• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2017年07月27日 イイね!

四方山話

チョッと時間が出来たので、コーヒーを飲みながらの四方山話殴り書きタイムに。

「白煙」

 スポーツクーペで仙台市内の混雑で信号待ち中にエアコンからオイルの焼ける臭いが吹いてきた。エアコンを内気循環とフィルターONにして、まさか自分じゃ無いよなと思いながらあたりを見渡すと、斜め前のゴルフ6の排気がなんとなく白い。

 暫くして信号が青になり走り出すとそのゴルフは結構な白煙を吐いて走っている。オイル下がりか上がりなのかな?それにしては普通に走っていたので、タービンブローなのかも? そのあたりよく解らないけど、オイルの焼ける臭いと言えばてっきりS社の古い軽自動車かと思ってたので、原因が結構新しめのVW車で驚いた。というか、エンジンチェックランプとか、排気の警告ランプが点灯しているのでは?

「スズキの改心?」

 エスクードのパワーパックが1.4Lターボ+トルコン6ATになった。例によってハンガリーからの輸入車。Sクロスは顔だけ変わってパワーパックは放置されていたけど、こちらは顔はあまり変わらず?中身を換えてきた。

 驚いたことにも、さらにサイド・カーテンエアバックを標準装備。シートヒーターもあるし、なんかいろいろな装備も充実している。個人的には良さそうなアタリクルマの予感がするのだけど、営業車2号の代替としては4WDが余計かな、う~ん、という感じ。

 1.6Lも併売するけど、国内在庫のみで終了でしょう。こちらの在庫車は年末あたりでバクダン値引きがあるかもしれないけど、安全装備が駄目なので選んじゃいけないクルマですね。

 最近新型のスイフトもチラホラ見かけるようになったけど、スイフトも小粋な廉価軽快車という感じでは無くなりましたね。結構重そうな見た目とは裏腹に、実際は車重が軽いのは魅力的ですが、乗ってどんなもんなのかな、スズキのお店に試乗に行ってみる?


「アウトランダー」

 カタログを取り寄せて意識するようになったから、街中で見かけると目で追ってしまう現行新顔のアウトランダー。最廉価な2LのFFグレードで充分なのだけど、残念なのは変速がCVTな事。CVTも嫌いでは無い(そもそも、免許とって最初に乗ってた外車がパンダのセレクタだったし)のだけど、カミさんクルマ乗っていると、加速の時に感じる違和感が積もり積もって長時間の運転ではストレスがたまっていく。アウトランダーの試乗車がプラグインハイブリッドだらけで、2Lガソリンは皆無なので、試すことも出来ずです。

 ところで、エクリプスクロス(ガソリン)の車両価格はどの辺を攻めるのだろうか。アウトランダーの20Gが税込み2,538,000円。コレより上か下か???
 ちなみにエスクード1.4が2,586,600円

 いずれにしても、年末くらいまでには判明しますかね。


「ディスプレイオーディオ」

 スポーツクーペは最近CDチェンジャーの調子がイマイチで、ディスク読み込みエラーをするようになってきた。長距離が無いので、ラジオだけで足りていますが、CDチェンジャー使えなくなるのも悲しいので、レンズクリーニングなどしてみるかな。

 Walkmanを繋いでいるカセット改造のAUXINも、入れっぱなしにしていたカセットがテープこじれちゃったのか、オートリバースを何度かガチャガチャやったあと、テープを吐き出すようになってきた。

 オーディオの調子がイマイチだったので、ちょっと今のオーディオはどんなものかねとネットを見ていたら、パイオニアから今月でた2DINのディスプレイオーディオの記事を見つけた。

 ラジオとCDが聴けて、必要なときにiPhoneなりアンドロイドの画面がでる。Bluetoothのハンズフリーフォンも対応。コレはまさに自分が欲しいと思っているオーディオ。

 三菱のアウトランダーに付いているのもこんな感じなんですよね、こちらはメルコ・・・三菱電機製なのかな?。何故他社からで出てこない?昔トヨタのオプションで似たようなのがあったような気もするのだが・・・

 話は戻ってパイオニアの新しいディスプレイオーディオ、値段もそんなに高価では無いので買っちゃいたい気もするんだけど、じっと手をみる・・・ スポーツクーペのハンドルのボリュームスイッチに連動でき無さそうなのが残念。

「セカンドカー???」

 友人から「雑誌に載ったから、立ち読みでもしてくれ~」とメール。その雑誌を手に取る。表紙には「セカンドカーライフ」 なる文字が・・・ あれ?あいつは確かにクルマも2台もってるけど、セカンドカーなんて持ってないだろ、そもそも屋根付の乗り物無いんだから雑誌の企画に合わないんじゃ???と不思議に思いながら雑誌のページをめくっていきました。

 記事をまとめたライターの強引さが笑えました。他の人たちと比べても、ヒトキワ変な組み合わせなんだもん。

~本日のまとめ~

 ・パワーパックではDSG位しかトラブル出ないだろうと思ってたVWの白煙排気を見かけてちょっとショックだった。中古でお得感の出てきた旧パサートとかゴルフ6のバリアント狙おうかと思ってたんだけど、やっぱりVWは認定中古にしておいた方が良さそうか。

 ・エスクード1.4、現車見に行こうかと思ったけど、仙台市内でも1台しか試乗車無い。やはり本格的には売る気のない車種なのかも。

 ・昼間のゲリラ豪雨を走行中、スポーツクーペのオートライトは直ぐに点灯。後続のカミさんクルマはライトが点かなかった(いつもAUTOにして運用している)。 当りを見渡してもライトが点灯しているのはドイツ車ばかり(たぶんみんなオートライト)。
 夕暮れ時の渋滞でも、大抵ライトが点いているのはドイツ車ばかり。国産車のオートライトの設定はかなり暗くならないと点かないようですね。オートライト義務化となるけど、しきい値の設定を欧州車並にして欲しいです。

~16:30追記~

 シビック5ドアの価格が出てきた。税込み2,800,440。装備内容とか解らないけど、ちょっと飛びつくお値段では無いですね。ま、実車がみられる9月末を待ちますか。
Posted at 2017/07/27 15:47:39 | コメント(3) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2017年07月20日 イイね!

X Class

X Classついに実車お披露目されました、Xクラス。

中身は日産(ルノー)のトラックなのですが、スリーポインテッドスターが付いています。

世界的には、今度国内販売が再開されるハイラックストラックとガッチリバッティングするカテゴリーな訳ですが、ピックアップの世界では絶対王者ブランドのTOYOTAに対して、メルセデス(という名の日産車)は何処まで太刀打ちできるのか?
 外しの無いデザインですし、コレはかなり売れそうです。

 個人的には、ドバイ、モロッコ向けの2L4気筒ガソリンエンジン+FR+6MTの仕様が欲しいなぁ。タイトル写真の鉄ホイールにも惚れてしまいました。

 このXクラス、正規で国内では売らないでしょうけど、直ぐに並行業者さんが入れてくるでしょうね。


 それにつけても、クーペだけが許されていたグリルのスリーポインテッドスターを乱発しすぎでは?と個人的に心配になります。あそこの中身にレーダーとかのデバイスを入れるのにも好都合なのでしょうけれど、出てくる車種みんなグリルの真ん中にででーんと付いていると、節操が無いというか奥ゆかしさが不足しているというか、エレガンスさを感じられないのが個人的に残念です。

みんながみんな、押出しの強い顔が付いたメルセデスに乗りたい訳では無いと思うのだけれども・・・

 話を戻して、Xクラスを次期営業車に、と考えると
 ・完全に予算オーバー
 ・車幅でかすぎ
 ・1ナンバーは高速代が高い
 ・毎年車検は面倒。

正直、普段使いでは殆ど空荷だし、イザ荷物を運ぶときはハイエースやトラックをレンタルした方が使えますから、営業車1号にピックアップトラックを採用して走り回る理由が希薄ですわな。

 コレって、新型ハイラックスも同様なので、次期営業車としては、どちらもペケになっちゃいますね。それでも、ピックアップトラックのワイルドさと、なんでも運んじゃえそうな荷台には惹かれてしまいます。ラダーフレーム+ダブルキャブの後席の乗り心地はどんなものなのでしょうかね。やはりこのクラスのピックアップトラック(他にはトライトンですか)、いっぺん乗ってみたいですね。

VWのアマロックも良い。
いやいや、やはり一番カッコ良いのはファルコンですよね!!



 よし、サマージャンボの当選金でファルコンUPTを個人輸入しちゃおう。もちのろんでV8ですよ。
(-人-)当たりますように。

おまけ


Xクラスの素モデル日産NP300の新型です。他にルノーブランドもあって、アルゼンチンのルノー工場とスペインの日産工場でXクラスと併せて生産されます。

NP300もシンプルな造形でカッコ良いですね。ハイラックス対抗で日産が国内で扱ってくれないかな?
(いや、私は買えませんけれど)




~本日のまとめ~
 ・4ナンバーのピックアップトラックは、もう出てくることは無いのでしょうか、無いのでしょうね。

 ・グリルのベンツマークで思い出したけど、203Cクラスでセダンとワゴンのグリルはボンネットと一体で持ち上がるのですね。スポーツクーペは私のプロフィール写真のように、ボンネットを開いてもグリルは車体側に残ります。

 ・スポーツクーペ用のエレガンスグリルって無いのかな、と調べたのですが、米国製でめちゃ高いアフターパーツを1つ見つけただけで、世の中にはあまり出回っていないようでした。
2017年07月19日 イイね!

13年超えると。更に18年超えると。

 もう何か色々と忙しくて、なかなかブログ更新できませんね。ネット徘徊も滞りがちで足跡を付けることも少なくて申し訳ないデス。

 貧乏金無し(笑)、と言う事で、年末のスポーツクーペ車検更新でかかる費用というか税金について、いろいろ算出していました。悲しいことに年末まではカツカツの予算しか取れそうもない(涙)ので、整備代(部品代)と税金のせめぎ合いです。いや、税金は安くならないので、交換部品代(消耗含む)を何処まで絞れるかですね。

 これらの費用をいったん整理して、どれだけ乗り続けるのがお得なのか、冷静に考えてみました。

(・・・じっと手を見る)

 さて、車検での税額を見てみると、うちのスポーツクーペは排気量2000cc未満、車重は1.5トン未満、2002年式なので登録から13年超18年未満になります。

・5月に払った自動車税(1年分)は、排気量律則+13年超の課税なので、
 1500~2000ccクラスの標準税額34,500円に+15%で45,400円

・車検で払う重量税(2年分)は、
 1~1.5tonクラスの標準税額24,800円に対して、34,200円

 そうすると、スポーツクーペは車検2年毎に自動車税と重量税で31,200円の負担が増えている事になります。

 自動車税と重量税が更にお安いエコカー減税車と比べたとしても、13年超の環境劣悪車に乗るための負担が月に2000円程度の増であれば、そんなに悲観するほどでは無いと思います。(新型車に乗換えるのがエコとは思えませんが、それは置いておいて)

 ちなみに自動車重量税は登録から18年超えになると13年超えに対して+3,600円(2年 1~1.5tonクラス)の追課税になりますが、コレはスポーツクーペの場合次々々回の2021年末車検時に該当するので今回はあまり考えません。

 ということで今年年末の車検を通してもう1回車検を通してあと4年乗れば2021年末。
そのときまでのスポーツクーペの使用状況としては、
 走行はザクッと1万2千キロ/年(随分減った)だから、+4万8千キロ (ODO11万キロ)
これくらいなら足回りに大型整備をしないでも乗り切れるでしょう。気になるのは電装特にオルタネータと燃料デリバリー関係の故障。

 他に4年間で目立つ消耗品は夏タイヤ+1セット冬タイヤも+1セットくらいですかね。

 スポーツクーペを買うときに4年分のメンテ・故障対策費で40万円を考えていたけど、中古購入からで費用が掛かったのは、ATコネクターの部品交換と消耗品のフロントのブレーキパッド交換くらいで、フィルターやオイルやらの消耗品を足してもこの3年半で10万円も使用していないという事実(DIY整備費はプライスレス)

 あと4年半乗るのだと決心してしまえば、車検前は燃料フィルターと後ブレーキパッドとプラグとクランク角センサーの交換に留めて、オルタやエンジンマウント、燃料ポンプなどの重整備交換は来年末にまとめてやってしまうのがお財布的にも優しいかな。これらプラスアルファとして30万円くらいの部品代、整備代予算を計上しておきましょう。かなりの御大尽整備が出来るかと。

 メルセデスって本当に実直な機械という感じが強く、(今のところは)要所を押さえて部品交換とメンテをして動かし続けていれば、想定外の部位が壊れる心配はあまりないと思ってます。甘いかな?


 さて、もう一つ気になるのが「燃料費」。

 現時点でモード燃費以上の10.19km/Lという平均燃費をたたき出してくれていますが、年間1万2千キロ走るのには厳しめに9km/Lとして消費ガソリンが1300リットル/年。燃料費は上を見ても20万円/年でおつりが来るかと。これも半分近くは税金として納めているのですね・・・

 仮に燃費が倍の18km/Lになったとしても、4年で40万円の節約にしかなりませんから、軽油になろうが、ハイブリッドでレギュラーになろうが、燃料費節約のためだけで乗り換えまでするメリットが殆ど無いのは明らかですね。(年間4万キロ以上走ってた頃なら、Bセグの新車に乗換えても充分に見合ったのですけれど)

 結局のトコロ、税金の差額と燃料費の差額はあまり気にすることは無くて、想定外の故障や事故に遭わなければ東京オリンピックを過ぎてもスポーツクーペを乗り続けるのが一番のコスト安で、一番環境に優しいはずなのです。

 なにより、次期営業車は2枚ドアには出来ない決まりなので・・・

 働けど働けど、我が道楽に費やし難し。
 それにつけても、金の欲しさよ。


 外装を大きく壊すことが無ければ、あと4年半は充分に戦えるでしょう。

 ま、この夏のサマージャンボが当たったら判りませんけどね :-P


~本日のまとめ~
 ・納税は国民の義務なので、愚痴愚痴言ってもしょうが無いですね。きちんと納めましょう(払えるのなら)

 ・車検整備もそうですが、普段の点検整備に手を抜かぬようにしなくては。乗りっぱなしが一番駄目なんだよね。(欧州車は乗らないのがもっとも駄目という話もあるが)

 ・いま、チョッと高級なスポーティー系車両のパワーパックのトレンドは2L4気筒過給エンジン! スポーツクーペもそのトレンドにやっと乗れたかと、感無量。馬が163頭しかいないけど・・・ATが5段しか無いけど・・・ でも、2LSCで低速からもりもり出てくるトルク+FRの躾け具合は、何とも言えない味がありますよ。

 ・豪雨+高速道で、オートクルーズ中にリヤがトラクション失って尻振り状態に。チョッとのハンドル修正で復帰できたけど、こうなるとオートクルーズがキャンセルされるのですね。どんどん失速していくので、アクセル踏み直したら更に横滑り防止が介入してお尻振り状態に(笑。 PS3でも駄目な時も有るんだなぁ、と。モンデオの時はFFだから問題なかったんだろうけど、FRで空荷だとチョッとピーキーね。(直前まで荷物積んでいたのでタイヤエア高めにしてたのも原因か?) 次のSA休憩でちょっとタイヤのエア抜いておきました。

 ・最近気になる中古車(予算150諭吉以下の5年オチ以上)
 ボルボS60 (チョッと重い・・・けど、ステキな革内装が良いね。

 ボルボV40クロスカントリー (5気筒で2Lエンジンなんて有ったのね! こいつもちょっとだけ重い・・・けど走りはよさそう。

 Bクラス現行初期 (5年も落ちれば正規中古でもここまで下がるのね・・・Bクラスは不人気だからかな?車両サイズと装備は良さそうだけど、乗ってどうなのか。なにより故障はどうなのか。後席のテーブルが家族持ちにはポイント高い?

 パサートバリアント1.4 (ハイラインも射程内になってきた。乗ったことないけど価格/寸法/性能/装備のバランスが良いクルマだと思う。DSGの故障を思うと認定車両だね

 クーガ1.6Lタイタ (2Lタイタの低走行距離が大量に残っているのも気になるので、4年後なら・・・でも故障したときの部品代が・・・

 フィエスタ1L (程度良いのが減ってきましたね・・・ Bセグならコレ1択なのですが。

 プジョー308SWの6AT (ガラスルーフ付いてギリギリ1.5トンなんですよねぇ。 今が最安値+程度良認定車両Getの最後のチャンスか?しかし、イタフラ車の中古は博打の感が・・・ 知人の207SWは、たまに駐車してるだけでエンジン掛かってたりするらしいし(リモコンスターターは未装備w)

 ・最近気になる国産車
 いやぁ、たまにはウェブの簡易見積もりをしてしまうのですが、[この値段でこの程度の装備なら中古でアレが買えるしなぁ]で、あらかたの妄想が終わります。トキメキが欲しいの・・・

 ・エクリプスクロスの1.5ターボ
 AUTOCARでもう試乗してますね。日本語記事にもなってます。英国なら1.5ターボにFFマニュアルがあるのかよ!日本でもその仕様が欲しい。で、ガラスルーフ月で1.5トンを切ってくれないか(しつこい?)  肝心の試乗記では、装備と内外装は良いけど「CVTもハンドリングも乗るとツマラナイ」と書かれているので、その通りなのでは無いかと思います。その通りなのでしょう。新型シビックもこのパターンなのよね。

 ・新型ハイラックストラック、イイですねぇ。価格的にも射程外ですし、維持費も1ナンバーの高速代もアレで次期営業車的には考えられないのですが、「うぅ~ん、寝てみたい」な1台です。試乗車は無いだろうなぁ。

 ・ハイラックストラックの直接のライバルになるメルセデスのXクラスもイイですね。英国で500万円台から。税金とか考えると、おなじ価格帯で日本には持ってきてくれないかしら。


~おまけ 歴代車両のスペック一覧表~


 乗り換え毎に車重が100キロずつ増えている(^^A;

プロフィール

「普段は「~のすべて」本を置かない近所のコンビニが、なぜか「センチュリーのすべて」だけを置いている謎。」
何シテル?   09/08 12:00
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.