• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Raybarneのブログ一覧

2017年12月30日 イイね!

魅せられて

ハイ、12月も入って暫くしたら、いきなり仕事で中国へ行くことになりました。

新しく作るパスポートを出国2日前に受け取るというハードスケジュール(涙

おまけに、お客様に行程表は渡されたけど、どこに行くのかは正確に不明。

今回の指令は
「19日のうちに香港空港ホテルにチェックインし、翌朝7時に迎えに来るMrリッキー(仮名)の運転するこのクルマに乗りること」
と、クルマの写真が1枚。どこの電波○年デスか?



・・・エルグランド!?

で、現地23時過ぎに香港到着、ホテルにチェックインするも、折角高価なラウンジも使える部屋を取ってもらったのに、サービス全部終了。正確にはジムは24時間営業。トホホ。

 翌朝も7時出発なので、6時半から開く高級ラウンジの朝食では無く、普通のビュッフェに(それでも充分美味しかったんですが)

で、7時にホテルの車寄せの方へ行くと・・・


あ、到着したのは12月19日深夜で、ホテルのフロアはこんな感じでクリスマス一色でした。
フロアに降りると、私の名前と招待してくれた会社のロゴつきプレートを持ったリッキー(仮名)がいました。

 ぁゃしぃ英語で挨拶をしてエルグランド(香港なので右ハンドル)の後席に乗り込み。「この後、他に誰か乗ってくるのか?(英語)」と聞くと「こんな朝早くから客は居ないよ」の返事。あら、貸し切りですね。早朝なのでガラガラのハイウェイを飛ばし、香港と中国の税関に到着。いったんエルグランドから降りて荷物を持って中国へ入国。
 時刻は7時半前で、中国人の入国ゲートは混雑しているけど、外人のゲートは誰も居ないドコロか窓口閉まってました。しかし私が柵に沿って進んで、窓口手前まで到着したところでカーテンが開き営業開始になりました。

 5秒ほどの審査で無事入国でき、中国側でまたリッキー(仮名)と合流してエルグランドに乗り、ちょっと走って車寄せに。(上の写真でもわかるように、このエルグランドは香港と中国の2枚のナンバープレートが付いています。ドライバーは車に乗車したまま中国と香港を行き来できますが、パスポートのスタンプ押すスペースが直ぐ埋まるのでは?と心配してみたり) 停車後リッキーは携帯電話で何か話していましたが、もう少しで次の乗り継ぎのタクシーが来て直接招待してくれた会社の工場まで連れて行ってくれるとのことを、ぁゃしぃ英語で教えてくれました。
 電話で何かやりとりしてくれてます。

 で、来ました。ホンダオデッセイ(多分日本のよりデカイ)


前のクルマが香港から乗ってきた右ハンドルのエルグランドで、乗ってるのが中国国内での移動でお世話になる左ハンドルのオデッセイ

 こちらも私一人の貸し切りで、ドライバーはぁゃしぃ英語も喋ることが出来ないので、寡黙なままどんどん中国を進みます。高速を2時間ほど走って、招待してくれた会社の工場に到着。

 まぁ、そんなこんなで中国のお仕事をしてきたのですが、ここにつらつら書くと年が暮れてしまうので、このあたりでお仕舞いに。

 帰国まで色々有り、良い経験になりました。

 ちなみに中国ではこんな高級ホテルに滞在でした。

なんで風呂がガラス張り?

 


 みんカラなので、クルマの話題を。

 ワタシが行った地域では、都市部ではメルセデス、ビーエム、ポルシェがよく目に付きますね。SUVも多いです。

トヨタとホンダとヒュンダイが大衆車的ポジションでよく見かけましたが、フォードはちょっと少数なかんじでした。




フォーカス2代目とか写ってますが、見かける殆どはMK3と3.5のフォーカスセダンでした。

肝心の現行モンデオも、ちらちらッとは見かけたのですが、よく見たらフォーカスセダンだったり・・・ということも。


 ピンぼけですが、多分モンデオですよね?



 こちらはフォーカスセダンです、多分。

フィエスタもホドホド見るのですが、コンパクトハッチは全体数が少なく、セダンとSUVばかりな気が。クーガは多かったですね。日本に入らなかった新顔のクーガも初めて見ました。

 マツダもフォードと同じくらいの目撃頻度ですが、現行アクセラとアテンザは目立つのでちょくちょく目に付きました。それと、初代アテンザは地方の高速で良く見かけました。



 2ドアのクルマが少ないというのもお国柄なのか、ダッジチャージャーとカマロと911を見たくらいでした。ランボとかバンバン走ってそうなイメージだったのですが、ワタシが行った地域ではそうでもないようで。

 中国車も多数有ったのですが、タクシーで乗ったクルマがこちら。


 お尻はマツダのようなマークXのようなデザインでも前からはぜんぜん違う中国車。
運転席周りはゴージャスなのですが、後席はペラペラな感じ。

 トヨタ車は頻繁に見るのですが、先代クラウンとマークXが多かったかなぁ。都市部ではレクサスも多かったのです。

 が、やはりメルセデスビーエムポルシェのSUVがウジャウジャでした。景気良いんだろうなぁ。

 まぁ、兎に角色々なクルマを観ましたが、道路が滅茶混みなのに意外と綺麗な凹んでいないクルマが殆どだと言うこと。欧州と違い凹んだまま運転している人が少なくて、みんなこまめに修理してるのかも。

~本日のまとめ~

 ・帰りの香港空港ホテルで見つけました


 メルセデスは新しいのばかりで、Cクラスも少ないように感じました。そんな中希少な203が最後に

 ・香港のタクシーも、殆ど日本かと思うようなコンフォートな光景なのですが、ちらちらとフォードが混じってました

 エッジ?トランジット?乗ってみたい。

 中国から香港への戻りは、乗り合いタクシーのベンツVクラスでしたが、3列目で3時間くらい座ったのは苦では無かったのですが、耳の直ぐ近くにあるスピーカーから大音量で音楽が流れていたのがちょっとしんどかったですかね。そういえばエルグランドもオデッセイもVクラスも革シートでした。


 色々書きたいネタは沢山有るのですが、時間切れ、

 良いお年をお過ごしください!

*2018/1/4 ちょっと書足し、誤字修正しました。
Posted at 2017/12/30 13:05:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2017年12月18日 イイね!

クーペ兄弟

出国直前の修羅場です。

 年末に急遽仕事で出国することになったので、パスポートを作るために本籍のある岩手までスポーツクーペでとんぼ返りしてきました。雪が無かったので助かりました。戸籍諸本をうけ取り、ついでに近場の取引先と行きつけのオートバイ屋さんへ年末のご挨拶&カレンダー配りを。そして昼過ぎに兄の家へ寄りました。

 駐車場にスポーツクーペを入れるとき、後ろに停まっている兄の3が、こんなに綺麗だったかな?と思いつつ、家に入りました。

 コーヒーを飲みつつ、近況報告とクルマ話を。スポーツクーペを兄に見せるのは初めてだったので試乗してもらうことに。


 
 
 外に出て、やっぱり兄のベンベが変わっているのに気がつきました。

 兄はベンベ党なので、E30から3シリーズ(ときどきE34も)を中心にしたベンベの格安中古をかれこれ30年近く10台くらい乗り潰し乗り継いでいて、今回も夏に格安中古を買って乗換えたのだとか。というか、今回のE46はクーペ !でした。ベンベも同程度だとやはりセダンワゴンよりクーペの方が格安で程度の良い弾が多いそうです。兄の娘2人も独立してセダンやワゴンである必要が無くなったのですね。なんでも、関東に引き取り自走で帰宅途中で冷却水ラインのプラが割れて、長距離レッカーのお世話になったとか(笑 さすが格安中古輸入車です。

 兄が2枚ドアに乗るのは、パンダセレクタ以来ですよ(笑 

 車両は318Ciってヤツで装備も簡素な素モデル。走行も6万キロ、年式も含めて私のスポーツクーペと殆ど同じ時代で同じヤレ具合です。 エンジンは2リッターNAのバルブトロニックス+5ATで、私もモンデオ後継でコンパクトは検討したのですがあの顔が今ひとつ好きになれなかったのと、クーペはトランクだから積載性がイマイチかと思って辞めたのでした。(それに実家がベンベだらけだったので、ベンベはあまり選びたくなかった)

 とりあえずスポーツクーペに乗ってもらい私は初の助手席体験。やはりスーパーチャージャーのアクセルつきの良さ、トルクの厚さが面白いそうです。足回りが柔らかいのと、ブレーキの初期制動が食いつかないで粘るような感じが意外だったようです。あとシートがフカフカだとか、ハンドルが大きいとか。ラグジュアリー(死語)的なクーペだな、と。10分ほどの試乗を終えて、私が兄の車のハンドルを握ります。

 駐車場で運転席について直ぐに足がペダルに届かない・・・ ドンだけヨーロピアンなポジションなんだ、と思いつつシートを前に出そうとシート下に手を伸ばしますが、それらしいレバーがありません。シートを前へスライドさせる仕方がわからない(笑

 とりあえず家の前の道路まで出して駐めて、兄が助手席に乗ってきたときに操作法を聞きます。スライドはシート右側の何個か有るレバーのひとつでした。あー、そういえば古いベンベもそうだったな、と思い出しましたが、シートポジションの調整レバーが多すぎでみんな並んでいるので、慣れないで夜だったら絶対操作できないですね。

 兄からは「パワーシートの暗電流で悩むくらいなら、手動の方が気楽で良い」との達観したお言葉。

 遠いペダルのポジションは、乗り降りの時に腰に負担を掛けないようにシートをめいっぱい下げているだけだそうで(笑

 ポジションを取り直して、イザ走り出すと、軽い。(後で調べたらスポーツクーペより100キロ以上軽い)そしてスポーティーな足回り。シートも包まれ感があり、ハンドルも小径で手応えが有り、ブレーキも最初からガツンと効いてくる。何よりセンターパネル含めて運転席がドライバーを包み込むレイアウトとオレンジで統一されたパネル類と、スピードメーター下の瞬間燃費計の針に「あぁ、ベンベってこんな感じだ」と思い出します。

 走り出すと2Lなのに318を名乗るだけ有りパワーは無いです(笑  しかしコレはスポーツクーペに慣れすぎた自分の感覚が狂ってきているからかなぁ。街乗りは軽い車体と軽快なハンドリングで、ちょっとした右左折も楽しいですね。エンジンも軽く回ってくれるし。

 聞けば、高速の巡航時の加速などで6気筒時代の2Lと比べてもパワーが足りないな、と思うことがしばしばあるとのこと。でも軽い車体と鼻先で車線変更は軽快かつ安定しており、法定速度+αでの巡航は苦に成らないそうです。

 期せずしてベンツとベンベの同クラスのクーペを乗り比べ出来た訳ですが、全く違う乗り味と設計思想で面白かったです。その後スポーツクーペに乗って帰るとき、やはり足回りの柔らかさとスポーティーさを感じない点が気になりましたが、その柔らかさがもたらしてくれる疲労度の少なさを感じますし、何より2L+SCの右足に直結する加減速の良さも再認識しました。

 コレでは次期営業車のパワーパック選びは難しそうですね・・・ (2Lエコブーストのクーガなら文句なしですが)

 そういえば、なんとなくモンデオのハンドリングや足回りはBMW寄りでしたから自分にしっくり来たのかなぁとも思います。

~本日のまとめ~

・コンパクトの市場狙いでCクラスにガラスハッチクーペを投入したけれど、このクラスにはAクラス投入で代替とされて、あらたな204クーペは3クーペへのガチンコ対抗としてが設定されたのでしょうかね。204クーペがどんな感じなのか、乗ってみたい気持ちもあります(買えるとは言っていない


・家族4人でスポーツクーペにのり、今年も行きました、光のページェント。


 このときばかりはガラスルーフ最高です。

・香港~中国で見られるクルマが楽しみです。是非現行モンデオが見てみたい。

・ではまた1週間ほどサヨウナラ~ 生きて帰ってこられますように(-人ー)南無
Posted at 2017/12/18 10:57:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニマイドアスキー | 日記
2017年12月08日 イイね!

勿体ないけど

勿体ないけど 深夜の仕事中に、ツイッターのタイムラインでフォーカスRSがクレーンに摘まれている写真が目に入りました。

こちらのサイトに動画があります。



 青いRSのあとに爪の下にはグレーのSTワゴンが置かれるのですが、コレは本文を読むとショーカーと言うか先行量産車の破棄って事らしいです。

こちらの動画の展示車のようです。


けど、勿体ないお化けが出てきますよねぇ、これは。


 さ、お仕事頑張ろう(涙

~本日のまとめ~

 ・急ぎの仕事でパスポート申請をしなけりゃなら無くなった。日当も食事も航空券も旅費もホテルも全部お抱えして貰うお仕事なので大歓迎なのだが、あと10日後のことなのに香港から中国のどこへ向かうのかが未だに不明(汗 香港まで飛べばで顧客の案内人がピックアップしてくれるらしいのだが、クリスマスには帰ってきたいなぁ・・・

 ・娘へのクリスマスプレゼント、買う暇ないのがピンチ。香港の免税店で何か有れば良いのだが。
Posted at 2017/12/08 02:26:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 閑話休題 | 日記
2017年12月06日 イイね!

C-HR試乗・・・と言えるのか?

先月になりますが、11月の最初の土曜に家族サービスで長女を楽しませるため仙台港の展示場へ家族で出向きました。




 トヨタカローラ宮城の感謝祭でのプリキュアステージ鑑賞です。
 こういうのをヤラレルと、家族連れで行かざるを得ないですよね。無料振る舞いの豚汁や、料理コーナーもあるし、思いっきり家族というか奥様を連れてこさせるのがターゲットなのでしょうね。

 私は眠った次女をだっこしながらステージから離れて、プラグインのプリウスのハッチを開けて「コレがドライカーボンとポリカかぁ」と、感心したり、2台有るのを比較してCFRPの仕上げにばらつきが無いか目を光らせてみたり。カムリを見ながら、ガソリン仕様が有ればなぁ。。。と独りごちしてみたり。

 プリキュアショーも終わって握手会も参加したら、小腹も空いたので、屋外の屋台コーナーでご飯を食べているときに、その脇で86がスキール音を鳴らしながら走っている訳ですよ。スラローム体験だそうで、S字を走って1回転して、車庫入れして、と言うコース。

 暫くしてプロドライバーの伊藤大輔選手のデモ走行が有るというので、見てみました。プロはうまいなぁ~とカミさんや娘達と見てました。

 お!試乗車にはC-HRも有るじゃ無いですか。しかもガソリン仕様。カミさんが折角だからやってきたら?と言うので、誓約書にサインしてスラローム体験を申し込みました。

 自分の番になり車両に乗る前に係の人に、「これ、FFですか?」と聞いたら、「ガソリンだから多分4WDです」との回答。 ま、どっちでも良いんですけどね、スタート以外ではFFだろうし。殆どの人が86の6MTを選択するようですから、C-HRは刺身のツマみたいなモノですかね。私にとってはどきどきの初めての試乗です。


 前走の人は86でギュンギュン走って回転してます。うまいなぁ。その間に私はポジションあわせて、エアコン切って待機です。ポジション、良いけど左の見切りが悪いなぁと感じてたら前走の人ゴール。37秒くらいでした。
 ちなみにプロドライバーは26秒ですからメッチャ速かったです。

 スタートラインに移動してください、と言われたのでシフトレバーをPからLにいれようとしたら、Dしか無い(汗
 おまけに外の声が聞こえるようにと窓を左右開けてスタートラインに着いたら、窓を閉めろと係の人に注意されます。え~。内心動揺です。 ここまで30秒くらい?座って2分も経っていません。

 ほい、スタート。


 直後に、ガコン。

 痛恨のパイロンヒット。カミさんも笑ってカメラが車体を追っかけていない(笑

 はじめて乗って2分くらいのクルマでいきなり全開にして走り出したら、ショウガナイですよね。気を取り直して、クルクル回ってみます。

 車庫入れは後ろを直見してましたが、バックモニターがあることに途中で気がつき(汗

 ゴール。

 タイムは35秒台でした。これにてC-HRの体験試乗終わり。

 ゴール後にドアを開け下車すると係の人に「かなり速かったですよ~」と声を掛けられるが、「え?そうでしたか~」と返答しつつ速攻で車体左側を確認。走行中はパイロンヒットで車体に傷が入ったんじゃないかと、気が気ではありませんでしたが、目視の感じでは買取りの必要は無さそうで安心しました。


 帰宅後、カミさんが気を利かせて動画で撮ってくれてたので見直すと、ちょっとスタート後のライン取りが雑ですね。回転はそれなりに丁寧に回れてるようにみえますが、素人走りですなぁ。。。
 ま、こんなもんですよ。むしろ、座って直ぐの他人のクルマを全開にするなんてなかなか無い経験でした。

 で、C-HRに3分乗っての感想

・リヤフェンダー周りの見切りが悪い(言い訳) でも、バックでもちょっとあの張り出しは気になりますから、ドアミラーのセッティングが大事と思いますね。

・運転ポジションは普通に取れるし良い感じ。左足でブレーキもOK

・スタートで全開でもスキール音さえ出ないのは4WDだからかな?

・ブレーキは踏み心地良かったですね。

・ハンドリングも、今思い起こしてみれば素直だった。特に違和感は感じませんでした。

・やっぱ1.2Lだと、モアパワ~って感じかなぁ。

~本日のまとめ~

・FFのC-HRにも乗ってみたいですが、街中試乗だけでは満足できないかも。

・こういうイベントは、ディーラー側もあまり売る気が無いので楽しいですね。
2017年12月03日 イイね!

ふ~ゆ~が~は~じまるよ~♪

ふ~ゆ~が~は~じまるよ~♪ 今年はコンビニのビールコーナーで冬物語が幅を効かせていないように感じるのは気のせいでしょうか?


スポーツクーペのタイヤ交換をやっとこさしました。
 仙台近郊の平野では、深夜早朝でも無い限り凍結してない、日中は比較的穏やかな11月で、周りを見てもまだまだノーマルタイヤの車が多いのです。これは今月どかっと降ったときにタイヤ屋とガソリンスタンドに長蛇の列のパターンですな。

 10日にガソリンスタンド車検(と言っても県の陸運局ラインに持込)に出すので、冬タイヤ交換がてら下回りやリヤブレーキパッドを見ました。ブーツやゴム類はOKですし、リヤブレーキパッドも多分大丈夫と思いますが、センサーが発動するのは残量がかなり有る段階なので、ラインに通すまでは持って欲しいです(-人ー)

 その他に車検前整備としてはエンジンオイルとフィルターの交換を来週日曜に予定しており、手持ちの切れていたオイルを発注しました。考えるのも面倒なので、前回と同じガルフの化学合成油にしておきました。特に問題も無いので。

 今回で2回目の車検。スポーツクーペを乗り出して4年経ったと言うことですね。
 思っていた以上に壊れないことと、ゴム部品もモンデオよりは耐久性が良い感じがします。修理は消耗に関わる部品以外ではやっていません。CDチェンジャーが不調のままで、コレが目下の懸案事項ですが、長距離の予定も無いのでそんなに困ってはいません。

 ただしプラ部品については寄る年波を隠せない感じで、助手席サンバイザーの鏡のフタが折れたり、後席ヘッドレストのプラカバーが割れたりと言う感じです。センサーとかカプラーとか、ハーネス周りのプラ部品も同様でしょうね。
 このあたりは末期のモンデオもそうでした。国産車も15年も経てば程々劣化はしますしね。

 あと2年は維持していきたいところです。

~本日のまとめ~

 ・コンパス、2.2Lだけになったんですね。コレは残念。コンパスにツインエアーは無理でしょうか?

 ・現行モンデオ、欧州では売れているんですかね?

 ・暦の上ではディセ~ンバ~ でも財布がサバイバァ~♪
Posted at 2017/12/03 14:53:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビジネスクーペ | 日記

プロフィール

「カローラスポーツのMT乗ってみた。」
何シテル?   11/08 11:11
もうすぐ雨のハイウェイ~♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

11 人のお友達がいます
susp2susp2 海幕海幕
takechicotakechico emememem
fratokofratoko せお。せお。

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
モンデオセダンで4年を過ごすも、やはりガラスハッチクーペが欲しいと、色々調べて探して行き ...
フォード モンデオ セダン フォード モンデオ セダン
フォーカスST170を中古で捜しているときに発見。冷やかし半分で中古店に見に行ったら、プ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.