• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2013年08月30日 イイね!

見知らぬフォーカス

 木曜の午後、ちょっとフォードディーラーの近くまで行く用事があったので、TEL予約してフォーカスを試乗してきた。

 結論としては悪いクルマでは無かったし、乗り換えでのメリットも多々分かった。とりあえず現時点での見積を頂いて、年末~年始から本気の商談をしたい旨を伝えて帰宅した。

 つまり、次期営業車の候補としては生き残った。

 以下は極私的な感想。雑誌やWEBで目にしていたフォーカス試乗記事を読んで期待して乗ってみた割には、『はてな?』と悩むところがあったので、モンデオMK3と比べての気になったところを防備録的にまとめてみた。試乗車は走行1000キロの個体。

良いなと思ったところ
 ・ATの直結感、動作
 ・アクセルと車速応答の素直さ(トルコンのロスが無いからか違和感ない)
 ・運転席ドアを開けた時の車体側のプレス造形。天井からA,Bピラーにかけて見事な1枚プレス。
 ・ワイパー軸にクラッチが有って、いつでも引き出せる。
 ・オートライトが有る
 ・ドライブポジションの調整幅、許容幅が広い。低く寝るのも、アップライトでも決まりやすい。
 ・ドアミラーが大きい

慣れれば良いんだけど、気になるところ
 ・建付けは良いし、ヒンジもしっかりしているのに、ドアを閉じた時の音が軽い。
 ・ハンドルセンターでの微操作での応答が今ひとつ
 ・乗り心地が悪い。リヤサスの動きが低速ではバタバタ(距離走ればこなれるだろうが)
 ・各スイッチ類の操作感が軽く節度が不足気味
 ・アクセルペダルが軽い。1速が低いせいもあるのだろうが、発進でペダル操作に気を遣わないと、国産車のように飛び出してしまう。
 ・燃料フタがロックされない。キャップレス構造なので、ガソリン盗まれることは無かろうが、いたずらで押されて開かれてても気がつかないかも。
 ・ちょっと上屋が重いかも。
 ・サイドブレーキ、引き上げた時の形状が見栄え悪い。停車時に乗り込んで真っ先に目につくんだけど。
 ・シートは座面OK。肩胛骨周りの押さえが甘い感じがしたが腰は納まるし、アテンザの布シートよりも全体的に良かったかな。
 ・Dレンジで高速で巡航中、シフトダウン+エンブレを使いたい時には一旦Sレンジに入れてシフト脇のボタンを押さなければならないので、2つ操作が必要。Dレンジでも±ボタンが効けば良いなぁ。


正直どうかな~と思うところ
 ・ハンドルの形状(特に10時10分付近の変形)と革の滑りの悪さ
 ・メーターパネルの煩雑さ。液晶でのインフォメーションの見せ方が疲れそう
 ・17インチホイル形状は洗うのが大変そう(そんなに洗車しないけど)
 ・プレミア感が殆ど無い実直な乗り味
 ・内装の仕立ての安っぽさ(特にサングラスホルダー周り)



全体としての感想
 街中を走って、レーンチェンジや右左折を何回かしたくらいでは何の味も感じられない普通のクルマ。モンデオ比で短いホイルベースのせいなのか、太いタイヤのせいなのか、雑誌記事やらWEBレポートで膨らませていたイメージとは違うハンドリングだったと言うしか無い。ハンドルを握った今は、CG誌のダブルレーンチェンジの残念な結果にも納得できた。

・燃費はギリギリ許容値。
・モンデオの冬タイヤセットが使えそうだし、値引きもありで乗出し価格比での装備内容では納得できる線に(実質的には)納まりそう。
・2LNAは良い。トルコンの無いATの直結感も心地良い。


 表現としては悪いかもしれないが、5年後に100万円前後で低走行の中古車を掘り当てると幸せなのが現行フォーカスかもしれない。 ただし5年後に電子装備や液晶周り、駆動・変速周りの外れ個体を買ってしまったら修理代が大変なことになりそうなので、中古車はリスキーかも?
 欧州で大量に売られている仕様とも別物なので、修理情報を得たり、細かい部品を個人輸入して直しながら乗るのも大変だろう。 (タイ語が堪能なら良いのだろうけれど:-P)


 ということで次回は、乗りだし300諭吉近辺新車部門の1台”ゴルフ7素モデル”を、時を開けずに試してみたい。道具として使い倒すのなら、高速燃費なら、外せない1台と思うのだが、さてどうなるか。

~本日のまとめ~

 フォーカスに乗って、1.5LNAで高速巡航からの加速は満足できるか心配になってきた。普段乗りでもパワー不足を感じてストレスになるのなら、ちょっと問題かもなぁ。

 新型クーガも展示されていた。こいつのエンジンがフォーカスに積んであればと、セールスさんも思うらしい。フォーカスについては、廉価版の導入はフィエスタ(日本導入されるなら)と価格帯がバッティングするので、絶対に無いでしょう、とのこと。 ホントにフィエスタ入るのかな?

 フォーカスは陸運局で個別検査を受けてナンバー付けるとのこと。1グレードに絞っての導入なのに形式認定取ってないって、日本で売ろうという気合いが足りないんじゃ無かろうか。 個体差で車重1.5トン越えたりして(笑


 2199のデスラー総統は、最後まで詰めが甘すぎでした。(山ちゃんの)声は良いんだけどなぁ
2013年08月22日 イイね!

煩悩将軍の帰還

燃費記録にも書いたとおり、日帰り八戸行ってきました。

 早朝に出発し、午前中に八戸へ(仕事)

 しかし、本命は・・・昼から三沢へ。



 目的はコレ。各部の丁寧な造りと、塗色の状態に感動。とても70年も沈んでいたとは思えない。

 若い頃、嫌なことがあるとバイクに乗って十和田湖へ向かうことが何度かあったが、ちょうど引き上げされた地点の東側の岬から湖を眺めながら、色々な考え事をしていたモノだ。まさかその先にこんなモノが眠っていたとは。



 あと、春に買ったカメラの慣らしもかねて、もちろんコレらも激写。




逆光でもこの映りとシャープさ(リサイズしない現物を拡大するとアラは目立つが)
手持ちの200mmだと、もう少し長いのが欲しくなるけど、我慢我慢。



 ガソリンスタンドへ車検に出したらサービスで洗車してくれたんだけど、高圧洗浄をホイル、ハブにもハッチリやってくれたのか、右前ホイルだけに嫌な染みが有る。ハブグリスが流れているのでなければいいのだけれど。

 そうそう、八戸から三沢へ行く途中に見つけたので、帰り道にパシャッと。



噂には知っていたが、こんなとこに有ったとは。折角だから立ち寄って髪切れば良かったかな。
次回があれば。

~本日のまとめ~
・高速道を巡航していると、やはり2Lクラスのトルクは最低必要かなぁ、でもモンデオは重いからなぁ、と言う妄想がグルグルと駆け巡る。

・今回、帰り道は殻付き生ウニ(カミさんへの貢ぎ物)を積んでいたのでクーラー22度に。それでも燃費は落ちず。やはり高速一定巡航では、エアコンの負荷はたいしたこと無いみたい。
Posted at 2013/08/22 13:48:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2013年08月19日 イイね!

四方山話

□新型ルーテシア

 グリルのルノーマークの大きさはどうかと思うけど、デザインがクーペっぽくて良いねぇ。元マツダのデザイナーさんなのか、なるほど。最新のパワートレインにBセグとしては大きめだけどコンパクトな車体。惹かれてます。
 オーディオにCDプレーヤーが無いのは驚きだが、動く部分が減れば壊れるリスクも減るのか(笑

 そういう意味で、受注生産の素モデルがイイナと思うけど、ルノーに乗るならやはり青だろう。ルーテシアの青は、年月が経ってつやが消えた頃に味がありそうな青だ。

 そういえば、初代ルーテシアの広告で、シートに金髪のお姉さんが足を組んで座っているポスターが有ったと思うんだよなぁ。椅子の出来に期待したい。

□マツダのSKYG1.5Lを妄想する

 アメリカで流出したプレスキットによると、日本でアクセラは1.5LのSKY-Gに6MTの組合わせでセダンが発売される可能性がある。これにはとてもときめいている。



 本当は2Lガソリンが欲しいのだけれど、日本ではセダンに2Lガソリンと2.2Dの設定は無さそうだ。アテンザとの棲み分けの意味もあるのだろうか。

 1.5LのNAで今の営業車として高速での走行に満足を得られるだろうか?ちょっと考えてみたい。

 スカイ1.5Gは手元にデータがなく(先月のモーターファンイラストレイテッド買ってない)、グーグル先生で調べたら、チェコの自動車サイトが引っ掛かった。ただし、チェコ仕様の圧縮比は14だろうから、レギュラー対策で圧縮が下がる日本国内仕様はもう少し弱めに見た方が良いかもしれない。SKY15Gのデータは不正確な可能性もある。
 参考までに、気になる比較エンジンを載せて表にしてみた。



 まず比較したのは現行デミオの1.5。比べるとフルスカイの効果は感じられず、直噴での改善性能+αという感じだ。最高出力が下がるのは良いが、最大トルクの出る回転数が下がっているわけでも無く、ちょっと肩すかし。

 VWの1.2と比べると、NAエンジンの線の細さを感じてしまう。VWの1.2は良いエンジンだから、直接対決は厳しい感じ。VWのようにトルクにのせてポンポンポンッと低回転で滑らかに加速するような走りはSKY15G+6MTに出来るだろうか?

 ホンダのエンジンではD16A。こいつはHR-Vで5MTを乗っていたので、よくわかる。こいつと比べれば最大馬力は少し下がり、トルクは上がっている。最大トルクの出る回転数が少し上がっているが、ほぼ同じ感覚のエンジンになるのかもしれない。車重の増加分を加味すれば、(個人的には)もう少し走って欲しいと感じてしまうレベルではなかろうか。6MTの操作が楽しければ良いのだが、あまりに非力だとGT的な扱いとしてはちと辛いような気もする。

 現行のL15Aと比べると、なんだかんだ言っても、ホンダは今でも高回転高馬力型なのだなと感じる。L15Aはカミさんクルマでずいぶん走らせているが、加速や巡航ではまぁいいかなと思う。単純にCVTなのでフィーリングで損をしている感じ。馬力もトルクも、クラスとしてはトップレベルだ。FIT3のRSに積まれる新設計の1.5Lはさらに良くなるのだろうか?元HR-V乗りとしてはフィット派生のSUVが気になるトコロ。やはり2L未満4気筒NAエンジンはホンダが良いね。


 MTの操作は楽しいけれど、高速巡航で必要なトルクが出ていない車両は長距離が辛い。冷静に考えれば、幾ら燃費が良くなるとしても、自分は2Lクラスからは落とせないような気がする。

□ドメル将軍・・・

 日曜は七色星団での艦隊戦だったが、ドメルの最後はかっこ悪いような、頭悪いような、微妙な終わり方で消化不良。何故あそこで第三艦橋にくっついて自爆なのよ。第一艦橋に取りついて欲しかった。ドリルも弱すぎ、というか新見さんが優秀すぎ? ドリル解除も含めて、2話くらいかけて戦いを描いても良かったのではと思う。ところで、ガミラスを出る時にドメル艦に付け足した猫耳のような装備は何だったんだ?

//追記:ググってみた。 あぁ、あの追加装備は物質転送機だったのか。だから戦闘機が単独ワープアウトしてヤマトを襲えたのだね。

//さらに追記:仙台では劇場にて1章から一週間ごとに復習上映会をやっている。で、昨夜第6章を見てきた。やはり情報は劇場版の方が吸収しやすく、七色星団の戦いもおおよそ納得した。

 今回の上映から地上波に追いつき追い越したからか、1~5章よりも客入りが多かった。(40代後半を中心にした客層なのは相変わらずだったけれど)。ヤマト2199も、今週末公開の第7章で完結。楽しみだ。

□MotoGP
 また見逃しちゃったよ。アメリカ大陸でのレースは生放送で月曜早朝になるから厳しい。
 結果を知ること無く、今日の再放送を見られるだろうか。
 マルケスの独走を追い詰めて歴史に残るシーズンにして欲しい。
 これでシモンチェリが生きていたら、どんなシーズンだったんだろうかと想像してしまう。

//追記:マルケスは強さも発揮か。新人チャンプの確率が更に高まったようだ。

Posted at 2013/08/19 12:13:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2013年08月15日 イイね!

復活の夏

車検に出す直前に動作しなくなったモンデオのリモコンキー。

この1ヶ月以上、ドアに鍵を挿して解錠、施錠をしていたけれど、最初は面倒だと思っていたが、慣れてくるとそんなに気にならなくなっていた。慣れていくのね・・・自分でも判るわ・・・という感じ?

しかし、モンデオのリモコンキーは窓開閉も可能。乗り込む前に窓を全開にして空気入れ替えしたり、敷地内に駐車する時に窓を少しだけ開けておくとか、雨が降ってきた時にリモコンで窓を閉めるとか、今までクルマから離れて出来ていたことが乗り込んで鍵を挿して捻らないと出来ないことは、とても不便を感じていた。

そんな気持ちが、次期営業車への現実逃避へと導いているのだろう。

 さて、イーベイUKから、正常動作するという謳い文句のリモコンキー(中古)を購入したが、認識できなかった。無念。 おまけに、基盤を乱暴に分解していたモノだったのでケースの状態も悪く、完全に外れを引いたカタチに。(もっと丁寧に分解しろよ、英国人・・・)

 英国のリモコンが使えれば強力な出力で遠方から使える鴨と、色気を出したのが今回の敗因。反省。

 で、ここしばらくはリモコンの基盤と電池を外して、軽いキーにして使っていた。外した基盤は、時間をかけて英国のモノと比べながら解析~チェックをしていた(気が向いた時に)。



 英国仕様と日本仕様の基盤比較 チップは一緒だけど、クリスタルとか別物。


 分解写真は英国仕様

 で、とある作業をしたところオリジナルキーが復活となったわけです。ここでは公表しませんので、気になるのならtalkfordへ。上の写真にもヒントがある鴨?

 とにかく、これでまた便利に乗り降りが出来るようになったわけで、良かった良かった。

~~
 ここからは、判る奴だけが判れば良い情報(by 花巻さん)

 イモビライザーとリモコンとは完全独立
 イモビの登録はツールが必要
 リモコンの登録はツール不要
 イモビユニットは電源不要
~~

~本日のまとめ~
 ・オートックワンのゴルフ7トレンドライン燃費記録が面白い。燃費が伸びなかった言い訳が多かったが、おおよそのイメージがついた。夏場でクーラー使ってアレなら、かなり良さそうだ。併走した新型アコードはどれくらいなのかも興味あり。

 ・アコードは発電領域で4気筒必要なのかな?可変気筒にするのは考えなかったのだろうか。それにしても、新型のアコードは久々にホンダらしい他に例を見ないオリジナルの技術満載で、技術者としては面白いクルマだ。欲しいかどうかは別にして。
Posted at 2013/08/15 11:31:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンデオ問答 | 日記
2013年08月13日 イイね!

メルセデスの囁き

 中古車の候補として挙げたメルセデスのガラスハッチクーペ  メルセデスというブランドに興味が無かった(自分が乗るようなモンでも無いと思ってた)ので、こんな車種があるとは知らなかったが、どうやら3シリーズコンパクトへの対抗心から設定されたグレードなのだね。4年前にモンデオを選んだ時に、E46のクーペとコンパクトはどうだろうか、と考えた事があったけどメルセデスには気がつかなかったなぁ。


 で、写真だけ見ていても埒があかないので、現車を確認してみることに。モンデオを購入した中古屋に程度の良さそうな前期型のC200が有り、仕事で近くを走る用事があったので飛び込みで覗いてみた。

 う~ん、悪くない。というか、凄くイイ。もし年内にモンデオが突然死したら、真っ先にこの車両を買うことになるだろう、と言うくらいイイ個体だった。

 屋内でさらっと眺めただけだが、積載能力と車体サイズも営業車として十分だ。車重が重いのは気になるけど、高速などでのシッカリ感は走らせれば凄いのだろう。日本でならGT的な使い方で活躍できると見た。

 外観をさらに見ていると、リヤの眺めもエンブレムを外せばメルセデスとは思われない不思議なデザインだ。前から見ればひょうたんライトに癖があるけど、これは見慣れそうな気がするし、何より最近のドイツ車に過剰装備されているフロントマスクの威圧感が感じられないのが良い。グリルをブラックアウトすればさらに地味に見えるかもしれない。横から見るとタイヤとフェンダーのシッカリとした隙間に205/55-16という控えめなタイヤサイズ(モンデオと一緒)も悪くない。

 しかし、乗り込んでみると内装は今ひとつなところが目に付く。特にドリンクホルダーが”なんじゃこりゃ?”なギミックで使い勝手悪い形状位置。ルームミラーは自動防眩ではないし、純正のラジオはCD1枚のみだし、エアコン周りのスイッチやインパネ周り、ハンドル周りも見た目が古くさい・・・

 故障についてはこのシリーズの4気筒はメンテ所がハッキリしているようだから、壊れるところは情報量が有るので対策は簡単に出来そうだ。整備書やパーツリストも容易に入手出来るみたいで安心。

 ボチボチ直しながらガンガン距離を乗って4~5年で乗り捨てる使い方なら、モンデオ同様に信頼性は有ると判断。

 色々叩かれている203系メルセデスだけど、付き合ってみるのも楽しいかもと考えてみたり。

 FRというのが冬期間でどうかと感じるが、ESPボタンを見つけたのでまぁなんとか成るでしょ。

 今回見せて頂いた車両は程度は良いし低走行だし装備も殆ど好みなのだけれど、残念なことに初期型の2L+SC。13年オチで税金は割高になるのは避けたい。もしCスポーツクーペで決めるなら、
部品劣化や故障、そして燃費も考えると、後期型の1.8L+SCの車両を予算内で探してもらうカタチにしたい。 不人気車だけど、中古車は結構出てくるようなのでタイミング次第だろう。

営業車として考えると
suitable
 ・まさに欲しいサイズのガラスハッチクーペ
 ・安価な価格帯 程度の良い車両が多い
 ・GTとしての素質、
 ・メジャーブランドで情報量が豊富
 ・ダブルサンルーフ(是非、装備車を選びたい)
 ・(布)シートの造り

warrying
 ・部品代
 ・燃費、オイル等消耗品費
 ・5AT
 ・オーディオ
 ・90年代並の内装
 ・FR

~本日のまとめ~
 ・マイクの自動車ワールドツアー、日本編を見た。外国人が短期で日本に来て中古車売買で利益を出す・・・と言うカタチは難しいよね。案の定、日本の特殊な中古車マーケットの形態を説明するのと、(偏った)若者クルマ文化についてのレポート番組になっていた。1台目のタントが100万円で売れてビックリ。ステージアの価格にも驚き。しかし最後にマイクがババを引いてしまったセリカのナンバープレートが宮城だったのが悲しい。

 ・308GTiの実車も見に行きたいなぁ。北関東出張で見に行ける個体が有れば・・・

 ・お盆は机でお仕事ばかりになりそうだ。どこかに出かけて遊ぶ体力も資金力も欠乏中。次期営業車への妄想ばかりが募る日々。

 ・メルセデスがしっくり来そうだと感じるようになったのは、若くは無いと言うことなのかも。ブランドに対する嫌悪感も薄くなった。まぁ新車になるとAクラスに手が届くかどうか、と言うフトコロ事情なので、あくまでも格安の中古車のみが対象ですけどね。

 ・フォーカスMK1の程度良さそうな低走行車が有ったが、欧州フォードは次回はパス、かな?どうなる新型フォーカス!!

 ・ゴルフ7の素モデル、宮城にも試乗車が来た。見に行こう。9月上旬あたりの平日でフォーカスとダブルヘッダーにしてみようかしら。

 ・FRも視野に入れるとなると、新しいスカイラインが気になりだした。クーペが出るのはまだ先なので、次期営業車候補としては厳しいか。しかし、35,36のクーペは格好いいなぁ。排気量が大きすぎるけど、中古なら何とか・・・

プロフィール

「ガソリン下がってきたが、まだ高価いデスねぇ。」
何シテル?   11/24 00:05
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

11 人のお友達がいます
susp2susp2 takechicotakechico
素浪人☆素浪人☆ 海幕海幕
emememem fratokofratoko

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.