• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2014年05月30日 イイね!

装備確認

装備確認事故に遭ったとき、パンクしたとき、トラブルがあったとき、などなど、イザという時に車両にはどういうモノが積まれているのか知っておくのは結構役立つことが多い。

ということで、今更ながらトランクに入っているモノの確認をしてみた。

タイトル写真がトランク底面に入っていた工具一式。
これらを触ってみた感じ、新車時から一回も取りだしていないような感じだった(^^A;

 3角反射板は折りたたみ式だけど、前後に4本の足が伸びる構造。これだと簡易型でも風で倒れそうも無い。

 それに、外したタイヤをトランクに入れる際のビニール袋と、作業用の手袋も付いて居るのはいいね。自分は軍手とタイヤ袋は別に積んでいるので、たぶん使わないけど。(貧乏性)



 予備ヒューズは工具と一緒に収まっていた。ヒューズボックスは主に、ボンネット内、トランクサイド、運転席のパネル内の3カ所なので、予備がココにあると知っておいて損は無いね。



 緊急用タイヤは、タイヤサイドがつぶれている形状で収まっていた。エアーを入れればタイヤサイドが盛り上がる形状のようだ。アルミホイールは15インチで、意外としっかりしているうえに、ソコソコ軽量のかっこいい5本スポークだ。ラベルの通り50マイル、80キロまでの速度制限だけど。

 じつは、タイヤ交換時用に折りたたみ式の輪止めもある(タイトル写真のタイヤ脇に映ってる)このあたりも抜かりはないですね。



 全く未使用だったので、ゴムホースが白い粉吹いている電動空気入れ。パンク修理キットは無いようなので、別に用意しておこう。自分は座薬型が好み。



 車載のジャッキは(パンタグラフでは無い)珍しい片持ち形状で、車両を上げる以外では使い方が難しそうな専用品だった。車体に固定する部分の白い樹脂の四角い部品、これが車両サイドのジャッキポイントに合う。 この部品を参考にジャッキサポート作れば良いのね。あとで採寸しておこう。



 トランク左サイドには、ドイツ車でおなじみの救急箱がある。開けてみると、未使用の綺麗な形で残っていた。まぁ、使われていたらちょっとひいてしまうけれど(^^;

 2種類付いていたインスト本は英語ドイツ語フランス語などなど多言語で書いてあるけど、日本語は無し。う~ん、このあたり輸入業者が日本語の紙切れ一枚でも挟んでいれば好印象なんだけどねぇ。

 左上のは、救急車が来るまでにあなたが出来ること、ということで応急処置が書いてある。

 なんと、バイクのヘルメットを被った人の介抱の仕方がカラー写真付きで書いてある。ヘルメットの外し方とか、わかんない人多いよね。いざというときにこういうのを読んでる余裕が有るかという疑問はするけれど。

 車検切れで寝かせているが、35年落ちBMWのオートバイにも救急キットが積んである。このあたりの安全に対する意識はドイツ気質なのだろうか?モンデオには救急箱のスペースはあったけど、積んでなかったなぁ。

 とりあえず、トランク内の工具一式を確認したので、パンク修理キットや有った方が便利な工具を足してしまっておいた。モンデオの時はヘインズも積みっぱなしだったけど、スポーツクーペの場合はポータブルの診断機でも積んだほうが役に立つかもね。

 願わくは、救急セットは使うこと無く廃車まで乗り続けたいところのココロだぁ~(by 小沢昭一


~本日のまとめ~
・この写真はトランク右側のアクセスパネルを開けたところ。


 このアクセスパネルにも分厚い防音材が貼られている。さらに、奥に見えるタイヤハウスには、かなり高密度のウレタンが貼られている。タイヤハウス内にもフェルトが貼られているというのに、なんという厳重な処置だろう。

 ガラスハッチでも妥協せずに作り込まれているのには感心するけれど、やり過ぎではと呆れてしまう気持ちも強い。

・車体寸法3サイズはDC5インテグラとほとんど変わらないスポーツクーペだけど、車重は270kg増量(笑) まぁ、FRだからというのもあるけど、ボディパネルの厚さや防音材などなどの積み重ねとはいえ、この車体サイズで1.5トンでは軽快という感じではあまりなく、どっしり重い。新型のCクラスはかなり軽くなったようだから、軽快に走りそうだねぇ。

・新型スカイラインは、新設計なのに何故あんなに重いんだろう?2Lターボをメルセデスから貰ってきたのは驚きだけど、それを活かして販売に繋げられるのか?技術の日産はどこへ…

・カングーの1.2L+6MTも良さそうだなと思ったけど、値段見たらガッカリ。売れ筋とはいえ商用車のMTがあの値段では厳しいのではとも思うけど、カングーは日本で売れるからなぁ。


・こうやって備品を確認していて、全部揃ったままで手つかずだったのだから、程度の良い個体をGet出来て、ラッキーだったなと感じた。
Posted at 2014/05/30 21:59:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年05月25日 イイね!

1Lエコブースト vs 1.6NA

 昨夜CSで5thGearを流し見していたら、フォーカスの1Lエコブーストと1.6Lガソリンの比較をしてるコーナーがあった。ググったら動画を見つけたのでご紹介。

 字幕が無いけれど何を言ってるかはおおよそ想像つくかと



 突っ込みどころとしては、エコブースト1LエンジンのフットプリントはA4サイズに収まるとフォードが宣伝してるので実際にA4用紙を当てているけど、エンジン横置きなのに縦に当ててるあたりか。 修正:ちゃんと横向きで当ててますね

 ゼロ発進も、高速巡航も、燃費も1Lエコブーストの方が良いって事だから、たいしたものだ。価格帯もエコブーストの方が1.6Lよりも上に設定されていて、装備も良い。やっぱり小排気量+MTは楽しそうだ。

 もし昨年末にエコブーストのフォーカスが正規で日本に入っていたら、悩んだろうなぁ。結局フォーカスは2LNAエンジンがモンデオと基本変わらないってところが、乗り換えの魅力に欠けていたのが大きかった。あれで軽い楽しいエンジン積んでいれば、印象は変わったかもしれない。

 2LのNAガソリン車って、燃費もトルクも中途半端なスペックで、今後の存在意義が難しくなっちゃうかもね。一時期の1.8LNAエンジンのように。


~本日のまとめ~
 ・ゼロ発進の前にクラッチが臭うって言っているのが良くわからないけど、なんだったんだ?

 ・KAって、ケイエイって発音するのね。

・フォーカスのフェイスリフトも、前と後ろのデザインがちぐはぐだって言われてるね。フルチェンジのモンデオはどう評価されるのか?

 ・レーダー探知機、半日高速で使用してみたらSAやPAを案内してくれた。道の駅がありますとかまで知らせてくれる必要は無いから、あとで機能カットしなくちゃならんな。それにしても最近のレーダーは高機能だなぁ。高速のGPS速度表示も精度が出ていて驚き。

 ・1500ccが3気筒になる時代だもんなぁ。

//追記

 ・新型のモンデオが気になって、姉妹車のFUSION関連の動画を見ていたら、ボンネットがダンパーじゃ無くてつっかえ棒になってるのに驚愕。アメリカ仕様の安普請なのか? 右ハンドルではダンパーだと良いんだけど。

 ・エコブースト1L関連の動画見てたら、フォーミュラフォードにナンバーつけて、公道の峠道走ってるのを見つけた。 このウサギの耳みたいなライトとウィンカー、テールランプユニットはどうかと思うけど、今までのフォーミュラ公道改造車よりは視認性は良いランプ類だね。ロールバーの後ろにエアクリーナ有って吸気だから、タービンの音がバカみたい(ほめ言葉






Posted at 2014/05/25 11:31:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2014年05月23日 イイね!

次回の整備ネタは…

ということで、試験作業をはじめました。次回の整備ネタにする予定。

 新鮮なネタは、GPS対応のレーダー探知機。



 といっても、最近流行の液晶で色々眩しいやつは好きじゃ無い。選んだのはシンプルなやつ。

 このオーディオパネルの位置でもGPS衛星を掴んでいるのは、真上の屋根がガラス張り+布一枚だからかな?

 小物入れにはUSB端子やWALKMANの固定などなど、今後色々と仕込む予定なので、収まりは良いのだけれどココに付けると後々に邪魔になりそう。そもそも、ココではねずみ取りのレーダーの検出が駄目だろうから、他の場所を探さないと。説明書では、ダッシュボードの上に置けと書いているが…




 センターコンソールの真上、に乗せてみた。後席に座るカミさんが時計として使うのにはこの位置に取り付けすれば良いのだけれど、綺麗な曲面のパネルにいきなり四角いブロックの塊を置くのはちょっと野暮かなぁ。となると無難なのは運転者だけが見える位置で、Aピラー根元だろうか。ただ、電線を綺麗に引っ張ることも考えないと。う~む。

 取り付け位置、電源の引き回し、本体の改造(実は既に液晶周りを改造済み)などなど、一通りの作業が終わったら、次回の整備ネタにする予定デス。

~本日のまとめ~
 ・ガソリン価格はGW明けにちょびっと下がって、また上昇してきている。高速道の休日ETC割引も来月末で30%になっちゃうし、クルマで北へ南へと仕事に使う身としては辛いところだ。

 ・せめて無駄な上納金を減らすためにとレーダー探知機を採用したけれど、基本そんなに飛ばさないゴールド戦士なので、まぁお守りみたいなモノですね。

 ・最近のレーダーは詳細なマップやOBD2表示機能やらメイドが注意するとか、すんごいことに成ってるなぁ、とすっかり浦島太郎状態。

 ・今回買ったモデルも表示はシンプルだけど、警察無線警報やらタクシー無線やら駐車禁止警戒地域とか、1時間ほど近所を試しただけでもやたらに五月蠅い。機能を絞った設定変更をしないとかえって苛つくアイテムになりそうだ。

 ・ソーラーパネルの15年前くらいのレーダー、今でも役にたつのかな?
Posted at 2014/05/23 01:09:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記
2014年05月17日 イイね!

天気も良いので

天気も良いので 本日土曜日は天気も良くて風も弱いので、メンテスロープに載っけて、下回りの点検をしてみることに。

 昨年末に購入する前に軽く覗き込んだきり、全く下回りを見ていなかったので、どこに何があって、どこがチェックポイントなのか、確認しようと言うこと。

 ひと冬走った割には錆も少なく綺麗な下回りで驚いた。にしても、パネルが多くて何も見えないのも困ったモノだ。あとでパネルの外し方調べておこう。

 綺麗なだけでなく、元々の車両の状態が良いことも再確認できた。下回りはこすったあともないし、ブッシュ、ゴム部品も酷く劣化している感じもない。懸案だったATFコネクターからのフルード漏れもまだ生じていないのも分かり、一安心。

 詳細は、整備手帳の方に載せる予定デス。

~本日のまとめ~
 ・モンデオの時も思ったけど、ジャッキに上げたり、こうやって車体をねじったりしているのに、普通にドアの開閉が出来るのは流石ドイツ車。

 ・今週のクラシックカーディーラーズは DS、もちろん無印の初代。英国に残っている右ハンドルは錆が酷いから、フランスに行ってボディの程度の良い車両を探しに行く、という前説に大笑い。フランスから英国まで1000キロ自走で帰れたし、英国での修理もアキュムレーター関連のアッシー交換で終わりだった。ハイドロ車だし古い車両だしでまともに走らないかと思ってたけど、電子制御が少ない古いハイドロは液漏れ以外は信頼性が高いのかもね。電子制御は素人DIY整備には、ホントお手上げ。

 ・そういえば、初代CLKの整備の時も、エドは『メルセデスの電気系のエラーは、下手に自分で処理をするよりも、専門家に来て貰って診察して貰う方がリーズナブルです』とか言ってたな。確かトランクにある加速度センサーが不良だったはず。


 ・花粉症かと思ったら、風邪なのかな?
Posted at 2014/05/17 12:31:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記
2014年05月16日 イイね!

続・次回の整備ネタ

//前回までのあらすじ

自動防眩ルームミラーがほしい
 →純正ミラーはポン付けできるが、ディーラー等に出向いての車体側設定が必要
 →費用は発生するし、出向くのも面倒だ
 →どうせ取り付けするのなら、バックカメラが映るモノが欲しいかも
 →w203系はミラー取り付けステーが独自形状(天井から吊下)なので、筐体の大改造が必要になる

 う~~~~む、悩ましい。

//あらすじ終わり。



 w203の場合、天井から吊下げる特殊なマウント形状なので、スマートに取付けするなら純正1択なのです。

 が、自分としては・・・な訳でして、何か出来ないかと妄想が膨らんだわけですよ。(何せ、GW中は仕事をしていたので、妄想する時間は十分に有った)

 モンデオのヘインズを調べると、自動防眩ミラーは電源の2線とバック信号の計3線が入っているのが分かった。バック信号は、自動防眩をカットするトリガーなのだね。

 で、最近のマツダ車や日産車に装備されている自動防眩+バックカメラモニターの結線を調べると、電源2線のほかにバック信号とビデオIN(アナログ)が有れば動作するみたいだ。 この場合のバック信号は自動防眩OFFと、モニターONのトリガーになるのでしょう。

 しかし、w203のヘインズにはルームミラーの配線回路図が何故か無い(サイドミラーは有るのだが)。しょうが無いので現物確認がしやすいヤフオクの出品写真を漁ってみると、3線のコネクターのようだ。これはバック信号有りで確定だろう。というか、さすがに沢山売れている車種なので、程度に拘らなければ安価に中古が入手できるようだ。

ここで”ピコーン”と閃いた(余計な)改造方法は、
 1) w203系の自動防眩ルームミラーを中古で入手。
 2) バックモニター付のルームミラーとバックカメラも入手し、w203の筐体とニコイチにする。電源とコネクターはw203のモノを移植(ACC、アース、バック信号)。ビデオ信号の配線は別に作る。
 3) 取り付けしたら、車体設定(DAS)を依頼する。
 4) 将来的には純正流用で運転席側のサイドミラーも自動防眩にしちゃおうかなぁ・・・

 これで行こうと思ったわけですよ。この時点では。



 ルームランプの裏には、写真のようにCPU内蔵のコントロールモジュールが有り、CAN-BUSで車体側と通信して、ルームランプやミラーや、マイクなどの動作を制御しているわけで、仰々しいと言えばそれまでだけど、アナログで多数の電源線を引っ張るよりはよほどスマートなやり方なのも事実。

 ただし、専用端末を繋いでの設定変更をしないとミラーにACC電源を供給することができないのだから、DIYメンテ貧乏にはハードルが高いのは事実で、アナログの回路だったらこんな苦労しないのに・・・と、枕を濡らすわけですね。

 ということで、まずは中古で純正ミラーを手配したわけです(4月末)。これをバラして構造を確認することからスタートですよ。

 しかし、事態は思わぬ展開へ・・・

 続きは、整備手帳に近日後悔、じゃなくて公開予定デス。

~本日のまとめ~
 ・色々と調べたら運転席側のサイドミラーを自動防眩するには、部品代がかなり掛るようなので、ルームミラーだけで良いかなと日和り気味。

 ・先日昼に更新しようとしたら、やたらに重くて書き込み途中のBLOGが消えてしまった・・・トホホ

 ・自宅のスカパー!解約をカミさんに迫られているので、仕事場で契約したら経費で落とせるか税理士に相談してみよう。
Posted at 2014/05/16 12:46:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記

プロフィール

「カローラスポーツのMT乗ってみた。」
何シテル?   11/08 11:11
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

11 人のお友達がいます
海幕海幕 takechicotakechico
susp2susp2 emememem
fratokofratoko せお。せお。

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.