• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年01月22日

9月2日の塩分補給① 「MV・ヴァイキング・オリオン」今期2度目の寄港

9月2日の塩分補給① 「MV・ヴァイキング・オリオン」今期2度目の寄港 皆さん、こんにちは。やっと9月のブログに入りました。9月2日
この日は、夏の様な青空が広がり、一時通り雨も降りました
が、気温も27℃と、9月に入ったのに、夏に逆戻りした様な陽
気となった我が街小樽でした。この日、米国「バイキング・オー
シャン・クルージズ」社が所有・運行の、2018年に就航し、5月
に小樽港へ初寄港した、ラグジュアリークラス・クルーズ船
「MVヴァイキング・オリオン」47,861tが、今期2度目の寄港を
しました。今回も入港の模様をいつもの祝津パノラマ展望台
から追っかけてきました。


↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには、充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。

今日も、朝9時いつもの祝津パノラマ展望台へ出動しました。

先月末から、改修工事に入った日和山灯台、外壁の足場架設工が始まるようです。既に足場材搬入用のステージが架設されていました。


祝津沖に前港ロシア・コルサコフから、小樽港を目指す、「MVヴァイキング・オリオン」の白い船体が見えてきました。

遥か後方には、本船の後に入港する「にっぽん丸」の姿も見えました。



日和山灯台沖を航行していきます。入港迄の間、逆光と機材と撮影の腕の悪さで、色があまり出てませんがご容赦ください。

この日も、パイロットを乗せ「たていわ丸」が、本船へ向かっていきました。

本船のギャングウェーが開きました。



航行する本船に接舷し、いつも通りごく普通に、パイロットを移乗させました。これには、経験と高い操船技術が必要なんですよ。

本船「たていわ丸」にエスコートされ、小樽港へ向かいます。




小樽港々口に向かって航行してきました。





本船今期2度目の入港です。今日はお天気も良いので、沢山の船客がプロムナード、客室バルコニーに出てきています。




デッドスローで接岸する第三埠頭へ向かってきます。



14番岸壁に近づいてきました。ムアリングステーションには、女性のサードオフィサーとデッキクルーがスタンバイしています。


トップデッキのプロムナード、入港時よりも船客が増えてますね。ブリッジには接岸時の舵をとるキャプテン、船首尾への係船作業の指示を出すチーフオフィサー、パイロット(水先人)の姿が見えます。



ムアリングステーション上からサンドレッドが投げられました。




スプリングラインが降ろされ岸壁のビットに繋がれました。



サードオフィサーが、バウラインを舫うビットの位置を指示しています。バウラインが降ろされビットに繋がれました。



ブリッジでは接岸後の作業状況を確認するキャプテンの姿が見えました。





タラップが架設され、パイロットが降りてきました。その後、ボーディングゲートも設営されました。


接岸完了です。


接岸時船首のムアリングステーションにいた、サードオフィサーが入港時の吃水を確認していました。



MVヴァイキング・オリオン(MV Viking Orion)
総トン数:47,842t 全長:227.2m 幅:28.8.0m 深さ:14.73m 喫水:6.3m
主発電機:MAN 9L32 / 44CR(2×5,040 kW)
    MAN B&W 12V32/ 44CR(2× 6,720kW)
推進:電気推進 2軸(7,250 kW)バウスラスター2基(1,400KW)
速力:17ノット 最大20ノット
アイスクラス:1C 船級:LR(ロイドレジスター) 
客室数:465室(全室海側ベランダ付き)
船客: 930人 乗員:602人 船籍:ノルウェー・ベルゲン
建造所:イタリア・フィンカンティエリ社マルゲラ工場 就航:2018年6月
本船は、スイスのバーゼルを拠点とする、川と海のクルーズを提供するクルーズライン「バイキング・クルーズ」が、2013年に海のクルーズ部門として設立した、米国「ヴァイキング・オーシャン・クルージズ」のヴァイキング・スター級の5番船として建造されました。ヴァイキングスタイルの美しい外観を持つ船で、比較的小柄な船型を生かして小規模な港へも寄港する事ができるプレミアムクラスのクルーズ船です。



後部へ突出した、特異な船尾形状が特徴です。

本船は、この日は終日小樽港に停泊し、明日14:00東京へ向け出港します。

小樽駅前中央通りからの眺め。

夜景も撮ってきました。明日の出港時も見てきますよ。




今回のBGMは、北欧メタル最初期を代表する、ノルウェー出身のハードロック・バンド「TNT」です。
1984年2ndアルバム「KNIGHTS OF THE NEW THUNDER」より「SEVEN SEAS」です。
どっしりしたミドルテンポで実に渋いアルバムオープニングナンバーです。叙情的なメロディや、全体に漂うひんやり冷たい空気感はさすが北欧メタル。曲名のように、7つの海の支配者になって欲しかったなぁと思いますね。
ブログ一覧 | | 日記
Posted at 2020/01/22 11:49:06

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

5月8日の塩分補給② 「MVヴァイ ...
gogo28@永遠の25歳さん

9月3日の塩分補給② 「MV.ヴァ ...
gogo28@永遠の25歳さん

9月2日の塩分補給② 「にっぽん丸 ...
gogo28@永遠の25歳さん

6月11日の塩分補給 仏クルーズ船 ...
gogo28@永遠の25歳さん

5月9日の塩分補給①「コスタ・セレ ...
gogo28@永遠の25歳さん

5月9日の塩分補給②「MV・ヴァイ ...
gogo28@永遠の25歳さん

この記事へのコメント

2020/01/22 23:41:08
こんばんは。^^

船尾の特異な形状にも、ほうほうと感嘆しつつ…やはり中央通りからの眺めに驚愕してしまった自分です♪

この景色…いつか見に行きます!!
コメントへの返答
2020/01/26 21:41:58
しげ爺太さん こんばんは。
コメント返信が遅くなりごめんなさい。

小樽駅の玄関を出たら、真正面に船が見えます。全国的にも珍しい光景かも。
ぜひ見に来てくださいね。
2020/01/30 21:42:07
こんばんは(^^ゞ

サードオフィサーの後ろに、にっぽん丸の入港している姿がさり気なく配置されており、良い感じですね。
コメントへの返答
2020/02/01 18:45:01
TMKさん こんばんは。
コメントいただきありがとうございます。

ありがとうございます。偶然なんですが、良いタイミングで、
撮影できました。

この日は、本船、にっぽん丸、巡視船つがるの出港と、忙しかったです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今週の和風総本家楽しみです。
https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/
何シテル?   02/17 13:09
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
初めて買ったクルマです。当時はトラッキンブームでしたからね。マークIの14インチに60で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.