• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2020年02月11日 イイね!

9月6日の塩分補給② 根室海上保安部巡視船PS-02「さろま」出港

9月6日の塩分補給② 根室海上保安部巡視船PS-02「さろま」出港皆さん、こんにちは。今冬は暖冬だと言われていましたが、一
気に雪が降り、積雪も平年並みとなった我が街小樽です。
小樽の冬の風物詩「雪あかりの路」のオブジェ作り参加や、
小学校での雪像づくりと、イベントが続き少しアップが疎かに
なってしまいましたが、前回の9月6日の続きとなります。
大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の入港を見た後、
造船マン時代に建造工事に携わった、第一管区根室海上保
安部の180t型巡視船PS-02「さろま」が前日寄港し、この日
警備の為、出港するという事で本船の出港を見てきました。


↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには、充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。

本船は前日午後、小樽港へ寄港しました。入港時は仕事の為見に行けませんでしたが、塩分仲間からいただいた画像を。

「ダイヤモンド・プリンセス」の入港を見た後、本船が接岸する第二埠頭へ。恒例のパチリから




巡視船「さろま」PS-02 第一管区根室海上保安部
みはし型(しんざん型)180トン型巡視船 昭和63年度計画2番船。
総トン数:182t 満載排水量: 200t 
全長:46.0m 全幅:7.5m 深さ:4.1m
機関: 高速ディーゼル機関 3基 
  両舷機 富士SEMTピーエルスティック V形16気筒3500PS 2基
  中央機(ウォータージェット用)同上V型12気筒2400PS 1基
船質:アルミ合金 速力:公称35.0ノット
就役:1989年11月24日(平成元年)
建造所:日立造船㈱神奈川工場。
本型みはし型180t型巡視船は、外洋を高速航行可能で航続距離が長く、対馬海峡から日本海に至る警備救難業務に従事し、堪航性・操船性が良好な高速巡視船として整備され4隻が建造されました。みはし型巡視船は就役時、海保巡視船艇の中では、最高速を誇りました。本船はその中でも唯一北方型とし建造され、南方型には装備がなかった機関室内暖房ヒーター(ウェバスター)、船橋構造外板内面には防弾版が装備されていました。

本型は、波浪衝撃の緩和を狙って、船首部については乾舷を大きく取ってフレアを小さくした丸型高速艇の船型を組み合わせて、他の部分はV型高速艇の船型とした、ハイブリッド型と称される船型を採用しています。この船型は以降の巡視船にも継承されています。また、船体材料のアルミ材についても、平板にバルブプレートと称するリブをすみ肉溶接したプレリブ材を初採用した、巡視船であったように記憶しています。


自分がいた日立造船神奈川工場はアルミ船艇の建造では国内でも有数の技術があり、本船の船殻建造は、最初に平板を溶接しアッパーデッキを切り出し、その後フレームを立てて、外板、底板を貼り合わせ、ひっくり返して、上部構造を乗せ、機関搭載、配管、電装、内装という工程で建造していました。自分は電気艤装職で、本船の上部構造居室、船橋の電機設備の取付、配線、結線、海上試運転の仕事に従事しました。


就役時の兵装は13ミリ単装機銃でしたが、九州南西海域工作船事件以来、不審船対処の為、船橋から操縦できる、目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)付きJM61-RFS 20mm多銃身機銃に換装されました。


操舵室は、波浪衝撃や動揺を軽減する為に、船体中央に配置すると供に、全乗員分の
衝撃吸収用ダンパー付き椅子が配置されています。

船橋窓は防弾ガラスへ換装されています。就役時は防弾板が取り付けられる様になっていただけでした。当時建造された北方型だけは、まだ旧ソビエトとの冷戦時期だった為、船橋側壁裏側に、防弾板が設置されていました。南方型には設置されていませんでしたが、九州南西海域工作船事件以来建造されるアルミ構造の船艇には、防弾ガラス、防弾板が装備されるようになりました。因みに海上自衛隊の艦艇には、防弾版は採用されていないんですよね~。海保のほうが危険と隣り合わせということです。


本型式は4隻建造されましたが、昭和62、63年度計画の3隻(みはし、さろま、いなさ)は、レーダーマストはトラス構造となっています。平成元年度計画船「きりしま」(日立造船神奈川工場建造)のみが後の改良型(びざん型)と同様のポスト構造のレーダーマストへ変更されました。本船「さろま」及び4番船「きりしま」は造船マン時代建造に携っていました。



このレーダーマストや船橋天蓋の電線敷設、電気機器の取付けは自分が行いましたよ。(マスト機器は地上で施工し、クレーンで吊って載せてます)

デッキ上の箱型のものは、エンジンルームの吸気トランクです。この下が第一機関室
で、3,500PSのV形16気筒高速機関が2基納まっています。


本船の搭載複合艇は1隻です。このデッキ下は第二機械室で、中央機(ウォータージェット用V型12気筒2,400PS)と発電機2基が納まっています。

第二機械室の吸排気トランク


KAMEWA製ウォータージェット
最近の海保では三菱製が多いですが、この頃はスウェーデンのKAMEWA製が主流でした。このメーカーは現在ロールス・ロイス・ホールディングスの傘下ですが、買収される以前はウォータージェット推進器のトップメーカーでした。船体に取り付けられた銀色に見えるものは、アノード(亜鉛犠牲陽極)といい、プロペラが真鍮合金製の為、海水中における異種金属による電位差によってアルミの船体が溶け出さない様、亜鉛陽極を先に溶け出すようにする防食方法です。この犠牲陽極防食は、鋼船、アルミ船では、プロペラ廻り、舵板に取り付けられています。 

ウォータージェット(ポンプジェットとも呼ばれる)は、船底のインテークより、流入パイプ内のインペラにて海水を吸い込み、船体後部のノズルから海水を噴出して進む推進器です。現在の高速船には多数採用されている推進器です。

出港15分前の船内マイクが入り、本船乗員が甲板上へ出てきました。


舷梯、舫綱が外されていきます。

中央機が起動されました。船尾の排気管から黒煙が吐き出されます。


ウォータジェットのテストが行われ、ノズルから勢いよく、水流が噴射されます。


続いて、左舷機、右弦機の順で主機が起動されました。



本型式は、離接岸はウォータージェットのみの操作で行います。

後部には、元小樽海保の巡視船「ほろべつ」の潜水士で、海保最高齢潜水士として、長年にわたり数多くの救助活動に従事し、レジェンド潜水士と言われ、この春から潜水士を引退し、本船の機関士になった、K機関士です。もっと潜水士の籍でいてほしかったです。




船尾から離岸し、スムーズに離れていきました。


アスターンもスピーディーです。





旋回水域で、ウォータージェットお得意の、その場回頭です。




船首を港口へ向け航行していきます。


本船は日本海上の警備に向け、石狩湾を北上していきました。





今回のBGMは、北米を中心としたスタジアムロック・ムーブメントの代表的なグループ「モトリー・クルー」(Mötley Crüe)です。2015年に活動終了を宣言しましたが、公式YouTubeアカウントにて「Motley Crue Is Back!」と題した動画を投稿。再結成を発表しました。ファンにとってはうれしい再結成です。
1983年2ndアルバム「SHOUT AT THE DEVIL」よりアルバムタイトル曲「SHOUT AT THE DEVIL」です。
この頃の「ヴィンス・二ール」の声って荒削りさがとても心地良い、その荒削りさがピッタリなのがこの曲。彼らの個性も十分に発揮されており、これこそハードロックの真骨頂です。
Posted at 2020/02/11 12:57:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
初めて買ったクルマです。当時はトラッキンブームでしたからね。マークIの14インチに60で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.