• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2014年09月30日 イイね!

9月20日の塩分補給 サンプリンセス小樽港最後の入出港

9月20日の塩分補給 サンプリンセス小樽港最後の入出港9月20日 今年6月28日から始まった、プリンセスクルーズに
よる、小樽発着北海道周遊とサハリン8日間のクルーズの
サンプリンセス(77,000t)の最後の入出港を見てきましたよ。

本船は来年からオーストラリア方面のクルーズに投入され
る為、小樽で見れるのは この日が最後になりました。

最後の入港 出港の模様をアップします。



朝5時前にマイ・エクスを転がして、いつもの祝津パノラマ展望台へ。




サンプリンセスが前寄港地 ロシアサハリン コルサコフから南下して来ましたよ。



パイロット(水先案内人)を乗せた タグボートたていわが出迎えに向かいます。




本船に近づいていきます。パイロット2名と先乗りの税関職員2名を乗船させていますね。




たていわが 港口まで先導します。



札幌の街並みをバックに航行していきます。



小樽港々口に差し掛かりましたよ。



港内に入り 左に転舵し 接岸バースに向かってきます。





巨大な船体が近づいてきます。



岸壁には 小樽市客船歓迎クラブの人たちが出迎えています。自分もメンバーの一人です。



ブリッジには 操船の指揮をとるパイロットの姿が見えます。



ムアリングステーションには ボースンと オフィサーの姿が見えます。



乗船タラップの準備も行われていますね。



船体が接岸され、係船作業が始まりました。




接岸完了し、タラップも架けられました。 税関職員が入国手続きの為 乗船していきます。
今回も 1000人近くの乗船客が下船するので、約20名の職員が召集されたようですね。




同日 夕方16時 出港の模様を見てきました。

本船はここから、「気軽にクルーズ5日間」のクルーズとなり韓国釜山に向けて出港します。
乗船口のテントも畳まれ、セキュリティスタッフが最後の乗船客を待っています。




出港前のブリッジでは オフィサー達が談笑していますね。



出港の準備も整い、乗船タラップも格納され、水密ドアが閉鎖されましたよ。




今日も 小樽潮太鼓保存会による 潮太鼓で見送りです。



わんわんパトロール隊のワンちゃんも見送りです。



たくさんの乗船客もプロムナードに出てきましたね。



岸壁と本船をつないでいた、係船ロープが 全てレッコーされました。




潮太鼓が鳴り響く中 17時定刻どおり 大きな船体が 静かに離岸していきます。






デットスローで アスターンしていきます。




トップデッキでは ムービーアンダースカイの巨大なスクリーンに映像が映っていますね。



港内中央で 回頭し、たていわに先導されて、港口へ向かいます。





パノラマ展望台で。




本船の船齢からしても、小樽港でその姿を見るのはもう二度とないと思うと ちょっと寂しいですね。
Posted at 2014/09/30 21:55:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年09月15日 イイね!

9月14日の塩分補給その2 ダイヤモンド・プリンセスの今期出港見納め。

9月14日の塩分補給その2 ダイヤモンド・プリンセスの今期出港見納め。9月14日 HOX-OC本オフ会を途中離脱して小樽港に
向かいました。

良い機会だからと、オフ会に参加していた、だーぼー君
家族も同行してダイヤモンド・プリンセスの出港シーンを
見てきましたよ。


 

乗船口では、帰ってくる最後の船客を待っていました。



出港の見送りセレモニーが始まりましたよ。
市内のダンススクールの タヒチアンダンスです。 さむそー!




プロムナードデッキには たくさんの乗船客が出て来ましたよ。



続いては 小樽潮太鼓保存会による 太鼓の打演です。



ブリッジではスタンバイ完了のようですね。



オモテの ムアリングステーションも スタンバイ完了ですね。



大勢の見送りの人たちが見守る中、舫いが外され巨大な船体が ゆっくりと離岸していきます。





SLOWでアスターンしていきます。




港内中央で 回頭して 港口へ向かいます。




ダイヤモンド・プリンセスは 一路函館に向けて針路を取りました。最終寄港地は横浜港です。 
次回本船の今シーズン最後の小樽寄港は 10月2日(木)です。

だーぼー君ジュニアも ”ふえりー”より大きいっていってましたよ。

HOXの本オフの続きのナイトオフに行くつもりだったんですが、母親から電話が入り、
「今晩のお米足りないから、早くどこでもいいからお米買ってきて」だって。 みんな ごめん。
Posted at 2014/09/15 10:19:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月15日 イイね!

9月14日の塩分補給その1 ダイヤモンド・プリンセスの今期入港見納め。

9月14日の塩分補給その1 ダイヤモンド・プリンセスの今期入港見納め。9月14日 今日はHOX-OC(Hokkaido-X-Owner'sClub)の
本オフ開催日。 その前にまだ薄暗い早朝4時に起きて、
ダイヤモンド・プリンセスを見に行って来ましたよ。

本船は北海道周遊とサハリン10日間クルーズの途中の
寄港になります。 小樽寄港は今期6回目になります。
(最終は10月2日(木))



まずは 小樽港第二埠頭先端の9番バースに行きましたよ。
朝焼けの中 ちょうど、港口に差し掛かりましたね。




パイロットを乗船させたタグボート たていわが見守ります。
スラスター(横移動プロペラ)がオモテ、トモに3基備わっているため、風がある以外はタグボートの作業はありません。 



大きな船体が 左に回頭していきます。



続いて 勝納埠頭に移動しました。 大きな船体が近づいてきます。





船首のムアリングステーションには 一等航海士の姿が見えました。



ブリッジのウイングには 水先案内人が 接岸作業状況を確認して、指示を出していましたよ。
大きい船は 接岸時 気を使いますよね。



船体に表記された番号 これはフレーム(骨材)番号なんですよ。
舵軸芯から船首まで骨材があります。 (おそらく本船なら 約750mm間隔位かな?)
人間で言うと 肋骨になりますね。その番号なんです。




非常時用の脱出シューター格納箱。 船内からワイヤー操作で滑り台が出てきます。



接岸完了ですね。



乗船タラップが設置され、多数の税関職員が乗船していきます。入国手続きですね。





小樽港入港船の中でも最大級の客船。(でも世界にはまだまだ大きい客船がありますけどね)





入港接岸を 見終わった後は HOX-OCの本オフに向かいましたよ。
Posted at 2014/09/15 07:56:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月15日 イイね!

9月13日の塩分補給 ザ・ワールド 再入港

9月13日の塩分補給 ザ・ワールド 再入港9月13日 毎週土曜日の朝の、恒例のサン・プリンセスの
入港を見たあと、今度は 先月25日に入港した、「動く、
マンション」ザ・ワールドの再入港を見に行っ来ましたよ。

本船は 今シーズン小樽港に入港するのは2回目になりま
す。前回入港は 平日の日中入港だったので 夜間停泊時
の撮影でしたが、今回は幸運にも、休日の入港だったので、昼間の船容が見れてラッキーでした。




パソコンでいつもの ライブ船舶マップを確認すると 雄冬岬の沖を既に南下してくる本船を確認したので、まずは いつもの祝津のパノラマ展望台へ

沖を南下して来る ザ・ワールドを発見。




日和山灯台を横切り 、札幌中心部を背景に ザ・ワールドは小樽港に向けて航行します。




新潟行きの フェリー「ゆうかり」とスライドします。




港内に入ってきました。 パイロットを乗船させた「たていわ」も追走します。





勝納埠頭には、毎週土曜日小樽発着の サン・プリンセスが見えます。 
本船の、北海道・サハリンクルーズも9月20日で終了です。 来年はオーストラリア方面での
クルーズに投入されるため、小樽で見られるのは、20日で最後です。

 

第三埠頭 16番バースに向かいます。 (ちょっと逆光で補正がうまくいきませんでした。)




ファンネル 



ライフボートと テンダーボート



インマルサット(衛星通信)ドームアンテナ




レーダーマスト 



本船のキャビンは「分譲マンション」のように販売されており、キャビンのオーナーは自宅感覚で居住、自由に乗降できるシステムになっているそうです。キャビンはすべて完売しているとのこと。




住人wがエクササイズをしていましたよ。



接岸完了のようですね。



運河クルーズの カッターが気持ちよく滑っていきます。



第三埠頭に行ってみましたよ。




総トン数 - 43,524トン 建造年 - 2001年 就航年 - 2002年 造船所 - フォーセン(ノルウェー)
全長 - 196.35m 全幅 - 29.80m 喫水 - 6.7m 乗客定員 - 390名 船籍国 - バハマ
客室数 分譲アパートメント 110室 ゲスト用スィートルーム 88室 運航会社 - レジデンシー(米)


船首部のバルバスバウ



北欧製独特のアンカーレセス



操舵室一体型のウイング。



資産10億円以上持ってないと、キャビンのオーナーになれないなんて、自分には 縁遠いですね。





最後にパチリ アイライン一時的に剥がしました。



本船は 14日深夜 出港していきましたよ。
Posted at 2014/09/15 07:12:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2014年09月06日 イイね!

8月31日の塩分補給 スカRさん、coltくんと護衛艦見学

8月31日の塩分補給 スカRさん、coltくんと護衛艦見学8月31日 この日は冒険野郎スカRさん O.i.r.a123くん
colt357親方と 護衛艦「すずなみ」を懲りもせず、
見に行きました。










昨日についで この日も快晴に恵まれた、小樽港でした。



旧手宮線を歩いて散策してきた、スカRさん、O.i..r.a123くん 小樽に私用で来たついでに
護衛艦を見に来た colt357くん親方と小樽交通記念館駐車場で待ち合わせて、いざ4人で 
小樽港へ

乗艦して 飛行甲板へ



哨戒ヘリに乗って







親方も



スカRさんは カメラ片手に撮影。




艦橋では こんな行動!司令の席で スカR司令!



スカR 浣腸!





親方 28さんのうちを 探しています?。




昨日は展示していなかった、模擬弾も





この後 小樽名物なるとで食事をして 午後から客船「シルバー・ディスカバラー」の入港を見てきました。

本船は今年は6月15日入港して以来 3度目の入港になります。







港内で回頭して アスターン(バック)での接岸です。






客船の入港を見た後 忍路方面のストーンサークルを見に行きました。
その模様は 冒険野朗スカRさんのブログで見てください。

小樽に戻り 祝津で夕日を 見ました。 おっさん3人でロマンチックになりました。



Posted at 2014/09/06 15:42:38 | コメント(5) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「@ゆうくま さん そうです同じイベントです。毎年GW お盆休み 秋の三回行っていますよ。是非乗りに来てください❗」
何シテル?   10/28 19:58
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
今から30年前、横浜にいたころ乗っていたクルマです。S60年式です。720ロングからの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.