• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2011年08月27日 イイね!

ドイツ車?2台並び

ドイツ車?2台並び 津田沼までモンデオで出張った。

 行きで柏ICを下りた時はメーターに『7.8L/100km』と出ていたので、12.8km/Lというところか。前回も書いたが、オルタ交換で高速燃費はかなり復活している。当然、その後朝の16号、ラッシュの荒波に揉まれて普通の値に近づいて行った。燃費は記録のほうに詳細を書く予定。

 金曜午後はひどい雨と雷だったが、仕事も終わり、18時過ぎにひさぞう氏(E36)と合流。

 まずはモンデオに2名乗車で某電気店に移動。雨は相変わらずなので屋根のある駐車場に入れると、店頭のガラスに映る反射光でモンデオの左バルブが切れていたのに気がついた。前夜は切れていなかったが、当日日の出前に自宅を出るときに、ライトが暗いなと思ったのはそういうことか。夜の高速で帰る前に気がついてよかった。

 昨今のスマートフォン事情を某電気店で確認したのち、カーショップに移動してバルブを購入。雨がすごいので作業場前の軒先を借りてバルブのDIY交換。ライトを外すのはバンパー修理で何度もやっているので、お手の物だ。 モンデオのライトユニット構成のシンプルさに、ひさぞう氏も唸る。

 後にファミレスでだべり~雨の収まってきた駐車場でも2台を前にだべり~で、解散。

 しかし、写真の2台がほぼ同じ乗り出し価格というのも面白い。クーペ好きの自分と、セダン好きのひさぞう氏で、乗ってる車種が逆なのかもね。

 ということで、お疲れさまでした。
Posted at 2011/08/27 18:44:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2011年08月25日 イイね!

燃費向上

燃費向上顛末の通り、お盆をはさんでオルタネーターが新品交換され、バッテリーも新品になった。

 今朝、ガソリン満タンにして高速に乗ると、メーター燃費計の数字の落ち方が早い。モンデオは100km走るのに必要な燃料を表示するので、数字が落ちる方が、好燃費ということになる。

片道130キロほど東北道を下って行ったら、すでにメーターは8.2L/100km。特にペースは遅いわけでないし、踏む必要があるところでは踏んでいたのに、これは久々の好燃費だ。
 最近はかなり走っても8.5L/100kmという数字で限界という感じだった。

帰宅した際のメーターでは往復362km走って8.3L/100kmの燃費。一般道のチョイ乗りが割とあったのに、最近出ていない値で、リッター12キロを達成しそうだ。

 もしかして夏タイヤをPS3に変えてからではなくて、1月にオルタネーターを交換してから燃費が伸び悩んでいたのかもしれない。 

 今回とほぼ同じ道程と思われる走行距離350キロ近辺での燃費記録をみると、(メーター表示)

 オルタ交換後 (新タイヤ)
2011/7/25 350キロ走って8.8L/100km
2011/6/29 339キロ走って9L/100km
2011/5/16 369キロ走って9.1L/100km

 オルタ交換前(スタッドレスタイヤ)
2010/12/8 364キロ走って8.4L/100km
         (GY夏タイヤ)
2010/11/9 371キロ走って8.4L/100km
2010/9/28 375キロ走って8.0L/100km
2010/8/23 388キロ走って8.8L/100km
2010/8/9 384キロ走って8.4L/100km

 気温が低くて燃費に有利な春先なのに悪い値が出ているのがわかる。オルタネーターの不調が、燃費に直結していたとしか考えられない。普段高速走行がほとんどなので、バッテリーは十分に充電されていたのだろうが、アイドリング付近で走ることが多い街中ではバッテリー負荷が大きかったことだろう。

 ということで、今夜からの出張が楽しみだ、往復800キロチョイかな。

無事故無検挙で帰宅したいね。
Posted at 2011/08/25 20:02:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2011年08月22日 イイね!

長い盆休み

長い盆休み
 モンデオがオルタネーター新品交換で帰ってきた。盆前の11日に修理に出したのだが、モンデオにとっては長い盆休みが取れたようでなにより。こっちは炎天下や雨のスクーター生活で大変だったけどさ。


 久々に”厚くて重厚感あるドアの操作”と、”車内の皮の匂い”に『これがモンデオだね』と思った。

 アイドリングでライトつけて、エアコン回して~ はい、バッテリー警告灯は点灯しないので、大丈夫でしょう。オルタネーターが1月に新品交換して約半年で逝ってしまうとは想定外だったが、今回はちゃんとバッテリー充電警告灯が点灯して申告してくれたので、良しとしよう。 壊れたのも低回転側だけで、なんとか高速を走って帰ってくることもできたし。

 あと一年半は壊れずに頑張ってほしいね。
Posted at 2011/08/22 17:34:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2011年08月18日 イイね!

バッテリー充電警告灯はECUが判定しているようだ

 引き上げの時ショップの人が「もしかしてオルタではないかも…」と不安げなことを言っていたのだけれど、あまり気にしていなかった。

 まだ修理からあがってきていないので、オルタネータ関係のトラブル事例を調べるべく、ネットの海に潜ってみたら、あっさりと似たような症状が見つかった。

 電装負荷が高い(シートヒーターやウィンドヒーターなどを使用する)ときに、充電電流を調整する制御信号がECUからオルタネータに出される構造をとっているようだ。こういう自己診断機能や出力調整も可能なのは”スマートオルタネーター”というらしい。


・現状、アイドリングで電圧が低い(充電されていない)のに、ライトとかエアコンとかをつけて負荷を増やしていっても、アイドリングで発電は追いついていた。

・回転を上げると電圧は安定するから、レクチは死んでいない。オルタネータ本体も大丈夫なんじゃないかな。

 こうなると、ショップの人が心配していたように、『ECU本体』か、『オルタと行き来している信号配線』もあやしくなる。

 電装屋さん、頑張ってください(-人ー)

 2ストのCDI点火ばかり弄ってきた自分にはさっぱりお手上げ。ヤマハなら、”レクチが死ぬ”か、”配線とコネクターが溶ける”かの症状で発電機の状態は判るのだが(笑)アイドリングでライトつけてウィンカー出せば電圧が下がるのなんてヤマハ2ストじゃ当たり前だったもん。

 どうも整備の知識が20年以上前のバイクを基本にしているからか、特に電装系は今のクルマはわからない。 最近のオートバイでもオルタ関連も制御イロイロしてるんかなぁ?




//19日朝に電話が来て、オルタ本体の故障とのこと。
//1月に新品交換したばかりだったので、無償交換(工賃のみ)で対応していただけることに。まずは良かった。
Posted at 2011/08/18 19:36:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2011年08月13日 イイね!

経過

経過初日:スコールのような雨の中、エンジンを切ったままハザードを45分ほど点灯
→再始動後、問題なく走りだしたが暫くしてバッテリー充電警告灯が点灯
→停車して、たまたま積んでいたテスターで計測すると、アイドリングで12Vを切る。アクセル開ければ14.05Vで電圧安定
→バッテリーの劣化とみてそのまま雨で夜の高速へ
→カーステ、エアコンOFF、メーター照明Minで140キロ走り帰宅。

 高速巡航ができたので、 オルタネーターは無問題と判断。バッテリーの充電不良か、警告灯の故障かと思っていた。

2日目:バッテリー点検。初期電圧が12.6。アイドリング電圧12.01V(無負荷)。ライト点灯で12Vを下回る。ヘインズのトラブルシュートを参照にチェックするも、ヒューズ等点検を実施。車両側の問題は特に見つけられず。
→バッテリーを取り外して、高電流充電。2時間後チェックしても12.98Vまでしか上がらず。テスターを当てているだけで、電圧がみるみる下がる。
→復活は難しいと考え、新品バッテリーを注文
→バッテリーを低電流充電。5時間の充電完了で13.4Vまで完了。
→バッテリーを車載してエンジン始動。警告灯は点灯するも、近所を10キロくらいは問題なく走行可能
→モンデオでの走行は極力避け、スクーターで行動することにした。

 1月のオルタ故障で底まで使い切ってしまったバッテリー。一度底まで使ってしまうと、一見復活したようでも後々で突然死することが多いのを経験上知っているので、車検取り立てであと2年は使うということもあり新品バッテリーを注文した。

3日目:炎天下のスクーター出張から戻ると新品バッテリーが到着していた。早速補充電してからバッテリー交換。
→セルの勢いは力強く始動。やはりバッテリーの劣化だったかとホッとしつつ、ライト、ラジオをつけたら充電警告灯が点灯。
→ヘインズのトラブルシュートを再度実施。原因不明。アイドリング電圧は12.2Vまで上昇しているので、バッテリーの状態は良好に見える。

→お手上げ。翌日の習志野出張をあきらめる。

→購入店(1月のオルタ修理も対応)に電話相談。自走もできたのだがキャリアを回していただきドナドナ。

→代車に4Lのジャグヮーなら・・・と提案を受けたが辞退した。『せっかくだから借りればよかったのに!』と妻から言われる。 

//現状ここまで


今になって、一度ブルーフィンを繋いでECUをノーマルに戻すとかしてみても良かったと気づく。

 車検通したてでこういうトラブルが出るのは、つらいねぇ。 お盆をはさむので、修理上がりはいつになるやら。トホホ。

 暑い中、ドナドナされるモンデオを見ていて脳内に浮かんだBGM↓



Posted at 2011/08/13 12:12:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記

プロフィール

「米国ではシビックセダンに1L3気筒ターボ+6MT設定しているのですね。このパワーパック、日本でこそ出して欲しい。https://response.jp/article/2018/07/20/312160.html
何シテル?   07/21 11:07
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

11 人のお友達がいます
素浪人☆素浪人☆ 海幕海幕
せお。せお。 takechicotakechico
susp2susp2 fratokofratoko

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.