと、2枚ドアでも子供が二人までなら家族で楽しく過ごせるって事ですよ、ここが大事なんです。







 オトーサンのクルマは、娘達に思い出を残してあげられているのでしょうか?

 多分オカーサンの赤いホンダの方が家族総出の出番が多いので、娘達には思いでたっぷりでしょうね。明日あたり、娘達と一緒にカミさんクルマの洗車でもしようかな。


~本日のまとめ~

 ・


 娘が産まれて、4枚ドアから2枚ドアに買い換えた私の判断は(笑

 ・幼い女の子が命を失った事件、非常に心が痛いです。長女と1歳しか違わない子にあんなに思い詰めるような文章を書かせているなんて・・・




 ・昨日久しぶりに餃子の国へ出張、もちろんスポーツクーペで。ガソリンリッター160円近いとなると、オートクルーズの設定速度も低めになります。

 ・ETC深夜割引を活用する関係で餃子の国で時間調整。のため映画へ。MX4Dを初体験(イツワリノウタヒメ)。値段に驚き(2800円)。 初めての体験は、支払った額に対しては微みょーと言うのが正直な感想。初見の映画では無かったからかも。

 ・そういえばメガウェブでルマンの映像見たヤツ、アレは短かったけど楽しかった。椅子が動くだけで、霧を顔に吹き付けたり臭いがしたりと言うのは無かったけど。タイヤやオイル、ガソリンの臭いがするMX4Dって楽しいかも。OverDriveでどうでしょう。

 ・クラウンの試乗レポートが出てきましたね。
最廉価に設定された2Lターボも手抜きをしていないようで、ちょっと楽しみです。冷やかしになるけど後学(なんの?)のためにも乗ってみようかな、と言う気持ちになってきました。しかし、価格も手抜きが無いですなぁ。

Posted at 2018/06/09 12:19:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニマイドアスキー | 日記
2017年12月18日 イイね!

クーペ兄弟

出国直前の修羅場です。

 年末に急遽仕事で出国することになったので、パスポートを作るために本籍のある岩手までスポーツクーペでとんぼ返りしてきました。雪が無かったので助かりました。戸籍諸本をうけ取り、ついでに近場の取引先と行きつけのオートバイ屋さんへ年末のご挨拶&カレンダー配りを。そして昼過ぎに兄の家へ寄りました。

 駐車場にスポーツクーペを入れるとき、後ろに停まっている兄の3が、こんなに綺麗だったかな?と思いつつ、家に入りました。

 コーヒーを飲みつつ、近況報告とクルマ話を。スポーツクーペを兄に見せるのは初めてだったので試乗してもらうことに。


 
 
 外に出て、やっぱり兄のベンベが変わっているのに気がつきました。

 兄はベンベ党なので、E30から3シリーズ(ときどきE34も)を中心にしたベンベの格安中古をかれこれ30年近く10台くらい乗り潰し乗り継いでいて、今回も夏に格安中古を買って乗換えたのだとか。というか、今回のE46はクーペ !でした。ベンベも同程度だとやはりセダンワゴンよりクーペの方が格安で程度の良い弾が多いそうです。兄の娘2人も独立してセダンやワゴンである必要が無くなったのですね。なんでも、関東に引き取り自走で帰宅途中で冷却水ラインのプラが割れて、長距離レッカーのお世話になったとか(笑 さすが格安中古輸入車です。

 兄が2枚ドアに乗るのは、パンダセレクタ以来ですよ(笑 

 車両は318Ciってヤツで装備も簡素な素モデル。走行も6万キロ、年式も含めて私のスポーツクーペと殆ど同じ時代で同じヤレ具合です。 エンジンは2リッターNAのバルブトロニックス+5ATで、私もモンデオ後継でコンパクトは検討したのですがあの顔が今ひとつ好きになれなかったのと、クーペはトランクだから積載性がイマイチかと思って辞めたのでした。(それに実家がベンベだらけだったので、ベンベはあまり選びたくなかった)

 とりあえずスポーツクーペに乗ってもらい私は初の助手席体験。やはりスーパーチャージャーのアクセルつきの良さ、トルクの厚さが面白いそうです。足回りが柔らかいのと、ブレーキの初期制動が食いつかないで粘るような感じが意外だったようです。あとシートがフカフカだとか、ハンドルが大きいとか。ラグジュアリー(死語)的なクーペだな、と。10分ほどの試乗を終えて、私が兄の車のハンドルを握ります。

 駐車場で運転席について直ぐに足がペダルに届かない・・・ ドンだけヨーロピアンなポジションなんだ、と思いつつシートを前に出そうとシート下に手を伸ばしますが、それらしいレバーがありません。シートを前へスライドさせる仕方がわからない(笑

 とりあえず家の前の道路まで出して駐めて、兄が助手席に乗ってきたときに操作法を聞きます。スライドはシート右側の何個か有るレバーのひとつでした。あー、そういえば古いベンベもそうだったな、と思い出しましたが、シートポジションの調整レバーが多すぎでみんな並んでいるので、慣れないで夜だったら絶対操作できないですね。

 兄からは「パワーシートの暗電流で悩むくらいなら、手動の方が気楽で良い」との達観したお言葉。

 遠いペダルのポジションは、乗り降りの時に腰に負担を掛けないようにシートをめいっぱい下げているだけだそうで(笑

 ポジションを取り直して、イザ走り出すと、軽い。(後で調べたらスポーツクーペより100キロ以上軽い)そしてスポーティーな足回り。シートも包まれ感があり、ハンドルも小径で手応えが有り、ブレーキも最初からガツンと効いてくる。何よりセンターパネル含めて運転席がドライバーを包み込むレイアウトとオレンジで統一されたパネル類と、スピードメーター下の瞬間燃費計の針に「あぁ、ベンベってこんな感じだ」と思い出します。

 走り出すと2Lなのに318を名乗るだけ有りパワーは無いです(笑  しかしコレはスポーツクーペに慣れすぎた自分の感覚が狂ってきているからかなぁ。街乗りは軽い車体と軽快なハンドリングで、ちょっとした右左折も楽しいですね。エンジンも軽く回ってくれるし。

 聞けば、高速の巡航時の加速などで6気筒時代の2Lと比べてもパワーが足りないな、と思うことがしばしばあるとのこと。でも軽い車体と鼻先で車線変更は軽快かつ安定しており、法定速度+αでの巡航は苦に成らないそうです。

 期せずしてベンツとベンベの同クラスのクーペを乗り比べ出来た訳ですが、全く違う乗り味と設計思想で面白かったです。その後スポーツクーペに乗って帰るとき、やはり足回りの柔らかさとスポーティーさを感じない点が気になりましたが、その柔らかさがもたらしてくれる疲労度の少なさを感じますし、何より2L+SCの右足に直結する加減速の良さも再認識しました。

 コレでは次期営業車のパワーパック選びは難しそうですね・・・ (2Lエコブーストのクーガなら文句なしですが)

 そういえば、なんとなくモンデオのハンドリングや足回りはBMW寄りでしたから自分にしっくり来たのかなぁとも思います。

~本日のまとめ~

・コンパクトの市場狙いでCクラスにガラスハッチクーペを投入したけれど、このクラスにはAクラス投入で代替とされて、あらたな204クーペは3クーペへのガチンコ対抗としてが設定されたのでしょうかね。204クーペがどんな感じなのか、乗ってみたい気持ちもあります(買えるとは言っていない


・家族4人でスポーツクーペにのり、今年も行きました、光のページェント。


 このときばかりはガラスルーフ最高です。

・香港~中国で見られるクルマが楽しみです。是非現行モンデオが見てみたい。

・ではまた1週間ほどサヨウナラ~ 生きて帰ってこられますように(-人ー)南無
Posted at 2017/12/18 10:57:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニマイドアスキー | 日記
2016年10月13日 イイね!

OZフォードもサヨウナラ

OZフォードもサヨウナラ なんかもう色々忙しくて、気分はもう師走です。今年もラスト3ヶ月切っているのですが、今年度末までは修羅場続きな感じ。トホホ。

 まぁ、稼げるときに稼いでおけば、来年末はスポーツクーペの車検のタイミングですし、そこで営業車1号の乗換えが無いとも限らないわけですし。。。


 さて、仕事の出先ではWindows10のサブノートを使っているのですが、ブラウザのEdgeでタブに勝手に配信されるニュース写真が目に入りました。

 それがタイトル写真で、ブルーのフォード AUTO BLOGの記事で、フォードが91年に及ぶオーストラリアでの自動車生産に幕と。

 最後のOZ生産車両は、やはりブルーのファルコンV8で、このあたりは流石マッドマックスの国ですねぇ。

 ニマイドアスキーにとってファルコンは当然魅力的車種なわけで、排ガス規制の国際化と将来のTPPで輸入車への関税撤廃になれば、並行業者がOZから持ち込む車両に・・・と儚い期待をしていたわけですが、ファルコン自体が無くなってしまいました。無念デス。

 OZの国内的にはマスタングでRHDが作られると言うことで廃止されてしまったようですが、クーペはそれで良いとして、ピックアップトラックのファルコンの代替はどうなるのでしょうか?マスタングトラックなんて車種が作られたら感涙モノなのですが・・・ ま、1000%それは無いでしょうね。

 しかし、皆がみなF-150のようなマッチョなアメリカントラックが欲しいわけでは無くて、ちょっとスマートな荷車が欲しいという要望も有るのだとは思うのですよ。えぇ、マイノリティーだと言うことは承知しておりますが。

 ベンベのM3をトラックにする物好きも米国にはいるようですが、日本人ならR35のGT-Rをトラックにしてみるとかでしょうか。オータムジャンボで1等前後賞が当たったらやってみたいですね。ほとんどこち亀のノリで(笑

~本日のまとめ~

・C-HR:日本では岩手産なんですね。岩手工場はふた昔前にベロッサ作ってラインの稼働率がガックリ下がったりしましたが、最近はアクアでフル生産中。ここにC-HRのラインも追加となれば、岩手の景気もうわむきになる、ことを祈ります。FF+1.2の6MT出て欲しいなぁ。

・宮城の東北道走っていると、積載車に積まれたアクアとシエンタ(こちらは宮城産)だらけですよ。積車にはアクアのG'zが混じっているのを良く見かけて、G'zも結構売れているんだなぁと思いながら追い抜いています。

・新生アルピーヌ、来年から日本でも売りますよ。と言う事らしいですが、次期営業車に2シーターは許されませぬので無念・・・ これもジャンボ待ちデスね。

・新型インプ:クルマとしては悪くないのでしょうが、スバルマニアの心に刺さるかどうかは別物な気がします。

・そういえば仙台のフォードは道路に掲げていたブルーオーバルの看板は外され、建物のブルーオーバルがかろうじて残っているだけ。でも、中に飾ってあるのはジャガーとレンジという状況でしたね。

・モンデオ、スポーツクーペと2台お世話になってるお店にエコスポーツが入っているようだ。何年後かのタイミングでクーガのタイタ、2Lモデルを探してもらうことになるの・か・な?

・まとめのおまけ ford.com.auより


エクスプローラー レンジャーだそうです。



ダブルキャビンもカッコ良いですね。
Posted at 2016/10/13 00:53:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニマイドアスキー | 日記
2016年07月19日 イイね!

連休でしたね。

 夏休みの本格稼働前の連休なので、行楽地は大変だろうけど道路はあまり混雑しないだろうと読んで、家族サービスにスポーツクーペで出かけました。

 大人2人(前席)+チャイルドシートの2歳児+ベビーシートの0歳児の4人。
 トランクにはベビーカーとちょっとした荷物。
 他におやつとか身の回りのモノは、助手席後ろの足元と、助手席のカミさんの足元へ。

 天気も良かったので、子供達の乗り降りでは私が頑張れば問題なかったのですが、これで雨が降っていたら、子供を2人乗せるまではカミさんがクルマに乗ることが出来ないのが2枚ドアのつらいところですね。

 天気も良かったので(大事なことなので2回書きました)、ガラスルーフのスクリーンを開いて移動してましたが、2歳の娘はトンネルがとても楽しかったようで、短い陸橋の下をくぐるときも『トンネルだー』と無邪気にはしゃいでくれました。


 まぁ、お出かけと言っても東北道を北に片道150キロくらいなので、普段の一人での移動に比べれば短距離でした。が、普段と比べればやはり混雑気味の道路とSA。運転が怪しいクルマも沢山走っていたので、普段よりも余計に気を遣います。 でも疲労度は少なくハイペースで移動できるのもスポーツクーペの良いところですね(カミさんクルマ比)。

 ・・・追い越し車線でも比較的スムースに譲って頂けるし。




 気持ちの良いドライブになりました。

 子供が小さいうちは2枚ドアをファミリーカーにするのもアリですよ。
(ただし天気が良いとき限定で、セカンドカーは実用車に)


~本日のまとめ~

 ・スポーツクーペの助手席では、内天井の圧迫感がカミさんは気になるようですね。DC5はヘルメットをかぶって運転することが出来る内天井の高さだったからなぁ。おそらく、スポーツクーペはシート下にエアコン関係の配管もあるセダンベースの構成だから、ヒップポイントが高いのでしょう。それに、ドアウィンドウの傾斜も大きいのも気になるかな(ストラトスほどでは無いけど)

 ・しかし、クーラーの強さにはカミさんも納得のご様子。熱い車内もあっという間に快適に。後席も風量調整できるし足元にも送風口が有るから。フィットワゴンは荷室の分もあって、後席が冷えるまではちょっと待たされるし、後席を冷やそうとすると前席が寒くなっちゃうのよ。

 ・エアコンで思い出したけど、(子供を乗せているので)エンジンとエアコンをかけている状態でカミさんに乗ってもらうときに、助手席のドアをなかなか閉められないのにはちょっと困惑。たぶん始動直後でエアコンのAUTOでの風量が強すぎるのと、ドアシールが良すぎるのが原因。エアコン強くて密閉性が良すぎてもこういう弊害があるのだなぁ。w203の例に漏れず、スポーツクーペも内側のドアハンドルが華奢ですから、あまり力いっぱいでは引っ張って欲しくないし・・・ 

 ・外から助手席のドアを閉じてあげれば問題ないので、ジェントルにならざるを得ません(苦笑)

 ・昔は子供を後席に押し込めばOKだったし後ろ窓も開かないから2枚ドアがファミリーカーで成立していたのでしょうけれど、今はチャイルドシートに乗せた後にオトナがベルトを締めてやらねばならぬので、やっぱり後席にドアが有る方が便利ですわな。 次期営業車はファミリーカーとしての稼働率も上がりそうなので、4枚ドアに成りそうです。トホホ。
Posted at 2016/07/19 18:54:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニマイドアスキー | 日記
2016年06月25日 イイね!

ここは天国か?

ここは天国か?金曜は朝から、天国に迷い込んでしまった。









 ST165の車高の上げ具合に身悶え。

 VGAのPHSしか持っていなかったのは残念だったが、自分の記憶に中にはしっかりディティールが刻み込まれた。





 今回は、こいつに会いに来た。実車を見ると迫力は感じるけど、やはり戦っていない車両なので、オーラは薄かったような。

 

~本日のまとめ~
・やはりコンパクトな2枚ドアはイイ、実にイイ。

・ST165、185、コンパクトで良いね。205も今の目で見ると小さいけど。2枚ドアガラスハッチクーペの復活を願う。

・折角だからと朝に予約して300円で試乗してきたのは、こちら。


40キロしか出さなかったので殆ど1~2速なのに割と面白いクルマだと判った。残念なのはドアが4枚なんだよね。3枚ドアをベースにして欲しかったけど、国内でライン混成となれば5枚ドアベースにせざるを得ないんだろうね。



 試乗してから展示車を見に行ったら、スターターボタンを発見。あれ、カギを捻ってエンジンかけた記憶が・・・ 展示車両がATだからかな。
Posted at 2016/06/25 17:14:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニマイドアスキー | 日記

プロフィール

「カローラスポーツのMT乗ってみた。」
何シテル?   11/08 11:11
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

11 人のお友達がいます
takechicotakechico 海幕海幕
susp2susp2 emememem
fratokofratoko せお。せお。

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.