• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2019年10月06日 イイね!

7月18日の塩分補給① 多用途支援艦ASM-4302「すおう」寄港

7月18日の塩分補給① 多用途支援艦ASM-4302「すおう」寄港皆さん、こんにちは。暦の上では10月、今月末位には白いも
のがチラチラと降ってくるというのに、ブログ上ではまだ夏の
話題を時間を見つけては、ちまちまアップしています(笑)
7月18日この日は、雲の広がる涼しい朝を迎えました。日中
の最高気温は25℃でしたが、日差しが少ない割に暑く感じた
一日となった我が街小樽でした。
19日に護衛艦「かが」「すずつき」が小樽港へ寄港する為、海
上自衛隊大湊基地大湊警備隊の多用途支援艦ASM-4302
「すおう」が、「かが」寄港中に使用する防舷材を積んでこの
日の朝、小樽港へ寄港しました。

↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが
流れますのでVOLには、充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。



小樽で「すおう」の後甲板に機材等を積んで入港する姿を見るのは滅多にないので、
小樽港の南側、平磯岬へ向いました。


港外には既に多用途支援艦「すおう」が入港待機で漂泊していました。後甲板に防舷
材2個が積まれています。接岸埠頭で入港作業を行なう余市防備隊の到着待ちのよ
うです。


入港準備にかかったようです。左舷アンカーが吊錨になりました。


喫水部の波が割れました。行き足が立ち、これより小樽港へ向かいます。



前部甲板、艦橋両舷、後部には航海当番、見張員が配置されています。



速力を上げ、小樽港へ向かっていきます。



小樽港へ入港です。




入港後、左へ変針します。



艦橋ウイングには、艦長以下、当直士官の姿が見えます。ウイング前部ブルワークに
では、66cm測距儀を使用し、接岸岸壁までの距離を測っています。

「すおう」が接岸する勝納埠頭1番岸壁へ近づいてきました。

岸壁には、入港支援作業を行なう、余市防備隊の先任伍長以下隊員が待機していま
す。余市防備隊は、人口集中地域である道央圏に駐留する唯一の海上自衛隊部隊
です。海上自衛隊の大湊地方隊隷下の部隊で、小樽の隣町余市町の余市警備所を基地
としています。第1ミサイル艇隊とミサイル艇整備班を含む本部からなり、小樽港に
入港する海自艦艇の支援や沿岸地域・津軽海峡の防備、爆発物処理、災害派遣等を担
当しています。


艦上からサンドレッドが投げられました。



掌帆長の支持で、艦上から1番舫いが降ろされ、岸壁のビットに繋がれます。

1番舫いがビットに繋がると同時に、艦首の日章旗が揚げれました。



2番舫いも降ろされ、バウスラスターを使いながら、1番舫いを張り合わせ、接岸して
行きます。







3番、4番舫いも繋がれ、接岸完了のようです。


多用途支援艦「すおう」AMS-4302 
ひうち型多用途支援艦、5隻の2番艦 艦名は灘の名前に由来しており、「すおう」は
周防灘に由来します。
基準排水量:960t  満載排水量:1,400t
全長:65.0 m 全幅:12.0 m 深さ:5.8 m 吃水:3.5 m
機関 :ダイハツ6DKM28 ディーゼルエンジン×2基 出力:5,000PS
推進器: 2軸 速力:15 ノット バウスラスター1基 乗員:40名
就役:2004年(平成16年)3月16日 
建造所:ユニバーサル造船京浜事業所(現JMU)(受注USC、建造:横浜ヨット)
本艦は、81号型特務艇5隻の後継で、各種射撃訓練の支援の他、自走不能になった僚
艦や標的艦の曳航・消火・救難・物資輸送・離島に対する災害派遣や新装備の洋上試
験、航路警戒に至るまで多岐に渡る任務など多目的に使用する為に建造されました。
本艦は、就役後、横須賀地方隊に編入。その後新造の同型5番艦「えんしゅう」が編入さ
れた事に伴い、2008年2月20日大湊地方隊(現大湊警備隊)に編成替えされました。
定係港は大湊です。

余市防備隊の方々は、一般公開用のカラーコーン等の保安用具を降ろしていました。



この日は、ラフタークレーンの手配が無いようで、防舷材の水切りは、明日護衛艦
「かが」「すずつき」の入港前になりそうですね。

今回本艦の一般公開はありませんが、本艦の室蘭での一般公開のブログはこちらを





今回のBGMは、プログレ系の名のあるアーティストが集結したイギリスのスーパー
バンド、エイジア(ASIA)です。
1982年デビューアルバム「ASIA 詠時感〜時へのロマン」より「Only Time Will Tell」
です。
イントロの「ジェフ・ダウンズ」のキーボードの音、「スティーヴ・ハウ」の氷の上を滑る様なギター、「カール・パーマー」の力強いドラム、「ジョン・ウエットン」の湿ったボーカル。どれをとっても文句なしの「ASIA」の名曲です。
Posted at 2019/10/06 07:44:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「@ゆうくま さん そうです同じイベントです。毎年GW お盆休み 秋の三回行っていますよ。是非乗りに来てください❗」
何シテル?   10/28 19:58
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
今から30年前、横浜にいたころ乗っていたクルマです。S60年式です。720ロングからの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.