• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2012年05月31日 イイね!

ユーロ安のうちにイグニッションコイル再注文

 またユーロが100円を切っている。

 これは活かさないと、ということで、イグニッションコイルとリヤブレーキパッドを発注。今回はきっちりパーツナンバーとマッチングを確認して発注した。100円切ったといっても200ユーロも行かない買い物なので、あまり変わらないけれど、それにしてもユーロ安すぎるよ・・・イギリスから車をもってきたくなっちゃうね。(排ガスレポートの関係で、結局は安くはならないだろうけど)

 さて、今回もイグニッションコイルはボッシュのモノを発注してみた。実は最初良く判らないブランドの格安品(ボッシュの半額以下)をオーダーしたら在庫無しと言うことで、ボッシュに変更したという次第。それでも国内で買うより安い。

 それと、先週タイヤ交換した際にリヤブレーキパッドの残量が気になっていた。しっかり確認しなかったが、あと1年もたないだろうという怪しい状態。気がつけばRパッドはモンデオを購入した3年前に新品交換して納車していただいたが、そこから8万キロ以上走っているわけで、交換しても良い頃ではある。

  RブレーキパッドはMintexと言うブランドだけど、ボッシュのパッド材?らしい。フロントパッドでディクセルを絶賛しておきながら、安さに負けたと言うところ。なんとこちら3500円ほど(送料別)。勿論2輪分のパッドだというのも確認した。ディクセルの一番安いモノのほぼ半額だ。でも、FORD PARTS UKもでMortorcraftのやつが30ポンドで売っているから、向こうのOEM品としては無難な価格帯なのかも。

 摩耗限度に近いRローターも発注しようかと思ったのだけど、おそらくあと1年で廃車にするだろうし、送料が上がるだろうしでパス。

 2週間も経たずに到着すると思うので、取付が楽しみだ。



 追記6/19 嫁ぎ先が決まりました。 
 さて、間違って買ったイグニッションコイルですが、まだ手元にあります(涙

 モンデオMK3の2L でも後期型?はこのタイプかもしれません。もし良かったら、エンジンルームを開けて、イグニッションコイルの上面真ん中に部品番号が読めると思いますので、確認してみてください。それが下記に書いている番号ならビンゴです!

 フィエスタST乗りの皆さん、お守り代わりに積んでみてはいかがでしょうか?



Posted at 2012/05/31 11:23:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2012年05月26日 イイね!

燃料フィルター交換

燃料フィルター交換木曜から1泊3日で往復700キロほど移動して帰ってきた土曜の朝は、快晴。

これで当分遠出の予定もなくなったので、大きなメンテナンスが出来る。

 イグニッションコイル(まだ買い手未定^^; どなたか要りませんか~)と一緒に海外からお取り寄せしていた、燃料フィルターを交換することにした。長距離を走って帰ってきたところなので、燃料タンクにガソリンは10リッターも残っていないから、燃料周りのメンテナンスには丁度良い。

 1時間ほどの作業は、整備手帳の方に。
#整備手帳UPしました


 で、燃料フィルターの新品は互換格安品にして、およそ1500円(送料別)で購入。WIX社は何処かでロゴを見たことがあると思って調べたら、至極真っ当な会社だったので安心して購入できた。 純正の値段は調べてもいないけど、2千円では買えないんじゃなかろうか。円高バンザイ(悲しいけれど)

 外したフィルターはフォード純正だった。ヘインズによると交換推奨は8万キロ。今は11万キロに手が届きそうなところで交換したが、外したフィルターのガソリン抜けの悪さを見ると、もっと早く交換するべきだったと反省。使用済みフィルターのガソリンが完全に乾いたら、割って中身を見てみようかな。かなり真っ黒なのではなかろうか。

#フォトアルバムに解体写真をあげました。



 今回失敗したのは、燃圧を抜いたあとに安全のためバッテリーのマイナス端子を外して作業したのだが、おかげでトリップと平均燃費、平均速度のメモリーが亡くなってしまったこと。700キロほど走って、平均燃費8.6L/100km程だったので、あまりよい値ではなかったけど。これからバッテリーを外すときは、きちんとメモをしておくことにしよう。


 さて、下の画像はモンデオのグリル中なんだけれど、ラジエターの前に真四角の冷却フィンをつけられた配管が1本水平に走っているのに気がついた。


 下の銀色のはエアコン用、黒いでかいのは冷却水、さてこの配管はなんだろう? ATFクーラーにしては効きそうもないし、パワステオイルか?でも、どこに繋がっている配管なのか、覗いても判らないんだよね。 うーん、謎だ。
Posted at 2012/05/26 11:25:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2012年05月23日 イイね!

現行タウンエース

現行タウンエースちょっと大きくて重めのモノを運ぶ必要があり、モンデオは勿論、カミさん車にも積めそうもなかったので、レンタカーを手配した。

 本当はタウンエースクラスのトラックで良かったんだけど、雨の予報だったので荷物を濡らしたくなかったから、バンを予約。

 かなり昔になるが、一つ前のハイエースが出始めたとき、鼻が付いた分だけ荷室が短くなってしまい、中型クラスのオートバイを積むのでさえ荷室に斜めに入れないとダメで、このクラスを借りるときは、『鼻のないタウンエース(ディーゼル)が空いていたらそっちを借りたい』と指名したモノだ。

 タウンエースバンが現行のタイ生産に切り替わって結構経つが、現行に乗ったことはまだなかった。というのも、高速の安定性があまり高くないという噂を聞いて、レンタルするときはハイエースクラスとしていたからだ。

 今回、荷物はそんなに大きなモノでもないし、運ぶのも片道10キロほど。狙い通り配車されたのは、現行のガソリンで4WD、走行は8千キロほどの新車同様。このクラス、NV200がFFだけと割り切ったのに対して、4WDが選べるタウンエースは差別化になっているのだろうか? にしても、現行のタウンエースは走っているのを見かけないような気がする。そんなに売れていないんじゃ無かろうか?


 で、雨の中を空荷で走り始めた。

 ・シートバックの形状が悪い。エビ剃りにならないと肩がつかない。というか、腰の張り出し大きすぎ。
 ・ギヤセレクターがPだと、ワイパーレバーの操作時に邪魔



 コックピット周りの作りは安い(断言)けど、シート以外は悪くないんじゃないかな?と思うくらい。
走り出しても4WDだからか、意外と素直な乗り味。ただ、空荷だと後輪荷重が少ない挙動に不安を感じる。それが、バイパスの流れに乗りだしたら、さらに本性を現し、正直時速70キロ越えると、とたんにハンドル周りのインフォメーションが失せて、(スタッドレスタイヤだったのも併せて)ブレーキも効かないので恐くなってきた。多分雨の高速巡航は80キロくらいで勘弁して欲しい気分になるだろう。高速巡航が厳しいという噂は本当だったのだなぁ。たしかに、高速道で現行が走っているのを見かけることは殆ど無いと思う。

 で、うしろを開けてみてみると、やはり荷室は狭い。後席を外しても中型のオートバイすら厳しいんじゃ無かろうか?と思うくらい荷室の前後長が短い。おまけに、荷室床の後半はアンカーもないのでベルトも掛けられない。まぁこれはレンタ会社の装備オプションが充実していないだけかもしれないが。



 今回の荷物は50キロくらいと軽かったし床面積も小さい。おまけに近距離の積載だったので、後席の背もたれを使ってベルトを掛けておいた。荷室の使い勝手や広さについてはNV200の勝ちだと思う。

 エアコンは動作させたりさせなかったりで、気になる燃費はリッター10キロというところでハイエースとあまり変わらないカモ。

 たしかにタウンエースの車体は小さく小回りが効いて走らせやすいけれど、荷室寸法に制限があって、高速巡航もあまり得意ではないし燃費もいまひとつ。となると、タウンエースを選ぶメリットは今やもうないのではなかろうか?タウンエースを導入するなら、割り切って軽のバンにするか、思い切ってハイエースにクラスアップした方が幸せだろう。上と下のクラスからの挟み撃ちは厳しいところだ。FFで良いならNV200もあるし。

 高速はあまり使わない、軽には積めない大きさだけれどハイエースでは大きすぎるという荷物を運ぶ人たちがどれくらい日本にいるんだろうか、と思ってしまった。それでもこのクラスをやめずに日本で販売してくれるトヨタ(の体力と販売力)には敬服します。


 個人的な結論:高速巡航を考えると、タウンエースは次期営業車として不適。ナニもかもが微妙。ただ、悪い車ではないと思える、まさにトヨタの商用車としては良くできている。
2012年05月19日 イイね!

フィエスタST等に、ボッシュイグニッションコイル 新品、譲ります

フィエスタST等に、ボッシュイグニッションコイル 新品、譲ります6/10追記 
 既に嫁ぎ先が決まりました。有難うございました。


 個人輸入したボッシュのイグニッションコイルですが、こちらの発注ミスでうちのモンデオに合わないものでした。トホホです。

 返品するのも送料と化石燃料の無駄なので、国内で利用できる方にこちらの購入価格程度で譲りたいと思います。

 国内通販だと9,300+送料のようですが、送料込みで7000円くらいで考えてます。個人で海外から買われる場合でも手間と送料考えればお得だと思います、というか、普通に買うと1諭吉越えると思います。予備にいかがでしょう?

 直メッセージをお待ちしています。
 もちろん、お譲りできるのは1名様になりますことご了承ください。


 フォード(マツダ?)系の2L直4ユニット用だと思います。ちらっと調べたら、フィエスタSTなどに合うようですね。

ボッシュ:イグニッションコイル (直4気筒用) 新品箱有り
型番:0 221 503 487   Made in Germany

OEM(互換性)部品番号:
 FORD : 1350567
 FORD : 1458400
 FORD : 4S7G1 2029 AA
 FORD : 4S7G1 2029 AB





 参考までに、コネクター形状確認してくださいね。

今回の反省、VINコードで確認注文できるネットショップを使おう。
Posted at 2012/05/19 14:44:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2012年05月18日 イイね!

簡単な点検とメンテナンス

簡単な点検とメンテナンス こうガソリンが高価だと、気楽にモンデオを走らせて動き回る事にはためらいが出てくる。本当にチョイノリばかり続くと燃費はリッター9キロを大きく割り込むからだ。

 最近は運動不足でもあり、移動は出来るだけ営業車2号のスクーターを利用しているが、長い物もソコソコ大きいものも運べるし、なにより運転中の飲み食いが無くなるし、カラダを動かす運動にもなる。そして、こちらの燃費はリッター25キロ前後なので、財布にも優しい。しかし、こいつで高速道を走ると路面の段差で腰が痛くなってくるのが最大の難点。普通のオートバイとちがってステップに荷重をかけて腰を浮かせる事が出来ないのが問題なのだ。頑張って腰を浮かせてみても、後輪のトラクションが減って段差を乗り越えたあとに大きくとっちらかってしまう。
 購入当初は片道150キロくらいの出張なら楽勝かなと思ってたが、翌日に疲れを残さない程度となると、片道80キロ、往復160キロくらいの日帰り出張までがいいところ。これが・・・若さか・・・(涙

 体力が落ちてる+体重の増加を痛感するが、ホンダの新しい700ccはリッター30キロ以上走るメットイン。タイヤもでかいし、高速巡航も問題なし。主旨替えしてホンダに手を出そうか・・・ 等と考えるも、幾ら安いといっても新車乗り出しでモンデオを購入したときと同じくらいの価格になる(爆)ことを考えると、やっぱり中古のモンデオは格安だったなぁ、としみじみ思うのである。


 で、10万キロを超えて久しいモンデオが、12ヶ月自主点検を目前にして、メンテの内容を考えなければならない。目標は「あと1年は安心して乗れるように」だ。


 最近は、アイドリングがばらついてきている。たまに脈動することもある。燃料系、点火系あたりが怪しい。

 とりあえず、みんからで情報を探してみると、点火コイルは壊れる逸品?らしいので、速やかにスペアを用意することに。フォード純正は高価だし仙台に在庫が無いだろうから、マツダのパーツセンターに行って互換性のある(Mazda6かトリビュート)のコイルを購入してこよう。と、仙台の問屋街に出向いたら、マツダのパーツセンターが閉まっている(というか、買い入れの人が見あたらないほどガラガラ)。近くのマツダディーラーを見つけたので聞いてみると、パーツセンターは暫く前に閉めたとのこと。今は流通が良いから困りませんよ、とのことだが。で、こちらで某車のコイルを見積貰うと、ハイ、フォード純正と変わらぬお値段です(泣

 困ったときのインターネット。海外の部品直販サイトにて検索。コイルはピンからキリまで選べるが、サスガに怪しい部品は購入したくないので、ボッシュのコイルを注文。一緒に燃料フィルターも。送料混みでも、純正の2/3でこの2点が買えるってのが円高を痛感。支払も安心のPaypalだし。

 で、注文から1週間経ち部品がボチボチ届くので、点検を兼ねてモンデオの下見をすることにした。



 あぁ、冷却水がMINに近くなってる!車検時から1年でこれはちょっと早いなぁということで、ホース付け根など慎重に見るが、漏れは見つからない。ウォーターポンプかなぁ、エンジン内部の漏れではありません事を祈りつつ、黙視確認終了。冷却水を足しておく。

 モンデオの冷却水タンクって、加圧型なのが珍しい。普通はタンクはただの大気圧リターンで、高圧系のどこかにキャップがあるんだけど、モンデオの場合はポリタンクの給水キャップがそのまま安全弁になっている。海外のフォーラムでタンク割れについての投稿を読んだことがあるので、ちょっと恐い構成だ。



 点火コイルの確認、特に外観に割れなどは見られない。 配線を外して、コンタクトスプレーを拭いて戻す。コイルの固定ネジがトルクスなので、出先でコイル交換するとなると車載に無いから難しくなる。新品が来たらさっさと交換して、ついでにネジも普通のキャップかプラスネジにしておくほうが良いだろう。

 さて、あと気になるのは
・パワステ:どうもエンジン始動直後、脈流が大きいような気が・・・オイルレベルは良いんだけど、暖まるまで微量漏れあるのかも。
・エンジンマウント:最近暖まる前のブレーキ時にカクンと振動が出る。まぁ、エンジン落ちなければ・・・
・ウォーターポンプ:国産ならマダマダなんだけど、冷却水の減りを確認しつつ要チェック。軸のシール交換は出来ないASSYのようだ。
・ハブベアリング:後輪側が弱めな模様。融雪剤の中を走り回ってるから、グリスアップできるならやっておこう。
・ATFオイル:もう1回くらい交換したい。DIY施工かな。
・インマニのバタフライ:略


 ヘインズを見ていて発見した。
 オイルレベルゲージの見方を、間違ってた orz。


 3の穴がLowレベルだと思ってたら、走っちゃダメレベルだった。ずっとこの穴から上何ミリで確認してたし、時々穴ギリギリだったことも有る。
 まぁ、ポンプで吸えなくなれば油圧警告が点いたと思うし、大丈夫だとは思うんだけどね。


#図はよく見ると、ATFのオイルレベルの見方だった。
#エンジンオイルのゲージは、下の穴がMINだったので、問題なし。


 なんだかんだで新品部品を突っ込めば、あと3年は安心して乗れるようになると思うんだけど、モンデオMK3の中古相場はどんどん下がるばかり。ハッキリ言って修理するより乗り換えた方が安い。しかし、次期営業車でモンデオと言う選択肢はないので、これからどこまで金を掛けるかが悩みドコロだ。

 手間を惜しむつもりは、無いけれど。
Posted at 2012/05/18 11:55:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記

プロフィール

「欧州でスクープされているオーリスツーリングスポーツ。日本でフィールダーを名乗るには、ナローボディーになるのか?ならないのか?
https://response.jp/article/2018/08/10/312961.html
何シテル?   08/10 10:12
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.