• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年09月15日

7月6日の塩分補給 青森遠征「マリン・フェスタin大湊2019」へ。後編

7月6日の塩分補給 青森遠征「マリン・フェスタin大湊2019」へ。後編 皆さん、こんにちは。7月6日の海上自衛隊大湊基地の「マリ
ン・フェスタin大湊」後編です。
基地内見学中は、厚い雲の切れ間から日差しも射して、雨に
当たることも無く、艦艇を見て回る事ができました。当日は多
くの艦艇ファンが訪れていました。前編では、第一突堤に係
留中の護衛艦「ゆうだち」「すずなみ」「しらぬい」の艦内見学
の模様を見学順路でアップさせていただきましたが、後編は
護衛艦DE「ちくま」の、体験航海の出航の模様から、アップし
ます。


↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが
流れますのでVOLには、充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。




護衛艦「ちくま」の体験航海の出航時間が迫ってきました。港内には、大湊基地港務
隊の曳船50t型YT77、260t型曳船YT81号がスタンバイし始めました。

YTから曳航索が、本艦へ繋がれました。

マストのヨウキ線に「出港用意」を意味する、「U旗」が反旗で揚がりました。
間もなく出航ですね。


次々と舫がレッコーされました。




「出港用意」のラッパが流れ、曳船に曳かれ、ゆっくりと離岸していきます。同時に、
半旗だった「U旗」が全旗となりました。艦首ではこれと同時に艦首旗が降下されま
した。



曳船にサポートされて旋回です。


100名の乗船者を乗せ、約一時間ほどの湾内クルーズに出航して行きました。


乗船された知り合いから頂いた画像です。

続いて、第二突堤へ向います。




こちらには、DE-231「おおよど」が停泊していました。
あぶくま型3番艦 護衛艦隊第15護衛隊(大湊)
排水量: 2,000t 全長:109.0m 全幅:13.4m 深さ:7.8m 吃水:3.8m
機関:CODOG方式 出力:27,000PS
主機:三菱 S12U-MTKディーゼルエンジン × 2基(4,650PS)
川崎/ロールス・ロイス スペイSM1Aガスタービンエンジン × 2基
推進器:スクリュープロペラ × 2軸 速力:最大27ノット以上
乗員:120名 
建造所:三井造船玉野工場 就役:1991年1月23日
今回本艦は公開無しでした。航海後の休養なのかもしれませんね。

第二突堤反対側には、大湊地方隊余市防備隊のミサイル艇PG-825「わかたか」が停泊
していました。本艇は余市基地のへの回航途中で、急遽公開が決まったそうです。
大湊地方隊余市防備隊第1ミサイル艇隊
はやぶさ型ミサイル艇の2番艇 PG-825「わかたか」
基準排水量:200トン 全長:50.1m 全幅:8.4m 深さ:4.2m 吃水:1.7m
機関: GM-IHI LM500-G07ガスタービンエンジン(5,400PS)3基
ウォータージェット推進器:三菱MWJ-900A 3基
速力: 最大44ノット 乗員: 21名 船質:アルミ合金
兵装: 62口径76ミリ単装速射砲 1基 12.7mm単装機銃M2 2基
   90式SSM連装発射筒 2基
建造所:三菱重工業下関造船所 就役:平成14年3月25日 の生まれ
定係港:余市
余市防備隊第一ミサイル艇隊は同型4番艇の「くまたか」と本艇の2隻にて編成され
ています。 

艦首の錨鎖軌条

62口径76ミリ単装速射砲

上甲板のみの公開で、直ぐに終わってしました(笑) 乗員の方も申し訳なさそうに
「今回はこれだけなんです」と言っていました。

90式SSM連装発射筒

ウォータージェット推進機の噴射展示が行われました。まあ、過去に何回か見てるんですが、今回も見ることに。

右舷機(1号機)ガスタービンが起動され、ノズルから水流が噴射されます。

続いて中央機(2号機)

最後に左舷機(3号機)全機とも航行しないよう、バケットは中立です。

V舵と言われる、離接岸時のノズル配置です。


水中処分隊が使用する、処分艇の港内の体験航海も行なわれていましたよ。

YD06作業船6号(作業船4号型)
水中処分隊と共に処分艇乗船体験者の落水者警戒を行っているようです。
因みに本船は海自でもで2隻しかない貴重な支援船のうちの1隻。船外機付きの小さ
い和船です。


今回残念ながら乗船できなかった、汎用護衛艦DD-155「はまぎり」
あさぎり型護衛艦の5番艦。護衛艦隊第15護衛隊
基準排水量:3,550t 全長:137.0m 最大幅:14.6m 深さ:8.8m 吃水:4.5m
機関:COGAG方式
主機:川崎ロールス・ロイス オリンパスSM1Aガスタービン 4基
出力:54,000PS 推進器:スクリュープロペラ × 2軸
最大速力:30ノット 乗員:220名
兵装:62口径76mm単装速射砲 × 1門
   Mk.15 Mod2 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
ハープーンSSM4連装発射筒 × 2基
GMLS-3型A シースパロー短SAM8連装発射機 × 1基
74式アスロック8連装発射機 1基
   68式3連装短魚雷発射管 × 2基 
建造所:日立造船舞鶴工場 就役:1990年1月31日
造船マン時代、本艦建造時、2ヶ月間舞鶴工場の繁忙期の応援で、電気艤装(結線作業)
に従事しました。今回は定期検査前ということで、公開がありませんでした。



DE「ちくま」が帰港したようです。




当初公開予定で今回公開が見送られた、中型掃海艇MSC689「あおしま」が出港して
行きました。本艇は大湊地方隊隷下函館基地隊所属第45掃海隊所属です。
函館基地へ帰るのでしょうか?
中型掃海艇「あおしま」MSC689 すがしま型中型掃海艇の9番艇
排水量:基準 510t 長さ:54.0m 幅:9.4m 深さ:4.2m 吃水:3.0m
船質: 木(ベイ松、けやき、タモ等)
主機関:三菱6NM-TAIディーゼル 900hp/670 kW×2基 出力:1,800PS 
補助推進電動機 130kW/170hp×2基 CODOE方式
推進器:スクリュープロペラ × 2軸 バウスラスター 1基
速力:最大速 14ノット 乗員:45人 
建造所:USC京浜事業所鶴見工場 就役:2005年2月9日

陸自車両も展示されていました。

化学防護車 


車両後部に装備されている、マニプレーター。汚染された土壌のサンプルを採取する装置で、造船マン時代製造に携っていました。当時川崎にあった小松製作所で製
造されていた、82式指揮通信車をNBC偵察車両に改設計して製造された車両に取り付けしていました。



気象測定装置や汚染地域を可視化する黄色三角旗の投下機も備えています。
懐かしいものを見せてもらいました。
まだまだ見ていたいところでしたが、イベント終了時刻も迫って来た為、基地のシャ
トルバスで、駐車場へ向いました。




最後に大湊基地傍の、多目的広場から、護衛艦3隻を撮影してと。八戸よりシルバーフェリーに乗船し帰路につきました。今回も艦艇三昧の遠征となりました。また、来年も見に来たいですね。





今回のBGMも、幾度ものメンバーチェンジを経ながら40年以上に渡って活動し、現
在でも多くのハードロック・ヘヴィメタルファンから根強い人気を誇っている、ブラックサバス(Black Sabbath)です。
1983年11thアルバム「BORN AGAIN」より「TRASHED」です。
ディープ・パープルのイアン・ギランが、1983年から1984年のブラック・サバス時
代に制作した唯一のアルバムです。イアン・ギランの暴走振りに、サバスとパープル
が合体し、最高に恐いサウンドが出来上がってしまった、そんなナンバーです。イン
トロのベースとシャウトがからまっていて最強のHRだと思います。
ブログ一覧 | | 日記
Posted at 2019/09/15 14:06:28

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

6月30日の塩分補給 青森出張・「 ...
gogo28@永遠の25歳さん

6月30日の塩分補給 青森出張・「 ...
gogo28@永遠の25歳さん

掃海艇 つのしま
dora1958さん

海上自衛隊 ミサイル艇わかたか
冒険野郎★スカRさん

塩分補給  舞鶴訪問
dora1958さん

海上自衛隊 護衛艦ゆうだち
冒険野郎★スカRさん

この記事へのコメント

2019/09/15 14:59:13
こんにちは
久し振りに大湊総監部の景色を見て懐かしく思いました
完全民間人の私ですが、
一時期総監部内で仕事をしており、1突、2突、5突、6突、航空隊と動き回っていたのを思い出しました

水中処分隊のボートは乗ってみたかったなぁ
あと、ミサイル艇が芦崎湾を出たあとのスピード!
また見たくなっちゃいました(笑)

楽しめました、ありがとうございます
コメントへの返答
2019/09/20 07:23:24
えすごおまるさん、こんいちは。
コメント頂き有難うございます。

そうでしたか、基地内でお仕事をされていたんですね。さぞかし基地内は、色色とお詳しいんでしょうね。

タグボート、処分艇での港内クルーズは、人気が有るようで、受付に多数の列が出来ていましたよ。昨年は、処分艇ではなく高速複合艇でした、今年も複合艇であれば並んだかも(笑) タグボートは昨年乗ったのと、待ち時間が長くて、艦艇見学をゆっくりしたい為、今年はパスしました。

また来年も時間があれば行きたいと思っています。

これからもフォローよろしくお願いしますね。ありがとうございました。

2019/09/15 15:56:42
おっさんですが処分艇に乗り、すずなみ内でカレーを食い、ちくま体験航海に出て遊んでおりました(;^_^A
マリンフェスタは見る所が多すぎて航空基地の方まで見る時間がないのが心残り。
来年も楽しみですね!
コメントへの返答
2019/09/20 07:32:02
宮藤芳佳_さん こんにちは。
コメント頂き有難うございます。

そうでしたか、羨ましいですね。
自分は、現地10時過ぎの到着で、体験航海の受付は完全アウトでした。
各アトラクションも、この時間では、長蛇の列でしたのでパスでした。

一日だけでは、航空基地まで足を伸ばして、見ることは出来ませんね。

また来年も時間があればお邪魔したいと思っています。
これからもフォローよろしくお願いしますね。ありがとうございました。
2019/09/15 16:40:40
知ってる名前の船がチラホラとあって嬉しいです
今度は沈まずに最後まで任務を全うして日本を守って欲しいと思う今日この頃
海上自衛隊の船はなんでひらがななのですか?
同じ文字の名前使っちゃいけないとかあるんですかね
後名前って決まりあるんですか?
この数年前[かが]が就役しましたけどいつか[あかぎ]が生まれないかなと勝手に妄想してました
でも面白いですね昔は空母だった[蒼龍]が生まれ変わったら潜水艦ですからね
何にしても国を守る船があるのは嬉しいです
コメントへの返答
2019/09/20 08:02:34
トリいさん こんにちは。
コメント頂き有難うございます。

艦名がひらがな?の件は、諸説ありますが、仮想敵国(漢字使用国)が日本の護衛艦を特定するのを、日本側が無線傍受のときに取らえ易くする為です。
漢字だと例えば中国語読みで、日本語とは全く異なる発音を使って護衛艦を特定する事が可能です。(「金剛」をチンカンと言われるよりも、コンゴーと発音されたほうが、どの護衛艦を特定しているのかが把握し易くなります)ひらがなだと日本語の発音どおりに特定するしかないからです。
艦艇の名前ですが、海上自衛隊で使われる艦艇の名前には様々な種類が存在します。自衛艦の名前は一定の命名規則に従って防衛大臣が命名するものとされています。
艦名が付与されるに当っては、いくつかの決まり事と言うよりは慣習があります。自衛艦には同型艦が多数ありますが、基本的に同型艦には同じ様な由来の命名を行うと言うのが大原則になります。一番分かりやすいのは護衛艦の「○○ゆき」(雪型)「○○なみ」(波型)「○○ぎり」(霧型)など天象・気象、山岳、河川、地方の名前がつけられています。また旧海軍の艦種別命名規則が根強く生き残っていて、排水量の小さな汎用護衛艦に戦艦で使われていた様な艦名が付く事は暗黙の了解でタブーとなっています。なのでDDGイージス護衛艦や、DDHヘリコプター搭載型護衛艦には、旧海軍の重巡洋艦の名前がつけられていますね。
潜水艦は、「○○しお」最近は「○○りゅう」の様に海象・水中動物の名、ずい祥動物の名となっています。掃海に関わる艦種は、島の名または海峡(水道・瀬戸を含)の名となっています。「○○しま」。実際には大型艦の掃海母艦「うらが」(東京湾の入口・浦賀水道)等海峡に関わる名前を貰い、掃海艦が比較的大きめの島の名前を、掃海艇が掃海艦よりも小さめの島の名前が命名されます。例えば最新型掃海艦のネームシップ「あわじ」は淡路島は面積が約600平方km。対して最新型掃海艇のネームシップ「えのしま」は湘南の江ノ島。江ノ島の面積は1平方kmもありません。

新しい艦の進水式直前には命名予想で毎度盛り上がりますが、艦名についての基礎知識があると、より一層楽しめるかもしれませんね。

これからもフォローよろしくお願いしますね。ありがとうございました。 
2019/09/15 21:43:25
サバスはアルバムジャケットが素晴らしく怖いですよね♪
サバスらしいかといえば前編のロニー同様に?かと思いますが、サウンド聞いてしまえばさすがの出来ですね。
Deep Purpleのロックの殿堂の件を読んで少々暗い気持ちにはなってしまったのですが。。。あんまり関係はないですね(笑)
コメントへの返答
2019/09/20 08:52:39
たけぱさん こんにちは。
コメント頂き有難うございます。

「ブラック・サバス」のアルバムジャケットは怖いものが多いですよね。特に1stの「Black Sabbath」荒涼とした背景、池の前に佇む青白い顔の女性は魔女でしょうか、それともゾンビ?ぞわっとくる怖さがあります。
このアルバムジャケットも今では、バイキングの小峠にも見えてくるくらい怖いです(笑)

このアルバム、賛否両論ありますが、凄いのは今の時代…このアルバムリリースから30年以上経過しているのに今のメタルアルバムに比べて何も劣ってないという事。音も雰囲気もテクニックもメタリックさもインパクトもジャケットも全てに於いてつい最近リリースされた、と言われても説得力のあるアルバムとして君臨している感じがします。「ブラック・サバス」を聴くならここから聴けとは言えないけど聴くならここまで理解しろ、とは言えるかも(笑)

「Deep Purple」のロックの殿堂の件、当時は、まだまだ昔の事を引きずってるのか?と思っていましたが、ただ受賞するメンバーの選考がどうなの?って今でも思っていますよ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「場違いですが 同級生のいる ルノーでオイル交換です。」
何シテル?   10/13 10:05
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
今から30年前、横浜にいたころ乗っていたクルマです。S60年式です。720ロングからの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.